スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キキ・ララの話

29366343.JPGアン・パンチの夕方の散歩コースの途中で、時々出会うニャンコ。
この子は、きっとララちゃんの親かばあちゃんか、いとこ、姉妹だろうと思われます。

この辺は、ノラニャンコに優しい地域でもあるんだけど、
少し離れた一部特定の場所に、ノラニャンコが群れを作り出すと、
一斉にいなくなる事もあります。
でも、何時もの散歩コースでもあるこの川沿いの家は、
猫を多頭飼いしてるために、放し飼いしている家も結構多くて、
本当のノラなんだか、
飼い猫なんだか、区別がつかないんだけど。

このニャンコは、絶対ノラだと思う。
ララちゃんと同じく、結構賢いみたいで、
可愛がってくれるお店の前で、ジッと餌を待っているのである。

何時も、小さく丸くなって餌を貰ったりしている様子を遠くから見ていた私。
それが、この前枯葉に混じって丸くなっていたこの子を発見した時と
猫を敵だと思っているアンちゃんが気が付くのが一緒になって、
もう少しで、アンちゃんが飛び掛る所でした。
その時のニャンコの体は、ララちゃんが我が家に悪戯をしている頃の
体系にそっくりのガリガリの体。
ぼさぼさの毛並み。

本当は、猫を触る事も出来ない私と
自称動物嫌いな旦那。

ララちゃんの時は、アンちゃんのフードやゴミあさりをして、悪戯放題だったララ
それが、ワゴムをたすきがけされて、脇が裂けている状態。
おまけにガリガリの体で、子猫を生んだと聞かされて、
とりあえずは、ワゴムを切る事に成功したんだけど。
(そりゃぁ、ワゴムを切るのも大騒ぎ。
 あきらかに、人間の悪戯だから、ハサミを持っている私を
 警戒して当たり前だと思うし、第一近寄る事も出来ないと思われたし、
 なにより、猫の側を歩いているだけで、ひっかかれた事しかないトラウマの私)

どうしても、その後が気になって・・・・
結局、旦那の一声で
(おいおい、自称動物嫌いなんじゃぁ~
 それにしては、アン・パンチを一番甘やかしているのはアンタなんですけど)
“飼ってもいいぞ”
“えーーー。アンちゃんは、猫と同居できないよ。
 私は、猫も触れないのにーーー。”
“でも、屋根裏には、イタチがいるでしょ。
 恩返しに、猫は絶対退治してくれる!”

ちなみに、イタチは保護動物なので、駆除は出来ないのです。
おまけに、ネズミよりもイタチの悪戯や糞の匂いは強烈で、
病気も持ち込みします。

“じゃぁ、避妊、去勢が条件だよ。
 倉庫でしか、飼えないからね。
 猫アレルギーの子供も出入りするんだからね”

ということで、キキ・ララが我が家の倉庫に住み着いたのです。
人間不信のララは、私達以外には心を許さないし、
キキ君に至っては、ララちゃんの教育(多分猫語)で
警戒心が凄く強くて・・・・しかし、ドンクサイ。
男の子だけあって、正義感、責任感が強いんだけど。
結局は、母親のララちゃんに甘えっぱなし。

キキ君は、真っ黒なニャンコなので、
夜に事故にあってもらったら困る!
ララちゃんは、キキ君が帰って来ないと心配で、大騒ぎするので
日が暮れる前に倉庫に軟禁状態する日々が続いています。

それでも、キキ・ララが安心して住める倉庫は大事な住処になってるみたい。

最近、自称動物嫌いの旦那(しつこいようだが)が、
キキ君のあまりのドン臭さに
倉庫に一日中監禁してしまえーーーと、考えている。
それは、無理でしょう。と、仕方なく答える私。
首輪をつけてやりたいけど、(アン・パンチの様に名札付き)
それが目印になって、人間に悪戯されても困るし、
なにより、首輪が原因で、首吊り事件に巻き込まれてしまうのが
怖い私なのである。

結局、短い時間だけそれぞれ散歩をさせている状態。
なんか、良い方法があれば・・・・・と、
考えている毎日なのである。

しかし、キキ・ララを完全に飼い始めると。
ノラニャンコにも、情が移ってしまって、
自分の気持ちのやりきれなさに怒りさえ覚えてしまうのである。

結局は、今の状態で満足な人生(猫生)をマットウしてほしいと
神様に祈るばかりである。






しかし、旦那の思惑は違うらしい・・・・
天寿をマットウするには、
猫の恩返し(宝くじ)に当たる事を必死に願って、
ララちゃんに、手を合わせているのである。

私も、密かに商売繁盛をお祈りしている・・・・

この夫婦には、もっと徳を積まなくては
神様のご利益もないでしょう!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。