スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛とは勘違いから入るものである

題名は、どこかで聞いた、うろ覚えの一言です
妙に、納得しちゃいますよね

自称、四足嫌いの我夫の至福の時
おっとぉ~ん


それぞれのワンズの気持ちとしては

アン:とっとと落とせよ

パンチ:でっかいやつにしろよ

マル:おいしいやつにしてね




我夫が、一番モテル時間でもある
あっ、この場合のモテルは、持てるのとは違いますよ



夫をあざ笑ってる私は・・・





かくれんぼしてでも私の側にいたいのねぇ~~・・・私












んなぁ~ご


ララ:高い場所が好きなだけだニャン














愛とは思い通りにならないほど、燃え上がるものである・・・By。誰かの言葉

どっちが

夕方の散歩の後
ワンズの足を洗って、
いつものように、一番にお風呂からでてくるマル君
この子は、“待て”は出来ませんが
“まってぇ~”が、理解できるようになり
散歩後は、お風呂に連行されるまで玄関で待つことが出来ますし、
足洗った後に拭き取る順番も守れるようになりました。。。。
ただ、待て!が出来ないし、自分の足が四本もあるとい事実を知らなくて
前足を拭くと、安心したマル君は
私のまたぐらに顔をうずめたまま突進。ひたすら突進
対外は、私のお尻の下をくぐりぬけて、
順番待ちをしている残りの親分らを、吠えながら待つのだ
いつものように、くぐりぬけたマル君だったのに


この日は、違った
私をどついてしまって、こかした拍子に私の左足の親指が攣ってしまったのだ
“ぎゃぁ~~~。攣った、つったぁ~~~”
と、言いながらパンチ君の足四本。アンちゃんの足四本を拭き取る私
拭き取られながらアンちゃんは
自分の口元にある私の微妙に変化した足の親指を


オヤツだと勘違いwwww


“アン。それはオカンの足指
 食べ物じゃないからぁ~~~”


そんな騒ぎを聞きつけた、我夫
面白がって、“ヨシ”とかいうもんだからぁ~~
もう少しで、指食べられそうになりましたわ
って、食いしん坊老婆のくせにオチだけは決めるのが、なんとも小憎たらしい

せっかくアンちゃんが、夫とコンビ組くんで漫才やってるのに
普段と変わらずリビングで追いかけっこしてるパンチ&マルコンビ


そりゃね。ワタシャ。脳みそがある限り知能ってのを信じておりますがね。
その知能の中には、状況判断とかもあるじゃないですか
野生の生き物にあるハズの、状況判断ってヤツですよ
オカンが、これだけ大騒ぎしてるのに、
自分で知能無し!って証明しているようなもんじゃないでっか?
パンチ君?






別の日には、洗濯物をたたみ終えて
リビングの絨毯の上に転がって、転寝しようかと思った私の首に
大好きなボールを、こともあろうか私の喉仏に乗せ
“アソボ。。。。あそぼぅって言ってるじゃん”と
しつこい攻撃の後に、
ヤツは、喉仏と一緒にボールを咥えやがりました

仕方ないから・・・・仕方ないからですよ!(すでに言い訳大臣の私)
“狼が来た作戦”開始
まんまとひっかかったヤツらです   ケッケッケッ


しっかし、奴らの知能は私よりも高いらしくって。。。。

オヤツが無くなったのを分かっていて
わざと、トイレ成功したからご褒美を要求してるしぃ~~









食いしん坊老婆に横取りされまいと
必死にうなるパンチ君


あのね。オヤツほしけりゃ、
ガッツリと食事を満喫しろ!っちゅうねん

さて、どっちが知能が上だと思いますか?

重いっちゅうねん

お嬢と、よく言い合いになるのが
“DNAは何処まで遺伝するのか”

アンは、私の子供だと宣言するお嬢に言ってやりました。
“確かに、食い意地はってるし、大雑把なとこがそっくりや!”

悔しいお嬢は、
“パンチは、パパの自己中で、だらしないとこがそっくりや!”


おいおい本当は、私をやり込める為に罵ったとチャウの?
まっ、いいっかぁ~~
そ~ゆ~~とこが、私にそっくりでムカツク成長したお嬢だもんなっ
そこで、問題になるのがマル君のDNAは誰譲りっちゅうこと。
落ちてる、乗ってる


キチンと横にならないと不安なマル君

思いっきりソファーから落ちてます

しかも、アンちゃんの上に乗ってるし

アンちゃん、普通に爆睡してるし


犬って、寝違えって無いのかしらん
この写真撮るときのフラッシュで、飛び起きたマル君
アンちゃんの上に完全に落ちた後
必死で、ソファーによじ登ってましたが
ソファーに乗った後、私を恨むように怒り目線でしたけど。
乗られたアンちゃんは、バタバタしているマルを横目に見ただけで
夢の続きを見にいきました

やっぱ、マルは義父そっくりだわ
状況把握する前に、他人のせいにするところ
でも、寝相の悪いとこは・・・・二本足軍団全員だわ・・・

翌日
どこ?


マルは?
と、聞かれたパンチ君
探しまくります

どこにおるんや!






ここや!


ワシは、ここにおる!


てか、重いんですけど・・・














どこや?


声ぐらい出せばいいのに
ひたすらテレパシー送信のマル君

やっぱ、パンチあにぃ~には逆らえませんぜ






ワシがおるっちゅうに



ひたすら耐えるマル君


そ~~んなトコも
義父そっくりだわ


いやぁ~~~環境ってのは恐ろしいですわ
赤い血つながりだけど
基本的には、二本足のオスが四本足を産むわけないのに
これが、飼い主に似るっちゅうことなのかしらん


その後のモグラのマル君は、座布団関係落としてパンチ兄貴に従いましたけど
落とされて反省



苦労知らずのパンチ君の性格は
タカビーで威張り症は、私似?

一番若いくせに、態度でかいのはお嬢ゆずり?

食べ物の好みにコダワリを持つのは、義父ゆずり?

名ばかりの家長の癖に小心者は、夫ゆずり?

二本足全員に否定されてるパンチ君は誰のDNAを受け継いだのかしらん。。。

ロットマライヤ~

97c71403.jpg



名前を覚えるのが苦手な私
ロッテンマイヤーだの
ロットマライヤーだのと
散々云い間違えた後に
ようやく覚えましたわ

ろっとまいやーのミッキーちゃんです。
生後五ヶ月30キロのれっきとしたベビーですねん


この子の本当の飼い主は、同業者床屋さんです
がぁ~~。最低な飼い主
犬が庭に居るのがステイタスと勘違いしてるとんでもない奴ですねん。
この子は、三代目のミッキーちゃん
二代目のリキ君が余命わずかと知ると介護すらせずにもらってきました

でもね。リキ君自身は、飼い主はお隣の飲み屋のマスターだったって事を
きちんと理解して、マスターには手厚い介護のもと
静かに虹の向こうに旅たちました。
お隣の飲み屋さんは、私ら夫婦の唯一の行きつけの飲み屋さんですが
マスターが無類の犬好き人間
人相こそ自称悪人顔
最低な飼い主こと常連でもあるお隣の床屋さんの敷地を自由に出入りする権利を
取得すると、やりたい放題にリキ君を可愛がり
最長齢ハスキーと飼い主のツーショットに
地元限定フリーペーパーに載ったのは、マスターとリキ君
18年の長寿でした。
リキ君は、マスターだけでなく飲み屋の常連さんだけでなく
ご近所の小学生にも可愛がられておりました。
本当の飼い主を知らずに成長して、余命をまっとうしました。

リキ君の存命の頃は、大型犬に触れなかった私と飲み屋のママでしたが
ロッテンマイヤーなんだか、ロットマライヤーなんだかの
ミッキーちゃんは、ベビーってこともあって(ベビーにしてはでかすぎだけど)
マスターの教育の成果もあって
とってもフレンドリーすぎて
ママの心をトリコにしてしまったようです。
ママは、四足嫌いだったのにね。メロメロなんですよ
飛びかかられようが、噛まれようがお構いなし
“水商売は、獣禁止”って言ってたママが
調理場に常備してる懐中電灯
なんで、懐中電灯かと申しますと
ミッキー君に光を当てて、元気な様子を見るためらしいですわ(笑)
店内にどどぉ~~んと寝転がるミッキーちゃん
それまで、お客さんが連れてくる小型犬はリュックに隠れていなくてはいけなかったのにね。

だいたい、ミッキーって男の子の名前だし。。。
外は大雨でびしょぬれのまま、店内に転がってるし。。。
この写真だって、何枚も撮らなきゃぶれてたし。。。

本当の飼い主は、みんなに可愛がられてる様子をつまみに呑んでるし。。。

我夫やその他の常連さん、本当の飼い主の親族でさえ飼うことを禁止してるのに
本当にダメな飼い主だわ
でも、当のミッキーちゃんは、マスターとママが飼い主だと信じてるからさっ
マスターあと15年は、お店営業してよね。
15年もすれば、本当の飼い主は犬さえ飼えなくなるほど年老いてくるからねっ

どっちが遊んでんだか

沖縄地方が梅雨入りした宣言が出たと同時に
こっちのほうでも、梅雨入り前のまだら雨予報というのが出ました。
そのせいか、雨の前には蒸し暑くなっております。
それなのに、我が家の“わがまま王子”ことパンチ君は
一人寒がっておりまして・・・


多分、二階に上がるのが面倒なアンちゃんと
二階に上がれないマル君が居るリビングに一緒に居たいだけのようです
今度からは、“寂しがり王子”とでも呼んであげましょうかねぇ~
っちゅうことで、お店が暇なのをいいことに
あそばれてますわ

頼んだカットと
微妙に違うので、
耳毛が爆発しているパンチ君

みつあみしてみました。
本当は、編みこみしてあげたかったのですが
仮にも、王子と時折呼んでいるもので・・・


しかし、どっからみても女の子


あそばれてますわ


インディアンの女の子みたいwww

めっちゃ可愛いよぉ~~ん




顔動かすたびに、当たるんですけど・・・





でも、バラバラの毛が入ることないから
結膜炎予防になるかもよぉ~~ん




こんな風にお店で遊んでると、いつもやってくる女王ララが来ない
ので、倉庫に遊びに行きました
だらだら


この時期の風物詩ともなってる

倉庫の一番高い場所でのゴロゴロ


朝日を一番に浴びたいらしいけど。。。。
ちと、暑くないんでしょうかねぇ~~

質問した直後。
妙に甘えた声で降りてきたララしゃん




私から死角になってた高い場所でくつろいでたお友達ニャン

慌てて、下界に降りてきて
後ろふりむきつつ逃げようとしている様子です


ちなみに、でっかい“なぉ~ん”の声は私
音程がずれてるとか・・・
猫にしては、ブサイクな声っちゅうのは、却下させてもらいますぅ~~

ちっこい可愛い声で返事してるのは、ララしゃんの声です


あんたたち。いつの間にか
そ~~いう関係になってたのね。(って、どういう関係なのか!)


警戒中



裏のお家から覗いて
ララちゃんと、テレパシー会話してるのを

おちゃらけた二本足が、ちゃかしているショット


しっかし、
ララちゃんの好みって・・・
小太りたぬきみたいだね。

これって、我夫そっくりだわ・・・・・ボソッ




もし、お友達が居ついたら・・・・
名前は、ララの後だから、リリちゃん・・・・女の子名前だわ
男の子だったら、ロンロン・・・パンダみたい
キキ君の後釜だから
男の子だったら、クック
女の子だったら、くるみちゃんもいいなぁ~~ どんなつながりだ!

ったく、どっちが遊んでるんだか、遊ばれてんだか。
どっちにしても、平和な私

無言の逆襲

昨夜遅くに、お嬢が部屋に来て
“鼻の頭に、アンちゃんの○ンチが付いてる気分だよ”

親子でミーティングした結果。
お嬢の部屋でくつろいでいたアンちゃんの屁
の匂いだと決定しました。
若い頃のアンちゃんは、音付きで
自分の出した音にビックリして場所移動してたけど
ピ~っと小さい音だったのにね。
歳を重ねるっちゅうのは・・・・・・


そして、今朝
夫がワンズを引き連れて階下に下りたあと
マルのブツ持った私の目にはいってきたのは
洗面所の扉一杯に広がった夫のお尻が、落ちてる!

お年頃の夫だもの。びっくりしましたよ
近づいてみると
夫は、トイレシートの上のマルのお尻を固定しておりました。
“ブツをあっちこっちに落とさないように固定している”

ったく、寝ぼけた人間はしょうもないことをするもんです。
“犬ってのは、途中でやめることができるから
 そんなことしても、あとで別の場所にしちゃうよ”

さむいのぉ


ソファの端っこで丸まってる骨っこ発見
毛布入れる座布団カバーでくるんであげました

う~~ん。このカバー洗わなきゃね


オカン。ちっとも暖かくありません



差ありすぎ?


・・・そだね。

肉暖房もってるマルのが
あったかい場所取ってるもんね。


って、マル君がどこにいるか分かりますか?




ぬくぬくwww


茶色の毛布の下


この子は
もぐりこむことが大好きみたい


しかも、頭かくして尻隠さず
呼吸困難になってはと思うので
顔だけ出してあげると
いつも、こんな迷惑そうな顔するのよ

これからの季節
二階のお嬢の部屋で
虫干しがてら、三匹でゴロゴロしてほしいのだけど

老婆アンちゃんは、階段の上り下りが面倒くさいお年頃
マル君は、階段恐怖犬
寂しがりやパンチ君は、しょうがなしに階下で丸まってるぅ
二階だと、洋服も毛布も要らないポカポカ陽気なのに

そして夜になり
私が二階のパソの前に座ると
チャッチャチャッとお嬢の部屋から戻ってきたアンちゃん
しばらくすると、強烈な匂い


“これが、噂の目が覚める臭いなのか”



おそるべし、アンちゃんの逆襲

マルと手

昨日は、しつけの失敗の話をしましたが
その後に増えた四足軍団のしつけに成功している一家ではありません。
しつけの失敗、以前の問題は
私に学習能力が無いという事実だけが残されております。
これに関しては、解決の糸口すらみつかりませんわ


それでも、社交性のないアンちゃんの散歩では
ひたすら、車とお日様に隠れての日陰の散歩を脱却すべく
パンチ君を迎えた日から
社交性重視しつけ作戦で、
そりゃないぜ社交性あふれるパンチ君に成長しましたから
良しとしましょう。
このさい
パンチ君が若い人間のメスのみに、社交炸裂という失敗の事実はふせておきましょう

つかの間の社交性あふれる散歩を満喫していた私のもとへと
やってきたのは、社会性ゼロのマル君
とっても可愛がってた義父の犬だったし
火事のショックと、環境激変から問題行動を起こすものだと思ってましたが
私が入院前に、ご近所さんに噛み付いた後
私が退院したあとに、義父から聞いた話でビックリ
マル君の問題行動は
環境激変でなく、
義父が以前住んでいたお隣のオバちゃんの行動でした
玄関から門扉までは、放し飼いにされてたマル君(当時はフク君でした)
門扉には、手作りフェンスがあったのですが
そのフェンス越しに、棒でマル君をつついて怒らせる悪戯をしていた
とんでもないオバちゃんがいたそうです

どうりで、マルが義父の家に来た幼少の頃は、
ただの小心者の大人しい良い子だったのに
突然、よく吠えまくる犬になってビックリした事を思い出しましたわ私

マル君が我が家に来た頃は、
マルを怒ったことが無い、しつけもしたことが無いのが自慢の義父の犬
“手”を異常に怖がるんですよ
きっと、同居していた義父の義理の息子さんや
隣のオバちゃんらは
義父が居ない間に、嫌なことしてたみたいです
鈍感な義父は、そのことすら見て見ぬフリしてたみたいですけど
人間語話さないマルにとっては、お留守番は恐怖だったと思います

手で愛情表現する私ら一家には、これが最初の難関
マル君は、真っ暗にしないと“ヘソだし爆睡”が出来ないし
近づいてくる足音にビクビクしてましたわ
ほとんど会話の無い家で6年間も暮らしてたマルにとって
喧嘩してんだか、会話してんだかの区別がない
毎日がお祭り騒ぎの我が家は、落ち着かないビクビクの毎日だったんじゃないかな


私と夫が一番心配してたのが
興奮しすぎて、手当たりしだいに噛み付く行為ではなく








このしつこく舐める行為

四本全部舐めまくるこの行為

最後は、真っ赤に腫れあがるぐらい舐めまくるのです

歩くに、必要な足なのに
絶対に、歩くときに痛いハズ

それなのに・・・





とうとう、爪までかじり始めました

アンちゃんと暮らし始めて知ったのですが
本来、犬というものは
自分の爪をかじって、適当な長さにするものらしいです
が、最近の飼い犬というのは
アスファルトの上を散歩するだけで、自然と爪とぎをしているので
散歩さえちゃんとしていれば、
爪切りの必要がないそうです。
ただ、退化してしまった親指の爪だけは、定期的に切ってあげないと
肉に食い込むらしいです。

アンちゃんは、私爪切りのドン臭さに恐怖を覚えて
親指の爪だけは、自分でガジガジと適当な長さにしますが
マル君は、ペット美容院で切りそろえてもらうことしか知らないワンコ

これは、ずぇったいに本能で爪とぎをしているのでなく
環境激変によるストレスだと思い込んだ我夫婦
マルのガジガジタイムが始まると、
あの手、この手で気を引こうとやっきになりました

のちに、やっぱりストレスから手を舐める行為があると知ったのは
マル君のこの行為が、完全に収まったときでしたが。。。

いろんな手立てを試行錯誤
焼きもち焼きパンチ攻撃があっても、
マル君を中心に・・・・

でも、その私らの行動は間違ってました
アン・パンチの様子がおかしくなってきたのですよ
マル君を阻害するような行動が見られまして

これも、最近分かったけれど、アン・パンチなりにマルに説教していたようです


そこで、最初の文章に戻ります
マル君は、義父が居ない間に人間の手でいろいろと
悪戯されていたらしいって事

私らの手に注目しました。
怒る時もあれば、
褒める時もあって
オヤツをあげる時もあるんだってことを
まずは、

一年かけて、手は
怒られるときに出てくるものでなく
オヤツもらったり、ヨシヨシとさすられたりするものだと教え
足音は、追い掛け回す音でなく
オヤツ取り出す音だったり
ご飯作ってくれるものだったり
一緒に遊んでくれる音だと教え

犬とは違う手の使い方
今までの人間とは違う手の使い方
義父が居ない時にも、変わらない手の使い方

今では、手を差し出すと
自分の頭をもぐりこませるほど、私らの手を信頼してくれるようになりました
いつの間にか、執拗に血が出るほど舐めていた
自分の手、足を舐めなくなり
その代わりに、パンチ兄貴が見向きもしない玩具をガジガジ
時折、パンチ兄貴の玩具を持って逃げ回る技も会得したマル君


みえてるの?

へそ天で寝ているけど

私が、こっそりとオヤツを食べないかを
目だけで追うほど


横着になりましたわ





どまんなか



大好きなパンチ兄貴の
お気に入りの場所で爆睡したりもします

しかも、部屋のど真ん中


ここまで、私らに、この家での生活に慣れてくれると
喜びもひとしおなのだ


さぁってと、人間の手に慣れたマル君
次は、どうしてもトイレシートからはみ出す○ンチ

その次は、ご近所さんにも良い友達が沢山いるって事

その次は、道端に落ちてる鳥の糞やゴミの匂いを体に付けようとする行為

その次は・・・・・怒られることばっかだねマル君

アンタはね。愛される権利を持って生まれてきた命
たぁ~~っぷりと、死ぬまで思い知らせてやるわ 覚えとけよぉ~~

しつけの意味って・・・

私ら三姉妹は、二階建ての一軒家を無理やり二所帯に分けた戦後のなごりある家で
幼少を過ごしました。
私が小学校に入る直前に、両親は中古の家を購入
平屋の小さな家でしたが
母にとっては、子供が少々暴れようが
泣き叫ぼうが、階下の住民から怒られることもなく
気兼ねなく生活できるのがうれしかったようです。
一番下の妹が幼稚園に入る頃には、子育ても落ち着き
念願の犬をもらってきました。
猫は、野良ちゃん親子が軒下で生活してましたから
母にとっては、家族がいて、犬も猫もいて
あわただしくも、賑やかな家にしたかったようです。


ところが、父は動物が大嫌いでして
私は、その事実はつい最近まで知らなかったのですが
ビッキーと名づけられた犬を叱るときは、異常だったそうです
ビーグルの血が入ったミックスだったけれど
私が中学校に入る頃には、脱走していなくなりました。
どうして母がビッキーを探さなかったのかが、不明だったけれど
父がビッキーに対する態度を見かねてたからだったと思います。

そんな大の動物嫌いの父でしたが
(本当に私はつい最近まで知らなかったので)
アンちゃんが我が家に来て、家族で旅行するときなんかは
アンちゃんを実家に預けることも多々ありまして
大食いアンちゃんだからと、てんこ盛りご飯をあげた結果
夜中のトイレに困ったと話す父に、笑ってたりもしたものです
そんなアンと私ら家族の様子を見ていた母が
“アンが大人しかったから、父さんが犬を可愛がるのをはじめてみた”
“だいたい、動物怖いって大泣きしてたアンタが
 犬もネコもうじゃうじゃいる生活するなんて考えられない”

人って、変われば変わるものなのよねぇ~

私の両親だけあって、口は悪いです! キッパリ
“ヨボヨボアン野郎”と呼びつけては、寄ってくるアンをなでくりまわし
一緒に遊んで、遊びすぎて自分がヨレヨレになったと文句言いながら
目が溶けて無くなってくる両親を見てると
“口から出る単語と、態度が違うじゃん”

我が家に来て14年目になったアンちゃん
最初の頃は、傘、箒なんかを、ものすごく怖がってました
きっと、モノで叩かれてしつけされてたんじゃないかしら。
犬のしつけなんてもの、全く知らない私は
人間の子供と同じように、危険なときだけ大声で怒ったり
お尻を手で叩いたり、追い詰めて説教したり
とにかく、今思うとハチャメチャな躾け方でしたわ

でも、夜眠る前には、人間の子供のように
“今日、怒ったのはちゃんと理由があるんだから
 明日は、怒られないようにね
 どんなに悪事働いても、ずっと私の子供なんだからあきらめな
 死ぬ直前に、あの時はって愚痴愚痴言われたくないでしょ”
と、脅迫のような抱きしめ攻撃だったもんな。

その後、パンチ君が来て、キキ・ララが居候しだして
はじめて知った。アンちゃんへの躾けの大間違い
気が付いた時には、すでに遅し
トラウマなんてものは、何処吹く風のアンちゃん
傘さそうが、箒で掃こうが、
掃除機持ったまま、アンちゃんを跨ごうが、寝たい場所で爆睡するアン
完全に、憎たらしく成長した人間の我子らと同じ態度ですねん。



すみにおいやられてるし


我侭で屈託のないパンチ君が
可愛くってしょうがないアンちゃん

ベッドから追い出されたまんま転がってるし


数年前までは、怒られると分かって悪戯し放題だったアンちゃん
今では、ただの老婆
そんな過程を知ってる我両親でさえ
“まだまだ、長生きするんだよ”

あのね。人も変われるけど
犬も変化してくものなのよ~~
しつけ次第でね。
アンちゃんは、完璧に失敗の例
自分が人間の子供と思ってるのか、私らが犬族集団だと思ってるのかは定かではない

現実ってのはぁ・・・

日曜日がお休みなのは、月に一度
今年に入ってはじめての無職日曜日
青春真っ盛りで、土・日曜日が休みのお嬢もぽっかりと無職休日
(無職とは、用事が入ってないという意味)
だらだらと洗濯物を干し終えると
寝ぼけ眼のお嬢が
“下着がガソリンみたいに急激な値上げで、大量に買い込まなくてはいけない
 という夢を見たけど
 軍資金がないので、一緒に買い物に行こう”
なんという  支離滅裂+自己中=たかり  立派な娘に成長しました

そのとおりに夫に伝えると、口をあんぐりと開けたまま???

その様子をみたお嬢は、“スポンサーはパパ♪♪”と
歌いながら、支度を始めましたわ

久しぶりにスーパーの食材以外の場所で、お買い物を堪能しました
隣には、べったりとお嬢が張り付いていましたがね。
“オカン。これ共同で着よう”

   ・・・・・・・・・・う~~ん。やさしすぎる恐喝WWW


最近のファッションっちゅうのに、びっくりしながら
あっ。これっ。新聞に載ってた Gパン色のスパッツ(名前忘れた)やつだわ
これと合わすと。。。。出腹にメタボ太もも隠せるじゃん
鏡の中に写った私は
太めのババマネキンが色つきステテコはいてるし。。。。なにもの? 

だぁれ?


おっ。
ブルーリボンつけた浴衣娘はだぁれ?







おばけ?


おばけさっ











おいら?


ったくぅ~~
立派な中年男に
浴衣なんて着せるなんてさっ



だって、オカンはレッドの女の子がほしかったのに
クリームのパンチ君を選んだのは、お嬢なんだもん
それが、段々と色が抜けてきてほとんどマッチロになったじゃん。
シロってのは、なんでも着こなすしぃ~~
どうせパンチ君は、寒くなければ何でもいいしぃ~
浴衣が安かったしぃ~~

それより、パンチ君。
胸はだけて・・・・股おっぴろげてるし・・・
色っぽすぎません?

色っぽいといえば、ちょいと可愛いと思った人間用のTシャツ
胸ぐりが広くて、
私が着てかがむと、胸の谷間通りこして、出腹まで見えそうなのよ

同じぽっちゃり体系でも、二十歳代前後のレディは素敵に着こなしてるのに
若いって、それだけで魅力よねぇ~
と、ぼやいた私の隣でお嬢が
“ぽっちゃりの位置が違うのよ!”


寝姿


浴衣きたままの寝姿は
人間も犬も変わりないのにさっ

って、パンチ君の尻出すぎてない?
前に回ってパンチ君の顔みると
浴衣に顔が入り込んでるし。

可愛かった頃のお嬢と同じ寝相だし。

現実っちゅうのは、過去の仲間なのね。

たまには・・・・

c7dce764.jpg

やっと
ララちゃんの親戚筋にあたる
面倒見によいまだらママの子供を

写真に収めることに成功しました。



まだらママは、
ららちゃんとよく間違われてまして
もうちょっと、色が薄めなんですけど
ご近所のニャンコも
自分の子供もちゃんと教育してたママでした

最近、見ないけれど
どっかに隠れてるのか
去年の冬に見たときは、皮膚病になってたみたいだし
面倒をみていた飲み屋さんと
話をしてないので分かりません

しっかし、まだらママの子供ちゃんといっても立派な大人
飲み屋さんの裏の駐車場は
その上にある住民の駐車場をねぐらにしていて
みんなが大事にしてくれてるのを理解しているようで
少々車が近寄っても
ビクとも動きません。ちゃんと、どの車が危険なのかを知ってるみたいだし
ったく、そのクソ根性はララちゃんの血が入っているようですわ

この写真を撮る直前に
新たなキキ情報入手
やはり、私がにらんだ猫楽園に在住してました。
しかも、今回調べた結果
猫好き一軒でなく、
猫好き三軒が結託しているという事実にビックリ

“人相の悪い黒猫知りませんか?”
“目の可愛い黒猫なら、いつ居てしまってるけど”


で、首輪の色の話から
途中に変更した首輪のことやら
食事の好みの話やらで
キキ君に判明
どうやら、
三軒のうちのメス猫ちゃん(しかも、私好みのキキ君よりでかい猫だった)
に、ストーカーしてるらしい
しかも、ご飯のおこぼれまでもらってるらしい
ついでに、ボスと名前までつけてもらってるらしい
(いついたボスの中で、一番優しくておとなしいボスらしい)

おいおい。我が家でのあの態度はなんだよぉ~~
どうりで、数泊外泊しても痩せてないし、それどころか肥ってるし
食の好みも随分変化したなぁ~って思ってたら
別宅で、やりたい放題してたんだな。キキ君
おまけに、弱虫なくせに正義感満載のキキ君がボスだって!

お願い

パンチ:
猫に捨てられたオカンの気持ちを
沈めてやってくらさい









んんんん?

アン:
ほっとけ。いつものことさっ



マル:グググゥ~~ぴぃ~~~






ったくぅ~~。夢の中に出てくるキキ君は
いつもの偉そうな鳴き方ばっかだったから
あんまり心配はしてなかったけど

まさか。猫に捨てられる飼い主になるとわ・・・・

しょうがない。客ネタに使うしかないわ
たとえ四足軍団に高笑いされてもねっ

そりゃ、無いぜ

お隣さんに二人目のお孫ちゃんが、無事に生まれました
一人目は、女の子
二人目は、男の子
一姫二太郎そのものです。
ただ一つの問題としては・・・


我が家のがうるさくって、お隣さんの新人ベビーの声が聞こえないwww
お隣さん曰く
“うるさくって、ごめんねぇ~”なんですけど。
お隣さんのお風呂が、我が家のキッチンと近くて
お隣さんのお風呂タイムの時に聞こえるのは、上の女の子(三歳)の
正しい日本語ばかり・・・・
まっ、子供の成長の証としては、ほほえましいというよりは
耳すませて、聞き入りながらにやけてる怪しい隣人一家。
少し前までは、帰宅したキキ君の声とよく似ていたのに、日本語話すんですよ
お隣さんのお孫ちゃんは、人間の子供だったのねぇ~~(笑)

そんなお隣さんの若いママは、小学校二年生の時から知ってるレディ
ベビーらの声を盗み聞きしてる隣人相手に
お返しはいらない!って云ったのに
お祝い返し


こ~~んなお返し

怪しげ隣人元ママとしては
“最近の子は~~~”って笑ってしまいましたわ
だって、生まれた子供が男の子
だからこそ。お返しが

“たまご”かいな!

思わず。“うまい”と叫んでしまった私
こうのとりが運んできたベビーって事なんですけど
よぉ~~っく見てくらさぁ~~い

薫製たまご

金、銀の
二つの卵


男の子だから・・・・
やっぱ、二つの・・・・・

あ~~~いかんいかん。
歳くった元レディは、やらすぃ~~事想像しまくりでんがな。

だって、金、銀なんですもの・・・・・ムフフッ

そんなくっだらない話をお隣さんにしてしまったワチキ。。。。。
恋の一花咲かせてみましょうかなぁ~~って


誰が相手になるんだ!っと、家族から・・・家族からですよ!
そ、そんなにいろんなモノなげなくても。。。。。。・゚・(ノД`)

だいたいねぇ~~~と、説教された矛先は。。。
目開いてるけど・・・

目&お股全開のマル君

しかも~~~
イビキ付でんがなぁ~

目開けて、いびきかよぉ~~



オイラも男のはしくれでっせ!
子供作るの出来ませんけど。。。未使用ですぜ!





・・・・・・・・・・・・あのねっ





まっ、いいっかぁ~~
色とりどりのオスと一緒に暮らしてるんだもの・・・・・

って、欲求不満扱いかよ!



迷惑な自動

気温が日替わりで、暑かったり、寒かったりする季節になりましたなぁ~
ここに立ち寄ってくれたあなた。
体調をくずさないようにしてください

私は、自律神経のせいか、いつまでたっても寒いので
未だにストーブに張り付いてます。ついでに、毛玉除去カット決行されたパンチ君も
私と一緒に、洋服付でストーブの番犬しておりますので
私ら二匹は、大丈夫と思われます!

さて、本当に飼い主に見切りをつけたと思われるキキ君が
帰宅しなくなって、三週間が過ぎました。
ちっとは、姿ぐらい見せてもいいハズなんですけど
声がする!と思いきや
ララしゃんが、キキ君の声真似して私ら夫婦を翻弄する担当に昇格したようです

そんなララしゃん
暇もてあまして、
新しいニャンを仲間に引き入れようと必死みたいですが
所詮、本ノラニャンの警戒心は、頑固です
しょうがないと選んだ新しい遊びは

危ないって

お店の
洗髪ロッカーの上を散策すること


この場所は、困るんです!
鏡を開けると、シャンプー台が飛び出す設計のために
いろんな配線があって

しかも、最後に掃除したのは
二桁年前・・・・
うろ覚えの私が記憶するには、
二回しかないハズ
適当掃除だったしぃ~~

お客さんは、ケラケラと笑うばかり
“あのね。お客さん椅子に固定されてるから、
 そんな大口開けて笑われると
 ほこり吸い放題になるんですけど・・・”


そこではじまった
ララしゃん、下界に下ろす作戦

最初は、失敗して・・・・っちゅうかぁ~~
ララしゃん。その手
すんごく不安定だから!
危険率100パーセントだから!

おっしゃぁ~~


おかん。

おいらがその役引き受けます




ゴジラ君。頼みましたぞ!








ゴジラ発進





無事に、反対側の棚を伝って降りてくれました。。。



と、なるハズだったのにぃ~~
悪猫ララは、棚から一機にジャンプ
爪立てずに、棚に傷付けずに
降りたからって・・・・母は許しませんぞ!



まぁまぁ。怒らニャンでね
ホコリ除去作戦成功したんニャン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブツブツブツブツ・・・・・・・・・・
確かにアナタの毛色は、汚れたモップ色
ホコリが目立たないといってもねぇ~~

忘れてた!

バタバタと日々を過ごしている間に、すっかりと忘れてた母の日
今年は、実母のみの大事な年だったのに・・・・
慌てて、ネットで見つけようとした時間が悪かったぁ~~
気が付けば、自分の口紅購入したのみ。
あ~~~母不幸の私をゆるしてぇ~~~母上殿

明日は、一人で倉敷にいくので、期限切れ母の日プレゼントを購入しましょう~~
ってことで・・・
倉敷に術後検査に行くってので、チト無理をしてみました。
そのおかげで、シロワンズのサマーカット更新が出来ませんでした。
どこまでも、ダメな子供&母親してます私

でもね。そんな私にお嬢が“母の日”プレゼントをくれましたわ
“ととろ”の置物
なんでも、元彼とデートしたので購入したらしいですわ
母としては、お嬢のお年頃で元彼が友達になるってのが、不安要素なんですけど
昔から、おませさんだったお嬢に、
そんな関係  ありえなぁ~~い!
とどめにお嬢は、飽きたら私に頂戴ね!だって。。。。汗汗
そこんとこは、私のDNAが入ってるみたいですわ

そして坊ちゃん。。。。。久しぶりに仕事帰りに実家に寄りました
寄った目的が帰るまで分からなかったんですけど
“何もくれなかったしぃ”
私は、民放の映画に夢中だったし・・・・
坊ちゃんが帰宅したあとに、わかりました
トイレが・・・・・くちゃい
ヤツは、ブツを出すためだけに、実家に立ち寄った!!!だけ

ま~~コヤツも、立派に私のDNAをもらって成長したようですわ・・・泣


さぁってと、本題に入りましょう

もっさもさだったけど、結構気に入ってたマル君のお尻
魅惑のお尻

白いこぶりのマンモスみたいでしょ



このミニマンモス
結構、小回りが効くし
ウンチのみ失敗するし
他人を受け入れないオトロシイ技もってますが

散歩すると
いろんなモノくっつけてきては
本人が一番イライラしてるんです。

いってきまぁ~すこわいwww







美容院なれしている小心者のマル君
一応、震えてますが
楽しんでいるみたいでしょ

散髪されても、家に帰って来る!ってのが理解できたみたいです



小さいゲージ大嫌いなパンチ君は
不満タラタラ

無理やり押し込めたら、出発です


ただいまっす


普段は、
白組が面倒だと思ってるアンちゃんも

久しぶりに一人になると
暇もてあまして
部屋の隅っこばかりを寝床にしてましたが


帰宅すると、早速ご挨拶www

しっかし、外面が良い小心者の白組
帰宅早々、トイレが忙しいのだ

それぞれが、二、三度用事を済ませ、家に帰ってきた確認作業をこなすと
やっとご挨拶タイムです

アン:パンチ。別犬みたい
   マル。可愛くなったね

パンチ:オカンの作戦だろ

マル:家じゃ。家じゃ。わぁ~~い


ピエロみたいwww


パンチ君・・・
ピエロみたいな顔になったね


マル:あにぃ~いいにおいしてますなぁ~

パンチ:お前と同じにおいさっ


この美容室は、開店して二年未満ぐらいかなぁ~
カットは、そんなにうまくないけど
人柄のよい若い夫婦が、私の好みなのだ
カットがうまくなくても、
私のママ床の数倍もプロ仕上がりだしね。
なんといっても、毛玉綺麗になりましたわ


ワンコカットも大雑把なら
人生そのものも大雑把な私
それでも、こうやって元気な顔と
面白い表情・・・・・・くちゃいトイレの臭いも入れてあげましょうかね
そんな子供たちの存在が一番の母の日のプレゼントかな。私にとっては!

だからぁ~~我母上殿も、そう思ってくれるハズ!
しばしの間待たれよぉ~~
あなたの娘は、忘れっぽいけどし、いい加減だけど
すっごく元気にしてますからぁ~~

ことし最後?

世間のGWとは無縁の我稼業
今年は、五日、六日が世間と同じ日にお休みになりました。
五日は雨だったんだけど
六日は、朝からピッカピカの晴天。

鉄砲玉オヤジこと。夫の付き添いで山口の藤の見回りにでかけてきました。


去年の冬に買い換えた車は、
エアコンを付けたまま、キーロックが出来ない設定になってまして
いろんな事故防止の結果なのでしょうねぇ~
人間がお昼ご飯を食べる時は、どうしましょう~~と悩んでましたが
一台ぶんだけ、完全木陰になってる駐車スペース発見。
おいしいそば

仁保の道の駅の前にある
小さな小さな蕎麦屋さん。

行列が出来てたし、車が見える位置だったので
私一人で、予約に行きましたよ。

朝11時開店で14時閉店
私が予約したのが12時
外の気温が20度

食べてみて、行列の出来る理由が分かりましたよ。おいしかったぁ~~
しかも、私ら夫婦が最後の客。

食べ終わって、車に戻ると
暑がる風でないワンズをみてホッとしました。


仁保の藤

仁保の藤は
村の敷地内に群生しているもので
立派な囲いとか
駐車スペースもなく

のんびりと散策できましたが
散髪前の白ワンズは、ハァハァ
サッパリアン姉御は、熱いのでは?アスファルトを歩きたがり

対照的な犬連れ。。。。

仁保の藤とミニ滝さんしょううお




ミニ滝の横に小さな水溜りの中に
さんしょううお発見。

さんしょううおってのは、水の綺麗な場所にしか生息しないとかで
確かに、透明度は100パーセント


マル君の視界とは大違いですわ
視界ゼロ




マルちゃん。
もうちょっとの辛抱だからねっ

第一、ママ床に慣れてくれたら
ここまでモッサモッサになることもなかったんだけどねっ



ころがってます



夫に連れられ
あちこちの藤を見ながら
写真撮りながらのドライブ中

気温がグングンと上がって
外気温25度。

ここまであがると、外に出るのを嫌がるワンズは
エアコンの効いた車内で
こうやって転がってるのを好みますわ

しょうがないので、私も一緒に車中待機

最後に回った場所は、
夫曰く
“以前、発見して一度はつれてきたかった場所”

秘密の場所・・・らしい



登山道の入り口でした
幻想的だし
観光客は居ないし

池で泳いでる鯉にエサを投げながら
必死にカメラを構えてる夫
一人二役は、忙しそうでした

素敵な場所だったんだけど
ワンズをみると
裸同然のアンちゃんに黒いモノが。。。

やぶ蚊のでっかいやつ発見。
蚊を追い払いながら、速攻車に戻りました。

あまりに慌ててたので、
禁止されてる“重たいものを持つこと”を忘れて
次々と、車にワンズを乗せましたよワタシャ。
白ワンズのほうは、
あまりの毛玉に、虫が窒息するから安心だったのですが・・・

いつものドライブ直後は、ワンズシャンプーがもれなくついてくるのですが
木曜日の今日に
白ワンズのシャンプー&カットの予約いれたので
シャンプーなし洗いで、汚れ防止にダニ予防
どの子も、危険を回避できたのを確認!

しかし・・・





貧相


十二分すぎるほどのすすぎの結果
なんとも貧相なトイプー



もうちょっとの辛抱だからね!
文句タレタレ言わないの!




さっぱりぃ~

マル君は視界が良くなったみたいわ


でも、これも濡れてる時だけ

翌朝には、視界ゼロになってましたわ


さぁってては、明日は変身した白ワンズをお楽しみにぃ~~

無言の抗議

寝てます


年寄りは、早いです。

夜、眠るのも

朝、起きるのも


この夜は違った・・・・



気まぐれなのも、年寄り特有らしい。。。




玄関で



姉御は、眠たくなったら寝る

場所、選びません。

なんたって、姉御だもん。

人間にまたがれても、
通りにくそうにされても・・・

起きるのは、尻尾の毛を間違って踏んでしまった時
慌てて起きて、噛み付こうとしますが。
悲しいことにスピードが遅いwww
“ごめんよぉ~~”と謝られると
“しょうがねぇなぁ~~。以後気をつけてね”


って・・・・姉御ぉ~~~
一番邪魔なトコに転がってるからじゃないの?



護衛つきです



姉御に楯突くなんざ100年早いですワン



ありゃらぁ~~。遠慮がちなマルちゃん
隅っこの遠くから護衛してるのね。



晩御飯が足りない夜。
こんな無言の攻撃ってないでしょぉ~~~~~~

忠犬

GW中は、好天に恵まれて気温もグングンと上がってきましたね
元気とはいっても私は、一応は術後のせいか
湯船に浸かれないからなのか
私の体内気温的には、丁度よかったのですが
サマーカットが遅れ気味のワンズにとっては、我慢できないみたいです。
夜中に、ヒンヒンと歩きながら寝場所を探すアンちゃん
ワンズ一寒さに強い(小さい世界だわ)アンちゃんには
限度だったようです。

わぉ~~ん


行楽地の賑わいのニュースとともに
閑古鳥の我店内

アンちゃんをサマーカットにしました。


半月程度散髪が遅くなった程度なんですけど
随分、さっぱりしたようで
めちゃくちゃ元気モリモリ老婆になりましたわ

でも、悲しいことに
ダニが沢山ついていたようで
あっちこっちに赤い斑点があって痛々しいのですが

しかも、過去の皮膚病の跡が黒い斑点となっていました。
尻尾の付け根にあった脂肪の塊
後ろ足の付け根にもう一つ発見。
元気になったとはいえ、やっぱり老婆です。

一番老婆らしいトコといえば、
“アタシャ。年寄りなんだよ。大事になワン!”と
飼い主を操ろうとするかのような、絶妙なワン使い
まったくぅ~~私と同じメス同士
アンちゃんを通して、夫の気持ちが少しわかるような~~切ない気持ちですわ


そんな我夫。
私が入院中は、家事に忙しかったようで
私が退院すると、入院する前よりも回数多く遊びほうけております
義父の手前
“あなたの息子さんは、
 昼間は、床屋の主人
 夜は、積み木並べのバイト
 お休みの日は、ボール飛ばしつつ地球と戦う戦士
 そして、時折女房孝行と銘打った地球の変化を撮る研究員”
と、話しております



よく見て


オカン。オヤジ探してるんだけど

マルの野郎が・・・・・


ギャハハハハ。マルちゃん。
パンチ君のおちんちんの中には
オトンはいないぞ!

この直後に、マル君はパンチ君に
めちゃくちゃ怒られてました。。。

待ってるの?

私がお風呂から上がっても
まだ、玄関で待機している二匹君


ありゃりゃぁ~~
オトンは、そんなに短い時間で帰宅しないわよ





待ちくたびれ~~


果報は寝て待て!


あのね。オトンは果報なのか?


まったくぅ~~
あんたたち男組の団結には、頭下がるわ

へっ?・・・まっ、いいっか。

っとに、キキの野郎は、未だに帰宅しておりません。
何処まで恋に走ってんだか。
キキ君に関しては、“いずれは・・・”との予感はありました
去年の正月五日間の家出をしてからは
倉庫に滞在するのを嫌がるかのように、時折しか戻ってこなくなってましたから
しかも、決して痩せこけているわけでなく。
マジメに帰宅するときは、怪我をしてるか
とっても怖い目にあった時の数時間。
今年に入ってからは、帰宅する回数激減でしたし
なんたって、男の子
宅の人間坊ちゃんも、独り立ちに向けて、着々と自立の道に進んで
ほとんど帰宅しなくなりましたからね。

“あのね。自立するオスも所詮は、母のお腹で成長したのよ”

“そんなの関係ねぇ~~”が頭の中でこだまするぅ~~~



べた甘えさせてたララ母さんも、
心配してたのは、最初のうちだけ。
いたずらっ子ララ


私よりも子離れ完成度が高いようです。

最近では、
いつものようにお店に悪戯に来ます。

犬じゃあるまいし、ゴミあさりか?と
思いきや

いろんな刈布が珍しいようです。
きっといろんな匂いがするんだろうなぁ~~
ララしゃんが匂ってるのは、
毛染め専用刈布
アンモニア臭一杯じゃなのかしらん?


可愛いララ二号



最近、家の周りを
うろちょろしてるニャン子

ララに似ているまだら模様

でも、目がでっかくて耳が小さい
高級な猫の血が、まだらに入ってるみたいな
可愛いニャンコ


我が家に近づく猫は、
みな威嚇して追い出してしまうララちゃんですが
この子は別格のよう

ひょっとして・・・・・ララの親戚かも~~


キキ君が帰宅しなくなって、ララも寂しいんだろうねぇ~
いついてしまったら。。。。と、夫に話しかけると・・・

“へっ?・・・・・まっ、いいっかぁ~~
 今更、一匹増えても、食料はいきわたるだろうしぃ”

この間“アンビリーバブル”の予告タイトルが
“親、子供、自分の顔を認識できない女性”
どうやって生活しているのかが、興味津々で夫婦して見ました
脳みその回路の中に、顔を認識する神経がなんらかの理由で遮断されている障害の
一つだとかで、難しい話にチンプンカンプンでしたが

基準顔の話をするあたりに、ようやく少しわかったような気がしました。
私は、洋画が大好きですが
白人や黒人の顔の区別がつかず・・・
というより、女優さんなんかは化粧で随分違うキャラになったりするしぃ~~
そのへんの登場人物あたりで
夫ともめるのが常。
そういうのは、幼少の頃に基準の顔というのが出来上がっていれば
脳の神経回路が、判断をして顔を識別するとの話
私の場合は、白人や黒人と自由に会える環境ではなかったから。。。。
洋画好きは、幼少の頃からなんだけどなぁ~不思議です。


もう一つ。興味深いのに
基準顔を人間以外の、猿に例えて話が続いてる途中で
夫と盛り上がったのが

“そ~~いや、最初は犬の顔の区別はつかなかったけど
 アンが来てからは
 ブチャイクな顔した犬が多いのにビックリしてるよ”


“そっそっ。アンちゃんってすんげぇ~美人さんだよ。ずぇったいにね。
 まっ、そんな事。
 他所の飼い主さんには、言えないけど”


なんとも、親ばか丸出し夫婦の会話である。

もじゃ男



アン:
 ばっかじゃない?
 他所の飼い主も、同じ事思ってるんだよ
 テレパシーで会話できない人間は
 勘違いが多くって、笑っちゃうよ


オカンは、アンちゃんの声だけは聞こえてます!
あんたは、顔に言いたいことが出るタイプだもん。
背中向けても、言いたいことわかるぞ!


そ~~いや。今年は遅れてるワンズのサマーカット
パンチ君。視界悪そう
体に張り付いてる毛玉の中で、虫さんが窒息死してるし



もっぷ?


マル君にいたっては
視界ゼロですがなぁ~



パンチ&マルコンビは
顔の毛がモジャモジャ。
GW明けののんびりした時間にカットを予約しました。

っとは、パンチ君はママ床でもいいんだけど
あまりに、毛玉が凄くて・・・面倒なのだ

カット帰宅は、別犬のようになってくるんだろうなぁ~~
それでも、やっぱりトイプーの中で、パンチ君が一番だし
マルチーズの世界では、マルが一番可愛いと思う
親ばか一家なのである。


ただ・・・・・
まぶしいの?怒ってるの?


キキ・ララだけは別

この人相の悪さは天下一品

ずぇったいに、こんな人相の悪い猫を
可愛いという人間がいないからこそ
可愛いと思える親ばか夫婦なのである

自分の顔すら認識できない障害を持つ女性は
いろんな特徴をつかんで
親、子供、夫を認識しているのをみてると
私ら夫婦の脳みそよりも、
よっぽどいろんなアンテナがしっかりと確立されていて
足りない部分を補う神経回路がキチンとしている!


と、夫婦の意見はまとまったのである。
まとまったついでに、アンちゃんは速攻夏モードに変身させられました
モフモフから貧相な老犬になっても
アンちゃんは、我夫婦にとって最高の犬なのである。

こまりもの

桜の季節が終わると、いろとりどりの花が良い匂いの季節
我が家のジャングルも
じゃんぐる

去年。半分以下に散髪した

もっこうばら

この子は、とっても短気な植物

あっという間に、

散髪前の去年よりも、


倍ぐらいになりました



しょうがないので、アーチにしようかと思って柵に巻き付けたら
それが気に食わなかったようで
異常に花をつけ
花の重みで、しだれ状態
おまけに、とげ付のバラが
もっこうバラに負けじと、お日様に当たろうと
前面に飛び出してきてるし
足元には、花壇からはみ出たマーガレットも満開だし
我が家の玄関は、使用不能状態

お店の看板なんかは、とぉ~~っくの昔に見えなくなり
存在を知ってるお客さんのが少ないのが現状
最初は、店らしくない!と反対していた夫ですが
通りすがりの人に
“見事ですなぁ~”と褒められ続けられると

“ちゃんとしたアーチの土台を作らなきゃね”だって!

年に一度しか満開になりませんが
夏は、西日を避けるむしろの代わりになってくれる強い味方です

ただ、問題が一つ
花は、咲いてる時はキレイなんですけど
散り出すと、ただのゴミになります
さくら

これは、

桜のガク

散歩帰りには、ブラッシングして
ほとんどを落とすのですが
こうやって、家の中に点在してます。

そのうちに、黄色の花びらが点在するようになるのは必須


最近
気が付いたんですけど
犬の毛質によって
くっつきやすいのがあるみたいです。

散歩待ち

散歩中は、たっぷりと付いてる
散った花びらや、種子

散歩待ちしているこの子らが
帰宅する頃には、ほとんど無い

足が一番短くて
現在モップ状態のマルだけにくっついてるwww

“あんた。家の中を草原にしようと計画してない?”・・・・・・・私

“オラは、食えないもんはキライなハズなんですけど・・・”・・・マル
モップ状態のマル君は
お座りするだけで
反省してるように見えるので、許してあげましょう~~

“許してくれなくてもいいから
 ブラッシングと足を洗うのをやめてほしいワン”・・・・・・・・マル

“ダメ。あんたが一番チタナイ散歩するんだからっ”・・・・・・・・私

コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。