スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩

火事場の恐ろしい現場から救出されたマル
それまでは、義父の愛情をたっぷりともらい
っていうか、それしか要らないほど愛されていたマル


人間の諸事情の中。
転々と住いが変わり、
散歩コースも激変の中。

社会性の無いままに、アン・パンチの居る我が家の子どもになったマル
アンちゃんは、自分が一番大きい体をしているからと
マルが怖がらないようにと
朝のプロレスも自粛。
散歩の時は、ノーリードにしても私とマルを気遣ってベッタリと離れない
ストレスに一番弱いのは、アンちゃんなのに。
それが、今朝心痛から嘔吐してしまったアンちゃん。

パンチ君は、新人マルを友達感覚で興味津々なんだけど
アンちゃんの様子から、初体験の親分肌を試行錯誤ながら発揮しながら
マルを気遣っている日々。

当のマル君は、環境変化に付いていけずに
大好きな義父を探し回り・・・・
アン・パンチとは、微妙な距離を保ちつつ自分と格闘する日々でした。

それがね。今夜、人間の晩御飯が終了するころ
突然に、



パンチ君のお尻を匂いだし
ベッタリとくっついて離れない
それどころか、どこかしこを舐めまくって・・・・

戸惑うパンチ君。
パンチ君は、初体験親分だもんね。 爆笑

昔、本だかテレビだかで知った事。
子分になりますって証に
マズルを噛ませたりする行為。

そ~いえば、パンチ君が我子になって三日目。



こんな風に一緒に遊んだ翌朝
たまたまアクビしたアンちゃんの口の中に入ったパンチ君の顔
あれ以来、アン・パンチの順位は不動のものになりました。
お互いがお互いの師弟関係をきちんと守り。
時折自己主張するものの。基本的には家族の一人だと認識しているアン・パンチ

小心者で、人間だと思い込んでいたマルですが
犬の本能で、この新しい環境に慣れようと、家族の一員になろうと必死
っていうか。すんなり行きそうです。

マルの気持ちを考えると、我二本足軍団は、“これでよかったのか”の気持ちと格闘しておりましたが。。。。
アンがパンチ君を受け入れた時。
パンチ君が本当の家族になった時の事を
それぞれが思い出し、安心笑い・・・のわりに、下品な爆笑ですが・・・

明日からが、本格的に鵜飼い散歩を楽しみに・・・と、後ろを振り向くと
ソファーの上で、
今までに無い、腹だし(イチモツ丸出しでんがな)のマル
微妙に、足が動いているのは、本当の散歩を楽しんでいる夢でも見ているのかしら (笑)

そして今日。義父の元妻。義理義理母の月命日の日でした。
明日は、夫の前妻の月命日
この二人は、四足軍団にハマった二人でもあるのです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。