スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜です

マルの同居生活も、随分なれてきました。
それまで、気を使っていたアンちゃんは朝のプロレスをするようになったし
時折、マルを誘っているようですが
今一マルは、アンの事は別格と思っているようで・・・・
それでも、後ずりしながらも参加意欲満々の朝を迎えております


一日元気よく動き回るマルと
対照的に老婆の姐御に育てられたミニ親分パンチ君の一日中眠りコケ状態
そんな時間を、一人で満喫できるようになったし
時々、パンチ君を遊びに誘うようにもなりました。
そして一日、疲れ果てた夜は・・・
ごろごろ

アンちゃんは別荘へ

マル君は、ソファーへ

それぞれの心地よい場所でスヤスヤ







すやすや


こんな寝相までするようになりました


オイオイ。丸出しでんがな
オカンはね。アステカさんと違って
工事中なんて洒落た事出来ませんぜ


っていうより、肥りすぎた腹でイチモツが見えません



こんな安心たっぷりの寝相を見せられると
参ってしまう母です。爆笑


災害直後か?


夜中に何度も寝場所を代える習性のようで


しかしながら、マル君
朝一の高速回転線香花火ウンチの場所で
爆睡ですか?

いつでも出動OKの場所で寝ているアンちゃん
あんたら二人で、
竜巻にあった直後みたいじゃん


一人満喫www


そんな激動の深夜の中

真っ白でストレートコデブちゃんのマルに比べて

クリームの毛混じりクルクルで、
ガリ痩せのパンチ君。
マルと比べられて
“チタナイ配色”だの
“貧相な肉体”だの

言われておりますが・・・
これでも、一応ミニ親分なのです。

当然のごとく、身分が高いって事を見せ付けるためにも
私らのベッドで大の字

“あんた、ちっこすぎて蹴り飛ばしてベッドから何度落とされてもこの場所なんだよね”
ミニ親分=小松の親分さん=小松君

これからは、パンチ君のことを小松さぁ~~んって
敬意を表して呼んであげましょう

…重いんですけど・・・

自称動物嫌いの我夫。
マルがこれだけ短期間で、我が家の子になったのを一番喜んでおります。

“お前は、過保護すぎる”と私に言いながら、目を細めて三匹&二匹の様子を眺める時間を
大事にしておる、動物嫌いです。笑))

ララの脇の傷は、何度も縫合手術があっていますが、
当のララは、長靴を履いた猫ならぬ。。。洋服を着た猫を満喫中。
二、三日置きに着替えさせる時に、洋服についた膿が殆ど無い状態にまで回復
3月に入ってからは、恋の季節を終了したキキ君の家出は
殆どなくなり
我が家の何時ものような平穏な日々になりました。


しかし、一つだけ問題が・・・

テーブルの下

キッチンのテーブルの下で
親分コールをするマル




とまどうパンチ君






チュッ


いやぁ~~ん。
アンタ達って男同士じゃん!


この一枚は
ラブラブの恋人どうしにみえるぜぇ~~




しっかし、頼りないミニ親分だよなぁ~


ごろごろ


アンは、昔から
みんなが集合して
おだやかな時間を過ごしている部屋に
いるのが大好きなワンコ


っていうかぁ~~
そこは、マルの逃げ場だったハズなんですけどぉ~~

おまけに、クッションを枕にしてるし。。。



いつでも一緒


ちなみに、私が二階に上る時
降りる時の
私の格好・・・

お嬢に体験してもらいました。

 “おもっ”

“大体、パンチは自分で出来るじゃん”

と、ブリブリと文句言いながら可愛がってくれるお嬢です。
人間ってのは、完璧を求める動物www
マルが自分で、階段の登り降りが出来るのを願っております。
私の腕力がこれ以上強くなると、
本当に困る人間がいるものですから・・・・

小春日和

“散歩”の言葉が大好きなのは、三匹共通。
そいでもって、“おとうさんが帰ってきたよ”の言葉も大好きな三匹。


マルは、まだまだご近所に馴れていないようで
家から出て、隣の畑と駐車場の間に一度オシッコをしただけで
後は、何処までもヒタスラ走り続けます。

もう一箇所に用事を済ませることが出来たなら、マルも自信がつくのかも~~
と思って、月曜日の夕方のお散歩は、
少し遠い公園まで行きました。

グルグルグルグルwwwwww


マルがいなくても
グルグル巻きのリード。

よく見ると、パンチ君のリードだけがグルグルが多い
マルは、グルグルしておりません。
一直線に小走りだもんなぁ~~

おとうさん・・・・・


アン・パンチが用事をしている時や
匂いをかぎまくっている時は、

こうやって遠くをキョロキョロしているマル
きっと、お義父さんを探しているんだろうと思う・・・・切ない

初老の人を見ると
自分から近寄るくせに
違うと分かるとガウガウと威嚇するマル

テクテクテク


後は、ヒタスラ一直線にテクテクと小走りのマル

多分、普通に歩いているんだろうけどマルとしては。。。
肥りすぎて、真っ白ダックス状態のマルは足が短い
何時も小走りのように見える

マルの走りは、悲壮感っていうより、お笑い系?

一歩

火事場の恐ろしい現場から救出されたマル
それまでは、義父の愛情をたっぷりともらい
っていうか、それしか要らないほど愛されていたマル


人間の諸事情の中。
転々と住いが変わり、
散歩コースも激変の中。

社会性の無いままに、アン・パンチの居る我が家の子どもになったマル
アンちゃんは、自分が一番大きい体をしているからと
マルが怖がらないようにと
朝のプロレスも自粛。
散歩の時は、ノーリードにしても私とマルを気遣ってベッタリと離れない
ストレスに一番弱いのは、アンちゃんなのに。
それが、今朝心痛から嘔吐してしまったアンちゃん。

パンチ君は、新人マルを友達感覚で興味津々なんだけど
アンちゃんの様子から、初体験の親分肌を試行錯誤ながら発揮しながら
マルを気遣っている日々。

当のマル君は、環境変化に付いていけずに
大好きな義父を探し回り・・・・
アン・パンチとは、微妙な距離を保ちつつ自分と格闘する日々でした。

それがね。今夜、人間の晩御飯が終了するころ
突然に、



パンチ君のお尻を匂いだし
ベッタリとくっついて離れない
それどころか、どこかしこを舐めまくって・・・・

戸惑うパンチ君。
パンチ君は、初体験親分だもんね。 爆笑

昔、本だかテレビだかで知った事。
子分になりますって証に
マズルを噛ませたりする行為。

そ~いえば、パンチ君が我子になって三日目。



こんな風に一緒に遊んだ翌朝
たまたまアクビしたアンちゃんの口の中に入ったパンチ君の顔
あれ以来、アン・パンチの順位は不動のものになりました。
お互いがお互いの師弟関係をきちんと守り。
時折自己主張するものの。基本的には家族の一人だと認識しているアン・パンチ

小心者で、人間だと思い込んでいたマルですが
犬の本能で、この新しい環境に慣れようと、家族の一員になろうと必死
っていうか。すんなり行きそうです。

マルの気持ちを考えると、我二本足軍団は、“これでよかったのか”の気持ちと格闘しておりましたが。。。。
アンがパンチ君を受け入れた時。
パンチ君が本当の家族になった時の事を
それぞれが思い出し、安心笑い・・・のわりに、下品な爆笑ですが・・・

明日からが、本格的に鵜飼い散歩を楽しみに・・・と、後ろを振り向くと
ソファーの上で、
今までに無い、腹だし(イチモツ丸出しでんがな)のマル
微妙に、足が動いているのは、本当の散歩を楽しんでいる夢でも見ているのかしら (笑)

そして今日。義父の元妻。義理義理母の月命日の日でした。
明日は、夫の前妻の月命日
この二人は、四足軍団にハマった二人でもあるのです。

おっ

今日は、ララちゃんの三度目の抜糸の日
中の肉は、完全に完治しているものの。後二箇所縫合失敗箇所がありました。
四度目の縫い直しになりました。
やっぱり、よく動かす部分だけに
完治も程遠いんでしょうねぇ~




時折、客引きの為にお店前に来るララちゃんは、
手術した方の手を上げて、お店の様子を伺っております。
傷口が痛いのか。
もしかすると、今まで開きすぎていた脇が、普通しか開かないのが馴れないのかは
分からないけれど。
治療中は、とてもおりこうさんで、爪も出さずに大人しい良い子です。

おりこうさんといえば、
我が家の初老の新人マル君。

散歩中は、義父を探して小走り。
アン・パンチが引きずられております。
外では、一回のオシッコしかしないかわりに、家のシートで練習中。
義父が用意してくれたのは、
特大スペシャルシート



でかすぎでしょ

パンチ君用の倍の大きさ。
これでは、邪魔すぎだし
なんといっても、肥りすぎのマルチーズにしてもでかすぎです。
大型犬用みたいだもん。

ってことで、少しずつ縮めておりまして、
今は、パンチ君用と同じ大きさになりました。
いずれは、パンチ君用一つで済ませたい意向なんですが・・・
時折、パンチ君用の所で用事を済ませるマルですが、

マルのウンチの仕方が、個性的
その場でクルクルと周りながら(これは、パンチ君と同じなんだけど)
力む時も、周っているマル
だもんで、親指大のウンチが、散乱状態

クルクル  クルクル クルクル
大体一回のトイレに四、五本の親指大のウンチがシートのそれぞれの端っこにポロッポロッ
あまりに面白いので、マルのウンチのことを
ネズミ花火ウンチと命名しました。

もう、義父が以前住んでいた場所に戻る事は無いと思うけど
マルは、新しい散歩コースで萎縮するタイプだし、
家のシートで用事を済ませるタイプのワンコになりそうです。

今日初めて、三匹のみの長時間お留守番をしましたが。
三匹ともが、お互いを気遣って譲歩したり、強気になったりしている様子をみていると
今、置かれている人間である義父の事と比べて
悲しくなってしまいます。
長男の嫁ではあっても、所詮は後妻の私
人間の争いごとには、手も口も出せないのが、なんとも歯がゆいです。

そんな二本足軍団のバタバタをよそに、
b0bc4452.jpgお風呂上がりは.....


ゲージの中に納まる二匹

滅多に使わない二匹さんですが。
お風呂上りに逃げ出した場所らしいです。

ゲージを直そうかと思ってましたが
避難場所も必要かもしれないと思っております。笑




横取り

夜は、
新し物好きのアンが
マルの寝床で爆睡

アンの寝床でパンチが爆睡

マルは、アンのでっかい別荘枕で爆睡


すやすや






それぞれが、それぞれの場所でゴロゴロと爆睡しております。

ブログを始めてからは、やたらと写真を撮る私ですが。
義父にこんな写真を見せると、とても喜びます。
今は、いろんな事が大量に押し寄せてパニ食っている義父ですが。
マルの存在が、義父の元気の源
無理やり拉致してきたり、勝手に名前変更したりと、好き勝手にやっている私ですが
いつかは、マルを義父の子供フクに戻すことを覚悟しなくてはいけないようです。

バトン♪

女系犬族のトップに君臨する ゆうさんからバトンが来ました。
腰痛持ちの私には、永遠の憧れの黒ラブの花梨ちゃん。二キロのパピヨンのチューちゃん
パピーなのに、チューちゃんの倍ぐらいあるラヴラドゥドルのミリーちゃん。
写真でしか見たことないけど。
夏には、この三姫にグチャグチャにされる予定www
今からワクワクの一家からのバトンなのだ。
これは、拒否すると・・・・怖いぞぉ~~って事で・・・
始めます


*質問*


Q1:愛犬の名前の由来は?


  アン:子供の頃、犬に弄ばれすぎて怖い生き物の一つだった犬。
     それなのに、飼う事になったし、一緒の生活を始めると可愛くなってしまったし
     ってことで、アン・ビリー・バブル(信じられない) と、
     世界で一つの大事なものってことで、英語の単語の前に an ってつくから



  パンチ:先住犬がアンだったし、
      気の弱そうな、怖がりっぽいし、パピーの頃は手のひらに乗ってたし
      強そうな名前って事で
      アンパンマンの武器でもある、アンパンチから貰いました。
      パンチ佐藤(元プロ野球選手)から貰った訳ではありません。



  マル:義父の溺愛されてたフクちゃんだったけど。
     拉致した証拠に名前も我が家流にしました
     フクでもマルでも、どっちでも振り向くからね。
     本当は、アンパンマンに出てくるキャラの名前にしたかったんだけど。
     マルチーズに見えないぐらい肥りすぎていてまん丸だから。



Q2:呼び方はそのまま?それとも違う呼び方?


   基本的に、そのままの呼び方だけど・・・・時々、違う犬の名前で呼んだり
   果ては、お孫ちゃんの名前で呼んだり、逆の場合も多数あり
   誉められてる時は、みんな寄ってくるが
   怒られそうな時は、お前だよっていってるように、後ろの犬のセイにしている三匹


Q3:今、犬欲しい病?



   三匹目は、トイプーのレッドが欲しかった・・・・今でもほしい・・・・
   けど、面倒みれない・・・・でも、突然増えるかも・・・・ありえない・・・



Q5:行けるなら愛犬とどこへ行きたい?



   車でいける山の中や、海の近くなら何処へでも行きたい
   でも、マルが車に弱いから・・・一年計画で慣れさせてやると思っている



Q6:そこへ行って何がしたい?



   そりゃぁ~~。思いっきり走り回って、写真撮って、動画撮って、犬にまみれてお昼寝
   あっ、いつもそうだった。




Q7:あなたの愛犬の将来の夢は何だと思う?



   アンは、たらふく食って、思いっきり走り回りたい

   パンチは、家族全員が揃ってお散歩に行ったり、遊びたい

   マルは、義父と前の家で暮らしたい



Q8:もし愛犬がしゃべれるようになって1番最初に言う言葉は?



   アン:私の邪魔をしないで

   パンチ:世界一可愛いでしょオイラ

   マル:おとうさんに会いたい



Q9:愛犬の短所は?



   アン:拾い食いは、捨てられてた可哀想な過去のせい
      盗み食いは、高齢のせい
      悪戯は、ボケてるから・・・・・だと、言い訳の多いこと。(飼い主に似た?)

   パンチ:この世の悪いことはすべてアンの指導のせいにしてる
       お父さん大好きなのはいいのだが、お父さんの顔の横にパンチの顔
       私の顔に尻を向けてるところ
       食べ物に対する好き・嫌いが激しい

   マル:まだまだ、微妙な距離のため、わからない
      微妙といえば、でか過ぎるシートから20センチはみ出た場所でオシッコすること


Q10:愛犬の長所は?


   アン:一番最初に我が家に来た責任ってのを熟知している
      パンチ君を子供のようにかわいがり
      マルの事を、心配していろいろと遠慮しているところ
      複雑な一族の事も、扱いなれているところ


   パンチ:アンを姉、母、親分だと信じているところ
       店番もおりこうさんだし
       我が家の生活になれてきて、お留守番もお出かけもきちんとできるところ

   マル:一生懸命努力して、我が家に溶け込もうとしているところ

    
Q11:愛犬の大好物は?

   アン:自分が食べたいもの・・・・目の前にある食べ物

   パンチ:ササミボイル。白ご飯。

   マル:ジャーキー



Q12:愛犬の変だけど憎めない所は?


   アン:パンチ君の悪戯でパンチ君が怒られてるのに、一緒に反省してるところ
   
   パンチ:時間に関係なく、帰宅、仕事終了の後の“おかえり”を全身で表し、
       かつ吠え立てること

   マル:高速回転○ンチ出し
      よくわかってないみたいだけど、他の二匹が喜んでいると
      家中を走り回って、なでたり抱っこしてほしいのに、廊下へと走り回るところ


Q13:あなたの犬バカ度を%であらわすと?

   うぅ・・・・計測不能なぐらい ← ゆうさんの答えだけど・・・否定できない


Q14:最後にこのバトンを回す人をどうぞ(3人☆)

これを最後まで読んでしまった ゆうさん以外のあなた
たとえば、びびさん とかぁ~~
     アステカさん  とかぁ~
     Kaimamaさん  とかぁ~~

気が向いたら、宜しくお願いいたします 


ムク君

大阪三日目は、高校卒業と同時に大阪へと就職したまま嫁入りしたお友達の家に
久しぶりに遊びに行きました。
以前は、友達も里帰りしたり
私もお嬢の目の病院が奈良にあったので、帰りに寄ったりと交流があったのですが
友達も子供の成長とともに里帰りが厳しくなり
お嬢も社会人になると、病院にいかなくてもよくなったので
この友達に会うのは、7,8年ぶりかなぁ~~


この友達、3歳になるゴールデンのムク君の噛み癖に悩んでいる。
毎回ではないけれど、忘れた頃の半年に一度、突然前触れも無く噛むらしい。
結婚前に旦那様に“この白魚のような手に惚れました”と
家族、友達に大爆笑された・・・白魚ってのは、いろんな種類があるもんだ・・・
その手、手首には、縫い傷だらけにはビックリ

一番上の子供は、お嬢と同じ21歳だけど
一番下の子供は、小学校三年生の男の子
いろんな世代の子供、親が出入りするこの家でムク君は、
でかっ

来客のたびに
このゲージの中で吠える・・・らしい


私が家の中に入った時もそうだった

けど、吠えるたびにゲージの天上が持ち上がりますwww

吠え声がデカイから、怖がらないでとの友達の忠告ですが
犬の吠え声に慣れている私は、子守唄・・・とはいかないですが
生活音の一部にしか感じない。。。。
どうやら、昔動物嫌いの私は完全に犬に麻痺していると思われます。

吠え声よりも、何よりも、びっくりしたのは
ご近所のゴールデンとここまで近づいた経験が無い私には、感動すらあったぞ
アンちゃんが、ゴールデンに噛みつかれてからは
大型犬を避けるように散歩して、遠くからみつめて、飼い主さんには頭を下げるだけの挨拶
お互い、犬が居ない時しか会話できないもんなぁ~~

って事で、ゴールデンの居る家の中。満喫させてもらいました。
始めは、ムクちゃんも私も要注意体制
待て

ムクママが
お手、タッチをする芸を披露






でも、ムク君にはそんな事よりも、テーブルの上にある
人間用のオヤツのが気になってしょうがない!



お座り


ママの膝の上でお座りwww

って、ママと会話できないんですけど・・・・
ママ見えないし。

そ~~いや、ムク君よりもママのが小さいんでした。



遊びも豪快だし、おやつの骨ガムもでかすぎ。
やっぱ、大型犬ってのは、スケールが違う。
一つ一つの行動が、パンチ君と同じだけど、大きさが、スケールが気持ちよいほどデカイ
う~~ん。こりゃ。大型犬にハマル人間の気持ちが分かるwww

そのうちに、私に慣れてきたのか甘えてくる仕草。
ついつい私も、さすったり、アン・パンチにしているような手前味噌マッサージをすると
寄りかかりつつも寝転び、腹だし・・・っていうか。イチモツ丸出しですぜムクちゃん。
ムク君の体重は30キロ台
私の体重は、ムク君の二倍ちかくあるハズなんですが

立派で重たい椅子の上に座ったままの私に、ムク君が上のような行動を取るたびに
椅子ごと移動している私・・・っていうか、テーブルと椅子に
私のデカイ腹が挟まれて、人間オヤツがつまめないんですが。。。。ムクちゃん。

一服するために、換気扇の下に移動する私の後をついてきて
尻尾フリフリするのは、嬉しいんですが。
尻尾当たるたびに、叩かれているような感覚。

これが、ゆうさんの言っている三姫からの逆虐待っていうヤツだぁ~~
もう、こうなったら久しぶりの友達との会話なんかすっ飛んでしまって
ひたすらムクちゃんと、格闘したり、マッサージ師に変身したりと、必死で遊びました

ところが、疲れているのは
おやすみぃzzz


ムクちゃんと、友達の息子


なんでぇ~~
おねーちゃんが一生懸命遊んだじゃん。

おねーちゃんは、体力はギシギシ言ってるけど
口は元気でっせぇ~~

ほぉらぁ~~。もう一回起きて、私の話を聞きな!


ゴールデンのひらき


どうやら、
私の話は面白くないらしい・・・

人間の骨じゃないかと思うぐらいのデカイ骨ガムをゴリバリと食べだしたムク君

あんた、立派な成犬でしょ。
なんで、足が開いてるの?

それじゃぁ~~ゴールデンのひらき状態じゃん。

あっ、ふと我に帰ると
ムク君の噛み癖が信じられないぐらい、散歩嫌いで内弁慶な事忘れてました私。
ついでに、我が家の犬しか触れないハズの私は、どこへ行ったのでしょう。。。

帰宅してこうやってブログを更新していると
夏にゆうさんちの三姫にもみくちゃにされるのを、今からニヤニヤしている私。
後ろで、それぞれの位置で爆睡している我が家の犬族。
犬族って、大きさに関わらず なんでこんなに可愛いのかなぁ~~

去年の5月にびびさんちのビビ君&ワルツ君は、動き早すぎで触ることも出来なかったけど
また会える日があれば、今度はお孫ちゃん抜きで会いたいわぁ~

あ~~ダメだ。ダメだ。もう一匹欲しいなんて家族にバレたら
どんな罵詈雑言が飛んでくるか・・・・犬族よりも怖い罵詈雑言だわ

独身気分で

子育て終了年間と銘打って、今年一年は遊びまくる予定の私。
とっぱちの遊び・・・・いったい、何度目の一番なんだか・・・
大阪近辺のお友達と遊びまくった三日間。

17日の夕方、(きっと)余分だらけの大荷物を引きずりフェリーで出発
18日の朝、南港に到着すると
商店街、地下街のシャッターが閉まった所をゴロゴロと引きずりホテルまで
荷物を預けに歩く私。
日曜日の朝に、まともな人は居ません。
全財産を持ち歩く人や、怪しげな若い男女しかおりませんぜ。
そんなところが、都会っぽいですなぁ~と
感心しつつも、ふと我にかえると・・・・アタシも全財産持ち歩く人と変わらないwww

途中、ヨッパらいと格闘する警察官に、ホテルの場所確認したりと
朝から、密着24時間番組に参加しているような気分。
日曜日は、ミクシーの友達と
たこやきぃ~








“たこやき”
お好み焼きぃ~~




”“お好み焼き”を満喫









その後、吉本新喜劇で腹抱えて大笑いしたあと飲み会。

二日目は、ネットのお友達と合流してUSJへ
この春公開された、5曲の中から好みの曲を選んで乗る最新の絶叫マシーンが最大の目的

最後に乗ったジェットコースターは、10年ぐらい前
おまけに、待ち時間却下のために選んだシングルライダーというシステム
途中、途中に開いた席に、一人潜り込ませてくれるという有難いシステム
初体験のUSJでは、すべての乗り物系アトラクションに乗ることが出来ました。

三日目の朝になって、体がゴキゴキときしむ痛さ・・・全身筋肉痛のようです。
そんな事にめげてると、最終日には遊べません。
三日目は、8年ぶりに会う高校時代のお友達。
このお友達の家での話しは、後日ぅ~~


おちゅかれ~~

お疲れモードは私だけでなく
仲良く並んで爆睡してる三匹さん。

ねぇねぇ。声は出ないけれど話足りないんですが・・・・私

??

6c71c8ed.jpg店番が二人?


六歳初老にさしかかるマル君。
溺愛された一人っ子。
社会性が無い代わりに
闘争心も無いので、喧嘩にはならないみたい

溺愛されたツケは、抱き癖ワンコ
パンチ君と同じ性格。

しょうがなしに、マル君7キロとパンチ君4キロ同時抱きしとります。
ということで、二匹で店番www

警戒心丸出しの不安一杯のマルは、お客さんが居ない時限定。
アンちゃんが我が家に来た頃のように
家族以外は、犬でも人間でもガウガウと噛み付こうとするもんね。
この心の糸を、どうやって調理しましょうかしらねぇ~~



新人

長男の不良妻は、途中遭難しかけましたが
なんとか無事に朝帰り・・・・フェリーの関係だぞ
家に到着すると、仕事している夫を横目に
玄関を開けると。。。


控えめながらもお尻ふってんだか、尻尾ふってんだかのアンちゃんのお出迎え
パンチ君は、朝の散歩を見限っての爆睡状態
それでも、私の帰宅を知ると
二匹とも、たいそう喜んでくれました。
で、
旅行の土産話を進めようと思いましたが
義父が預けていたフクちゃん。
一晩で、根をあげた義父と姑。
半泣き状態の義父からの電話・・・・

ということで、ただ一つの条件は、“私のやり方で、我子として迎えるなら”
私の性格として
一時預かりとか、ちょっとの間だけという感覚は。四足でもお客様。
義父と姑の恋が始まった時から
フクちゃんの行く末が気になっておりまして・・・・私

私が帰る一晩の間で、
火事遭遇のパニくった義父と本来四足嫌いな姑
所詮無理な話だと懸念しておりました。
夫には、常々80歳目前の義父がどれだけ環境の変化に付いていけるのかと不安を
言っておりましたが
義父が泣きつくまで、そしらぬ顔を決め込んだ意地悪な長男の嫁してました。

はぢめまして三匹のお散歩









私が、子育て完了記念旅行をする前に
手なずけておいた義父のワンコ
この写真は、義父を騙して三匹を二人で散歩する写真です。


その成果もあってか・・・・
たった、三日間のことだから、威張っては言えない話しだけどね。爆

今日の仕事の合間に、
義父のワンコ。フクちゃんを拉致してきました。
で、我が家の子供として・・・・の一日目。
夜~~

パンチ君は、
アンちゃんの寝床へ

アンちゃんはパンチ君の寝床へ

フクちゃんは
名前をマルちゃんと改め自分の寝床へ

それぞれに、爆睡しております。

まぁるぅちゃん。明日から、うちの子だもんね。
気張って環境の変化についてきいや

今日はね

ea5bbf92.jpg今は、バックトゥザフューチャーに、並んでます

へへん

7daaa175.jpg大変な時期だというのに、四つ足軍団お任せの、一人遊び呆けておりま~す

事件です

この冬の間、伸ばし続けていたパンチ君の毛。
思い切って三ヶ月ぶりに散髪したら、寒波が来ました。
寒がりパンチ君が、ストーブに当たっていたら耳の毛燃えちゃいました。

燃えとりまっせ

わかるかしら。左耳の毛の茶色いの
パンチ君は、全く気がつかずwww

おいおい。嗅覚を誇る犬族のハズだろうが!


と、この日は笑いですみましたが。



翌日。義父の家が燃えちゃいました。
ほぼ全焼です。。。。。14日のことでした。
これは、笑えませんでした。。。さすがにね。
たまたま義父と同居していた息子がいたから犬は助かったものの
義父の家には、猫も居ました。
12日に老衰で死んだ猫と、同じ年頃の猫。
猫は、助け出すことが出来ませんでしたが。合掌
火事は、すべてを焼き尽くします。
思い出や元気の源や希望などなど。

着の身着のままのボーゼンと立ちすくむ義父と同居の息子。不安一杯の犬フクちゃん。
息子さんは、火元の部屋に住んでいたし
猫を助けることが出来ない後悔と
大事な物をすべて失い・・・・・

私が声をかける言葉を失うくらいに。
生き残った人間二人と犬一匹。
とりあえずは、義父と犬フクちゃんを我が家へと招き入れました。

さすがにアンちゃんは、老婆とはいっても元女犬
パニくって、不安がるフクちゃんを、心配しつつも威嚇することなく受け入れてくれましたが
問題は、耳毛がこげたパンチ君。
しつようにフクちゃんを追いかけては、自分のが上だと腰を振り続け
おと~しゃん



義父に頼るフクちゃんなのですが
当の義父も動揺状態。






店番

パンチ君を隔離すべく
店番オンリ~になりました。


だってぇ~
フレンドリーパンチ君の欠点はしつこいこと


そして、今夜二日目の夜
パンチ君のしつこさの原因はヤキモチだったことが判明。
しょうがないでしょ。フクちゃんが心配だもん私は・・・
の、言い訳なんか通用するわけないです。
だって、私がここまで我まま犬に育てたんですもの。
本当の原因は私かも~~




来るな


それでも、
義父が居ない時間はゲージに閉じ込められるフクちゃん

この写真は、怒りモード全開ですが・・・・・
仕事、アッシ~の合間に
なんとかフクちゃんは、私の存在を認めたので
パンチ君をダッコしながら
フクちゃんの相手しとります。

二晩目の今夜。
義父がお風呂に入る間は、なんとか我慢してくれました。

複雑な人間我一族。
少しだけ解決の糸口がみつかりそうです。
本来なら、義父や息子さんの無事を祈らなきゃいけない立場の長男の嫁の私。
どうしても、四足軍団のその後が気になります。
それも、今夜光が見えました。
そして分かった事。
三匹目は、大人じゃなくてパピーは必須だとイウコト。

おだやかになったかしら

免許書入れには、家族の写真を入れてます。
免許書ってのは、普段見ないものですが。
時折、おまわりさんに提示を求められる事があって、
免許書と反対側には、この写真が

ドキドキ


我が家に来て二日目の夜
まだまだ、警戒心一杯のアンちゃんの目
そして、アンちゃんの声も聞いたことが無い状態
今、同じ倉庫には、キキ・ララが住んでおりますが。
アンちゃんが我が家に来て、8ヶ月ほどはここで生活しました。

犬の扱いが全く分からなかった私は、
仕事が終わった時と、寝る前に(今のキキ・ララと同じように)
“もうご飯の心配しなくても、寝床の心配しなくても大丈夫だよ”

と、思いっきり日本語・・・方言つきで言い聞かせてました。

この写真を撮って、ニ、三日後には、シェルティー特有の吠え声で悩む八ヶ月が来るんですがね

アンちゃんが来たのは、今頃。春休みあたりです。
この前、高校を卒業した坊ちゃんが、
小学校一年生を終え、初めての春休みの時期

アンちゃんとの生活が始まって10年。
犬と人間の暮らしで、それぞれが折り合いをつけながらの生活は
時折の大失敗や、笑いなんかがあって
私にとっては、懐かしい思い出なんだけど。

写真に納まって入る時のアンちゃんの気持ちってのは、どんなだったろうな。
放浪している間、いろんな人に弁当の残りやパンをもらって生きていた頃
大型の犬に、喧嘩売られたりしたんじゃないかしら。
車の音が嫌いで、未だに吠えるけれど
あの性格で、車に轢かれずに無事に保護されたのは、未だに不思議な事の一つ。

もうひとつの面白い話が
アンちゃんを保護した人は、犬好きなんだけど。
先住犬との折り合いが悪いのと、奥様が二匹も面倒を見れないとの事。
最初は、フレンドリーな先住犬がコレだけ嫌がるから男の子だと私らには、言ってましたが

だから最初の名前は、“源太郎”
ところが、病院に連れて行くと女の子だって事を確認。

アンちゃんは、飼い主がコロコロと変動があっただけでなく
性別も、名前もコロコロと変動がありましたよ。

犬の扱い未体験の私にとっての好都合な事は、
人間家族にも、父子家庭と母子家庭の寄せ集め家族。
アンちゃんは、我が家の四番目の女の子として、二本足と同じような説教や誉め言葉で
教育されて育ちました。

そんなバタバタなアンちゃんの人生(犬生)中、どういった事を考えて
思って生きてきたのでしょうねぇ~

パンチ君が我が家に来て4回目の春。
天真爛漫なパンチ君とは、全く異なるアンちゃんの10年。
パンチ君は、無条件に可愛いのだけど。
アンちゃんは、一味、二味も付いた可愛さがあるんだよねぇ~


お時間ですよ


あれだけ血気盛んなアンちゃんも
“ボケを使い分ける犬”に成長してからも
朝、晩の散歩時間になると

こんな顔で、要求。

免許書に入ってるあの顔、あの表情はとっくの昔に消え去って
今では、面影すらない

ねぇ~~アンちゃん。
これって、おだやかな日々を過ごしてるって事だよねぇ~~


ご近所の弱虫君

真冬や、真夏には会わない散歩仲間。
それでも、夕方の散歩時間には早い時間だと会う事が出来たりして
だから、パンチ君んの散歩は、長続きするかもぉ~~
なんたって、あれだけの内弁慶ワンコ。
アンちゃんが居なかったら、散歩嫌いワンコになってる事必須。
おまけに、家庭内悪戯続発事件を起こすのも必須。
アンちゃん様様なのだ。


そんな中。アンちゃんのお友達ではないキャロル君。
この子は、パンチ君と同じ年。
って事は、アンちゃんの散歩時代には、存在しなかったわんこ。
20数キロのでっかい図体にも関わらず。臆病なワンコなのだ
それが、パンチ君のお気に入りの原因。
なんたって、パンチ君の一声や、一動きにビクビクと飛び跳ねるのが面白いらしい
まったく、Mのワンコのパンチ君なのである。



来い


キャロル君は
典型的な内弁慶の散歩嫌いなワンコ
飼い主さんは、
運動不足による肥りすぎに悩んでいるのだ

自分の半分しかないパンチ君の
からかいに2メートルは飛び上がる特技?をもっているキャロル君
からかわれると分かっているけれど
興味津々wwwのキャロ君

気を使いながらもご挨拶www

アンちゃんは、
基本的に自分よりデカイ犬は拒否するんだけど
キャロ君と
同じシェルティーのクッキー君は別格。

キャロ君に関しては、
心配している気持ちのがあるのかも~~
パンチ君を可愛がる人。犬にはフレンドリーになりましたよアンちゃんは。


たまたま通りかかったハナちゃんは
キャロ君に挨拶したくってたまらない様子
はなちゃんとツーショット

ハナちゃんは、
誰にでもフレンドリーなんだけど
スグ興奮しちゃうタイプなのだ。
その辺は、パンチ君にそつくりwww

キャロ君のお父さんは、
なんとか散歩大好きワンコにさせるべく
友達犬を増やしたい意向満々。
少しずつ、少しずつ触れ合わせては、馴れさせております

ご近所のいろんな種類のワンコ達。
本には、それぞれの犬種の性格ってのを紹介してるけど。
人間族と同じのようで
日本人だから、みんなが勤勉というわけではないように
犬にも、個々の性格ってのが違って
その辺が、とても面白いですよね。
その子の個性をみるたびに、
“ブログねたを有難う”とか
“我が家の四足軍団が、今の個性で良かった”とか思います私

ただ、悪さをした時は・・・違う事思いますけどね。。。

見下さないでくらさい

昨日、今日と冷え込んでいますが。皆様風邪など引いておりませんでしょうか。
猫族代表ララちゃんは、
暖かい場所をよく知っております。


朝日の時間は・・・・朝の定位置

倉庫の一番上の
朝日が当たって
一番最初に暖かくなる場所





しかし、私が倉庫のドアを開けると
見下げて見るなっちゅうねん

この場所に居ます
きっと、家の中に入りたいんだと思います

しかし、ドア付近には
強敵アン・パンチが吠えまくりぃ~~の為
躊躇しながら、
見下して家の中をのぞきますwww


格好よく撮ってね


スッタカタッタタァ~~と
何時もの定位置に戻ると・・・

また、カメラでしゅか。
 格好よく撮ってくらしゃいね。

そりゃないでしょう

気温上昇とともに、キキ君の家出が頻繁になり
お隣のバーちゃんによると、
近所の雌猫は、みんな避妊してるから
強姦する猫が少ないんだよね。だから遠くまで遠征しなきゃいけない。
との情報を聞いた日。


デジカメを忘れた夕方の散歩の日に
散歩コースの公園で、たたずむ黒猫。呼ぶと、コッチを見ますが・・・・
すぐ横を向いた瞬間。 黄色の首輪発見



“あんたやっぱ、キキじゃん!”


77980857.jpg


とりあえず持っていた携帯で


その日は、外泊のキキ君


んもぉ~~~正月明けにあれだけ心配させておいて
まだ懲りてない証拠。

翌日も朝帰りもなく、
当然昼帰りもなく、
夕方の散歩の時間は、少し早めの時間。
今度は、デジカメ持参www

居ました!
公園でなく、隣接する隣の駐車場。
しかし、この駐車場に行くには、人間&アン・パンチの10本足だと
遠回りなので、急いでも10分近くかかるのだ。

ちょっとぉ~~

弱虫キキ君は、
ひたすら待つタイプのようで
相手の女子が見えないwww

でも、危険一杯
私、大声で叫びました。

“キキぃ~~~。相手は子供じゃぁ~~”

その声で、私を見るキキ君。
その隙に、逃げる女子猫
しかし、子供猫の浅はかさ・・・・車の下ですねん。

待っております


キキ君
のんびりと毛づくろい始めて
長期戦に臨んでおりますwww


何度も叫けぶ私・・・・諦めないキキ君・・・・逃げ場を失った女子猫・・・

ついに怒ったのは、アン・パンチ
“何騒いでるんじゃ。次の場所に行くぞ!”
“・・・・ハイ・・・”

猫ってのは、怖い事があると二度と同じ場所には来ない生き物だと聞きました。
あの怖がりで、爪出し猫パンチが愛情表現と勘違いしているキキ君が
我が家に戻って来なかったら・・・・

もし、これ以上弱虫キキ君になったら・・・・・

一度でも、子作りを経験した後に、去勢した場合のオス猫の行く末のデータばかりが
目に入り・・・・なかなか実行できなかった私

一か八かの賭けに出ることになります。
良い方向に向けば
怖がって、ララちゃんと同じような生活サイクルになる
家出も怪我も無くなる

家の中で監禁できればいいんだけど。。。。それが一番難しい我が家。

ララちゃんの治療が解決したら。。。。。次は、キキ君だわね。
こんなシーンを見ちゃうと。
“おめぇ~~は、ロリコンかよ!
 ロリコンは、いかんぞ! 人間界でも変人の部類なんじゃから”

あ~~~。昨日の夜。久しぶりに映画ドリトル先生を見てしまったからぁ~~
あの去勢手術を嫌がるドーベルマンが・・・・・

今夜も悩みの深いリンダさんなのであった・・・・

三度目の正直

ここのところ小春日和が続き
キキ君の帰宅もかなり、いい加減になってきました。
昨日の日曜日なんかは、
何回目の春一番?っていうほどの、暖かなな強風。
それが、深夜に暴風域注意報が入り
今朝は、冷たい強風に変化。
でも、今日はララちゃんの抜糸の日。


思えば、手術を決心してから・・・というより、手術が出来るようになって
無事に縫合が成功して一ヶ月。
途中、再度縫い直し箇所がでたから、しょうがないんですけどね。
Tシャツのお陰で、傷口が開いてる風でも無い。

ルンルンの私と不安鳴きのララちゃんを乗せたコベンツ君は
颯爽と強風の中、走ります。

ところが、
今日の診察

台の上に乗せて
傷口を見ると←こんな写真。

写真では、わかりずらいですが
縫い目と縫い目の間が、わずかに開いております。




抜糸


とりあえずは、全抜糸をして
開いている場所のみ再度縫合



でも、抜糸の時に
縫い数が多すぎて、辛抱できないララちゃんが
暴れてしまって・・・・

糸目後から、血がにじんできました。


私は、この先生に一度も恐喝をした覚えが無いのですが
オドオドとした対応が特徴的な
しかし、外科手術の腕は天下一品の先生。

ぶち切れたようです・・・・・自分の腕に・・・・
“なかなかスッキリとした結果を出せずにすみません”と、謝るのですよ

先生。縫合箇所の位置は
もともと皮膚の薄い場所だし、よく使う場所でもあるんですよ。
それにも益して、虐待された傷が完治して間もない場所でもあるんですから・・・・
と、小さな声でゴニョゴニョと言い訳をする私

三度目の正直


今度こそは、バッチリと完治したいものです。
二週間から20日はこのままにしましょう。
と、お医者様の言葉。
今度は、六針で済んだようです。
おまけに、先生はショックから立ち直れずに縫い賃を受け取りませんでした。

まっ、ララちゃんにとっては、こんな人間の心なんて何処吹く風なんでしょうねぇ~
大嫌いな病院で、
少し意識がもうろうとする中、無事に帰宅www
帰宅ぅ


甘えはするものの。
おりこうさんに手術&治療を受けてくれました。
まだまだ続く治療。
ララちゃんにとっては、災難の続きなんだろうけど。
私にとっては、今度の縫合で開きが見つかっても、
塗り薬で完治出来そうなぐらいの予感がしております。

もう少し頑張ろうねララちゃん。

ララちゃんの完治が決定したら
キキ君&パンチ君の去勢手術決行予定www何故なのかは明日

夕方

今日が土曜日だと、キチンと認識したのはお昼過ぎの3時。
予報では、日曜日の夕方から月曜日にかけての予報
日曜日だと勘違いしている私は、
洗濯物を室内干しにして、
朝の散歩も・・・・・これは、何時も短いマーキングタイムなのだが。
普段よりも短い時間で済ませ・・・・
アンちゃんを恐喝したと言っても過言ではないかも~~
夕方の散歩は、まじめに長距離散歩をしてあげましょうと決心したら
途端に、お客さんが目白押しwww


散歩待ち

5時ピッタリになると
こうやって、玄関でふて寝しているアンちゃん

この時は、無言です。



いけるでしゅか?

この狭い場所で
二匹がゴロゴロと寝ている場合もありますが
(玄関マットは必需品)

殆どは、パンチ君ガリガリ攻撃するので
店番犬になっております。

あっ、玄関マットがずれているのは
パンチ君が
一人遊びした結果なのだ。







人間、テレビの声に隠れて
アンちゃんの悲痛なつぶやきを聞き耳をたててお楽しみください。

もてる女の独り言

末っ子の坊ちゃんが、今日高校を卒業しました。
学校生活は満喫しているようだったけれど、
確かに、学校は良い友達を沢山作る場所でもあるけれど、
学問を習うってのが、第一の目標。
机に座って勉強が、大の苦手の坊ちゃんが・・・・
よくぞ無事に高校を卒業してくれたものだと思います。


“あんたさぁ~~。勉強嫌いなのは分かるけど、車の免許取得するには
 勉強しなきゃいけないんだよ。ちったぁ~頭に油注しとかないで大丈夫?”

何時も小言を言う私に

“大丈夫さぁ~~。オイラは運の強いやつだもん。
 だって、高校に入れたんだよ”

と、とんでもない言い訳する坊ちゃん。

しかし、さすがに車の免許取得・・・・実技はスルッっといけたけど
学科が難関すぎたようです。 ざまぁ~~みろってんだぁ~~
まっ、卒業式が終わるまでは車でウロウロされるのが心配だったから好都合。
と喜んでいたのも、つかの間
坊ちゃん。卒業間際の2月27日に、免許取得しちゃったのだ
義弟に頼んでおいた車は福岡で保管。後は引き取りに行くだけ。
しょうがなしに、28日に取りに行きました。
坊ちゃんが勝手に取りに行かれると、怖すぎますからね
そして今日は、卒業式
私にとっても、子離れの卒業式。

そんなこんなで、家を二日も空けていたに近い状態。
退屈した二匹さん。

睨んでるの?

キキ君が恋の旅に
出たっきり、帰って来ないし
帰ってきたら、爆睡してるし

退屈なので、店番を買って出ましたララちゃん

そこで、思わぬ強敵発見



睨んでる原因


ララちゃんは、
弱虫パンチ君を怖がって居ないし

パンチ君は、一人だと吠える事すら出来ず固まっています
が、コイツも私を探して
玄関を掘るので、お店の椅子に捕獲されとります

だいたい、この二匹が一緒にいると
私の取り合いになるのだ(モテモテ気分満喫

しかし、この二日間。
どこを探しても居ない私の存在
写真は、以前私が撮ったものだけど。
きっと、この二日間はこんな状態だったと思う・・・ずぇったいに!
だって私は、もてる女だもん

・・・・・しかし、恋しかった坊ちゃんには、随分昔に捨てられ
・・・・・今では、話しかけるとシッっと手で追い払われてしまう私って・・・
コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。