スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAの猫

術前説明で倉敷に行ってきました。
いつものようにお仕事終了して、野宿です。
ひっつきもっつき

出発するときは、雨

“またかよぉ~~”

かなりイジケモードのワンズですわ
それでも、寄り添って?の出発

やっぱり、私にとっては
犬もネコも子供も基本的には
寝姿を見るのが、一番のホッとタイムだわ



途中のトイレ休憩で、出会ったニャン族
SAのネコ


トイレ付近に必ずあるゴミ箱
ゴミ箱からあふれるゴミ

それらを狙ってる野良ニャン


高速道路のSAに捨て猫、捨て犬をする人間もいると噂を聞くけど
この子らも最初は、そうだったのかしら。
せめて、表の高速道路に迷い込むことなく
なんとか生き延びてほしいです。

私は、基本的にこういった危険場所の野良ちゃんらに
オヤツをあげることはしません。
たった一度の食事をあげることで、人間を信用してほしくないから
すべての猫ちゃんを助けることが出来る私なら、話は違うけど

でも、夫は違います。
交通量の多い場所で生きてるノラだからこそ
食べ物を探して、空腹のまま車にはねられて、最後を迎えるならば・・・
そのお店で一番でっかいチクワを選び
私に無言で手渡します。。。。
ハイ! この子らにとって最後の極悪人間が私になるようにねっ
出てくる出てくる猫

小さくちぎったチクワ

群がる猫ちゃん
どんどん増えて
最終的には、10匹ぐらいいたかなぁ~~

どの子も、小ぶり
大人なんだか、一歳前後なんだか
よくよく見ると、皮膚病になってる
私の行為を見て
カメラで猫を撮ったりしてる女性もいたけど
所詮同じ極悪人間の仲間

助けてあげることできない無責任人間

今になって思うのは、
チクワ一本ぐらいじゃなくて
車に常備してある“鯉のエサ”(夫が写真撮影のために常備してある)
あれをばら撒いてくればよかったよ
ちっとは、満腹感が得られたんじゃないかな

こういう環境にいる野良ちゃんをみると
心が痛みます。
私の心が痛んだところで、傷にもならないんだけどさっ
密かに思うことは、
SAで生き延びてるってことは、
SAのスタッフ人間に、確かに守られてるってことだよね。
と、思い込むことにしております。畜生以下の私の心ですがね。

人間語を話せないってだけで
こんな生き方ないよなぁ~~って思うけど
世界を見渡してみると
人間語を話せても、このニャンコちゃんたち以下の扱い受けてる
弱い人間も沢山いて
同時に、今同じ時間に虐待から抜け出す手立てすら考えつかない生き物も
確かに存在していて
自分の力の無さに嘆く前に
出来ること・・・・・・無い自分に一番腹が立ちますわ
こういう状況をみるたびにね。

どの生き物も狭い環境の中で精一杯生きています
一人の人間だって、地球規模。宇宙規模からみたら
っとに狭い、狭い環境の中で生きている
人間語を話せない生き物は、お互いのテリトリーを尊重しながら
たった一度の失敗で、命を落とすこともあるという過酷な
小さな環境で生きているのに
人間は愚かすぎます。
自分が狭い環境の中で生きていることに気づかずに
他人のテリトリーを、土足で踏み荒らし正義面してるもの

そんな事をグジグジと思いつつ車に戻ると
“猫。喜んでたね”と、コレマタイロイロと思う夫
“眠たいんだから、起こさないでよね”とワンズ
私の複雑な気持ちを汲んでくれての発言に・・・・・

あ~~~私って、なんて幸せなんだろう~
術前説明なのに、護衛た沢山付いてるなんてね!
















術前説明に、相当な“おどし”いれられましたが・・・・・
一番の心配が
まともな食事&間食とれるまで、何日かかるかとアホな心配する私

せめて私と出会った助けてあげられなかった野良ちゃんらに
つかの間の幸せが訪れますようにぃ~~

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。