スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団心理

最近、中国がニュースに出ることが多いですよね。
妙なキャラクターでは、苦笑いしてしまった私ですが
サファリパークの映像では、吐き気を覚えました。
あの牛さんや、鳥さんたちの気持ちを考えると。。。
そういう私も、我が家の犬、猫軍団も
肉食だし、雑食だし
元生きている動物たちの命を食べて生きているのですが
確かに、野生の動物たちは生きている動物を捕まえて食べて生きているんだけど
中国のサファリパークでの違和感は
それをショーとして、小さな子供や大人が喜んでいる様子
それは、違う!、見世物じゃない!と思う部分と
スーパーで、切り身になった肉や魚を買う私との違いが判らなくなってきました。

お嬢とニュースのことで、いろいろと話しをしていると
私と同じ考えや、感じ方をしている人間だとの安心感と
これは、集団心理の一つかもしれないなと思う部分もあって
私が中国で生まれ育ってると、ひょっとしてこの群集の中にいたのかもしれません。

四足との暮らしは苦手だと断言する夫ですが
毎日、お店に遊びに来るララちゃんのことを、お客さんに紹介するときに
必ず付け足す言葉は、
“人間に虐待されたから、人間が治療しなきゃね”

この言葉。すごく好きな言葉です。
ただの遊び人だと思っていた夫の口から、こんな言葉が出るとは思わなかったしぃ~
夫の日々の生活態度を見ているお嬢でさえも、“
日本の多くの住民は、中国のサファリパークの出来事に怒りをおぼえても
国内で毎日のようにある 人間が人間の命を弄んで殺す事件の多発との違いが判らない私



せめて一人の母親として、私に関わった子供達四人とその配偶者や子孫らが
“命を弄ぶ”ことなく、大事にしてほしいと願うばかりです。
アンとの暮らしの中で、それらを学習して巣立っていったハズの二人の子供達と
アン・パンチ&キキ・ララとの大所帯との暮らしをしている
娘と息子(これは半分ぐらい巣立ちかけだけど)
母親の私には、厳しいけれど
他の生き物には、優しい一面を見せてくれるのがホッとします。


よね。パンチ君もそう思うでしょ
いっちゃってます



げっ、半目かよ






まるみえマル


こいつも半目だ
おまけに、ヘソ天だし





こわっ


あんたたちの寝相って・・・
どうにかならないの?

ちったぁ~~野生の凄さっちゅうのを
示したらどうなのさっ。





くつろぎ中

うっさいなぁ~~
と、場所を変えて
キチンと寝るマル君であった。

お~~っと、
この写真は、ララちゃんのゴロゴロでした。
ララも安心して眠れる倉庫
そして、最近恋の季節になった夜遊びキキ君も
やはり、この倉庫が自分の家・・・隠れ家



まっ、敵が回りに居ないっちゅうことだよね。
安心している証拠なんだよね。
テーブルの下だと、オヤツが落ちてくる事はあっても
自分たちが食料になる危険・・・・そんな事しらない四足軍団だったわ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。