スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立ち

電柱に巣作りをはじめたカラスママ
雛が孵って、順調に育って
もうそこまでみてると、ご近所の散歩族もウォーキング族も
毎日の雛の成長の過程を見るのが楽しみになってきてました。
本当は、巣作りはじめた段階で撤去されちゃうカラスの巣
気が付いたときには、雛が(子供が)居るから
誰も、電力会社に通報しなかったんですよねぇ
私も写真を撮ろうと思いつつ、鵜飼い散歩で引きずられてしまって。。。

img_2854.jpg


ようやくカメラ構えた時は、
三羽の雛のうち、二羽が順調に旅立ち
残る一羽。
この子の勇気がなかなか出てこないwww
最初の一羽は、晴天続きで翌日土砂降りになる雲行きの直前
二羽めは、土砂降りが続いたあとの蒸し暑い晴天の二日目
最後の勇気がなかなか出ない三羽めは
ずっと屋根なしの中。巣の中で耐えておりました
そんな健気さと、雨に打たれる様子を、みている一部町内住民

20090605230533.jpg

いつものように夕方の散歩に出た私の目に飛び込んできたのは
壁に激突して
地面に顔面から落ちた瞬間のカラス
いつもは忘れてる携帯を取り出し慌ててシャッター
軽く足をビッコしつつも、飛び立つ勇気が出ないのは雛カラス
取り巻きの住民と、数頭の意味分かってないワンズ集団
それを見守る親カラス・・・・きっと、パパとママ(でかかったから)
あまりの観客の多さに、怖がって隠れてしまった雛カラス
親カラスの罵声に、立ち去る私ら人間族&意味分かってないワンズ

夜、真っ暗になってからは親カラスの姿もなく、雛カラスも居なかったので
順調に群れの中へと巣立っていったようです。
もう電柱のカラスの巣を撤去してもらう手続きに入ってもOKみたい
空き家になった電柱の危険なものですから

ワン連れの人らと、成長振りをこっそりと話してましたが
今回の巣立ちを、近所の人と心配しながら、(親カラスからウンチひっかけられるのを警戒しながら)
心がホワッとした夕方の一こまでした。

もう一つ。気になっていることがあって
ブログにアップしようかどうしようかとかなり迷ってました
以前アップしたリキ(ここクリックすると昔に飛びます)の話
行き着けのマスター夫婦のお陰で
この犬種にしては、人懐っこくヤンチャ。
小学生からも人気者のリキですが、なにせ本犬に超大型犬の自覚なしっ
体重60キロを越えても、甘えん坊
でもそれは、マスター夫妻に超大型犬だけど甘えん坊だと認識があるから
今まで事故がなかっただけの事
マスター夫妻が溺愛したらかこそのリキの人懐っこい穏やかな性格
当の飼い主は、任せきっりで、犬の力の強さに自覚が足りないのが事件になりました
あれだけ病院の先生にも言われてたのに
集団狂犬病予防接種にリキを連れて行ってしまった飼い主
飼い主を飼い主と思ってないリキは、友達ワンコに興奮して飛び出し
飼い主は、引きずられて脳挫傷で入院中
ほとんど回復はしているものの、
数ヵ月後に退院するであろうものの、要介護状態になりました
本当の飼い主が居ない間。
一生懸命リキの面倒をみてたのは、マスター夫妻と
リキに同情する常連さんたち
一時は、引き取り手を捜していたリキ君ですが
結局は、飼い主の兄が引き取るという形には、なっているものの
灯りのつかない屋敷と庭で、一人で留守番しているリキは
隣にある飲み屋の灯りと、窓越しに呼ぶマスター夫婦の声と常連さんにヨシヨシと
褒められることのみが、楽しみ

はっきり申しますと、カラスの巣立ちにしても
リキの新しい生活体系にしても
私は、なにも出来なかった。
でもね。厳しいけれどジッと見守る親カラスと
かなりでかいけどフレンドリーな甘えん坊の超大型犬のその後の違いに
なんだかなぁ~~~と、思います。
庭無しの私ら夫婦に、マスターは
“アンタなら、安心して任せられる”とは、冗談で言ってくれるものの
所詮は、冗談でしかないのです。
リキは、これからもみんなに愛されて生きる権利があるんだもの

マスターを応援すべく、一回分の自己流手作り食持参することしか出来ないのが
一番悔しい私です。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

リキちゃん、可哀想ですね・・・。
その飼い主さんのお兄さんは入院中だけでもお家に引き取ってあげたりしないんでしょうか?
リンダさんやマスターさんご夫婦、常連さんたちに見守られて、リキちゃんの淋しさも薄れていると思いますがやはり人のいないお家においてくのは心配ですよね。

大きな体の子はほんと甘えん坊だったりしますよね。
飼い主さんも早く良くなってまたリキちゃんと暮らせるようになれる事を祈っています。

あっきぅさま

真っ暗な家に一匹でいる寂しさを、飼い主と兄さんが
少しでも、感じてほしいのですが
マスターの口から出るのは、リキの話ばかり
飼い主は、退院してもリキの面倒はみられないと思います。
それだけに、心配でね。
ただただ、飲みに行くときにリキをナデナデすること
しか出来ないのが、悔しいぃ
コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。