スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩藩の鶴たち

高速道路1000円を使うために、日曜日の夜に出発した私たち
深夜には、鹿児島の出水近くのPAエリアで仮眠をとり
野良の鶴さまたちに会うべく、朝風呂さがしぃ~
早朝6時半より営業してる温泉に行くと、真っ暗
夫が検索したガイド本は、2005年度版だったっ(汗)
img_5996.jpg

やっと見つけた温泉は、出水市のど真ん中
私たちがお風呂でさっぱりしてる頃。ようやく降り続いてた雨も上がり
ついでに、アン嬢もお目覚めになったようで
近場を散歩ww

img_5993.jpg

目の前の田んぼに、のらのつるぅぅぅぅ~
しかも親子っぽい。
プチ興奮気味の私に、鶴親子から少し離れた場所で残り物食ってたカラスに
“あほぉ~”と、笑われちまいましたぜ

次は、鶴見学展望台へと向います
あっち、こっちと田んぼばかりの農道を走ること数分
“クェックェッ”と、無数の鳴き声が近づき・・・・されど、姿はチラホラしか見えず
興奮する私の横で冷静に駐車場に停める夫
車が停止するか否や、カメラ片手に走る私
三階の展望台のきついこと。きついこと。
やっぱ、二ヶ月で5キロも増えたもんなぁ~あたし。きついはずだわっ
img_6012.jpg

みぃんな野良の鶴たちですぅ。
まなづる。くろづる。かなだつる。。。。カラスたち
ほとんどが、まなづると、くろづるです。集団です。
私の興奮最高潮w
一度、下界に降りて、間近で観察させてもらうと
img_6070.jpg

私の目の前で、喧嘩ぢゃ。喧嘩!喧嘩がおっぱちまったぜっ

写真に収めると、二階の展望室にはボランティアの解説があり
鶴は、基本的には家族単位で行動するらしい
ロシアだとか、カナダとか、シベリアあたりで、子供を生み
子供の成長に合わせて、南下してくるのだそうだが
この出水に着くころには、子離れ時期に入るそうで
父親が喧嘩しだすと、母親が一緒に声をあげ、それを子供が見てる図式らしい
でも、こんだけゴチャゴチャの鶴集団だと、どれが親子なんだか私にはわからないwww

しっかし。このボランティアのおじぃさま。なかなか味のあるお方で
のんびりとした口調は、睡魔を誘いますぅ
でも、あっちこっちからあがる質問に、ちゃんと答えてくれて
鶴たちの魅力倍増www
っで、そのおじぃさま情報によると、朝7時半から8時の間にえさまきの時がすごいらしいとのこと

普段寝坊気味の私。頑張りました
六時に起きました。
でも、顔洗うと冷えそうなので、着替えただけでしたが




[]
P2020065
by deko

到着直後は、まだまだ真っ暗でしたが
7時を過ぎる頃には、明るくなって
こんな状態ですねん。
もうぉ。ヒッチコックの鳥という映画みたいwww

本当は、遠くの民家に飼われてる犬たちの吠え声もあって
風も強く、寒いので鼻水ダラダラ状態の私も
“うるさすぎて、わらっちまいまいしたわ”
img_6138.jpg
東の寝床からやってくる鶴たち

img_6197.jpg

月も、まだ残ってるのに

img_6230.jpg

戦後の食糧難の時代から守られてきた鶴たち
当時は、こんなには居なかったし
食糧難から捕獲する人も居たらしいし

img_6265.jpg

着地。結構下手だと思います。
着地の腕は、私のスキーのボーゲン滑りみたいでしたわ

img_6278.jpg

すんげぇ。うるさいけど。何?

大満足のスッピンのまんま凍りついてる私の顔にびっくりしたのか
鶴の騒音にびっくりしたのか
車の中で、おりこうさんに待機してたワンズらには
安納芋の石焼のオヤツ
やっぱ、鹿児島くんだりまで、ドライブにつきあわせたんだもの
鹿児島名物の安納芋のオヤツは必須よねぇ

p2020066.jpg

おかん。あれがツルってもん?

ちゃうよぉ~。あの集団は
ツルの食べこぼしを狙って待ってるカラス集団

そういえば、我町では我が物顔のカラスたちも、ツルたちから少し離れて待ってるよなぁ
待ってるカラスたちのほとんどは、渡り鳥カラスらしい
ひょっとして、わが町下関から来てるカラスも居るかもしれない


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごーーい!怖いくらいの数ですね~
ワンは側には行けないの?
うちのテトラだったら飛びついて食っちまうかも~ww

ワン同伴の宿舎写真では綺麗で感じが良いですね。
でもプンプン!です。大型犬は室内に入れないなんて~
そりゃ無いですやん!って行きませんから大丈夫なんですがエヘ
でもあんなに沢山の鶴は見て見たいですね。

スノーさまへ

犬は、吠えるから基本的には車内でお留守番です。
テトラちゃん。飛びつく前に鶴が飛び立ちますからぁ(笑)
でも、普通に小さな田んぼに居るときは、お互いそ知らぬフリしてたなぁ

えっ?大型犬ダメだったのぉ~
でも、ダメな理由がわかるような気がする部屋の造りでした
かなりの段差が各場所にあって、アンも二度ほど落ちましたから

圧巻と騒音としかいいようのない、野良の鶴たち。是非ともご堪能あれぇ~
コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。