スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本土半周 その?

毎年定例になっているネット仲間のオフ会。
床屋商売が二人いる関係で、六月の第三日曜日にあります。


今年は、飛び入り参加として旦那持参での参加。
パソを扱えないし、参加認証もされていない旦那ですが、
どこにでも顔を出す我夫婦。
本命は、次女の三番目を見たいとの大義名分で
ETCまで購入して、車で
下関から埼玉。
埼玉から電車で東京。
埼玉から長野の軽井沢、蓼科を観光して帰路に着くという
本土を車で半周するという無謀な計画を持ち出して、決行しちゃいました。

17日の仕事終了と同時にスグ出発できるようにと
16日の夜に、殆どの荷物を車に積めるわが夫婦。
ドライブだと喜ぶ二匹。
16日の夜は、置いていかれまいとするアン・パンチが
べったりと見張りをする中。
遠足前気分の旦那が床についたのは、朝5時。
当然のように、17日の仕事は、仕事にならないぐらいダラダラモード。
アン・パンチは、絶対着いて行くとピリピリモード。
当初の予定は、夕方4時出発。
しかし、仕事の関係で8時出発となりました。

お留守番のお嬢と坊ちゃんに
キキ・ララの事を頼み・・・(人間子供の心配をしていない母親)
家の近くのコンビニで晩御飯を購入すると
下関インターから出発。

なんたって、初体験のETC。
“ポン”とさわやかな音で、ゲートを無事通過。
見合った夫婦の口から
“文明開化の音がする”  う~ん。田舎者まるだしぃ
交代で食事をしながら、パーキングエリアで交代。
本格的に運転モードになったのは小月から運転する旦那。


後ろで爆睡する私・・・・
普通の私なら夜8時には、眠れません。
が、前日の旦那の行動であまり眠れなかったせいか速攻で夢の中。
気が付くと、岡山に入る手前。
運転を交代すると、ようやく興奮が収まり疲れが出てきた旦那。
霧が発生するなか、私の運転の車は好調に走り出します。
最初の運転が薄い霧の中だったし、
やっぱり、興奮が落ち着かない旦那が、一時間ほどで起き出し運転交代。

夜が強い私達にとって、一番不安な時間は
深夜2時から3時と、朝方6時ごろ。
無理やりにでも、眠らないと。この興奮した旦那を止める人間は私一人。
と言い聞かせる私自身。
そーーんな事を考えながら、目をつぶっていると
簡単に眠れちゃうものですネェ~ 
以外に私って、早く眠れる性質かもしれないなぁ~
というより、何処でも眠れる性質なのかしら・・・・
あっ、アン・パンチは高速道路だとワクワクしながらも眠れる性質でっす。

安富PAで、“限界だぁ~”と叫ぶ旦那に起こされ起きる私。
寝ぼけているんだか、興奮しているんだか
とりあえずは正気の私と運転を交代。
ここで、アン・パンチを散歩させて完全に目を覚ます私。
犬にとっては、長距離ドライブはどう思っているのかは判らないけれど
同行する人間には、
凄く気分転換になる時間をくれるものだと思う。

その後、一番の難関。大阪ジャンクション。
中国道から山陽道を走り、再度中国道に合流して
吹田ジャンクションで、名神自動車道に入らなくてはいけない。
道路状況がどういうものかは、勿論初体験の夫婦。
二車線がいきなり四車線になり、
吉川JCT、西宮JCT、中国吹田JCT、吹田JCT、大山崎JCTと
ジャンクションの目白押しの中。
大パニックな私が、“何も考えずに名神”と同調を
後ろで心配しているはずの旦那に求めた私が間違いだった。
帰ってきた返事は・・・・・・イビキ・・・・・イビキ・・・・

やっぱり、旦那に添い寝












・・・・・・信じられない・・・・・


そのまま旦那は、三時間ほど爆睡していた・・・・
車は、それでも進まなくては。
なんたって、次女のいる埼玉に遅くても11時には着きたいから
怒りは、後でタップリとしましょう。
睡眠危険ゾーンを普通に運転する深夜1時半。
ネット予想時間よりも、ちょっと早めにそれぞれのJCTを通過している。
これなら、朝9時ごろに着くかもしれない・・・と
前向きに考える私。

きっかり三時間で起きてくれた旦那と運転を交代。
目が覚めると4時半。
無事に、名神高速道路を通過して中央道路に入る直前の小牧IC。
ここで運転を交代。
途中に給油したらいしが、何時もなら給油で騒ぐアン・パンチが静かだったので
爆睡していた私。
アン・パンチもこの時間は、爆睡時間なんだろうなぁ~ 当たり前か!

お客さんのアドバイスは、中央自動車道。
東名高速よりもちょっと時間は掛かるけれど
車も少ないし、走りやすい道らしい。
それと、その夜の天候をあわせて(大阪の手前から雨が降っていたから)
中央道を走る事を決定した旦那。
運転するのは、私ですが・・・・

途中、東京まで300キロとの小さな看板を見ながら
霧と大粒の雨の中。運転をした私。
もっちろん。後ろの座席では旦那とアン・パンチが爆睡。
旦那の寝相はさておいて......
アン・パンチの安心の寝顔をバックミラーで見てしまうと
安全運転を誓う私なのである。
(無事に帰宅しないと、お嬢の怒りまくる罵声も怖かったが・・・)
中央道の良い所は、トンネルが多い所。
本来は眠気をもよおすトンネルのお陰で、
霧も雨もクリアすることが出来たのには、感謝なのである。
しかーーし、
旦那の車はお天気の日しか乗った事がない私。
ワイパーの余分なスイッチまで入れたらしくって、
後ろのワイパーの音が少々うるさい。
雨も霧も無いトンネル内で、必死に動いている後ろ窓のワイパー
あれは、睡眠術の振り子に見えた・・・・・・
おまけに、後ろを一定の車間距離で着いてきたセブンイレブンのトラック。
絶対に、運転手は面白がっていたに違いない!
持ち主の旦那は、安らかな寝顔で爆睡しているのだからしょうがない。
ひょっとして、旦那が起きていても
機械音痴の旦那のこと。
“わからない”といわれるに決まってる!

時間は朝4時。
起きる気配の全くない旦那とアン・パンチ。
途中の土岐インターで救急車と遭遇。
慌てて追い越し車線で救急車を高速道路に入りやすくする私。
が・・・・
この救急車時速80キロピッタリ。
当然の事ながら、私の車のがちょっと早め。
急病を抱えた救急車を追い抜いては、バチが当たるかも
ということで、救急車の後ろに付く。
どでかい救急車の音で目が覚める旦那。
そのまま、恵那ICまでのんびり走行。
その頃になると、霧も大粒の雨も無くなり、夜が明けて明るい道路。
もっちろん、後ろワイパーも静かです。
東京まで、100キロ。
私の第二の睡眠危険時間に突入です。
運転を代わり、その後の記憶はありません。

無理やり起こされた私の前には、首都高速に入る前のパーキングエリア
(全く、旦那を無理やり起こしたのは救急車だけだというのに
 旦那は、自分の睡眠時間に合わせて起きるヤツだ)
なんとか、首都高を抜けて東北自動車道に9時までに入りたかったのだが
このパーキングエリアの人ごみは凄くて
おまけに、早朝散歩するワンコも多く。
寝起きでヨレヨレ、ボロボロの私が
“都会に近づいた気分”と
アン・パンチの散歩を満喫してしまったのが、
東北道の割引が効かなかった原因らしい・・・

その後は、旦那の運転で
第二の難関首都高を無事通過して、
(これは、ネット検索した私と、次女の婿殿が首都高を利用して
 いろんな場所へと、案内してくれたお陰なのである)
東北道に入り次女の家へと無事に到着したのである。
到着時間は9時半。
さっさと、シャワーをあびて東京へと向いたかったが
睡眠不足の肉体はゆっくりとしか、動かず。
久しぶりにみる次女親子(三週間しか空いてないが・・・)は、
予想よりも、はるかに元気で
私の口が、体の動きを阻止したので
結局は、東京のオフ会は、大幅な遅刻になってしまったのである。



comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。