スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発

土砂降りの中出発

急遽決まった倉敷ドライブ

出発二、三日前から
一匹ずつお腹を順番に壊していて
若者は、薬が効くし、一度絶食させればヨシ
問題は、アンちゃん。
ほとんど歩けなくなってしまった。


思うように足が前に出てくれないもどかしさにイライラするアンちゃん
心配するパンチ君のお腹もキュルキュルQQ

こうなると余計にお留守番はさせられない
久しぶりの野宿ドライブ決行です。
しかも、土砂降りの中出発


瀬戸大橋

翌朝は、本土から見える瀬戸大橋
わしゅうざん なんだか、
わしお山なんだか。読み方がいまいち判らない

薄霧がかかっているが
今日一日は、なんとか晴れそうな予感

人間朝ごはんを済ませると、充実散歩コースを探します

晴れたぞ

車から降り立ったアンちゃん
昨日までと、明らかに違う










喜んでるパンチ君を
普通に避けてるでしょ
しかも、ジャンプしながらですぞ



アンちゃんは、私の体調が悪くなると一緒に悪くなってしまう子
それが、急に回復するということは
今回のドライブは吉とでそうな予感。

そ~なのです。やっと私手術の決心がつきまして
というより、やっと先生が見つかったと言うべきかな?
倉敷の病院で手術を受けるべく、初診に来たのです。
地元の病院を六軒。。。それとも八軒だったかな
どんどん悪化するばかり、
思い切って、県外の病院三軒巡って、共通して言われた言葉
“痛みこらえるか。 すっきりと過ごすか。あなたの決心次第”

う~~ん。どっかの薬物禁止のキャッチフレーズみたい

しっかし、産婦人科というのは 科 の中でも、ちと異質ですよね。
地元の病院では、当たり前のように大きなお腹を抱えてる女性がいて
小さな子供が元気よくはしゃいでたりと
病院の待合室らしからぬ。幸せな雰囲気の場所が多いのですが

県外でかかった病院は、産科と婦人科がくっきりと分かれていて
婦人科の中でも、不妊治療と婦人科と分かれていて
当然のことですが、私は後者の婦人科専門ですがね。

小さな子供がはしゃいだり、明るい表情の妊婦さんが付き添いの人らで
あふれている明るい待合室とは全く違う
待合室の風景。

夫婦連れも結構いて、
表情が硬い。。。。中には、隅のほうで声を上げずに目を押さえてる人も居て
きっと愛する夫の子供を生みたくて、
いろんな努力した結果。病気が邪魔をしていて
妊娠すら出来ない人もこの待合室にはいるのかもしれないと思うと
私が、この場所にいるのが悪いような気さえしてくるのですよ。


婦人科の薬っていうのは、種類にもよると思うけど
普通の薬というのは、効能ばかりを書いてるけど
私が飲んだいろんな婦人科の薬は、副作用の羅列ばかり
命にかかわるような単語の羅列
人格すら変わりそうな勢いだと思いましたわ

私の妹も、友達も、若い知り合いも不妊治療を体験したり
進行中の人もいて。
不妊治療の薬の強さは、散々婦人科の薬で翻弄された今の私なら
少しわかるような気がします。
いや、もっともっと苦しくて、きついものなんだろうな。
10年目にやっと授かった子供。なんて事を聞くと
本当に、本当にいろんな事と戦ったんだろうな。と容易に想像が付きます
そんな見えない痛みに対して、心無い言葉を投げつける人も沢山いるしね。

それなのに、医者不足とかで
普通に妊娠して、普通に臨月になっても、まともに生めなかったり
望まれない妊娠、出産で、里子に出されたり
五体満足で生まれても、虐待されて障害を負わされたり、殺されたり
まともな親のもとに育てられても、小児科医師が不足していたり
世の中。おかしい方向に進んでいるような気がして
なんだか暗い気持ちになって病院を出ました。

お留守番ワンズを乗せた車は、日陰を探してあちこちに移動
移動&待ちくたびれた我夫は、運転席で爆睡
“遅いじゃん”と、暇もてあましたワンズの説教を受けながら
さっきまでの暗い気持ちが吹きとんでしまいましたわ。


“手術終了したら、オカンが突然ぶったおれることなくなるらしいよ”

“そったら、休憩なしで遊べるね”

“・・・・・・休憩付きで遊んだげる”

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。