スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼力

ここ二年ほど、P事件を頻繁に起こしているアンちゃん。
二軒の病院では、“高齢だからでしょう”との結論。
二軒目の病院で、“気休めですが”と下痢止めと一緒に処方された
オリゴ糖。
一ヶ月飲ませていた間は、晴天続きで雨が降らなかったせいなのか
オリゴ糖が効いていたのか、
P事件勃発なしが、一ヶ月続きました。
その後、急に秋の気配を感じるようになると、
時々P事件を起こすようになり、心配が続いております。


確かに言える事は、
○ンチの色が、かなり違う! ということ。
最近のP事件の時は、正常な色の黄土色になり
所々赤いのは、サツマイモの皮。
血便も出なくなりました。
これは、かなりよい方向に向っていると思います。
一日三回の24時間で、完治傾向が現れるし。

なにより、本人(本犬)が、つらそうではない事。
オリゴ糖が効いたのか、
さつまいも効果なのか、
時折入れるかぼちゃがいいのか。
果ては、パンチ君の晩御飯の砂ずりを混ぜるのがいいのか。
いずれにしても、この冬をなんとか乗り切れそうな予感。
と、思いつつもネットで検索してみると

ストレスから、P事件を起こす事もあります!

そーでした。アンちゃんは昔から“寂しさ”には、滅法弱いのだ。
今まで、何度無駄な通院をしたことでしょう。
通院といっても、病院前で脱走するから治療代も取れないと
先生に笑われて、帰宅しておったのですがね。
あ~~あ。あの先生が生きていて、
アンの前で相談するだけで、
速攻で、完治するんだろうな。アンちゃん。
あの先生に付けられたあだ名は、女優犬。

犬って、毛むくじゃらだから表情がこんなに変わるとは知らなかった私。



昔撮った8ミリビデオをDVDに保存する作業を
暇をみてやっております。
ちっこくて、可愛い子供達に混じって
嫌そうな表情のアンちゃん。

“昔のアンって、フサフサ”
“やっぱ、色素薄くなったよね。黒々だもん”
“あ~~。すぐバレる演技してた頃だ、びっこひいてるもん”
“盗み食いの直後の顔だ”
“喜び方に若さがあるよね”

若い頃は、本当に演技の上手い子で、
何度も騙されちゃいましたよん。
お陰で、初体験の犬との暮らしを満喫?教育させられました。
そんなアンちゃんも、
寄る年波のせいか、演技するのも面倒なのか。
それとも、演技する前に気づけよ!と、言っているのか。
定かではないのだが。

ビデオを見ながらの批評する家族たち。
家族の歴史の中に、当たり前のように登場する人間と犬。
いじける子供に、寄り添うアンが居て
遊ぶ子供らと、楽しげに遊ぶアン。
アンが我が家に来て、13回目の冬まで後少し。

今は、青春宣言をしている坊ちゃんが子供の頃
動物番組を見て、
“ヨシッ”って言うまで待っている犬と子供。
わざと子供が、“ヨテッ”というと、
オヤツに行きそうになるのを、慌てて待つ犬。

ちゃんと待てが出来ないアンに、いきなりそんな事教えた坊ちゃんだから
未だに、待ての意味を理解してなくて・・・・
“ヨシッ”って言っても、よだれダラダラで戸惑っているアン

裏のお爺ちゃんが、自宅敷地内を歩くたびに吠えるので
変装してビックリしないように、外から家の中のアンに襲い掛かったり
お陰で、本当の泥棒が来たらどうするんだ!って話にもなっていたんだけど。
倉庫にニャンズと、怖がりパンチ君のお陰で、
一応、一吠えするようにはなりましたがね。
家族の変装には、すっかり慣れきってしまったアンちゃん。
動物番組で、飼い主が変装して反応を見る特集があったけれど。
アンちゃんに限っては、大丈夫。

おまけに高齢になったアンちゃんにとっては、変装は意味の無いこと。
鼻も眼も耳も弱くなっているから。
でもさぁ~~。人間家族は知っているのサッ
高齢=少々ボケでも良い=使い分け この図式がアンちゃんの中で成立している
って事。

だいたいねぇ~~、本当に痴呆の入った犬は、使い分けなんて
出来ませんからぁ~~~斬り
それにね。弱くなった鼻と眼の代わりにパンチ君を躾たのは
アンちゃん。あなた自身だということも、バレておりまっせぇ~~

それでも、プライドの高いアンちゃんは、バレてないと思い込んでいるので
とぉ~~くを、視線の定まらないような眼をしていた後に、
P事件を起こすのだ。
それだけに、本当にボケちゃったのかしらんと右往左往する私ら。

でもね。アンちゃん。
出てきたブツの量と色をみると、原因が分かります。
確かに、寂しいというストレスには弱いアンちゃんだけど。
12年間も一緒に暮らしてるんだよ。
私らの素性もバレバレなら、
あんたの素性も、考えてることもバレバレだすよん。




疑いの目



そういって、
お風呂に入れるつもりでしょ。

その手には、騙されません。

写真をクリックすると
アンちゃんの疑っている眼が見えますよね


逃げ場所を探す眼


ほぉ~~ら
逃げ道探してる眼





ところで、アンちゃん
人間化してませんか?

えっ、お母さん達が犬化していると思います


そんな屁理屈言うこと自体。
ボケて無い証拠じゃないの?

これから、暇つぶしに寂しいフリするなよん。

・・・・・・・・



comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。