スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重公園

“着いたぞぉ~~”の夫の声に
慌てて起きた残りの同乗者
次なる目的地は、九重公園。
ニュースにも乗るぐらいの今が満開時期
色とりどりの花が出迎えてくれました。
この日は、日曜日とあって観光客も多く、ワンコ連れものんびり散策
白馬の馬車も目玉なのだ。
白馬は、うるさいワンコにも馴れていて驚きもせずに、お仕事をこなしておりました
車の中では、威勢良く吠えまくるアン・パンチも
寝起きだし、抱きかかえられてたし。
吠える事なく写真に収められたんだけど・・・・
義父とお嬢の顔が・・・グチャグチャ。どうも、興奮したのは犬では無く
人間のほうだったようです。


その後も、爆睡中を無理やり起こされたアン・パンチの機嫌はあまりよくなく
みんなバラバラ
折角の花壇の中
花に囲まれての写真も
このように、みんなバラバラ


義父と義理義理母が犬連れで旅行を楽しんでいた年代は
その頃は、マル君の知らない先住犬マルチーズのメス、フクちゃん
この子は、体重が二キロしかないし
とてもおりこうさんなので、こそこそとホテルに泊めたりしていたらしいけど
吠える事もなく、膝の上で静かに待っているようなワンコ
おまけに、四足界のナイチンゲール義理義理母が保護している動物の面倒も見ていたような
優秀すぎるワンコだったらしい。
当時は、ワンコ連れで旅行など考えられない時代だったものね。
そんな時代しか知らない義父は、
今回の犬連れのドライブを楽しんでいたようです。
ただ、マル君がお留守番なのが残念だったみたい。
マル君は、年内一杯でヘタクソな下の処理をマスターしたら
どこへでも、同行してあげるからね。

いろんな花と一緒に写真を撮りまくる我一族
当然の事ながら、夫は自分の世界にはいったきり・・・
義父が心配してるんだけど、お嬢に
“パパは、十二分に大人なんだから、ホッといても大丈夫だよ
 じぃちゃんは、歳とっても息子扱いしてるんだから!”との笑いに
苦笑することしか出来なかった義父なのであった。

ボケボケ

お嬢が撮ってくれた写真
この投げやりな撮り方 どう思います?
“それでも、大人になった子どものすることか
と、私の怒りまくりの言葉に
義父とアン・パンチを連れ、スタコラサッサと逃げたお嬢。


付き合いも面倒だワン

結局は、
私の居ないアン・パンチと花の写真

ハイハイ。どぉ~せ、口うるさい母親よりも
無邪気なワンズのが可愛いもんね。


夫以外の同乗者は、それぞれになんとか満喫できたようです。
やっと、目指すペンションへと出発です。
夫と私だけなら、値段勝負のペンションや旅館なんだけど
義父のおごり・・ということで奮発しました。
一人9000円・・・・奮発金額2000円ですが
奮発金額低すぎです。貧乏人の性です。
義父も驚きの安さだった・・・・らしい。




comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。