スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?

帰宅して三日目で、筋肉痛が出始めました。
このお年頃とは、長い付き合いになりそうです。
しかし、同じ年寄り軍団であるアンちゃんは、元気復活のようで
パンチ君と、公園の中を追いかけっこしてます。
この違いって・・・・・

さぁてと、続きは19日の月曜日でなく、いきなり帰宅途中の高速道路の話です。








最後の観光地、諏訪湖を見学すると(散策する元気はすでになし)
中央高速道路に向けて、帰宅へ出発しました。
時間は、午後2時半。
途中、愛知のひつまぶしを堪能したかったのですが、
ひつまぶしは、愛知市のど真ん中。
下関まで夜中の12時5分到着予定なのに、
名古屋市内で迷子になる時間はありません。
埼玉に行く時は、人間も犬も張り切りモードだから
ネットではじき出した予定時間13時間を短縮できて11時間で
無事到着したものの。
殆ど睡眠をまともに取れなかった三日間。
翌朝には、お仕事だと思うと、それだけでアクセル踏む足が・・・・

とりあえずは、キキ・ララと人間子供達の待つ家に無事に帰宅する事が大事。

どっぐらん。小心者

途中にパーキングエリアで
みつけたドッグラン。

そうだったっす。
ドッグラン体験をするのを忘れていました。
ということで・・・・・

が、この小心者二匹。
高速道路でリードを外されても
困るらしいでっす。
怖がって、私のそばから離れない。

そのうち、フェンスに気が付いたアンちゃんだけが
ドッグラン内の捜査に出かけました。
アンちゃんの安全を確認してから
慌ててアンの後を付いていくパンチ君。

平日だし、高速のパーキングエリア内ということで
当然のようにお友達は来ません。
が、ポチャポチャの黒いワンコ発見。
なんと名前が“ララちゃん”
ラン内に入るまでは、
固まりつつも一応吠えて、威嚇するアン・パンチですが
ラン内にノーリードで入ってきたララちゃんとお友達になろうと近寄るパンチ君。
しかし、ララちゃんはシャイな女の子でした。
ここでの利用は、三度目ということもあって自分の世界。
ららちゃんとパンチ君

それでも、
なんとか挨拶をすませると
パンチ君は、
ララちゃんのママにも挨拶を
やっぱり、パンチ君は
自分を犬だとの自覚は全く無いようです。


ここで30分ぐらい遊んだと思います。
アン・パンチのタンクは空っぽ状態のようで
一滴も出ない状態。

さすがのパンチ君も、
夜中の10時ぐらいまで持つでしょう。
ということで、出発。

運転交代の為に、パーキングエリアに止まるものの。
普段のアンちゃんなら
“降りる”攻撃が凄いはずなのに、
びくともせずに、爆睡。ヒタスラ爆睡。

パンチ君も、散歩気分ではないものの。
私達が無事戻ってくるのを



不安なパンチ君


椅子に前足をかけて
不安げに見ています。




一番若いパンチ君ですが、やはり三泊三日はお疲れの様子
やたらと甘えたがります。


何度目かの交代休憩の後。
私まで爆睡してました。
ひらがなの“に”の状態。
もしくは、こいのぼり状態っていうのかしら。
アン・パンチは、私の体にそれぞれの頭を乗せて爆睡。
それを、取り消すかのような旦那の叫び

中国自動車道ってどうやって入るんだ

私があれだけ調べて、
注意を促していた吹田ジャンクション。
間違うのは私しかいない!と、お客さんと一緒に笑い者にした犯人。
行く時は、私運転。旦那爆睡で
状況確認をしてなかった犯人。
車は、大阪市内へとすでに向っております。
思いっきり間違えたようです。
お陰で、遠回りして無事中国自動車道にはいれたものの。
深夜割引は、パーだす。



お疲れの二匹

運転席と助手席で
大騒ぎしているのを
不安げに見守っていた
アン・パンチ


やっと、
車内が平常な空気になるのを確認して続きの爆睡モードに入りました。


夜中の10時のお散歩の時も
身動きしないアン・パンチ。
この頃になると、車内もグチャグチャ

帰宅直後の洗濯や掃除。自分の睡眠を計算しながら車は順調に走ります。
しかし、運転手交代は
一時間起きになります。
遊びつかれが出てきたようです。

山口県の標識をみると、安心はピークに達した我夫婦に訪れた最後の試練。
魔の七曲と言われるほど、カーブの連続の場所で
大粒の滝のような雨。雨。雨。
アクセルを踏む足の感覚も麻痺している深夜1時。
登板車線をのんびり走るトラックに抜かれてスピードメーターを見ると
60キロを切りかけている。
車線変更したいのだが・・・・
山口の高速道路は、照明が少なすぎて
深夜走行は、視界悪すぎ。おまけに、大雨で、ワイパーが効かず。

頭の中によぎるのは、
ここで事故をするとアン・パンチ&キキ・ララは
保健所送りになってしまう。
(注:アン・パンチだけは助かると思っている)
私ら夫婦の棺の前で、怒りまくるお嬢の怖い顔。

絶対に、それだけは避けなくてはいけない!
お嬢の怒りむき出しの顔のが、
真っ暗、雨で、視界最悪よりも・・・・怖かった。のは、事実です。

小月あたりまで来ると
普通の雨になり、
下関インター到着の頃には、雨の形跡すらない状態。
下関インターまで来ると、自宅まで車で5分。
安心した夫婦は、近くのコンビニで
ビールと缶チューハイを買い込み。
無事、家に到着したのであった。

最後の最後のお勤めとして、
深夜3時にアンちゃんの鳴き声だけは却下しなくてはいけない!
ということで、
荷物下ろしは、旦那が
アン・パンチを両脇に抱えてお風呂へと直行した私。

ようやくすべての用事が終了して、一杯が飲めたのは朝方4時過ぎ。
日付は木曜日。
坊ちゃんのお弁当を却下申請すると
8時まで爆睡した四匹なのであった。

すべての走行数2500キロ。
79時間の、アホウなドライブ旅行は終了したのであった。

ちなみに、旦那の車の(新車から6年)走行メーターは
99958
メーター一周まで、42キロ
遊びほうけたツケを回復して、新車購入まで3年は辛抱して走ってもらわなくては



comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。