スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難後・・・・

避難・・・非難ゴウゴウのささやきの後
自宅に戻った私達を待ち受けていたのは・・・
いつものところで・・・

結局は
何時もの場所で待っているお二人さん

画像をクリックすると
居場所が分かります




何処行ってたんだ!

待ちくたびれてんだゾ









私には、非常に強いキキ君。

すんげぇ威張って怒っております







“ごめんねぇ~”と言い訳をしつつも・・・・
私の右手には
しっかりと、ララちゃん用の薬。




嫌だ!



飲み薬は、楽しみにしているでしょ

塗り薬も大事なんだからぁ~と

これまた、言い訳しながらの私




頑なに拒否体制のララちゃん。

旦那曰く
“治療してるの分かって、反抗してるんだから、やっぱりララは偉い!”



さっさと帰ろうぜぇ~


ララちゃんの密やかな反抗なんて
想像もつかないキキ君。

君だって、
ニ、散歩逃げてるでしょ!

結局は、騙されて治療されてるくせにぃ~


信用をつけた途端に、嫌がる治療を始める私。
これで三ヶ月目に入りました。
ご心配をおかけした皆様。
ララちゃんの脇の治療は順調です。

古傷のしこりは完全に取れ、
赤い部分は、かなり小さくなったし、肉も盛り上がっております。
ひょっとしたら、
赤い部分が皮膚色と同じ白になった後には、
まだら色の毛が生えるかも^^

あっ、旦那の頭に毛が生えるのは、諦めております。
だってぇ~。オヤジキャラとしては必須だもん。
しかし、この旦那。
完治した場合には、完全なる招き猫のご恩返しを待っているらしい・・・
一応、商売人ですから^^
治療代ぐらいの稼ぎを要求しているようです。

ゴキ子達の退治は、これで完了したと思い込みたい私ら人間一家。
後は、認めた住人の笑顔。
やっぱり、どんなに憎たらしく成長した人間の我子でさえも
当たり前の顔しての
“ただいまぁ~”の笑顔には、メロメロの私。
たとえ、
“親だと思って、遊びほうけていい加減にしろ!”と
怒られても、にやけているノーテンキな私ら夫婦。
(一応、表向きにはブツブツと反抗してますが・・・)

朝が来て、無事に夜が来る。
これが、一番の幸せですよねぇ~

全員非難せよ!!!

我が家には、私の知らない住人が居ます。
屋根裏に最後にいつ居ていたイタチ君(君か、ちゃんかは不明)
キキ・ララが公式的に倉庫の住民として認めると同時に
最後の住民は、旅にでたようで
かなりホッとしておりましたが、

久しぶりに登場したのは、子供のゴキちゃん

 バルサン追い出し作戦決行!

バルサンは、床下一個。一階天井裏に二個。
そして、同じ箇所を二週間後にします。


今日は、二度目の日。
私の天敵夏休み坊ちゃんも、友達と映画に行くとかで退場処分。
アン・パンチは、私達と一日放浪生活。
キキ・ララは、フードと水も外の日陰に避難。

久しぶりのドライブに張り切って車に乗り込むと
そこには、大好きな義父と見たことあるようなないような犬。
春のチューリップ祭りの時に
初ドライブをしたフク君。

どこでも、抱っこ





今日の放浪場所は、角島
角島に最後に行ったのは、30年も前だという義父。
社会性がないフクちゃんを、どうにかしたい私達は、
この真夏の海に囲まれた島へ・・・・

車内では、喧嘩になることもなく順調に車は走ります。
車は、あまり好きではありません






ただ、ドライブに慣れていないフクちゃんの息遣いが荒すぎるw~
しか^^し、途中人間一族が食べているおにぎりに、
見向きもしないフクちゃん。
躾良すぎでっす。

この時だけは、アンちゃんの息遣いが荒すぎぃ~
ヨダレが私のズボンにボタッ、ボタッ
躾悪すぎぃ~  我が家の二匹さん。

角島の灯台の辺りは、綺麗に工事されていて
芝生公園ができているものの。そこの場所に行くまでには
アスファルトの道路を横切らなくてはいけない・・・・

角島灯台とアン暑いです











旦那は、パンチ君を
義父は、フク君を
私は、アンちゃんをそれぞれ抱きかかえ移動。
つかの間の芝生散歩を楽しみました・・・・
が、フクちゃん。
なれない場所に、怖がってしまって、楽しめない状態。
緊張は、極度状態。
フク君










普通でも、この暑さだとイライラしちゃうもんね。
平日だというのに、県外からの観光客も多く・・・
きっと、
 “この時期、この時間帯に、犬を散歩させてるアホウだ”と
ヒソヒソが聞こえるような気がしてきて・・・・

義父さ^^ん。絶対、次のドライブは、涼しい時期にしようねぇ~
これじゃぁ~、仲良くなれるもんも、なれやしないもんね。

バルサン避難で、一番の迷惑はフクちゃんに決定。(かわいそうにぃ)

フク君&アン・パンチが仲良しになる作戦失敗。(当たり前だ)
でも、どうなのかな?
義父さん命のフク君。本人は、それが一番幸せなんだろうけど。
アン・パンチとドライブするストレスを考えると・・・・
シーズーのコデブちゃん、フク君6歳。
義父さんは、79歳。まだまだ元気。
私の取り越し心配は、無駄になりますようにぃ~
というより、夏場のドライブだけは、止めましょうね。我旦那様。

ゴキちゃん。私はあなたを
住人と認めるつもりはありませんから!

夕方のプロレス

夕方4時に、ポコッと時間が空く時があります。
その時は、パソに向うのですが、


アンちゃんは、そんな事許してはくれません。
なんたって、夕方といえば、お散歩へのカウントダウン。
パソから聞こえる動画の犬の鳴き声は、スタート合図
アッピールタイムに突入

凄い画像だけど。

散歩というより、
アンと私との一緒の行動が大事なパンチ君は、
くつろぎモード。

その寝込みをいきなり襲うアン。



僕も負けてないぞ




やっぱり、若さとは
素早いんですよねぇ~

パンチ君も負けていません。






うりゃぁ~


お互い、もつれあって

負けた振りして、勝つ。
これを、お互いがモットーにしているものだから

しかしながら、腹を出す芸当は、
二匹さんの頭の中には、ありゃしない!


一切無視して、パソに向っている私も

“いい加減にしなさい!
 日が隠れなきゃ。散歩には、行きません!”


何もして無いよん


アン
“今、なんていったの?”

パンチ
“散歩行かないって言った”






チュ




仲良くするからさぁ~
散歩行こうよぉ~♪♪



“ずぇ~ったい。行きません。
 今行っても、二匹とも歩かないじゃん”

“散歩は、陽が完全に落ちてから!”

ベビー君

お客さんが、前日に来たばかりのベビーを連れてきました。


チュ



かなり小さいワンコにビックリのパンチ君。







ちっこいやっちゃなぁ~



パンチ君がすんげぇ~
でかくみえるw~





この匂いは・・・






人形じゃないな!
犬っぽい匂いがするもんな!








さぁってと、家庭内王子のパンチ君。
本物ベビーの匂いをかいで、
三代目ワンコの準備をしなきゃね。
三代目が来る頃は、
パンチ君が高齢になってる頃だよん。


犬、猫ってのは、
相性の悪いもの同士だと喧嘩をしたりするらしいが、
基本的に赤ちゃんを攻撃することはないらしい。
それは、本能で
弱いものを守る・・・・ということらしい。

ただ、人間界では実子の虐待や
親殺しが流行している嫌な世の中。
最近のでたらめな飼い方をする一部の飼い犬には、
その当たり前の本能が、欠落しているとも、聞いた事がある。

私一人の小さな力では、
可哀想な人間の子供や、犬、猫を助ける事は、出来ない。
見て見ぬ振り・・・・の、卑怯な人間の仲間だ。

でも、通りすがりの楽しくなさそうな散歩している
飼い主と飼い犬をみると
声を掛けるようにしている。
掛ける言葉は、挨拶程度。
たったそれだけなんだけど。

警戒心の強いアンちゃんが、やたらと吠えなくなり。
自転車でひきづられるように散歩していた犬が、
面倒臭そうに散歩していた飼い主達が、
歩いて、のんびり散歩を楽しんでいる様子をチラホラとみるようになった

折角、縁あって“うちの子”になったんだもん。
せめて、ご近所のワン・ニャンだけでも・・・・・
幸せだったと、最後に言わせたい。

パンチ君の使命

パンチ君が我が家にやってくるキッカケになったのは、
題名すら覚えていないバラエティー番組。
その中に、“あなたの夢をかなえましょう”みたいなコーナーがあって、


警察犬として、エリートを突っ走ってきたドーベルマンのメス。
高齢化とともに、仕事を引退。
ボランティアの人に引き取られたのだが、
相談者は、そのボランティアの飼い主。
“人間への絶対服従”が見に染み付いているので、
甘える仕草が出来ないのが、不憫との事。
なんとか、他所の飼い犬のように
“こんな悪戯するのよぉ~”って、自慢?したいのだそう。
当時12歳ぐらいだったと思うんだけど。
歳が歳だから、残り少ない犬生を
“甘える”事の喜びを味わって犬生をマットウしてほしい
との、飼い主の夢を語っている時に、
バックに流れるドーベルマンのメス犬
(名前も忘れちゃったんだけど)
の、飼い主を守るべく任務遂行しているのに
甘え方が判らずとまどいの表情の目。

さぁって、この頑固ババァをどう調教するのかしら?

なんと、生まれたての目が開かないような子犬の団体の中に入れたのだ。
最初は、とまどいつつ、逃げていたメス犬ちゃん。
でも、どこの世界のベビーも貪欲なのだ。
必死におっぱいを探す仕草や、
甘える仕草に、根負けしたメス犬ちゃんは、
身体を横たえ、出ないおっぱいを吸わせる体制になって・・・・
母性を取り戻したのである。

母性を取り戻したメス犬ちゃんは、
その後、飼い主と添い寝したり、
ご飯時に、欲しがる仕草をしたり・・・
本来の犬飼には、ふさわしくない行動を教えてしまったんだけど。
あの素直に甘えるメス犬ちゃんの目。
キラキラしてたなぁ~

アンちゃんが、我が家に来た頃の心情は
“生き物すべてを、信用しない”
そんなアンの行動を、犬を飼った事の無い私が理解出来なかったのが
いまだに悔しい。
そして、当時推定10歳を過ぎ、
顔も、マツゲも真っ白になり、
一日中寝ているばかりで、
“チャッチャッチャッチャ”と、フローリングに当たる爪の音が
しない日が続くと。
果たして、アンちゃんは幸せだったのだろうか。と

なんにでも、影響されやすい我夫婦。
さっそく、ベビーワンコを探し始めた。
第一条件は、アンちゃんに絶対服従の気の小さい。
身体も小さい犬。
母親の性格からと、薦められたのが、
会いもせずに、決めたパンチ君。

テレビで観たメス犬ちゃんみたいに、
俄然若返って、真っ白のマツゲが茶色に変化。
“チャッチャッチャッチャ”の足音は、復帰しないけれど。
子育てに忙しい毎日になって、
犬生を充実させているのである。

パンチ君が来て三年。
ヤンチャ盛りのパンチ君は、時々アンちゃんに反抗するものの。
一定の距離を置いて、眠っているものの。
同じ屋根の下での生活が一番ということ。
これが、パンチ君が理解していればOKなのだ。

ただ

問題発生。
“アンちゃんが居なくなったら・・・・”と
自称犬嫌いの旦那の悩みは尽きないのである。

パンチ君よりも、弱い犬って・・・・この世に存在するのかしら?

台風の後・・・・

アンちゃんと違って、
家のトイレで、用事が済ませられるパンチ君とキキ・ララは
雨が止むまで、軟禁生活。


でも、強風の後はパンチ君にとって
憂鬱が一杯。

大好きな公園入り口にあるソテツ
ソテツの根元には、いろんな匂いが付いていて
“僕は、元気です”
と、印をつけてくるパンチ君。

これは、何だ?

が、この時は違った。
大事なソテツから水のみ場へと続く獣道に
倉庫が、分解され置かれていたのだ。

見慣れないものが
どーーしても、怖いパンチ君。

“ワン”
と、一声吠えるのが精一杯。


高架線下の物置にも

お前は、誰だ


“・・・ワン”


一言。




カラスが残した生ゴミ袋。
不法投棄のゴミ。
川沿いに干してある子供プール。

散歩中で発見すると、抱っこしてあげないと歩かないパンチ君。


隣で、“アホやなぁ~”というアンちゃん。

それでも、家に帰ると、途端に王子様に変身するパンチ君なのであった。

台風の日 2

すっかり体調が戻ったアンちゃん。
朝からの雨音に、散歩気分にならない憂鬱な何時ものアンちゃん。


でもぉ~
この前の花火大会の時に、発見した
全天候型公園。
関門海峡大橋が、山口に突き刺さった高速道路下。
ひろびろの6車線の下。

車を降りるところから、雨に濡れない。

雨みたいだけど・・・


初めての場所では、
なかなか用事をしないアンちゃん。

おまけに、雑草がチョビチョビ生えてる場所がお好みだけど。
ここは、一年中日陰のせいか
雑草も生えていない状態。

でもねぇ~
文句は、言えませんぜ。アンちゃん


ここ、どこ?



チッコイパンチ君には、
遠くに見える海峡は見えるのかな?





夏場のお休みの時は、
これで安心して寝坊が、できるぅ~
と、ルンルンな飼い主の顔を横目に、

雨ふってるのに、雨に当たらない怪しげな公園に
アン・パンチが慣れるのは、何時?

台風の日

のんびりやの台風は、久しぶりの雨を連れて来ました。
雨になると、
軟禁されるキキ・ララ。


出たいですぅ



キキ・ララ
“散歩に出たいですぅ~”







小窓開いてる



ララ
“おっ、小窓が開いてるじゃん。”








オラも見たい



ララ
”小雨がふってるわねぇ~”


キキ
“オイラは、外に出たいんですが”



雨降ってるジャン





キキ
“雨、降ってるジャン。
 帰ろうよ~”




お外には、出れないネェ


ララ
“何時になったら、止むのかしら。”

危険分子

8月に入ってから、お腹の調子が良くなったり、悪くなったりしていたアンちゃん。


お盆休み辺りから、完治状態。
正しいウンチを正しい時間に出来るようになって、
一週間。
安心した旦那が、
久しぶりに豚耳を、快気祝いと称してあげてました。
喜んで食べている二匹さんの様子をみると、
ホッとしますw。

そして、台風の到着予定は、深夜0時。
目が覚めたら、台風通過してるよねぇ~  なんて、話しながら
寝付いたのです・・・・四匹全員。

どのくらいの時間がたったのか判らない深夜。

“お腹の調子が悪いです”  と騒ぎ出すアンちゃん。

パジャマのまま、アンちゃんを連れ出す私。
   なんでぇ~~


そーいえば、旦那の愛情の示し方というのは、
人間の子供にしても、
犬にしても、
猫にしても、
すべて、食べ物を与える事で表現している。

お陰で、みんな、私より旦那のほうになついている・・・・
というより、群がっている!という表現にピッタリ。

群がってこられると嬉しいから、個々の体調を無視してでも
食べ物を与えてしまう・・・・という図式。

忘れてました私。
相手が喜ぶからと、限度を越えてあげる旦那。
時々、それが原因で、体調を崩す子が居る事を・・・・
アンちゃんは、市販のオヤツが、合わなくなってきたとイウコトを・・・

だからぁ~
冷蔵庫の中に、いつもふかしたさつまいもと
焼き鳥やさんからもらった、ズリのくずを炊いたヤツ。
それを、あげてくれ!って言ってたのにぃ~

家族の輪


でもさぁ~
こーーんな目で、
部屋の隅っこに居たら
ツイツイ^^と
言い訳する旦那。


苦しいのは、アンちゃんなんだからね!
眠いのは、私なんだからね!
旦那が、一番の危険分子だ!

親分はどっち?

下関に直撃予定の台風。
予報では、着実に来ているらしい・・・・・が、
洗濯物が乾く時間に通り雨のみ。
お陰で、夕方のお散歩は久しぶりに満喫。
なんたって、アスファルトの熱さが違う・・・・湿度倍増だけど。


公園の隅に置いてあった、不法投棄の粗大ゴミ。
パンチ君は、どうしても気になってしょうがない。
恐る恐る近づくと、
小さい声で威嚇してます。

“パンチ君。それは、ゴミだから子分には、なりませんぜ”

台風の後は、散歩コースにいろんなゴミが散乱してるんだけど。
ゴミに向って飛び去りながら、威嚇するんだろうなぁ~パンチ君は。

お盆休みを利用して、
長女一家が、前妻のお仏壇にお参りに来ました。
初孫ちゃんである彩花の大切なクリームのトイプーちゃん。
早速、威嚇しております。






ちなみに、吠えているのは
クリームちゃんでは、ありません。

パンチ君は、飼い主に似て言葉が悪いワンコ。
“俺様の子分になるなら、遊んでやるぜ”



アホか



アホか!
人形の親分になるつもりか?
まだまだ、子供だねぇ~




降参したと言え!



“これで、俺様の強さがわかっただろう”

腰フリフリぃ~~

“子分になると、大声で叫んでみな!”





ホンマモンのアホや


アンちゃん
・・・・・・・・・

何時でも初心者

15日は、私の実家の集会
完治に近いアンちゃんですが、イマイチ不安なので
一緒に連れて行きました。

でも、ニ、三名犬嫌いと、食事時の犬は嫌いの人間がいるので、
日陰のエアコン付きの車内でお留守番。
本格的に完治したアンちゃんは、
外でバーベキュウをする男族よりも
かなり快適な車内で、くつろいでいました。


くつろいでます

が、所詮は狭い車内。
様子見がてら、氷水を補給したら
パンチ君が大喜び。
独り占めするパンチ君。

乾燥した車内で、咽喉が渇いたアンちゃんに飲ませないように
威嚇するパンチ君。

いじけるアンちゃん。

しょうがなく、パンチ君を固定して
アンちゃんにたっぷりと水分補給してあげました。

どこまでも、自己中なパンチ君です。

集会中、元気にお留守番をしていたアン・パンチには、
ご褒美のドライブ散歩。
今回は、若松のはまなすの群生地。
濡れるのが兎に角嫌いなアンちゃんの大嫌いな海。
波の音が怖いパンチ君。

アンタタチネェ~
夏の海は暑いから、お母さんも来ないけど。
何回目の体験だと思ってるの?
そろそろ、慣れてほしいもんだわさっ

砂浜が熱くないのを確認した旦那様
“お前らに、何かあったら、離婚問題になるもんなぁ~”
よ^^く、夫婦たるものを理解している我旦那のつぶやき・・・

海は嫌いです
案の定
拒否体制のアンちゃん










この音は・・・・

このうなりが・・・
怖いんですw








お風呂か?

アン
“足が濡れちゃったよ”

パンチ
“こいつらは、何者?”

アン
“お母さんのイジメだよ!”

そんな会話をしている二匹の元へ~
フレンドリーワンコ登場。

おまえ、海怖くないのか?

ミックス君
“こんにちぃわぁ~

アン・パンチ
“こんにちぃわぁ~じゃねえぞ。
 お前、海怖くないのか?
 でっかいお風呂だぞ!”

ミックス君
“一緒に遊ぼうよぉ~

アン・パンチ
“オカンから、どうやって逃げるのか相談してるから
 今は、遊べネェな”

濡れるからヤダーー


アン
“やめろぉーー
 来るなーー
 しばくぞぉ~”

元レディーの言葉とは思えません。



ボロボロでし



パンチ君
“オカンに持て遊ばれちまった・・・

 海ってしょっぱかったね。”









疲れました・・・・



砂だらけ、泥だらけで帰宅した二匹さんは、
結局は、近くの公園で散歩。
その後、シャンプーされると

それぞれの場所で 



パンチ君にとっては、二度目の海。
アンちゃんにとっては、数知れず・・・・
いつになっても初体験なんだろうなぁ~

こっそり・・・・

ここのところ、不規則なトイレ時間なアンちゃん。
新しいデジカメで、花火の写真を撮りたい私。
直前まで、迷って様子を見ていましたが、
なんとか2,3時間ならお留守番が出来そう・・・
と、いうことで出かけちゃいました。


関門海峡花火大会。
全国の名物花火大会の仲間入りをしようと、関係者は頑張っております。
おまけに、今年は安倍さんの次期総裁戦も重なって、
関係者の力の入れようが、かなり違うとの評判。
とどめに、新しいデジカメには、
“花火”を撮る為の特殊な機能まで付いている。
旦那の父の誕生祝も兼ねて、姑のマンションから花火を見ましょうの会は、
一番の目玉花火が見えない位置。
どーーせ、花火を写真に収めるならば・・・・と

“アンちゃんの具合が悪いので”と、旦那一族にうそぶいて・・・
まんざら嘘でもないしぃ~~

一人で、アベック、家族に囲まれて写真撮って来ました。
くじら


カウントダウン終了の後
鯨とナイアガラ







この後、下関名産のうに、ふくも出るはず。
だけど、判らなかったっす。

落ちてきそう・・・

落ちてきそうなくらい近場をゲットしすぎて









水上花火



下関から目の前に一個。
右端に一個。
船の上から打ち上げるので、
移動しながらの水上花火。
遠くには、門司からの花火。


カメラも、私の目も
右、上、左、遠く・・・
忙しい・・・・

水上花火2


花火用の機能ってのは、
シャッターが下りるのが遅いみたい

そんな事も予習してなかった私。
こんな写真になっちまいました。

でも、門司側の花火もちゃんと写っているw

乱れ打ちぃ~

最後は、乱れ打ち
一眼レフならすべてがバッチリと入るんだろうけど。

小さなデジカメでは、
全部に収まりきれない。



花火の終了とともに、放心状態の私。
一人で花火大会に来るのは、
かなりこっぱずしかったんだけど。
花火の最中は、恥ずかしさなんてどこえやらぁ~

その後、なんとか渋滞をくぐりぬけて
家に戻ると。
何時ものお出迎えのアン・パンチ。

アンちゃん、このままお腹の調子が治るといいよね。
あーーそれにしても、
調子の悪い年寄りをお留守番させて、
飼い主ってば・・・遊びほうけすぎでっす。

今夜の気分は・・・

この世で一番可愛いと思っているパンチ君。

普段は、すごい我儘です。
散歩も、休憩場所も、食事の時間も、すべて自己主張します。
が、
ここのところ、夜中や、真昼間のアンちゃんの突然の散歩に
リーダー?として、心配しているのか
“アンちゃんだけだよ”って言うと、
素直に、玄関で待っています。
僕、おりこうさんでし


リーダーと思っているのは、パンチ君だけ。
行動は、服従ですよん。パンチ君。

食事の時も、
アンちゃんは、もらえるまで
私にベッタリなんだけど。

パンチ君は、リビングでボール遊びに夢中。

しかし、アンちゃんの特別食の匂いを察知して
ダダダッ
動きは素早いパンチ君。


昼間も、
微妙・・・


微妙な位置で
アンちゃんの側から離れないパンチ君。

う^^ん。
こういうところが、
普段の我儘を許しちゃうアホゥな夫婦。

晩酌でほろ酔い気分の旦那と遊ぶテーブル犬パンチ。




それぞれの場所

アンちゃんのお腹の調子についての、心配有難うございます。
ちょっとづつですが、
なんとか回復傾向にむかっております。
(さつまいもが好反応に出ました)


アンちゃんが、我が家に来て12年目の夏。
推定年齢15歳。
この春の定期健診での、骨密度は推定17歳あたり。
でもね。見かけだけは、そんなに年寄りっぽくないアンちゃん。
これも、飼い主に似て、若作り?なのかも。

放浪していた昔は、とっても寂しかったんだろうけど。
あれは昔の話。
今では、いろんな人が、心配してくれるよん。
嬉しいよね。後ろにいるはずのアンちゃんに、問いかける私
アンちゃ~~~ん。と姿を探す私。

アンちゃん2

エアコンつけてくらさい。
年寄りには、暑すぎます。





ちょっとぉ~聞いてるの?
また、都合のいいときだけ年寄りの振りするんだから。




アンちゃん


この場所が一番涼しいのだ。




それが原因で、お腹壊してるんじゃないの?


暑いの嫌い。



パンチ君


オラも暑いの嫌いだよん。




あんたたちってぇ~
キキ・ララは、エアコンなしの生活なんだよ


ねぇキキ君!
キキ君



最近のお気に入りの場所。
隙間15センチの中。
キキ君は、どこ?って思うあなた
写真をクリックすると、拡大写真が出ます。




ララちゃんは?

ララちゃん

アタイが見つけた場所なのにぃ~

争奪戦に負けました。






キキ君メッケ

オヤツの時間なのぉ~~?
うにゅにゅにゅぅ~と
出てくるキキ君。



色々と調べた結果。
ドアが当たらず、確実に私を見つける場所。
なおかつ、水道管が涼しいらしい・・・・


それぞれのお気に入りの場所で、この夏をやり過ごしています。
世間では、お盆休みに突入しました。
暦の中では、この暑さもあと少し。
とりあえずは、一番高齢のアンちゃん。
頑張って乗り切ってもらいましょう。
(私を心配させるのは、程ほどにしてくらさいね)

二時間

若い頃は、ライオンカットにするだけで
サバサバと元気よく一日を過ごしていたアンちゃんですが、
去年あたりから、
この夏が最後なのか?と心配するぐらい元気が無いアンちゃんです。
あれだけ丈夫だった胃腸が
ちょっとした事で、すぐお腹を壊してしまうし
それでも、一晩で完治していたのに、
今年は、長期戦になっております。
夫婦喧嘩事件をきっかけにして
治ったり、戻ったりと繰り返しているアンちゃん。


明日までに治らないと、強制的に病院だ!と宣言すると
二日ぐらい調子が良かったりするしぃ
安心していると、調子を崩したり・・・・

高齢のアンにとっての最大の楽しみは、散歩と食事とオヤツ
お腹の調子が悪くなると、
一日絶食すればいいんだけど。
パンチ君だけが、普通に食事を取っている横で
アンちゃんだけに我慢させるのは、かわいそうで・・・・
(パンチ君なら、当たり前のように絶食させるんだけど)

デヘヘヘヘ



そんな私の思案をよそに
いつも明るいアンちゃんでっす。





動物嫌いな我旦那に言わせると
もし・・・って場合に、
病院にアンを取られるのが嫌らしい。
最後は、この家で家族みんなに見守られて
というのが、病院行きを拒否している理由なんだけど。

オイオイ、アンちゃんが拒否でなく、飼い主のお前がか?
アンちゃんは、まだまだ最後には、程遠いぞ!

そーーんな夫婦の会話をチャント聞いているアンちゃん。
アンちゃんの恐怖の時間は、
私が晩御飯を終了して、お風呂に入るまでの二時間弱。

あのネェ~ 病院行くなら、お店がお休みの時の昼間だよ~ん。
熱い視線




ちゃうよ^^お風呂に入れられるのが嫌なんじゃ。
お風呂前後の、薬やら耳の検査されるじゃん。





あのネェ~毎晩じゃないでしょ。


ということで、涼しいリビングを避け
一人(一匹)サウナ廊下・・・・
それも、夜でも一番暑い二階の踊り場がアンの逃げ場。

こうやって、アンちゃんは
毎晩、私が晩御飯を食べて、お風呂を上がってパジャマを着るまで
家庭内放浪者になるのだ。

家庭内放浪者になるのは、いいけど・・・
早く、お腹の調子完治しちゃおうねぇ~~
明日は、大好きなサツマイモのオヤツ作るよん。

宵っ張りの言い訳

朝日が目に突き刺さって、汗だくで目覚める飼い主。


夏の散歩は、早朝でないと8時過ぎには、気温30度を突破。
でもぉ~
子供達の学校が無い夏休みは、
ギリギリまで眠りたいのだ・・・・と言い訳をブツブツいいながら
ふと床をみると・・・・
旦那とアン・パンチが、恥ずかしい姿で転がっている。

寝坊助の飼い主には、寝坊助のワンコ。

朝の短い散歩・・・・というより
朝のマーキングタイムといったほうが正確かも^^
その後、人間夫婦は唯一エアコンが常時稼動しているお店。
アン・パンチはサウナになっている家を守ります。

おっ、仕事終わった?


旦那の昼食の後に、リビングに入ると
エアコンの一番当たる場所で・・・・

“おっ、(仕事)終わったか?”
“ここは、涼しくて気持ちいいぞぉ~”

と、パンチ君。


が、パンチ君の不可解な行動の一つに

暖かいzzzz

ホカホカに乾いた洗濯物の上で
ゴロゴロゴロゴロzzz


あのぉ~





ウトウトウト

洗濯物を上に乗せても・・・zzz









熱中症になりますぜ?パンチ君。





ガッハハハハ




夜になると・・・
復活したパンチ君。


夏は、夜が活動期

気に入らない!

パンチ君が我が家の一員になってしばらくして、購入した二股リード。
これで散歩すると、
リードグルグル攻撃がなくなるしぃ~と
単純な思いで・・・・


が、人間にもいろんな性格や行動があるようで
何時もアンちゃんベッタリパンチ君は、
このリードがおきに召さないようです。




購入して3年。
使用回数は二回。
今年は、ちゃんと使用許可がおりるかなぁ~~



アンちゃんのリードのが、長いので・・・
一応、失敗した時ように
パンチ君のリードも付けてみました。
が、やっぱりご不満タラタラのパンチ君でっす。

何時もなら、アンちゃんの動きに合わせてチンタラ散歩するんだけど。
このリードをつけた途端に、
アンちゃんを引っ張るような歩き・・・・
どうせ一緒じゃん






やっぱり、お気に召さないようで







アンちゃんがちょっと寄り道しただけじゃん。
それをきっかけにに
動かないパンチ君。

この後の散歩は
フン袋と二股リード持参の私と
それぞれの命綱でのびのびと散歩するアン・パンチ

あんたねぇ~

最初の子供を出産して、
ベビー時間と世間時間のずれを感じた私は、
思い切って時計を捨てちゃいました。
当時可愛かったベビーは、すっかり大人になってしまったけれど。
時計の無い生活ってのは、快適で・・・・
それは、遅刻魔の言い訳でもあるのだけど。
そんな私の体は、一月に三日間弱。時間にして60時間。
動けなくなるほどの痛みに襲われます。
性格と体内時計の関連は、無いようです。


待ったなしの散歩と仕事だけは、なんとかこなしますが。
そんな状態になると、
散歩中は、リードにすべてを預けての
罵詈雑言ワンズは、静かに散歩してくれます。
きっと、私の事を思いやってくれる・・・・・と信じておりますw。


昨日は、痛み最終日。
おまけに、旦那は夜遊びに出かける日。
坊ちゃんは、外泊予定。
お嬢は、友達と外食。
主婦や母親サボっても、誰にも怒られない日。


夕日


綺麗な夕日。
痛みも後少し時間。

誰も居ない夜を満喫しましょう。



が、そうは問屋が卸さなかった。
60時間きっちりで、痛みが終了するハズなのに、
何時までも痛みがひかず・・・
こーいうところに、いい加減な性格をだすなぁーと叫びつつ。
11時には、爆睡状態。

11時半。お嬢帰宅。
騒ぐアン・パンチ。
お帰りの挨拶をすますと、部屋へいれろー攻撃。
仕方なく、ベッドから降りてドアを開ける私。

深夜1時。旦那帰宅。
騒ぐアン・パンチ。
再度ベッドから下り、ドアを開けアン・パンチを出し。
戻ってくると、ドアを開け、出迎える私。

深夜2時。旦那が夜食を食べている。
匂いに反応して、騒ぐアン・パンチ。
ドアを開け、ドアを閉め。

深夜3時。旦那と一緒に部屋へ入ってくるアン・パンチ。
それからしばらくして・・・・
アンちゃんの鳴き声がおかしい。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さっきまで、普通だったじゃん。

何で、お母さんがきつい時に
あんたまで、体調をくずしたん!

仕方なく、パジャマのまま。夜中の散歩。
あんたねぇ~
人間ってのは、連続して寝ないと疲れが取れないんだよ
本当に体調を崩したのなら、二時間後に起こされる。

アンちゃんの体内時計も、キッチリしているのだ。
飼い主ににて、生活時間はいい加減なのに。
おまけに、私の体調を崩すと、必ずアンちゃんも崩す。
朝6時まで、様子を見るのに・・・・・

私は、起きてました!
なのに、アン子は、爆睡。
再発の可能性全くゼロ。

その頃には、痛みも完全にひいて元気になってるはずの私は、
睡眠不足で、頭ガンガン。
営業時間まで、3時間。
二時間の睡眠確保の為に、薄いウーロンハイを一杯。

ボーっとした頭で、なんとか起き上がってみると。
何時ものように、元気なアン・パンチのプロレス。 オイオイ
三日分の主婦仕事は、山積み。 したくなぁ~い

“昨日の夜は夢だったのでしょうか。旦那さん”
“うんにゃぁ~・・・・飼い主に似て、咽喉元過ぎればなんとやらぁ~の
 アンちゃんだよん。”


朝8時半には、30度を越えた下関。
何時ものように、
涼しい場所で、何時ものような寝顔で爆睡してるアンちゃん。
・・・・・・ちょっと、むかついてます!私・・・・

ざまーみろぉん

私の中で、ベンツという超高級車は、
黒しかない!と思っておりましたが・・・・
最近、白とか、いろんな形があるんだと知りました。←おそすぎぃ~


我愛車コベンツ君。新車で購入して13年目。
走行距離やっと4万キロを走破。
まだまだ、バリバリ走ります。
新車当時は、メタリックブラックのスズキのジムニー。
もっちろん、モデルチェンジ前の古いタイプ。
軽自動車ながら、馬力も結構あって乗りやすいのですが。
やっぱり、寄る年波には勝てないようで、
とうとうコンプレッサーが、駄目になりました。

青空駐車のコベンツ君の車内は、大変な暑さ。
ハンドル触ろうものなら、やけどします。
ちょっとそこまで・・・・と乗ると

こわい


お母さん
怖いです。







うるへーー。ちょっと顔が取れただけジャン。
服が張り付いてるだけじゃん。








パンチ君



オイラをお留守番させるからさっ


だから、一緒に付いてってやるって言ったのにぃ










うるさーーい
帰宅直後は、いそがしいのさっ。



アンちゃん


パンチ。
そんな事言っちゃ駄目よぉ~ん。








ケッケッケッ手遅れだっす。

おぼえておけよ


なんで?
どーして僕まで、お風呂なの?










私は何も言って無いのに・・・


だからぁ~
怒らせちゃ駄目って言ったのにぃ~

お母さん。私は無実ですw
コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。