スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまさまカット

とうとう梅雨入りしちゃいました
今年は、割とあっさり突入した感じですが
ちょいと早すぎますぅ
もちっと、冬もの洗濯大会満喫したかったです

洗濯大会がはじまると
どうしても押さえきれない衝動に駆られます。がっ、
ここは我慢。我慢
なぜなら、物干しにシャンプー後の四足軍団を干す!ってことだから(笑)

まっ、物干しに四足軍団を干したことは無いですが
アンと猫組は、それぞれ日光浴を楽しみにしてるから
アンが居れば、プーコンビも一緒に日光浴をしてたんだけどなぁ
もう、あの犬組日光浴のシーンは、見られないのかなぁ
っと、ブチブチと感傷に浸る私の視界に飛び込んできた二匹

img_2065.jpg

床屋されちまったぜ。ふぅ~・・・Byパンチ

あのねぇ。床屋といっても
長時間立つのは、きつい!とかさぁ
肉球周りのカットは、やめてくれ!とかさぁ
バリカンの音が、うるさい!とかさぁ
文句タラタラ言う割には、
突然、媚売り作戦したりするから
いつものように、途中までカット

お腹の下の毛。カットできなかったじゃん
お腹が、メタボっぽく見えるのは、床屋出来なかったからだよね
決して、本物メタボぢゃぁないよねっ

img_2067.jpg

いやっ?
やっぱ。毛が伸びてるだけでなく
肉詰まってる!

パンチ君は、これからの肥満は要注意だぞ!

img_2009.jpg

床屋は、ちかれたびー。。。Byボンド

夏場に向けて、背中のタテガミ復活
冬場は、服着るから(パンチ兄貴と一緒がいいらしい)
背中のタテガミは、切り落とすのだ

少しでもスリムに見えるように
今年のタテガミの幅を細くしてみました

ボンド君も、今年の秋には三歳
そろそろ、子供体系から大人体系になってもいいころだけど
相変わらず、寸胴体系だぁ

世間様のプードルたちは、素敵なカットで
めちゃくちゃかっちょよいんだけど
我が家のプーコンビは、

“いつでも、カットできる”

っちゅぅ私の考えの甘さから、最後まで完璧カットされたことが無いプーコンビ
一匹にかけるカット時間は、30分をメドにしてるし
(私の腰痛が、ちゅらいのらぁ)

img_2051.jpg

“世間じゃ。サマーカットっていうだってね
でも、オイラたちのは、さまさまカットとか
雑種カットとか言われてるらしいね”
。。。Byボンド

んだねぇ。でも、なんとかモヒカンっぽく見えるじゃん。ボンド君


スポンサーサイト

んもぉ~~

アンちゃんが、ほぼ寝た切りになってから
はじまった、突然ボンドのガウッ攻撃

ガウッ攻撃といっても、標的はパンチ兄貴のみ
パンチ君にとっては、突然くるからビックリのが先の反撃

オス同士なので、トップ争いか?と
去勢手術を決行してみたものの
変わらないようなぁ~

というより、一か月に一度あるか、ないかの程度


きっと、運動不足によるストレスからきてるんだと思って
ボンドの大好きなボール投げ中心に、ボロボロ作戦と
ベタベタ甘えん坊作戦で
ほぼ落ち着き
やっと卒業したんだと思ってた
img_2042.jpg

っていうか
そんな問題あったことすら忘れてた我夫婦

数日前の夜
夫がお風呂からあがって、体を拭いてるのを見てたパンチ君
リビングで、洗濯ものをたたんでる私の側にいたボンド君
いきなり、ヴ~

っと、ウナッたと思った瞬間
パンチ君とガウっ攻撃

慌ててボンドを抱き上げる夫

ガタッ

ボンドにぶら下がって、落ちたパンチ君
の、様子がおかしい

手足が、ピンと伸びたまま固まった。

慌てて、パンチを抱き上げ、心臓らしき位置をさすりながら
人工呼吸する私
眼球は動くものの。筋肉すべてが固まったようなパンチ

呼吸してない

パンチの口開けたら、舌がチアノーゼ状態
背中さすりつつ、
胸軽く叩き
勢いつけて人工呼吸

横から夫の手が伸びてきて、パンチ取り上げ
人工呼吸・・・三度・・・・ぐらい

まぶたが動き、ピンクの舌が動き出し
固まってた手、足が動き出した

と、同時に意識が戻ったようで、キョトンとしてるパンチ

img_2059.jpg

“なんかさぁ。
鼻の周り酒臭いから、気持ち悪いんですけどぉ
・・・bYパンチ

img_2032_20110526110636.jpg

いつものように、顔掃除中のパンチ

その様子見ながら、へたり込む我夫婦
風呂上がりの夫は、素っ裸だった(笑)

“おれさぁ。パンチと でぇーぷきす しちゃったぜ”・・・bY夫

と、ぼやく夫の後ろで
サークルの中に隔離されたボンド君が、嘔吐しかかってる
だけど、出ない
苦しそうなボンド

↑のような事件から三日目
パンチ君は、当時の記憶が全くないようで、普通
ボール遊びもするし、
ご飯もモリモリ食べるし
トイレも完璧

ただ、事件の発端犬ボンド君
反省しすぎて、食欲減退気味の嘔吐が続いてる
でも食べないわけじゃない
嘔吐物は、ちゃんと消化してる
むしろ足りないんじゃないかの疑惑の嘔吐

夫は、しばらく二匹を別々に寝かせると宣言してたが
一晩、別々に寝ただけで
お互いの存在を感じないと、探しあってるし
喧嘩直後のいつものように、二匹で寄り添ってるし

アンちゃん。あとひと月で、一周忌来るけど
パンチ君連れて行かないで
ボンド。そんなに反省するなら、
兄貴をビックリさせるような事しないで

パンチもボンドも
後10年ぐらいは、一緒にいる家族なんだからね




感心。感心

晴天続きだった下関にも
春を満喫する気温が続かずに、梅雨入りの話がでてくるようになりました
ったくぅ。日本の四季っちゅうもんは、どうなってるのかしら
というより、地球全体の気象状況がズレてきてるような不安にもなります

p5130049_20110520153417.jpg

ったくぅ。人間のオスに触られたわよっ
キレイ。キレイしなきゃニャァ
・・・Byララ嬢

“プッ。これは、脂肪です”
ちょいと触って、吹き出しそうなのを堪えて言葉を発した
動物病院の先生
気を取り直して、でっかい脂肪の中に小さな腫瘍がないかと
丹念に調べてくれましたが
“気持ちよいほどの脂肪です”・・・By先生

ちょいと気の強い猫などは、病院行きを断固拒否する猫族も多いと
よく聞きますが

ララは、幼少の頃に腕から首までゴムでたすき掛けされてて
そのまま大人になったので
脇の腱も筋肉も切れて、成長しました
そのゴムを切る時だけ、すごく抵抗しましたが

その後の治療で、薬を塗る時も、呑ませる時も
わりと素直に応じるし
爪をたてて抵抗されたことも無いし
噛みつかれたことも無い私

でも、いろんな猫族ブログなんかを遊びに行くと
野良経験の猫族であれ
ミルクを飲ませる頃からの付き合いの猫族であれ
気の強いニャンが居ることに、ビックリです

私は本当に運が良かったのか
どの子もおりこうさんの猫族ばかり
よくぞ。猫を触れない私のとこに、居ついたもんだと思いますわ

我が家に居ついた頃は、
ガリガリに痩せ、カマキリみたいな顔して
背骨にあばらが浮きまくりのララが

単なる肥満だってぇ

なんだかなぁ。哂いしか出てこない
診察なんかも
猫の仰向けを、普通にしてる私にも哂っちまいますが
素直に応じてるララ嬢には、感心。感心

ひどい怪我をさせられた人間と同じ種類の私を
ここまで信用してくれてるのが、とてもうれしい
と、同時に
最後まで面倒みなきゃなぁと改めて思った私

なぁ~~んてことを、ブチブチ夫や娘に言うと
“おかん。猫のダイエットが面倒で、話すり替えてるやろっ”

。。。確かに





またも、勘違い?

最近のララさんの歩き方がちょいと気になる
p5130049_20110520153417.jpg

三日間の豪雨のため外出禁止令が出てたけど
四日目に晴れ間がでて
ようやくシャバに出たとこで、毛づくろいちゅぅのララしゃん

シャバといっても、倉庫のドアの前なんですけどねぇ

いきおいよく足あげてますが
つま先が、妙に小さい・・・細すぎる・・・

こんな感じやったけぇララさん?

p5130080.jpg

せっかくのシャバの空気を満喫かと思いきや
お店の隅に、新しい居場所発見
ここでも、毛づくろいちゅぅ

ララしゃん。
後ろ脚が、肉体に隠れてしまってるんですけどぉ

ララの後ろ脚の内側の付け根に
垂れ下がってるプヨプヨの肉たち
脱腸かな?とか思ったけど
両方にぶら下がってるし
後ろ太ももが、おいしそうなもも肉になってる

“ねぇ。ララ。絶対に腫瘍が出来てるよ”・・・By私
“でもねぇ。触ると、嫌がらずにゴロゴロ鳴くのよ”・・・By私

“これは、シュヨウでなくて、シボウ”・・・By夫

初めて男の子パンチ君と暮らし始めて七カ月ごろに
パンチ君の後ろ脚の付け根に、二つも腫瘍が出来たと大騒ぎした私
当然、夫にも病院の先生にも、友達にも失笑されたけど

もう一回。病院の先生に失笑されてこようかなぁ
シュケジュール帳片手に
ララしゃんの後ろ脚触ってたら
ゴロゴロと喉ならしながら、転がるララしゃん

んんんんん~~~。やっぱ、脂肪かなぁ
この写真を撮ってから、三週間が経ってる
ララしゃんは、相変わらずのマイペースのゴロゴロ
誰か、猫語の通訳出来る日本人居ないかなぁ

ひさしぶりに

呑み友達が、
婿殿のお店でランチしよ~~とのお誘いに、
ホイホイと出かけた我夫婦

p5150002.jpg

p5150004.jpg

鯛のこぶ〆と、あわびのナンタラをサービスしてくれました
さすが婿殿です
呑み友達と私の好みを熟知しておりんすぅ(笑)

p5150006.jpg

今日のランチは、↑これっ

婿殿の作る料理は、私好みの味でどれもおいしいのですが
今まで、散々に
婿殿やお嬢が晩御飯を食べに来た時に
どどぉ~~んっ!と、食材を皿に盛っただけのおかずばかり
今更ながらに、恥ずかしく思ってる姑の私ですわぁ

ったくぅ。こっぱずかしいんですが
まっ。そこはホレッ
姑っちゅうもんは、どこかズレてる生き物だしぃ~~

p5150011.jpg

まさかとは思ったけれど
さすが呑み友達です
真昼間から、呑む。。。呑む。。。呑む

今回は、運転手が夫なので
私が・・・・デヘヘヘッ・・・言い訳にもならないかっ(笑)
接待一杯・・・二杯・・・3倍?
空きっ腹にワイン二本は、効果抜群w
(二本といっても、三人で呑んだけど)

p5150013.jpg


最後には、呑み友達一番のお楽しみのお嬢のケーキ
食べ終わる頃には

p5150020.jpg

長府のお祭りのご一行が通り過ぎ
男組三人は、一服しながら
女組三人は、お祭り行事にはしゃぎながら
婿殿のお店を後にしました


車に乗って、起こされたら 瑠璃光寺でしたぁ

瑠璃光寺は、ライトアップが綺麗なので
夜しか行ったことが無くて
新鮮な気持ちでしたよん

日曜日の昼間ということで、どのお店も開いてる
その中の一軒のお蕎麦屋さん
友達夫婦は、ここにドライブに来ると必ず食べるそうで

p5150039.jpg

おそばがちょいと違うタイプ
平べったくて、細い
そばずしも、卵焼きと海苔に巻かれてて、んまかったぁ

それにしても、よく入る私の胃袋・・・
あっ。全員同じぢゃぁ
しかし、一番若い男の子は、常にビール片手やったなぁ
あいつの胃袋は、きっと五個くらいあるんだろう

最後に、北向き地蔵にお参り
出迎えてくれたのは、
p5150045.jpg

おっぱいの垂れ下がったこの子
車まで迎えに来てくれたのに
車から降りると、どっかへ行ったと思ったら
この机の下にもぐりこんで、こっちを見てる

机からは、か細い猫の鳴き声

p5150050.jpg

どうやら寝起きで、ママを呼んでたらしいが
眼やにで、目が開いてない状態
この子の父親も同じ症状だったので
ちょいと病院で治療すれば、完治するんじゃないかと思ったけど・・・

お持ち帰りも出来ずに、子離れできてない子猫ゆえ
通りすがりの人間が触ることも出来ずに
無事を祈って、帰路に着いた我ご一行ぅ

ひさしぶりの呑み友達とのドライブは、数年ぶり
普段は、夜の飲み屋でしゃべって、呑んでばかりだもんなぁ
見慣れた顔ぶれも、昼間と夜では大違いwww
っが、中身の会話は、いつもとおんなじぃ


そんなに嫌でもないふぅ~

img_1981_20110512002534.jpg
婿殿んちのお店のオーナーは、花屋さん
その花屋さんちで見つけたアジサイ
青いほうは、コンペイトウと名前付いてたけど
ワタシャ。はじめてみましたがな

今回の三日連続の豪雨の中
いくら雨好きの花とはいっても、
茎部分がへたりかけておりんす

そして家の中には、気持ちにカビはえかけてる一匹
p5130001.jpg

兄貴が居ない間は
おかんの枕で、寝る出やんす
・・・・Byボンド

そろそろお風呂どきだよねぇ。と話してたら
この豪雨。
大嫌いなお風呂から逃げることは、出来ても
大好きなお散歩に行けなくて、かなり凹んでます ボンド君

そして、今日。ピーカンのお天気
ただし、黄砂強風がすごい
でもね。黄砂なんて、今にはじまったことでなく
早くも、年末あたりからチラホラ
この雨の監禁三日間で、ストレス全開なのは
四足軍団だけでは無いのだっ
二本足軍団代表の私も、ブチ切れちゃいました

最初に犠牲になったのは
p5130017.jpg

エコキュート設置時に隔離されてたオセロ姫
極度の臆病者のお転婆娘
あれ以来。娘でもなく、猫とも呼ばれず。
綿ぼこりという、別名まで付けられてて(笑)
おまけに、抜け毛の季節到来
夜の気温がなかなか上がらず
ずっと、綿ぼこりニャンのまんま

シャンプーする前に、ブラッシング
よりも前に、コロコロで表面抜け毛取り決行

体の模様が、くっきりしたでしょ
しっかしぃ

p5130023.jpg

オセロ姫のチョビ髭
どう見ても、レディぢゃないわぁ

“もう、たっぷりコロコロされちゃったにゃん。。。bYオセロ

オセロの背中がくっきりしたとこで、
p5130009.jpg

次の標的は、ララしゃん
私の欠点の一つに、夢中になってしまうことがある

ニャン族にコロコロするとき逆毛になるようにコロコロすると
接着面に、毛が全部立ってるのが面白くってぇ
ついつい、夢中になってしまうのだ

“別に怒ってる訳じゃないんだニャァ・・・bYララ

猫族って、真剣に怒ってる時って
背骨にそって、毛が直立に立つじゃないですか
だから、コロコロする時に

“ララしゃんは、おこってるんだぁ~~♪♪”
なぁんてことを音程付けて、独り言中ぅ

p5130012.jpg

もう、終わったのか?。。。bYララ

どうも、我が家のニャン族は
コロコロされるのが、嫌いではないらしい
ただ、私のしつこさには、嫌気がさしてるようだけど

ララの抜け毛取りに夢中になってると、
後ろで、

“シャー”。。。“シャー”と

猫の無言の威嚇の声が聞こえる
あれっ。オセロが怒ってるのかな?と、思いきや
発砲スチロールに頭こすりつけてる音
どうやら、オセロがコロコロおかわりを要求してるみたい

暖かかくなってくると、
私のしつこい趣味の時間が増えてくる
ニャン族にとっては、受難の季節なんだろう


いちねん経った

p5030018.jpg


バタバタするのが好みらしい婿殿のお店
開店する日も、二転、三転としたけど
このGW中に、本当の開店にこぎつけ
なんとか順調に走りだしたようです

こまごましたとこは、全部手作り
当然、看板も手作り
私自身は、自分でお店を出した経験が無いから
婿殿のバタバタぶりに、興味津津に感心することばかり
まっ、私の感想はさておいて
一つの事を立ち上げるというのは、本当に大変そう

婿殿のお店が開店して、一週間がたつ頃
キキの一周忌が来ました
去年の5月7日

今年もGW中は、晴天続き
あの時と同じ
少し早目に起きて、バタバタと主婦業をこなし
プーコンビとニャンズの相手をしたあと
墓参りに出発

もう一年。まだ一年しか経ってないんだ。と、いろいろと思うと
思い出たちが頭の中によぎり
視界がぼやけてくるのを、必死で運転

とりあえずは(とりあえずかよ!)側にある、人間用の墓掃除
お彼岸にも参ったはずなのに
カラス番人に荒らされ、
他に参った様子も見られない人間用のお墓の掃除を
キキの思い出をたぐりよせながら、もくもくと掃除
綺麗になったお墓に手を合わせる頃には
ババ汁炸裂で汗だくなんだか、涙でグチャグチャなんだか
お彼岸の人ごみでなくて、本当に良かった

それよりも、ご先祖様には申し訳ない掃除の仕方やなぁと、一人笑ってしまった
まったくもって、不謹慎な人間である私って

墓掃除というのは、気持ちがすっきりとするものであるが
多分、私にとっては
“自分が綺麗にしたんだ”と、自己満足に浸るだけのものでしかないようで

ほぼ号泣しながらの帰路の途中
自宅まで数分の距離で思い出したワタシ
なんと、人間墓掃除で、感極まって
本命のキキの墓参りを忘れてたという大失態をしてしまった

慌ててキキのとこへ舞い戻る私
その頃には、自分の落ち度というべきか、
そそっかしさというべきか
自己満足浸りすぎでしょみたいな自分に笑みまで、出てきて

p5030008.jpg

おかん。狭い日本そんなに急いでドコに行く・・・Byボンド

まったくだよねぇ
こんな飼い主の私んちに、よくキキが戻ってきたもんだ

去年の5月7日も
キキを荼毘に送って、帰宅した時も
プーコンビは、遠巻きに心配してた
そしてアンは、歩けない足なのに、一生懸命歩いて私の側に寄り添ってくれて
ずっと私が落ち込むたびに、寄り添ってくれたように

あれから一年経ったんだよねぇ
それなのに、私のどんくさい行動は、一年前とちっとも変ってなくて
というか、進歩は望めないとしても、維持することすら出来てないようで
キキが生きてたら

“けぇったぞぉ~~~”

みたいな鳴き声あげながら、もちっとしっかりせい!と怒られそうだわ
あ~~~私って、何やってんだろうね

ベリーちゃん

公園で、初めて会った元気で、犬見知りの女の子
挨拶下手な我プーコンビも、最近は、少しだけ上手くなったようです
 
こんなに近くで、写真撮れちゃったよん
 
っと、ひゃぁひゃぁ、一人はしゃぐ私の横で、固まるベリーちゃんのママ
 
どうやら、ベリーちゃんママは、人見知りタイプみたい
 
とっとと退散しようとした瞬間
ボンドが、ベリーママの足に、マーキング
はじめての犯人の母体験した私
 
もう、こんな事件に巻き込まれたくないわ

置き忘れ写真

もうすっかりと桜も散り
完全に葉桜となりましたが
ご近所では、第二段。三段の春の花たちが満開を繰り返すようになりました
親というものは、人間の子供の成長とともに
振り回されて、勝手に心痛する生き物ですが
どうも、私が心痛するのは人間の子供たちだけでなく
四足軍団にも、振り回されてるような気がしないでもないですぅ

去年の今頃は、キキの介護とアンの食事に心痛してて
このGWが終われば、キキの一周忌がきます
そして、キキに良く似た黒猫が火事で焼け出され、捨てられた時期でもあるのです
キキに良く似た黒猫は、
地域猫一年してましたが、
ずっと面倒をみてきた人のお宅に潜り込むことに成功(こんな表現あってるのか(笑))
まだまだあちこちのヤケドの痕や治療は、これから本格的にはなるけれど
とりあえずは、保護してくれた人と(無関係だけど)私には、
本当の春が来たような気がします

あっ
img_1316_20110422223137.jpg

アンが居なくなった時間にようやく慣れてきたヤツ一匹忘れてました

時おり探す素振してましたが
探す途中に、アンから伝授してもらった拾い食いをするようになったパンチ兄貴

拾い食いといっても、キッチンのストーブの周りや
ボンドの食事後のみ狙うだけだから、
その勘違いぶりが、パンチらしくって笑っちまいますぅ

img_1346.jpg

相変わらずボール命のボンド君
アンと一緒に暮らした時間は短いけれど
夜の晩御飯後は、アンと一緒に二階に上がって寝てたように
自分一人で、二階に上がって寝ようとはするけど
まだまだお子ちゃまの寂しがり屋
夜になると、二階と一階をいったりきたり忙しい 
9時までオトコになりました

血のつながりなんか無くたって、
どこかしらにアンの面影を残してるプーコンビ
と勘違いしてる私が、アンを引きづってるだけかもしれない

寒すぎた冬は終りを告げ、春の便り満載の世間と一緒に
私も我が家の四足軍団ストーカーにもどらなきゃいけませんなぁ



HERBE(エルブ)

p4300106.jpg
まだ、看板とか宣伝とかまでは追いついてない婿殿のプチレストラン
開店が遅れること二カ月
ようやく5月1日にオープンしました

お嬢と入籍してからというもの。。。
入籍する前からかな(笑)
ちょこちょこと問題行動を起こしては、胃痛の一つの原因にはなってましたが
そこはホレッ、余計なお世話の親心
当の婿殿のプレッシャーっちゅうもんは、かなりのものであったと思われ

なにはともあれ、途中、前撮りや挙式
雇われシェフだけど、憧れの自分のお店を持つ夢までたどり着くことが出来ました

っで、4月30日。
世間は、GWに入ったばかりというのに
婿殿一家も私ら一家も、GWには無縁の職業
開店前日の夜に、試食会と実地段取りを含めての、婿殿シェフの試験日

p4300032.jpg

クレーム客が、続々と押しかけてるっちゅうのに
婿殿とお嬢、婿殿妹は厨房で、てんやわんや

p4300050.jpg

婿殿実家が、漁師ということもあって
お祝いの品の生タコ
なんと、お嬢が下ごしらえしてるぅ
これには、私もびっくり
あの人見知りの内弁慶で、四人兄弟で唯一
床屋業のバイトをしなかった娘が
シェフの妻の表情になってるんだもの

p4300071.jpg

包丁さばきの指導を
婿殿パパに伝授してもらってるお嬢と
後ろで、ずぅ~~~っとバタバタしてる婿殿

p4300074.jpg

並んで働いてる姿。
これは、何度も我が家で、私の実家で見慣れた光景
お嬢と婿殿でなく
シェフとプチママの姿・・・・なんだかなぁ~~~

p4300077.jpg

厨房から見た店内では
婿殿パパと、我夫が“勝手に祝杯”
この棚も、テーブルもイスも、婿殿とオーナーの二人の手作り
開店が翌日というのに、店内の片づけはまだまだ

婿殿ママと私は片づけと、辛口批評に追われ
婿殿末妹は、ほうきで掃除なんかを一生懸命してるw

p4300093.jpg

その中で、ポツポツと運ばれる料理たち

p4300080.jpg

ちゃんとお嬢がさばいたタコも
婿殿が立派な一品に仕上げてくれました

p4300045.jpg

クレームしか出来ない私ら夫婦からの花も
ちゃんと隅に飾ってはくれてました

ただ。開店準備に忙しい二本足軍団から取り残されたプーコンビ
p4280009.jpg

ほっこほこにお日様にしてもらったお布団の上でzzz
そして、胃痛は当分続く私は
いつものよに、せんべい布団の中へと潜り込んだのであった

コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。