スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こそっとね。

欲張りパンチ君に負け気味のマル君のために
新しい玩具を購入しました。
でも、買ったのは一ヶ月も前の話。
強敵次女親子に取られてはいけないという懸念があったので隠しておりました


ようやく、その中の一つを出し
遊んであげようとしたとき




“自分のものも、他人のものも、ワシのもの”
という考えの王子ことパンチ君。

これだけ騒いでいるのに、
アンちゃんは爆睡zzz

遠くのバスタオルの上では、やはりマル君が背をむけて爆睡中
でも、耳がダンボになっているんだよねぇ~
輪の中に入りたいけど、兄貴分がウルチャイ

王子パンチ君は、いつものように
“その手は、猫?”のように、使い分けては
新しいRODYベビーに教育をしております。


RODYベビー




可愛いからと購入したキーホルダー
お嬢に言わせると
巷で流行っているらしい・・・知らなかった

ということは、次女親子よりも、お嬢のが強敵だったってことらしい。

次に隠していたのは、
三種類のボール。どれもピッと音がする
音がするのに、興味津々のマル君のために
一応、犬の数だけ購入したけれど。
相変わらず、アンちゃんは爆睡zzz
寝返りすらしませんぜ
おもしろそうだなぁ~~


一応、匂ってみるぅ~~
興味深々っぽいぃ~~

そんなマル君の様子に、
心の中で拍手していたら。。。



パンチ君の動きと私の眼を見るだけのマル君



“兄貴に怒られちゃう”




そのとき、パンチ君は次から次へと出てくる新人玩具を
教育するのに、忙しいのにぃ~~



兄貴に怒られるもん

結局は、静かに待ってるしぃ~~

と、私らの前ではそ知らぬ振りをするマル君。

でもねぇ~。私は知っているのだ
密かに、パンチ君と一緒に一つの玩具で遊んでるって事。
長時間のお留守番の時に
必ず散乱している玩具。
お気に入りの寝床には、必ず一つが落ちてるwww

パンチ君もそれとなく誘ってるのが、容易に想像できちゃうのだ

懲りないやつら





テリーヌ猫缶効果で
毎晩家にいるキキ君。

タダ単に、甘えたいだけなのかなぁ~~
ヨシヨシするまで、ずっとなき続けておりますwww

でも、ヨシヨシされるとついつい、獲物を狙う眼になって
猫パンチのタイミングを狙うキキ君。
そんなだから
ララ母さんには、ベタベタ甘えると猫パンチ炸裂されるんだよねぇ~キキ君。



ニャンズと遊んで、部屋に戻ると
なんか用

出入り口から少し外れた場所で
熟睡から目覚めたアンちゃん

と、

最近、ゲージの中が気に入っているパンチ君
クッションの下に、“アステカ式アイスノン”を入れ始めてから
マル君と、交互に使用しております。
幼少の頃は、
“お仕置き部屋”と勘違いしていたパンチ君なのにね。

それも、寝方が妙に人間っぽいしぃ~~


一緒

写真を撮られるのが
大嫌いなアンちゃんが移動した先は
マル君の側


マル君は、アンちゃんが移動するたびに
逃げていたけど
最近では、こういうツーショットも珍しくありません。

っちゅうかぁ~~
面倒くさいだけ?
どちらにしても、三匹とも写真を撮られるのはチライのようです。

いつも、気難しい表情だもんな。

散々四足軍団をもてあそんで、お風呂に入った後
リビングが真っ暗
今年の海峡花火の写真が上手く撮れなくて、作品が出来なかった夫が
BSで特集してあった海峡花火の写真を撮っていたようです。
テレビの画像を撮って、作品になるのか?
と、笑う私の目に飛び込んだのは、テーブルの上にあるミニひまわり

“あ~~~~。
 あまりの暑さに、まともに咲いた数が少ない隣の畑のひまわり!
 あんた、花泥棒だ。  犯罪者じゃ”

と、散々怒った私は

なにやってんだか


せっかくの小さな命だもの
記念写真を・・・・






おいらは似合うでしょ



パンチ君には、威厳をもたせて・・・っと



コノ夫婦に救いの道はないのか?

フクの家

マルが、突然我が家で生活しなくてはいけなくなったのかを
理解させるために
どうしても、マル君を
“フクの家”に連れて行きたかったのですが
マルを連れて行く義父の気持ちが固まった頃
梅雨時期になり、
義父の帯状疱疹
義父の高血圧 と一緒に来た猛暑
なかなか連れてこられませんでした。


今週の月曜日は、義父の亡くなった奥様の月命日
天気が良すぎるのが心配でしたが
思い切ってお墓参りと、“フクの家”に連れて行きました。

マルがお墓参りをするのは、初体験
コンクリートだらけの足元の暑さにびっくりした様子のマル&パンチ
警戒するパンチ君をよそに
マル君は、義父の後ろをドタドタと付いていき
お墓から見下ろす海を眺めておりました。
あまりの暑さに、歩かせたのは2,3分
お線香をあげる頃には、車の中から見てもらう事にしました

マルの目は、三匹の中で一番でかくて真ん丸の真っ黒
普段から、何かを訴えるような目で見ますが
この時の目は、違っていたように思います。
きっと、義理義理母と会話をしていたのかもしれません。

“新しいオカンが、汗ダクでごめんね”・・・・・

その後、マルが“フク”として6年間過ごした家に行きました





火事で全焼した“家”は当然のように無く
雑草が生い茂っております。

隣の家、近所の家の匂いはそのままなのに
“自分の家”を探して、探して
普段は、ドタドタと歩くマルが、小走りに走り回って探していました。

義父は、”ここがお前の家やった場所や”と
何度も、教えていましたが
マル君にとっては、土地に家があって
玄関に入るまでの短い曲線の周りには、
義理義理母の育てた木、花がところ狭しと咲いていて
玄関に面した部屋では、
気の会わない猫。二匹の匂いがあって
それらが、一つも感じられないのが不思議で
疑問でもあるようで

探しては、私と義父に悲しそうな目で振り返り
また、探しに行くという行動をとってました。


これは、隣の敷地

マルが歩いているのは、
隣の家に入る路地・・・・だった場所

義父は、家を壊す過程を自分で取り仕切り
50年住み慣れた家が壊れていく過程もつぶさにみてきて
心の整理がついているからなのか
マルの行動が理解できないようでした。

必死にマーキングをするマルのおしっこは一滴も出なかったから

本当は、もっともっと涼しい時期に
もっともっと、いろんな匂いが残っている時に連れてきてあげたかった
この日の気温は、30度を越していました
これ以上、この場所にとどまると
足裏を焼けどしても困るので、早々に退散しましたが

来月の月命日か、お彼岸の時も、マル君と一緒に来ようと思います。
その時には、義父だけが分かる猫二匹が眠る場所にもお線香をあげてきたいと思います。

あっちぃよぉ~~


外気温があまりに暑かったせいもあったのか
“マルの家”に戻ったマル君は、

普段どおりに“ただいまぁ~”の運動会をパンチ君とした後は
アンちゃんの隣で(一番涼しい場所だもので)爆睡してました。


PS-お義母さん。マルも義父もなんとか元気です。

お揃いのオニュー

6月からほったらかし状態のキキ・ララ
まっ、訪問客も多くて、私が居なかった日もチョコチョコあったしぃ~
おまけに、この暑さ。
倉庫でのお昼ねが出来ないキキ・ララだったりするんだけどね。


次女親子が帰郷して、私の体調が戻るにつれて
夏ばて予防にと、猫缶を一日二缶あげてました。
キキ・ララは、ちょっと変わったグルメ猫。
缶詰の銘柄も決まっていて、なんたら“テリーヌ”仕立て
我が家の二本足軍団も、口にしたことがないようなテリーヌ。
思いっきり意味わからないネーミング

去年の夏までは、一缶を三日か四日かけて食べさせていただけに
それも、薬入りだったしぃ~~
ララの脇の傷が完治した今は、薬なんて入れなくてもOKだもんね。
それに味をしめたキキ君。
現在、家出率ゼロですねん。
すごい猫缶効果だわ。
それとも、テリーヌ効果?
しかし、キャットフードは食べないんだなぁ~~。 我が家の家計がボヤ騒ぎ

ほとんどほったらかしなのは、ニャンズだけではなく
ワンズも、散歩と食事以外は似たようなもの。
今月はじめに、都会にいったついでに
都会ならではのリードを購入しました。
アン

やっぱ、歳はとっても女の子
ピンクベース
アンちゃんは、リードも胴輪も壊さないタイプ
それだけに、長持ちしすぎて
気が付けば、ボロボロなんだよねぇ~


マル


外に出ると
100人の敵と戦うべく
車、バイク、人、犬、猫
すべてのものに、ガウガウ攻撃するほど
活動的に見えるマルは、オレンジ

が、その実態は
単なる社会性の無さと
怖がりなだけの弱っちぃマルにぴったり
多少、きつめに見えるのは
また、太ったせいかもしれないwww

こんな短期間で、二キロ落ちて、一キロ復活って
マルの体の中が心配なんだけど。
食欲、運動力は四足軍団のトップに躍り出たもんなぁ~
もう少し、様子を見ましょう


パンチ

我が家の王子様パンチ君
色のきれいさに購入したんだけど
女っぽい色合いだ!との文句は言わせないぞ

夕方の散歩はどっぷりと日が暮れてからの出発にも係わらず
“道路、あっちぃ~んですけど”と
絶対に歩かないポーズで、踏ん張るwww

おかげで、私は首にタオル巻くほど、汗ダクだというのに
3.7キロのホッカイロを抱き
テクテク歩くアンちゃんのリードと
急いで帰ろうとするマル君のリードを持ち
不自由な格好で、ウンチを拾い。 汗を道路に落とし。。。

夫に、“新しい胴輪を喜ぶのは、飼い主だけだ”と笑われても、
   “一日、一缶でいいのだ”と注意されても

喜んでくれてるよね。
それとも、“今までのほったらかしの懺悔としては、少ない!”って
思われてるのかなぁ~~

どっちにしても、この酷暑
早く来い来い秋の気配www

ベビー

アンが我が家に来た頃は
人間不信と、社会不信に陥っていて
家族と認めた私と夫、その時住んでいた次女(15歳)お嬢(10歳)坊ちゃん(7歳)
それだけしか信用してない時期がありまして、
犬を飼うという意味を知らずに飼っている私は、
そんなアンちゃんの気持ちを全く理解してない時期でもありました。

わが家族以外の人間、犬、猫が近づこうものなら噛み付き、吠えまくり状態
“すんげぇ~問題犬だわ”と夫婦でよく話していたものです。
まっ、泥棒よけには最高だわぐらいの認識で
はっきりいって“しつけ方”なんて知らなかったし、調べようともしなかったし


そんな二年目の夏休み
お嬢の仲良しのお友達の家に来た豆芝の“けんた”君
夏休みの宿題の一つに、お嬢とお友達は“犬の散歩”をしました。
ドキドキしながら送り出す私の気持ちと裏腹に
仲良く二本足付き添い二人と
フレンドリィ~な若いオスのケンタ君と
誰も信用しないぞ!オーラ丸出しのアンちゃんと
普通に、散歩して。 普通に帰宅して。
一週間後には、あれだけ頑固だったアンちゃんが
他所の犬に、興味を持ち始め
家族以外の人間も、悪さをしなければ穏やかにしているアンちゃんがいて

ケンタ君が、まだまだ一歳前の若い子供だったからなのかな?
今のような穏やかなアンちゃんになったのは、
ケンタ君が居てくれたからなのだ。
それだけに、私にとってはケンタ君は、他所の犬とか他所の家庭の子ではないんだけど
あれから13年。
子供だったケンタ君も、元気な老犬になりました。
ケンタ君の家族は、ケンタ君が生きている限りは二匹目なんてという考えでしたが
ひょんな事から、二匹目の話が持ち上がっては消え
持ち上がっては消えと、二度ほど、ドタキャン話がこの一年であり
ぶちきれたお友達の姉が、衝動買いした黒の豆芝君
けんたの弟


のんた君です。
やあ~と、手をあげているような写真ですが
突然拉致されて、写真撮られているので
足で、抵抗している写真です。


わざわざ、我が家に訪問に来てくれたので、速攻拉致してお嬢と
写真撮りまくりました。
迷惑そうなノンタ君の顔。。。ヴォホホホッ
最近、ご近所のワンコの病気の話や死亡の話ばかりの
暗い町内に
新人君登場です。
やんちゃな目をしている のんた君
この夏が終わる頃に、散歩デビューかな。
楽しみですねぇ~



捜査

さんざん、ノンタ君をもてあそんだ私に
厳しい捜査が続いたのは言うまでもありません
あまりに厳しすぎて、ピンボケばかりの写真ですwww




そして、もう一つの新しい命
公園の一番小さな木に野ハトが巣作りをして
どうやら、卵を温めているようです。
まだ、我が家のワンズにはばれていないので
安心して写真を撮りましたが、
皆様わかるでしょうか?
うざい敵(私のことですが)を見下ろしているママの頭が見えますか?
ママ

この辺りは、
カラスも多くて、
カラスにもばれないように、無事に成長してほしいものです。

小さなコノ木も分かっているかのように、
卵を温めはじめてから、
急に葉っぱが生い茂ってきました。
強い日差しと、カラスなどの強敵から守っているようにも見えます。

こうやって、一つの命には多くの見えない力が守っているようで
毎日、はとママに睨み付けられながらも、
ついつい大丈夫かなぁ~~と、見学にいっている私です。
やっぱ、ベビーって可愛いよねぇ~~

夢の中

夏風邪は、馬鹿しかひかないと言われるものですが
さすがに、この気温差では私でも夏風邪ほひいたようです。
心配してくれた皆様には、ありがたいという単語しか思い浮かびません
ネットのほうも、雷が原因ではないかと言われまして、5分で完治。
こんなことなら・・・・まっ、後悔役に立たずだすね。


次女親子の騒々しさの中でも、ひたすら爆睡していたアンちゃん
よほどこの夏の気温がちゅらいようです。
最近では、いびきが定番化してまして
時折、心配するぐらいのおおきないびきをかきます
が、




音声を最大限にすると
寝息は聞こえるかもしれません。

それよりも私を喜ばせたのは
アンちゃんの足の動き
どうやら、元気よく走り回っている夢をみているようです。
とても、うれしそうな顔なのに、でかすぎる寝息

後、一ヶ月もすれば酷暑といわれる夏も終了します。
なんとか、この夏を乗り越えてほしいものです。
ちょっとした気温の変化は、体調の変化にもつながりつつありまして
本当に心配なアンちゃんの日々の様子です。
ただ、心配が笑いに変わる瞬間は、
アンが、上手に老婆と自己主張を使い分けてるって事

ご近所の喧嘩仲間だったり、お友達だったりのワンコ友達が
どんどんと居なくなってしまうのに、アンは凄く元気です。
撮らないで

寝起きのアンちゃん

床ズレ予防のために、自分で寝場所や寝位置を変えるために
時折、起きては
もっそりと動き出します。


心配してるパンチ君

エアコンの一番当たる場所は
ドア付近。
今日は、ドアをふさぐほどの寝相ではないけれど

普段は、ドアをふさぐようにして爆睡
一番困るのは、
マル君とパンチ君。
この子らは、人間の体は またいでも、
アンちゃんの体を踏みつけるというような肝試しはしません。
結局、トイレをひたすら我慢しているようです。


一緒


いつみても、好きな場所で爆睡して身動きしませんが
オヤツや食事の時間だけは、
きちんと側にいるアンちゃん。
食欲だけは、衰えておりません。
ただ、ドッグフードは残すようになりました。
そろそろ、完全手作り食にしなくてはいけないみたいです。

次女親子のためにと、朝ごはん用にいろんな種類のおじやを買い置きしてましたが
これが、ワンズの体調のためにピッタリだったのには
驚きました。
ひえ、あわなどの10種類ぐらい入って、白ご飯に混ぜお湯を注いで食べるんだけど
見た目は、鳥のえさをふやかしただけ? みたいな感じです。
私も試食してみましたが、結構いけるんだなぁ~~
もう、無くなってしまったし、どこで購入したのかも覚えてないけど
また旅行をしたときに、大量購入しましょう。

と、ウダウダと悩む私の前には
いつのまにか、寝ているアンちゃん

それでも、寝てるの?


掃除機のコードが絡まっているのに
関係なく、身動きしないアンちゃん

歳を取るっちゅうことは、ここまで面倒くさがりになるのかと思うけど
これって、性格の違い?
若いパンチ君には、理解不能のアンちゃんの行動みたいです。

ゴロゴロ

e3d14cbb.jpg馬鹿しかひかない夏風邪が、ようやく抜けかけております
皆様、体調崩してないでしょうか
大掃除の後に、プリンター接続ミスで、ネット接続不能になってしまい。風邪が治りかけの夢は、食べ物とネットの禁断症状の夢みました
ついでに、エアコンの調子まで悪くなり、今のアンには、生死の境の暑さでしから、速攻修理してもらってます
ピンボケの写真は、修理中、 少しでも風の通る廊下で。抗議のストを起こしてる我が家のコデブワンズだす

置き土産

7a86cac7.jpg夏の終わり宣言かのような、凄い雷と、豪雨。怖がるアンの動揺で、睡眠不足の残りの家族です
次女親子が帰宅すると、ふぅ~なのか、ホッなのかと、話していた私
きたのは、夏バテと、夏風邪でした
ついでに、体調不良の中無理して、大掃除で、ネット回線不通になる始末。
とりあえずは、体力回復してから、ネット回線接続! と、寝込む私の側で、大イビキのアン
あのね。まだ雷鳴りまくりですよ
キキララは、退屈もてあましてる

残暑お見舞い申し上げます

台風一過のごとく次女親子が、次の目的場所へと巡業の旅に出かけました。
いやぁ~~。何がきつかったって?
一番きつかったのは、自分の体力
年々衰えてるんだと実感しました。
その中で、一番甘えん坊で依存心の強かった次女は
三人の子育ての中。立派な母親してるって事
母は強し・・・・本当ざんすね。


一番大変だったのは、老犬のアンちゃんかな?
あれだけ食いしん坊犬生を維持していての、はじめての出来事
晩御飯のおかわりを拒否したっちゅうこと。
おやつや、手作り食は催促しても、フードは残しておりました。
やっぱ、寄る年波には勝てないっちゅうことですかなぁ~

マル君にとっても、初体験の夏
義父との二人暮しのが長すぎて、社会性が無いのが欠点でしたが
義父んちの法要では、あまりの人間の多さにお利巧さんに出迎えをしておりましたマル君です
さすがに、我が家のギャオスの人数には
びっくりのようです。
なんたって、犬より始末に終えないギャオスらだもの
つかの間の静けさ
夜の来るのが
一番待ち遠しい四足の仲間かも~~






しっ


まっ、
今年のアンちゃんは、老婆っちゅうことを
きちんと使い分けしつつも、
ギャオスらに教えるべく、一番邪魔な場所に寝転がって
側を歩くギャオスに威嚇しておりました

最初は、怖がっていたドア越しに写っているギャオス一号は
帰る頃には、
アンちゃんの威嚇顔を見るために
わざと、騒いでおりました。

“あのね。アンちゃん人間のギャオスに勝つには100万年早いかも~~”

疲れ気味?アンちゃん

次女親子が我が家を後にするという二日間は
お隣さんちの娘さん親子や(次女の幼馴染なのである)
次女のお友達親子の訪問の中

相変わらず、部屋の隅で寝転がるアンちゃん

“あのね。アンちゃん
 五歳、三歳、二歳、一歳二人の五人のギャオスの騒ぐ中、よく眠れるね”

時折、頭を持ち上げたときの目。
真っ赤かのアンちゃん。  やっぱ、爆睡は出来ないようで・・・


避難中www


部屋の騒々しさに、怒り頂点のアンは
微動だにしなくなり・・・・・時折、いびきもどきの寝息まで聞こえてくる始末







何をしておるのだ?

しかし、おやつ時間になると
動きの早いアンちゃん。
ギャオスに混じって・・・・近すぎでしょうwww
こんなに毛だらけのギャオスは居ないって!




子供大好きパンチ君は、子供の玩具を横取りしようと
ギャオスらと格闘している中
マル君は、身の置き場がなくウロウロ~~~

部屋の外に出れば、灼熱の廊下しか残ってないし
しょうがなしに、同じ部屋に居たいんだけど・・・・場所が無いwww
テーブルの下に隠れれば、ギャオスらが触りに来て、落ち着けないwww
アン姉御が、どうして堂々と寝ているのかが不思議で
パンチ兄貴が、どうしてギャオスらと一緒に遊べるのかが不思議でしょうがないマル君


眠たいけど、食べたいwww

それぞれが、それぞれの時間を過ごし
遅めの晩御飯時間になると
一匹、落ちました。 夢の中です。
しかし、今日遊んだ分の食料は確保しておかなければとの頭脳からの命令
格闘中の春翔です。



赤ちゃん生まれそうwww

二匹目が落ちかけております
動きが鈍くなってきました。
第一子だけあって、弟二人がお腹に入ってるときから知っている香穂は
自分のお腹の中にも、赤ちゃんがいると思っているようです。
“いつ、生まれるか。わかんないモン”と、答えます


やっと・・・・

あれだけ騒々しかった二週間は
突然の終わりを告げ
送り出した私が最初にしたのは、
いろんなものが散らばっているリビングでお昼ね

いつのものか分からない、干からびたとうもろこしの実や
ご飯粒、瓦側の麺、よくわからんけど、多分子供用オヤツ・・・・
あれだけ効かなかったエアコンも
ゆるぅ~~く感じます。
気が付けば、ワンズもそれぞれの位置で爆睡zzz

みんなくつろいでる?

マル君とパンチ君は、
時折寝場所を変えるけれど
約一匹の老婆は、寝たっきり寝返りもしません。
が、でかすぎるいびきもどきの寝息がウルチャイ。アンちゃん

久しぶりの夜www


お盆の準備や、ギャオスらから守るために
二階に隠していた品々が、散乱する寝室で
荷物の隙間で、爆睡しているワンズ

しかし、部屋の隅に邪魔にならないようにしていたハズなんだけどなぁ~
ギャオスらには、“禁断の部屋”だと言っていたけど
私の知らないところで、“秘密の遊び場”になっていたんだろうなぁ~

ふぅ~~。明日からは、足の裏に何も付いてこない普通の部屋にすべく
大掃除の日々が、始まるのだった。
例年の事ながら、ギャオスの数が増え、私の体力が落ちてゆく態を実感するのが
私にとっての、残暑かもしれない

夏のイベント

ゆうさんちで、呑み放題&食い放題&しゃべり放題を満喫した翌日のお昼ごろ
(お昼ご飯の飲み物は、さすがにお茶でしたよん)
次女からの緊急電話
“羽田空港で夕方6時半に待ち合わせしてたけど、
 婿殿の急な仕事で、電車で行かなくては行けないので
 出来る限り近くまで、迎えに来てほしい”


一気に、遊びモード吹き飛びましたぜ
ゆうさんに調べてもらって、赤羽駅で次女親子と合流できたのは
16時27分。
次女の子供は、五歳の香穂。三歳の千翔。一歳の春翔
香穂と千翔は、私の事を覚えているようだけど
長距離電車は未体験
合流地点までの40分の電車の旅で満足気味の千翔

赤羽駅から、浜松町、羽田空港駅へと乗り継ぎの少ない路線をチョイスしてくれた
ゆうさんには、頭あがらない私と次女ですが
千翔には、退屈な路線
なんたって、反抗期真っ盛りパワーはアンパンマンなみの凄さなのだ
奇声を静止すれば、全身で床掃除
おまけに次女は150センチも無いし、子育てで疲れ果て38キロとやせ細り
四人の子供を連れた母親と世間は見るか
母親の目を盗んで、一人の子供を誘拐していると世間は見るか
う~~ん。私の風袋から想像するに後者だわ

羽田空港に着いた時間は、18時
出発は20時15分。晩御飯食べても余裕のはずが。。。
やはり、ぐずるギャオス三匹のパワーは、想像を超えてた
最後の搭乗者・・・・・・呼び出し付きでっせ汗
何とか動き出した飛行機の中でも、大騒ぎの三匹
周りに座ってるお疲れ気味のサラリーマンには、悪いことしたなぁ~~
北九州空港では、孫の帰郷を喜ぶ夫の笑顔。。。う~~ん。ジジィの笑顔も怖いものだ
もともと夫の笑い顔は、幼児にいたずらして捕まった犯人の顔みたいになるのだ
“子供が怖がるから笑うな”が、家族の注意なのだが
やはり、喜びは隠せない夫。
案の定、ギャオス三匹は逃げ腰。疲れと重なって
誘拐犯夫婦が、ギャオス三匹を拉致していると世間には、見られたと思う。。。

家に着くと、ワンズ三匹の大歓迎のセレモニー
それまで、元気一杯、ぐずり最高潮だったギャオス三匹は玄関で固まりwww
“こわいwwww”の大合唱
それは、他所の家での朝を迎えた翌日まで続くのであった

しかし、旅疲れも取れる二日目になると

こわごわ

廊下に散らばっているワンズの側を
こわごわと通る千翔


元気印真っ盛りの三歳児が一部屋で悪さをするには限界を超えたようで


おそるおそる

子供大好き&触られるの大好きパンチ君を
突破口に

あれだけ怖がっていたワンズに慣れてきました

慣れてくると、真剣に注意しなくてはいけないのはこっちのほう
母親である次女と私の罵声の数が増え
犬の扱いや、暮らしを教えなくてはいけないwww
これは、次女が香穂を生んで帰郷してから、毎年の恒例行事
アン&パンチは、この空気をきちんと読んでいて
それなりに対処するのが、これまた笑えるんだなぁ~~

我が家では、“お犬様”が最高の扱いなのだ
小さなギャオスらとの暮らしの経験が浅いマル君は、パンチ君を見て
必死で勉強している。
まだまだ、修行が足りないワンコだわ

せまそうだな

ホームセンターまで
犬とのドライブを楽しむ遊びを伝授しようとしたら
爆睡してしまったギャオス二匹

心配で覗き込むパンチ君
二台のカートを押しながらのお買い物
いろんな人に覗き込まれ、笑われたのは言うまでもありません
しかし、このギャオス二匹は
この睡眠時間で、旅行の疲れと環境の変化を消化したようです。

二本足三匹+四本足三匹の平穏?な暮らしがたっぷり二週間続いております。

つながり

次女が里帰りをするに当たって、婿殿の仕事の都合で
私に迎えに来てほしいとの打診があって、早一年
去年の年末に帰郷するか、お盆休みに帰郷するかと思案しておりましたが
冬は、雑魚寝が出来ないので、夏に帰郷せよ!との夫の判断


帰郷の季節が決まれば、ただ次女親子を迎えに行くだけに花の都東京に行くのはもったいない
っちゅうこって、
白羽の矢を投げつけたのは、“ゆうさん”一家。
去年の三月。次女婿のお父様の突然の訃報に慌てて千葉入りした私たち夫婦
帰り道に秋葉原に立ち寄り、それをブログにアップしたところ
Aさんも、同時刻に秋葉原に居たんだよぉ~~との返事
電話して、呼び出そうかどうしようかと思案しながらの秋葉原散策だったし、
次は、会いたいよね。 と話をしたのだけど
その会話の時は、“次”が無いなんて思いもしなかった私

そんなAさんのブログの中で、ひときわ目立つ姉御肌のゆうさんのコメント
無礼を承知で、無理やりブログ友達になってもらいました。
ゆうさんのブログの中での
私とゆうさんのやりとりを、Aさんも笑ってみていたのは、去年の梅雨時だったかな
今だにAさんが、亡くなったなんて信じられないけれど
Aさんが、生きていた証にいろんな縁がつながっていて
そんなグチャグチャな思いの中で、
ゆうさんち襲撃を予定。無事に決行できました。

駅までお迎えに来てくれたチューちゃんは、いきなり私の膝の上に乗り
ヨシヨシさせてくれるほどの、フレンドリーなワンコ
玄関では、待ちくたびれた花梨ちゃんが
ゆうさんに飛びつこうとした途端に、ゆうさんの背後にいる私に気が付き
びっくりしながら、後ずさりしてるし
ミリーちゃんは、私の目を覗き込んで、不審者かどうかを判断してる。

今までは、ゆうさんちのブログの中での写真や動画しか知らない三姫ちゃんが
リアルタイムでっせぇ~~
そりゃぁ~。感動もの
ゆうさんの夫さまへのご挨拶どころか、三姫ちゃんの洗礼もなんのそのと
三姫ちゃんを追い掛け回し~~~~私の興奮は最高潮

やっぱ、お土産はリアルタイムで破壊されるであろう三姫ちゃんへの玩具
それも、喧嘩するのを見たくって一個のボール
う~~ん。私ってどこまでも意地悪な訪問者だわ ウッキキキ

リボン

最初に取れたのは、リボン
これでチューちゃんが一人遊んでるwww





その間も、花梨ちゃんとミリーちゃんのバトルは続き
ケッケッケッ


一番優しいママしてるはずの
花梨ちゃんの勝利の顔です。

うちのワンズは、破壊することも無く
遊びも同じでなく
年齢も違うので、こんなに一つのもので遊ぶことはないので
すごく新鮮に感じて・・・・・
動画撮りまくってしまいました。
アホやなぁ~~私。。。。。でも、だって面白いんだもん!
と、ゆうさん夫婦に挨拶もそこそこに三姫ちゃんに夢中



さしみのがでかいぞ


気が付くと、チューちゃんが狙ってるのは刺身www
魚大好きな私には、最高のランチでっせぇ~~
それも、お酒付きwww

こっちにもあるアジの刺身だけど、潮の関係なのかしら
味が全く違うし
下関&九州では高級な白魚の刺身もあって
やっぱ、本土・・・・関東までくると刺身も、魚の種類が違うのに感激
う~~ん。肴にお酒とくれば私のお尻には、でっかい根っこが椅子にはびこり
その後は、19時間も延々と呑み、食い、しゃべり、戯れ
あんなに楽しい時間は、久しぶりだわ
夢のような時間だったもの。

Aさんが空の上から、ゆうさん一家を心配して私に注意してるのも聞こえたのか
聞こえないふりしたのか・・・・・まっ、いいっかぁ~
Aさん。あなたが一緒に居たら、もともとハスキーな声のあなたの声は
でなくなってると思うわ
ネットという仲介役がいなければ、私はAさんもゆうさんも知らずに生きている
偶然知ったネットで、
偶然Aさんを知り、
その中で、ゆうさんが光っていて知り合いになり
初対面でお泊り&無礼三昧した私
今は、虹の向こうで下界の私らを見てるAさん。
あなたが恐れていた“忘れられちゃう”は、まだまだ当分、ずぅ~~~~っと先の話みたい
虹の向こうでは、私のために
美味しいお酒を用意していてね。  あっ、悪行三昧の私が虹の向こうにいけたらの話だわ

時間

時折、遊びにきてくれる
ももちょび日記チョビ君
先月の16日に、虹の向こうに旅たちました。
同じ老犬を抱える家族としては、
他人事とは、思えなくて
その後のChibiさんのブログ更新が止まっているのも、心配です。
アンと同じようなお年頃なので、余計に重なっております。
アンには、この夏をなんとか乗り切ってほしいものです。


ご近所の口の悪い人には、
ずいぶん前から、“後二年の命だね”
命の期限は、神様が決めるもので、俗人が決めるものでは無い!と思うんですが
口の悪い人には、ご期待に沿えず
後二年の命・・・・と言われるようになって
五年はたってると思うな


欲出せば、アンにはまだまだ当分の間。頑張ってもらわないと
今の私からアンが居ないという現実は、厳しすぎるもの
ってか、老婆のワンコにまだ働かせる気か? と怒られそうだけど。
怒られて成長する私だもんね。

口の悪い住民に混じって、時折話しかけてくる見知らぬ人
夏場限定のライオンカットで覚えているようで
“まだまだ元気一杯だねぇ~~ このまんま、大事に長寿させてねぇ~”
と、言ってくれる私の記憶にない人までいて
人間って、本当に面白い生き物ですよね。


そうそう!
怒られて成長するタイプといえば、
パンチ君&マル君
このコンビは、怒られてる意味が分かってないのが共通
自分は、怒るという感情を持っているのにね。

完全な王子さまパンチ君に比べて
マル君は、少し苦労している王子さま
環境の激変にも、少しずつ慣れてきていて
トイレは、ほぼ完全になりました。
いやぁ~~~。四ヶ月弱は長かった~~
まっ、義父んちでトイレトレーニングは、三年かかったとのこと
それに比べれば、短い期間だし、マル君の努力はすざましいものです。

タダ一つのマル君の欠点は、
すぐ興奮するっちゅうこと。それも、見境がつかなくなるのが困りもの
マル君が興奮するたびに
標的にされるパンチ君は、辟易しとりやす
しかし、興奮することを教えたのはパンチ君だしぃ~~
アンちゃんが、教育放棄というのか、面倒くさいとサジを投げたのも原因かな?
まっ、一番の原因が
そんな状況を面白がった二本足軍団(人間族)に他ならない・・・・

仲良しwww

普段は、仲良しなんだけどなぁ~~


マル君が興奮しなければ
とても仲良しな二匹君です。
パンチ君は、体調の悪い生き物が大嫌いなワンコ
心配しすぎて、自分まで体調不良になってしまうほどの
優しい一面があります。

そんな事を、キチンと理解しているマル君
それなら、過剰な興奮は止めてほしいと思う二本足家族だわ
今日も、お嬢が体調不良でリビングに転がっているのに
お嬢のお腹の上で、運動会www
まっ、運動場(リビングの事はワンコの運動場と可しているのだ)で
寝転がっているお嬢が一番悪いんだけどね。

お嬢も、リビングに寝転がるとパンチ君&マル君が両脇に添い寝してくれるのが
一番の癒しになっているのも事実だしぃ~~


まもっております

そんなリビング&キッチンの想像しさの中
狭い場所お気に入りのララちゃん
四足軍団フードが入ってるケースの上で
我が家の四足軍団食料を守っております。

あのねぇ~~ララちゃん
あなたが、うちの子になる前にアンちゃんのフードの袋を破るから
この食料庫購入したんだよ。
今では、犬用フードなんて見向きもしないのに
そーーいゃぁ~。 倉庫軟禁のはじめの頃は
ゴミあさりもしてたんだけどねぇ~~

今では、ゴミあさりもしないし、フード荒らしもしない おりこうさんニャンに進化したんだよね

今夜は、像のはなこちゃんに携わる人のドラマをみて
オカンは、感傷的になっているようです。
“人間の都合は、動物には関係ない”って事

私は、育てるっちゅう行為が下手な二本足代表の一人
おまけに、日本語しか話せないのに日本人にも理解できない単語の羅列しているしぃ~~
でも、気持ち・・・テレパシーは通じるのかな?
と、ちょっとだけ自分を褒めてあげたいwwww

と、カキコしている合間に、四足軍団に怒鳴りつけたり
反抗されたり(四足軍団にも、それぞれの言葉で反抗されてる私って・・・汗)
いつも、本気で対等に戦っております・・・私

でもでも、そんな小さな時間の積み重ねが大事なのかと。。。。言い訳してますがね私
時間の大切さを日々実感している私は
タダ単に、歳食っただけかも~~

あ~~~ヤレヤレというテレパシーが、頭に突き刺さるwww

きなこの魅力

人見知りの私が二度目に選んだ夫は理容業で生計を立てている人でした。
接客業をしないのを条件に結婚を決意しました。
それが・・・・いつの間にやらどっぷりお店にはまって15年
いや、16年かな?
10年一昔っていうけど、二昔までの道のりのが近い環境になっちまいました。
今まで、実母、実父との一緒の生活は21年
一番続いた人間関係に近づきつつあります。


床屋業界で一番大事な、技術面は未だもってサッパリの私
そんな私が、なんでこんなに長続きしているかと申しますと
自宅兼用の職場から一歩も出ずに
いろんな世界の話が聞けるからかな。

その中の一つの話題は
四足軍団のが、二本足軍団よりものさばっている我が家ならではの・・・
ペット自慢。

店主の年齢や、性格にあわせた客層で一番話題になるのが、
“老いる”という二本足、四本足共通の話
20代、30代の若い男性の我が家の四足軍団を見る目が優しい理由の共通は
“昔は、やんちゃだったけれど。すっかり歳を取ってしまって
 自分のやんちゃ時代もすべて受け入れて
 それでも、沈黙で存在してくれてる”という感謝の言葉の羅列

それは
 “自分の親の苦悩と一緒に重なっていて
  親孝行できない自分の代わりのためにも、一日でも長生きしてほしい”

私 “あんたぁ~~それは、犬(猫)にそこまで責任押し付けて
   犬(猫)にとっては、面倒って思ってない?”

笑ってごまかすお客さん。
でも、私のキツイ単語をも笑い飛ばしてくれて・・・・
そんな子供みたいな年齢のお客さんに感謝している私。
ついでに、我が家の四足軍団の愚痴もちゃんと聞いてくれて
心配までしてくれて。。。
下手くそな私の技術に、“ありがとう”と言ってくれるお客さんが大勢いて
(自称)人見知りの私は、感謝しかないのだ

そんな若い世代のお客さんの一人に
私が再婚したと同時に、顧客になった30代の若者がいます
当時の彼は、中学校2年生
団体で我店にきては、タバコ吸いながら待ち時間を過ごし
たまたま居合わせた教師を生業にしているお客さんに注意され
それでも、非行はやめずに中卒が最終学歴
中学卒業後は、半年ぶりに我が店に来た時
“高校へは行かん、就職も決めてきた”と、実父に言うと
実父は何も返事せずに、男泣きしたそうです。
それがショックで立ち直って、顧客にもなったといういわく付きのお客さん

我店は、立ち直った顧客が多いのも特徴で
その辺を見ているのが、結構面白かったり、うれしかったりする私

彼の実家は、彼が非行に走りそうな兆しの時に、柴犬を飼いました
彼の母は、家族はその柴犬に人間の複雑な気持ちの処理を頼み
柴犬は沈黙で二本足家族を見守った結果
現在は、犬種も分からないぐらいの太りかた。
そんな柴犬のことを、近所の人は “きなこ”と呼んでいるそうで
由来は黄な粉もち、からきたらしいけど
本来の名前は、教えてもらってないので私も知らないしぃ~~
“きなこ”の現在の年齢は、16歳
ほぼアンちゃんと匹敵の歳です。


彼が一番心配するのは、“きなこ”がいつまでも元気であること
そして、アンも元気なこと
永遠という単語は、絵空事の二本足軍団
でもね。思うんですよ
生きていたという確かな証拠を残せるのは二本足軍団だって事
写真であったり、ビデオだったり、思い出だったり
言葉や映像として残せるし
なによりも、四足軍団の無言の怒りを感じたことを思い出して
今の二本足軍団が、元気になればいいことではないかと・・・・

はげの跡

感傷的になってパソパソしている私の横で
デジカメず~~むアップしても
起きない老婆


アンにとっては、
初心者飼い主。
すべてが、実験感覚だった私

エサの分量間違えておなか空きまくりの時は
下あごの毛。はげまくってたよねぇ~~
今は、きれいにはえそろってるけど
赤く炎症してるじゃん・・・・・写真アップで改めて気づいた私

明日まで炎症してたら、薬塗ってあげましょう
ったくぅ~~
アンには、はじめての犬飼いっちゅうことで、迷惑&無礼ばかり
ついでに、最後の息をする時は、
“オカ~~ン”と呼んでくれたらOKだからね。
きちんと、寝坊気味の母を起こしてよね

最後に、お客さんとの共通の結末は
“犬(猫)は、家族の一員っていうけど
 本当の意味は、老犬(猫)のが可愛すぎるwww”って事ですね。
コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。