スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしたの?

夕方の散歩の後の、お決まりの食事。
アンちゃんは、狭いキッチンが大好きで・・・
流しの側で、食事をします。

ただ、一番の問題はパンチ君。
パンチ君は、広いリビングでゆっくりと食事をします。
ゆっくりの中には、休憩時間や、遊び時間も含まれており
ゆうに20分かかるほどの、ゆっくりぐあい。

アンちゃんといえば、がっつき防止と
老犬なので、心臓に負担がかからないようにと・・・
二回に分けてるにも関わらず、3分で完了。
パンチ君の食事が終了するまでの、17分ぐらいは
フード茶碗の側から、離れません。

というより、アンちゃんが動くと
食べもしない自分のフードを横取りすると思い込んでいるパンチ君の
怒りの唸りがあるから
アンちゃんは、動けないのだ。

この日は、散歩帰宅直後にお店に呼び出されたので
晩御飯がかなり遅くなってしまい。
珍しくパンチ君までもが、キッチンで晩御飯を待っている。

二匹が私の側で、食事をちゃんとしてくれると
こんなにも、楽チンなんだぁ~と
一人で、無心に食べているパンチ君を見ていると・・・

後ろで・・・・・









あっらぁ~
アンちゃん。抜けた歯の間に
フードが挟まったの?

私に合う季節

三年前ぐらいから、花粉症の症状の代表の一つである鼻水。
これが、収まりつつある。
花粉が少なくなったのかと、思いきや
その代わり、体のあっちこっちが痒くてたまらない。
最初は、皮膚の弱い箇所に出ていたので、汗疹も一種かとタカをくくっていたのだが。
皮膚科の処方の薬で、
一時的に引くものの。完治はしないのである。
それどころか、痒みは全身に広がり・・・

とうとう、寒冷ジンマシンまで併発

お客さんとの会話の途中で、
“へぇ~ そうなんですか”  ボリボリボリ・・・・・

接客業で皮膚を直接触る特殊な仕事なので
かなり体裁が悪いのである。
それが、無意識にボリボリしているので、始末が悪いのだが・・・

アレルギー体質じゃないと診断されたものの。
生活に困る事一杯。
主婦仕事は、水仕事。
夏場は、なんとか乗り切れるものの。
冬は、主婦業お休み。
やっと、春が来たので、主婦業再開!と、行きたい所だが

冬の間は、ストーブと仲良しこよしと。
花粉症で、鼻水ズルズルしすぎで、頭がボォーっとするので動きが鈍い私。
鼻水が収まったここ三年は、
カイカイ、ボリボリ・・・

今年の特徴として、得に痒い場所は、
眉間から鼻周りと口の周り。
ボリボリした後、鏡を見ると

ギャ~  ただの酔っ払い。

朝から酒かっくらって、仕事してると思われるのは嫌だしぃ~
って事で、三軒目の病院に直行。

すると、花粉症が治まりつつある症状の一種で、
花粉症に耐えうるために、※進化している状態だと言うのだ。
って、この症状は何時まで?と質問すると。
更年期が終了するまで様子をみて、
それでも、収まらなかったら。死ぬまで
まっ、更年期終了して、ひどくなったら諦めなさい。※進化途中なんだから、

※進化
 四足で歩いている猿が、二本足で歩く過程と、
 そこまで、過去にさかのぼって説明された
 って、今の私は四本足の猿?
 私の生んだ子供は、二本足の猿?

じゃぁ~、冬は、寒冷ジンマシンで冷たい空気や、水に触ると
痛みを伴うかゆみで、
春になったら、花粉症が治まる(予定)過程でのカイカイを耐えろっちゅうのか?

春が終わったら梅雨だよ。
梅雨になったら、洗濯物が乾かないと文句が多いのに
夏になったら、お日様に当たるとかぶれてカイカイ。
秋になったら、冬に備えて
寒冷ジンマシンの薬を飲み始め、主婦業オサボリが始まるんだよ。
って、私にピッタリの季節ってないじゃん。

毎日イライラが続く症状。
これって、更年期?自律神経失調症?だたのアレルギー体質?
私の人生の春って何時くるのかしら・・・・
と、考えてると。

遊んでくれるの?

飼い主を見下すパンチ

“遊んでくれるんやろうね!”

同情は、ないのか!パンチ君














お風呂じゃないでしょうねぇ~


イライラ収まった?
お風呂には、入れないでね ビクビク


アンタネェ~
毎晩、お風呂に入れたことないでしょ

雷がなると・・・・

c8ce80f2.JPG昨日は、
こんなに元気よく遊んだアン・パンチ。

今朝は、
目覚ましよりも早くで、
目が覚めちゃいました。

雷の後は、大雨だったり、ヒョウまで降って
雷大嫌いなアンちゃんが、
鳴く暇も、怖がる暇もないくらい連続の雷。

アンちゃん大好きパンチ君は、
何の音かもわからず、アンちゃんが怖がる様子をみて
慌てて怖がっている・・・・


雷と雷の間の大雨の時に、
外泊したキキ君が帰宅。
急いで、倉庫に閉じ込めると
二匹とも、寝床で丸くなってました。
この二匹は、いつもこうやって心を落ち着けてるのに
何時も感謝。
ララちゃんは、放浪中の時。
たった一匹で、どこに隠れていたのだろうと
考えてしまう。

アン・パンチは、私にベッタリ・・・
アンちゃんは、捨てられていた時期に、
どうやって雷や、雨、寒さに耐えていたのだろうと何時も考えてしまう。

その点。
キキ君とパンチ君には、全く心配が無い。
それぞれにいつも一緒の仲間がいるから。

その辺が、ヤキモチパンチ君には気に入らない部分らしい。
アンちゃんの側から、離れない私の膝に乗っては
邪魔をするのが常。

仕方ないから、左手でアンちゃんをさすり
右手で、パンチ君を抱きかかえる私。
それも、気に食わないパンチ君のとった秘策。

私の左腕をパンチ君の両手で包み込み、
左手辺りに顔を乗せるのである。
右手で、パンチ君の腰を支えているので
私の両手は、ふさがってしまうのである。

それでも、私が側に居る事で安心しているアンちゃんが
とても、愛しい私の秘策は、
ブラシを手にもって、まずパンチ君をブラッシング。
ブラッシングが嫌いなパンチ君は、
ヤキモチから私の膝に乗っているので、
必死に耐えているのだけれど。頃合を見計らってテーブルの下。

そこで、私はアンちゃんをブラッシングしながら
思う存分アンちゃんを甘えさせてあげるのである・・・・・・

ここに、思わぬ欠点がある。
それは、毛玉を見つけると。私がブラッシングに夢中になること。
そうなると、アンちゃんを甘えさせるという行為はどっかに消えうせ。
ヒタスラ、ブラッシング。
抜け毛と毛玉を取るのに夢中になる私。

旦那曰く
 “魔女が、毒薬を作っているような顔”
になるらしい・・・

旦那に注意されるまで、必死にブラッシングしている私。

どこにも、逃げ場を失うアン・パンチ・・・・
我が家の家族になって本当に、幸せなのかと・・・
雷が落ち着く頃に思うのである

ひさしぶりの・・・・娑婆~

時折、雨の予報のわりには、
そこそこにお日様が顔を出しているお休みの日。
思い切って、花見見物。
都会の映像では、花見客が写っているというのに、
我近所の公園の桜は、まだまだ・・・
九州ならば・・・と
でかけてきました。
去年、遠賀川沿いの土手では、
菜の花の絨毯がとても綺麗だったのだ・・・


菜の花とアン


菜の花満開の土手には、
誰もいなかったので
ノーリードで車から降ろすのに、
不安がってるアン・パンチ。

イマイチ、行動が鈍い・・・

しょうがないので、私一生懸命走りました

追いかけてくるのはパンチ君だけ

奥の手のオヤツを取り出すと・・・・








ちょうだい





俄然元気になる二匹。

パンチ君。
当たり前のように覗き込んでるけど・・・
後ろ足で立てるのなら、
ケンケン歩きは、やめてよねぇ~




疲れちまいました


アンタ達より、
お母さんのが走ったんだからね!!!

なのに、
その疲れ具合は何?

パンチ
うーーさいなぁ~
オヤツくれるとでもいうの?





その後、ネット友達の福岡君を呼び出し
(福岡君はお仕事中でした・・・オイオイ)
人間は、お昼をすませて
勝盛公園の桜を偵察へ~~


勝盛公園

ここの桜は
咲いてる木は、3部咲き。
殆どがガイコツ桜。

気温のせいか、
家族連れも多かった
(なんたって、春休みだもんね)

白鳥、ガチョウ、七面鳥
いろんな鳥が放し飼いされていて・・・

なんだ・・・あれは・・・


目の前をゆっくりと
通り過ぎる始めてみる物体に

ただ、ボーゼンと見ている二匹。

本当に、この二匹は怖がりなんだからぁ~
一緒にいた福岡君のゴールデンの
エピーリオ君は、
ワクワクしているというのにねぇ~~

亀の甲羅干し


岩で甲羅干ししている亀軍団。
さすがに、アン・パンチには
見えない場所なんだけど・・・

この角度だと
岩から顔だしてる亀に見えて大爆笑。


今回の桜前線偵察は、却下に終わったので
もう一度、
菜の花の土手に連れて行くと

今度は、俄然張り切る二匹。

多分、さっきのゆっくり動く物体を前にして
何も出来なかった反動なのは、明らかなのである。

ここは、何処?

走る~
走る~
走る~

アン・パンチなのである。
しかし、朝に来た場所よりも
菜の花の密集度が高すぎて、

パンチ君の目線だと迷路

興奮してついてきたのは良いけれど・・・
困った顔のパンチ君。

えー

43215bed.jpg近所の公園は、ガイコツ桜だというのに...東京では、花見が始まってしまった。
こっちのが、赤道に近いはずなのにぃ~
なんだか、先を越されたようで悔しい

春になったんだって言われた・・・

玄関脇の小さな、小さな花壇に咲いてるそれぞれの花たちがようやく目を覚まし始めたので
冬の間にやられちゃった枯葉を
ハサミで切っていたら・・・
ララちゃんみっけ





旦那が、
今年の冬は殆ど
活躍しなかった
イルミネーションを
片付けはじめ・・・

その側で、私が脚立にのって枯葉処理をしているのを
見ているララちゃん。

邪魔なんですけど



旦那が、お店に入ると・・・
脚立の下で
くつろぐララちゃん。

って、すんごい邪魔なんですけど


しばらくすると・・・
脚立にのった私を見たキキ君ご帰宅。

“何やってんだよ~
 そんなことより、メシの時間。
 オイラは、腹減ってんだ!”

と、手厳しい泣き方



ご飯を・・・
キキ・ララは、ちょこちょこ食べるので
20粒づつを、一日に何度も食べさせるのである。
まったくもって、
居候のくせに、態度がでかいんだからぁ~


満腹すると

春の証拠?


今度は、お店の前で
くつろぎはじめちゃった。




あのねぇ~~
お客さん、入れないジャン。
それに、北向きのドアの前は
日当たり悪いしぃ~~
倉庫のが、よっぽど暖かいと思うけど・・・


そーいえば、パンチ君のケンケン歩きも
そろそろ脱皮時期。

下関は、なかなか冬将軍が居座っていて
春が来たかと思えば、霜警報。

私の散歩の格好も、冬丸出し。
春が近い、近いっていうけど・・・
私の財布と同じで、
下関に本格的に、春が来るのは何時?

チャングムの誓い

去年だったか、一昨年だったか韓国で大ヒットした宮廷ドラマ。
日本でいう、時代劇みたいな話 “チャングムの誓い”

韓国ドラマは、日本の中年のオバ様たちに絶大な人気に支持はされているものの。
日本の男性人には、いやがる人が多いようで、
私の友達にも、お店のお客さんにも
韓国ドラマにハマっている人は、かなり少ない。

それが、BSのNHKで放送されはじめて
今まで、ソッポを向いていた人達が、
“これは、面白い”と、言いはじめ・・・
やっと、下界のNHKで去年の秋ごろから、放送が始まりました。

まだ20話ぐらいしか観てない私の所に、
知り合いがBSを録画したやつを、持ってきてくれて・・・

三日間かけて、殆ど徹夜状態で観ました。
借りたのは、6時間テープが12本。
7本目からが、私の中で止まっている状態。


明の時代の、王座争いの中。宮廷から追い出されてしまった男と女が出会った所から
ドラマは、始まります。
さまよっている中に出合った男と女が結婚して、女の子が生まれ。
女の子の名前がチャングム。
人目を避けるように暮らしている身分の低い家族なんだけど。

宮廷の上の地位まで、順調に登るとおもいきや、
派閥争いの中で、島流しにあい
また、宮廷に戻っては、いじめで、疫病で隔離された村に閉じ込められ
再度宮廷に戻る。
という、山あり谷底あり、天国あり、地獄ありと
一話づつが目が離せない長編ドラマ。

今まで、私がドラマや映画にハマって一人号泣しているのを
横で小ばかにしていた旦那までもが、
私が見る前に、ビデオを横取りして、“チャングム頑張れ!”とか言いながら号泣している・・・・

アン・パンチまでもが、“なんだコイツら”という目で見つつも
一緒に、夜更かししている。
人間の子供達も呆れ顔で見つつも、この三日間は
遊びほうけてくれたお陰で、母親もせずにビデオ三昧の生活が出来た事に感謝。

さぁってと、ビデオが来る前から気になっていた
パンチ君の散髪とアン・パンチのシャンプー。
換気扇の大掃除。
今までサボっていた主婦の仕事をしなくっちゃ。
チャングムに負けられないぞ!

はっしぇぇん円の昼定食

今年の冬は、下関にとっても10数年ぶりの寒波。
寒波第一便と同時に、圧迫骨折をしてしまった姑。
足、腰の弱い祖母と同居している二人暮しの、老老介護の姑の暮らしは一変。






祖母は、姑の妹の家に預け、
入院をしぶる姑を、強制入院させ・・・
しかしながら、スナック経営している姑は、店が気になり
12月初めには、退院してしまい。
コルセットを付けたまま仕事開始。

毎日、大雪の中。午前中に病院に通い。
夕方には、仕事に出勤するという商売人魂を見せ付けられた私は、
出来る限り、手助けをする覚悟はしているものの。
思うように出来ずに、後悔ばかりしているというのに・・・

姑の復活根性で、完治もメドも四ヶ月でたち。
本来なら、私達が快気祝いの席をもうけなくっちゃいけないのに。
なんと、太っ腹姑が
嫁二人のみの限定で、
10000円の昼定食に招待してくれる!というのだ。
(昼定食とは庶民的なネーミングだ。
 正確には、お昼のフルコースとでもいうのかしら・・・)

桁違いの1000円のお昼定食でも、高級だと思っている私にとっては
初体験。


オードブルあわびのナンタラ







ドキドキで始まったオードブルは・・・・・
薄味なんだけどグッド。

いきなり出た“あわびのナンタラ”
一番上にのってるゆりねのでっかい事。



白子のナンタラ
鯛の刺身








軽く煮付けた後に、から揚げしてあるたけのこの上には
ふく(下関では、フグといわずフクというのだ)の白子


鯛の刺身




もち米団子すずきの煮物











もち米を赤く炊き上げてゆるいお結びの中には
しいたけなどの具が入っている
(悲しい事に、しいたけ以外の具は滅多にお目にかからない具だったので
 名前を思い出せない)
それらが、昆布だしの中にどどどぉぉ~んと座っているのだ。

スズキの煮付け。
私が作る醤油だしの真っ黒煮付けと違い。
京都風の薄味。
うーーん。これらの上品な料理に対して
なんと、私の粗相の悪さ~~
誰も居なかったら、皿まで舐め尽したかった・・・
伊勢海老の焼き物













今日のメインデッシュらしい伊勢海老の焼き物。
グラタン風な味付け。
本来は、一匹丸ごとか半分らしいのだが
仕入れが人数分出来なかったとかで・・・
姑ともう一人の嫁は、丁度良い量だと言っておるのだが・・・
滅多に食べれない私には、
“おかわり”
といいたくなるのを堪えるのが必死。

牛フィレのお寿司フォアグラのお寿司










牛フィレのお寿司。
回転すしの牛のタタキお寿司とは、格段も違う。
佐賀牛らしい。

佐賀牛といえば、呼子のイカを食べに行った時に、
今日のイカは、唐戸(下関)からの取り寄せと聞き、
それだけは、聞きたくなかった一言に、
佐賀牛で、口直しにいったのだが・・・
値段の高さにオーストラリア牛(家で食べるのと一緒)になったという
いわく付きの牛肉。

妹の結婚式の時に、フォアグラを初めて食した時は
全然、美味しくない。のに、高いんだ!の感想。

高校の卒業祝いに友達と長崎観光をした時も、
本場の長崎ちゃんぽん屋が、閉店していたので
リンガーハットで晩御飯した私。

まったくもって、外食には裏切られ続けているのだ。
それだけに、今回の料理には大満足。

皿を前に、
“本物でっせぇ~”の一言が頭の中をグルグル
“本物は、やっぱし違うなぁ~”がグルグル

ここでも、おかわりぃ~とか追加ね!なぁんて言葉をぐっと堪えて・・・

焼きおにぎりのお茶漬け。
これは、写真に撮るのを忘れて完食。
気が付くと、どんぶりに口付けていた私。

抹茶アイス







アイスが出たって事は、
夢のような食事タイム終了。

落ち着いた雰囲気の中。
マスターとの会話と
久しぶりの姑と嫁二人のまったり会話。
女ばっかりの食事会は10年ぶり。
あの時は、母の日のお祝いに嫁三人でお金を出し合いの食事会。
10年経つと、それぞれの家族に変動があり
諸事情もかなり変化して・・・
今回の話のテーマは、病気の話。

ナンタラきみまろの漫談そのもの。
話も食事も満腹。満腹。

帰宅途中で、お酒を飲まなかったから
本当は8000円なんだけどねぇ~
“えっ、2000円の一杯ってどんな味?”とモンモンする私・・・・

ツバメ君

多分、私の最後のツバメ君になってしまうと思う・・・
このツバメ君。
お父さんの転勤が決定。
送別会をしました。
このツバメ君が御近所さんになって5年。
その間に、我が家とお隣のお子ちゃま達は、成人したり
所帯をもってしまったりと。
最近は、バーベキュウの回数がめっきりと減ってしまって・・・
最後に宴会をしたのは、
一昨年ぐらいにだと思う。


ヨッパの大人の中で、
うじゃうじゃといろんな世代の子供達がバタバタと走り回り・・・
それが当たり前のように、育ってきてしまったツバメ君。
宴会を一番楽しみにしていたので。

送別会は、ツバメ君の為に・・・という名目で
本当は、ツバメ君父が一番楽しみにしていたのではないかと思う。

お日様が出ているうちの一杯は、
月夜時間の3杯分に匹敵する。
何時も、ハメを外してしまうのは、
お隣のご主人と私とツバメ君父。

今回は、散歩を忘れずに・・・との教訓から
控えめに参加した私なのに・・・
いつの間にか、気分全開した私の耳元に・・・

“アン・パンチの散歩に行くぞ!”

盛り上がるアン・パンチとツバメ君。

だらだらとリードを付けてあげると

“僕、パンチ持つ”
(正確には、リードを持つという事なのだが・・・)

って言う頃には、コートを着込み、パンチ君のリードを持ち
ツバメ君の後ろには、
行く気満々で、飛び掛っているパンチ君。

玄関を開けると  猛ダッシュ
車の安全確認場所でピタリと止まり・・・・
(私は、どのツバメ達にも、自動車教習所の教官よりも
 厳しく、一旦停止を教育した強要した親玉なのだ)

“早く、早く

その場足踏みツバメ君と、張り切るパンチ君。
最初は、アンちゃんと私を引っ張るパンチ君が、引きずられながら走ってるw
それも、ちゃんと四本足で・・・

5分から10分で、ダラダラと着くはずの公園。
それが、それがですよーーー
このヨッパ気味の私と、年寄りアンちゃんまでもが
ツバメ君とパンチ君の猛ダッシュで
一分で到着








公園でも、走る  走る   走る   走る

お猪口一杯の私の頭の中も

回る   回る   回る   回る

帰宅道も  走る   走る   走る   走る

いやぁ~  若いって、本当に凄いですねぇ~
って、ツバメ君は、シラフです。(当たり前)


無事に家に着いて・・・
晩御飯を速攻で食べると・・・・
爆睡するアンちゃん。
眠いzzz










今夜の寝床は、隣のご主人のコート





若者には、お互いついていけないよねぇ~
ツバメ君と最後のお散歩はこうやって、
一瞬で終了してしまったのであった。

憂鬱な雨

14ac8929.JPGコロコロと日替わりで、雨。晴れと続くのは、
きっと春が近いせいだとは、思っていても・・・

朝から、雨だと憂鬱。
基本的に、濡れるのが大嫌いなアンちゃんは、
私と一緒に、階下に下りてくるものの。
雨音を聞くと。
さっさと、二階に上がってしまう。

パンチ君は、暇をみてトイレが出来るから
やりたい放題して、暇をつぶしている。

昼から雨も止むでしょう・・・の予報も
お昼ごはんを食べても、雨・・・雨・・・雨

小ぶりになったらと、外を何度も見るものの。
土砂降りのまんま。

おっ、家出人キキ君が、お店の前を通って帰宅したもよう。
急いで、倉庫に行くと

雨の中。
上を向いて、だみ声で叫んでいるキキ君。
雨が止むまで、帰宅しないキキ君も
よっぽどひもじかったらしい・・・
びしょぬれのママの帰宅。

頭をヨシヨシされるのは、好きでも。
体を触られるのが大嫌いなキキ君なんだけど。
雑巾で、体を拭いている私に、猫パンチする余裕もなくフードにありついている。

まったく、男っていうのは
人間界。犬界。猫界。すべて同じような気がする。
自分中心っていうか、ポリシーありすぎっていうか・・・
食べる事と眠る事。遊ぶ事しか考えていない生き物だ。

天気図をみると、
雨が完全に上がるのは6時間後の夜8時。
そんなに、アンちゃんが辛抱出来るのかしら・・・
こうなりゃ。アンちゃんの機嫌次第でお散歩決行。

アンちゃんにリードを見せると喜ぶんだけど。
こんなお天気のパンチ君は、
リードと寝袋を並べると。
即断で寝袋に入りたがるパンチ君。

軟弱なヤツだ

ふくさよう

ここのところ、毎日のようにお天気がクルクルと変わって、
散歩時間が、短縮傾向にある。
それでも、Aさんの助言のように、
パンチ君に引っ張られるように散歩すると。
後ろ足強化に繋がる・・・

頑張りやのパンチ君は、一生懸命引っ張ってくれます。



三本の足で・・・・・

この三本足は、早歩きも
ひきづられている私とアンちゃんは、駆け足状態なんだけどね。

まっ、食欲がかなり出てきて
毛が伸びたせいもあって、かなりガッチリとした肉体にはなっている様子。

ちょっと、体重を測ってみましょうと。
パンチ君を抱えて体重計にのると・・・・

      

この数字は・・・・・

急いで(なんで急がなくてはいけないのか・・・)パンチ君を下ろし
私だけ体重計に乗る。

    


パンチ君の体重は変化なし。
私の体重は二キロ増えている。
この冬の間。
長距離散歩や、公園内追いかけっこ。など・・・
パンチ君の為に、一生懸命運動した結果。
食欲が増したのは、パンチ君だけではなく。
私も確実に増していたのだった。

思い起こせば・・・・
去年の10月に、食いだおれ一泊二日の後。
増えた体重を、ちゃんと元に戻して冬に備えたのに。
お正月で、食っちゃぁ~寝。
残り物のお菓子をボリボリ・・・
その時点で、体重は二キロ増加。

二月、節分で恵方巻きにハマり・・・
ニ、三日作り続け・・・
その後には、サンドイッチにハマって・・・
何時でも、食べ物がある状態。
バレンタインデー(建前は、旦那と坊ちゃんに貰ったものだが・・・)の
殆どが、私の胃袋に納まり。
三月。ホワイトデーのお返しは、
当然のように、私の胃袋の中へ~~
優しい旦那様は、
“おまえは、空腹になると暴れるから”と
せっせと買い置きオヤツを購入してくる・・・

怖くて乗ってなかった体重計に
久しぶりに乗ると・・・・
さらに二キロ増加。

春よ早く来い~~って、叫んでみたが・・・
春になるということは、薄着の季節になるということで・・・・
薄着になるということは、
四キロも増えたお肉を隠しようがない!
ということに成るのだ・・・・

うーーーん。この四キロのお肉。

どうしよう~~   と思いつつ・・・・ボリボリ・・・・

うっ、この右手が勝手に、お菓子を口に運んでくる~~

そーいえば、パンチ君の○ンチはでかい。
小型犬にしては、アンちゃんと互角の勝負なのだ。
一生懸命運動させて、食べさせて・・・
パンチ君だけ、ちゃんと消化して・・・
そんなのズルイ

ブリブリした気持ちで、お店に顔を出すと・・・
お客さんが、“食べきれないから”と
大量のお菓子を持ち込んできた。
どれも、美味しそうなオヤツだ

ふと気が付くと、私の右手と足が勝手に動いて・・・
子供達にとられまいと、あっちこっちに隠している私の体。

こうなりゃぁ~
パンチ君の構造改革よりも、アンちゃんの老後の心配よりも
私の構造改革のが先だわ

冬将軍さん。さようならぁ~

bd975b08.JPG今年の冬は、日当たりのよくない玄関で
越冬したハイちゃんとビスちゃん。
枯葉大好きなパンチ君の
格好の標的になり
みるも無残なホネホネになっちまいました。

春一番も吹いたことだし・・・
ホネホネのハイビスカスをベランダへ~~







さくらんぼとクリスマスローズ1



これは、二月下旬の写真。
我が家のクリスマスローズは、
さくらんぼの花と一緒に咲くのだ。
花までもが、のんびりやなのかなぁ~





ジャスミンの蕾




さくらんぼの花が落ちる頃には、
ジャスミンの蕾が赤く彩り始めます。

このジャスミン。
本来は、霜にあててはいけないんだけど。
地植えした場所は
日当たり抜群なんだけど。
一番強風が吹き荒れる場所。
どうしても、茶色い葉が多くなるんだよね。

しかし、満開になると
玄関に入る時に、いいにおいがするから・・・・
ジャスミンちゃん。冬にまけるな!

チューリップ




バタバタと植える50球のチューリップは
どこに植えたのかわからなくなるけれど。
春になると、
ちゃんと芽をだす生命力に
春になるたびに、感動しちゃいます。

いろんな種類のチューリップに挑戦したけれど。
一番ノーマルな原種が
一番強くて、毎年咲いてくれるのが嬉しいから。
最近は、バーゲンで売っているチューリップ
ばっかりを購入しております。


クロッカス


我が家に来たクロッカス軍団は、
小ぶりに成長するんだよね。
あと、2センチぐらいは大きくなって
ほしいのだけれど
鉢の外から見えないもんねぇ~









今年の冬は、いきなり寒くなって
長い間寒い日が続いた中。
ちゃんと芽を出した春の花たち

冬将軍さん、もう戻ってこなくてもいいよ~~
春一番の後に、
雪までつれてもどってくるんだもん。
一昨日までが雪で
昨日は、快晴。
今朝は、強風で雨。
本格春さん。冬将軍に負けるな!

それはないやろーー

シャンプーをしてから四日もたってしまった・・・・
ブラッシングをサボリ気味の冬の間。
体の中には、小さな毛玉。
三日月の目で、足元にじゃれ付いてくるから
怒ってるのか、楽しんでいるのかが判らないパンチ君。

思い切って、ブラッシングしましょうと・・・
逃げるパンチ君を小脇に抱えて
ブラシセットを取り出す私には、不気味な笑顔・・・・

やめろよ








パンチ君 
 “その目は・・・・・”



 “怖いんですけど・・・・”






テレビを見ながら、一時間。

途中、お腹を出して服従体制をするものの・・・・

口の中から

グググォォォ~と、怒りモード全開パンチ。


はいはい。ブラッシングすると血行がよくなるから
怒りが消えるんだよ~~
落ち着いてネェパンチ君。

そんな私の声なんか、耳に入るはずもないパンチ君。

隙をみて、逃げ出し。
得意のテーブルの下に逃げ込んでしまった。

こうなると、呼んでも来ない。
きらいだ







パンチ君

 “お母さんが一番嫌いだ







こうなったら取っておきのワザ。

オヤツのビンを私の側に置く。
パンチ君の鼻先には、オヤツを持った私の手


おやつなら食べてやるよ







オヤツだけ、かっさらっていって
テーブルの下に待機するパンチ。






夕方、お出かけする私の姿をみても
知らん顔するパンチ君。




深夜に帰宅した私。


静まり返る家の中



えーーー。何時ものお帰りワンワン攻撃もないの?



部屋のドアを開けると、
旦那のイビキがベッドの上から
ベッドしたのそれぞれの寝床に、アン・パンチ。


おいおい、顔ぐらいあげてよーー
お母さんが帰ってきたんだよーー。


パンチ君   “フンッ




えーーー、それだけ?
フンッだけで、爆睡?
ブラッシングしただけで、そこまでしつこく怒るの?


機嫌なおしてよ~~パンチくぅ~ん



・・・・・・・・・



夜は、吠えるなって躾が、効いてるんだよね
そう勘違いしたい、
寂しい気持ちを引きずりながら、私も眠ったのであった。

羽は敵なんです

一日の用事がすべて終了してパソに向う時間が唯一の私時間。
なのに
ライブドアー頑張れ。
更新できない夜が続いてるぞ。
おまけに、アダルトサイトが沢山入り込みだしたぞ。

気を取り直して・・・・

冬の間は、寝床から殆ど離れないララちゃんに
新しい爪とぎと、猫じゃらし玩具を暇つぶしにプレゼントしました
新しい玩具









我が家に来た頃は、
市販されている爪とぎには、見向きもしなかったララちゃん。
それまで使っていたお下がりのコルクボードは、
爪とぎしすぎて、穴だらけ。

一番のお気に入りのスノータイヤには、
旦那が囲いをつけてしまって、
近づけない。

そんな状況なので、
この新しい爪とぎは、大活躍しております。

あるときは、爪とぎ。
またあるときは、ザブトン。
(こんな細い場所に、キキ・ララと並んで座っている)

鳥を捕獲するのが大好きララちゃんは、
この羽根付きの猫じゃらしが、たいそう気に入った様子。

うりゃぁ




ギラギラした目で

うりゃぁ~







こうしてやる




夢中で遊んでいるララ













・・・・・・違う。
・・・・・・・・・何かが、違う。




遊んでいるんじゃなくて、
鳥だと勘違いしているみたい。




かなり怒っている。





おまけに、生き物の匂いがしないと
    怒り爆発。




まいったか!







みるも無残になってしまった。





それでも、暇つぶしに時々遊んでいるようで・・・・
羽がバラバラに散らばっている。


だけど、キキ君はこういった玩具よりも、
パンチ君のように、ボールで遊ぶのが面白いみたい。
猫じゃらしを揺らすと、
怖がってしまうんだよね。

親子でも、性格違うのは
人間親子と同じだなぁ~

退屈してるんでっす

ここのところ、長期お留守番をさせたり、
帰宅してからも、バタバタと忙しくて
パンチ君の怒りモード満開みたいです。

アン・パンチがドアをガリガリ攻撃をしないように。
アン・パンチが自由に出入りできるように。
我が家の来客のお年寄りと、わが身の老後対策に。と
ドアを全部、軽い引き戸にしました。

アン・パンチが自由に出入りできるとイウコトは・・・
冷房。暖房の空気がすべて出て行くようになってしまい・・・・
(アン・パンチはドアを全開には、出来ても
 閉める事は、出来なかった)
人間のわずかなプライベート時間さえも、ままならぬようになってしまった。

これは、大きな誤算。

普段は、アンちゃんがすべてのドアを全開にしてまわるので、
パンチ君は、自分の体が入るぐらいに開いていても、出入りはしないのだが。
怒りモード全開のパンチ君にとっては、
少しの隙間さえあれば
十分全開できるほどの、パワーなのだ。

仕事の合間に、ちょっとトイレに入ろうものなら・・・・


おじゃまします












パンチ君
 “おじゃまします・・・”


 “お母さんは、忙しいんですけど”








ここに、ボールがあるよ















パンチ君 
 “あれ?
  こんな所にボールがあるよ”


 “今、探しにいってたじゃん
  遊べないよ”








遊ぼうよ











パンチ君
 “お母さん、座ってゆっくりしてんじゃん”


 “座る理由があるんですけど・・・”





ボ^^ル














パンチ君
 “投げて^^
  投げて^^”


 “・・・・・・・”


とれないじゃん












パンチ君
 “相変わらずヘタクソだワン”


 “早く、あっちにいって



とってよーー












パンチ君
 “これ何?
  怖いじゃん
  取って


 “ボールは取れません!
  アンタが全開したドアさえ
  閉められないっちゅうねん”

判りやすい性格

アンちゃんは、かなりの気まぐれなだけで
自分では、プライドが高いと信じているワンコ。
“私は、どんな犬にも嫌われた事がない”と
豪語しながら、いきなり近づいてくる人に、
愛想を振りまく事はしない代わりに、
噛み付く仕草をする場合もある危険分子の部分がある。
たとえ、それが食べ物で誘惑されても、
食べ物をガブッと受け取ると、知らん顔する偏屈でもあるのだ。


それは、人間に限らず、
友達ワンコに対しても同じで
“今日は、気分がいいから”と
側に寄るが、
“今日は、機嫌の悪い日だから、近づかないで”

全くといってもいいほど、社交性がないのだ。

かといって、知らん顔されると
ちょっかいを出したくなるようで、
自分から側にきて、ベッタリと寄り添い。
“私が、見守ってあげるよ~”とでもいうように、
おだやかな目をして、(寄りかかるので結構重たいのだが)
周りの様子を楽しんでいるワンコでもある。

アンちゃんの性格や気分がわかる私達には、
とても大人しくて、可愛いのだが。
他人にとっては、面倒な性格のワンコなんだろうと思う。
それだけに、一度捨てられた経験を持つアンちゃん。
性格がちょっとひねくれているアンちゃんは、
最後まで看取る覚悟では、いるんだけれど。
っていうか、他の人だと面倒見切れないと思う。



10歳を過ぎ、パンチ君がやってきて
一年近くをアンちゃんが過ごした倉庫には、キキ・ララが
住み着き。
プライドが高く、猫嫌いなアンちゃんを取り巻く環境が
本来なら穏やかに過ごすべき老年期に、
激変してしまい。

子育て、自分の老後。キキ・ララが家の中に入ってこないようにと
パトロールと忙しくなってしまったのだ。

パンチ君が来る前までは、
一日中日向ぼっこ(夏でも)しながらのゴロゴロ眠っていたアンの
体には、
老人的疾患とでもいうべき、
皮膚病に始まり、
耳も遠くなり。(それまで、車のエンジン音を区別できていた)
鼻の効きも悪くなり(掃除イラズなぐらいに、食べこぼしを綺麗に片付けていた)
寝起きに、すばやい行動が出来ずに
転んだりもしていたのに・・・・
真っ白だった爪も、真っ黒になってしまい。
顔には、白髪が混じり。
サマーカットの回数も減り。
(ひと夏に、4回だったのが3回、2回と減り)

この冬のあまりの寒さに、風邪を引くのでは・・・・との
私の心配をよそに、
日々、若返っているようなアンちゃんを発見したのである。

アンちゃんの爪


判りづらいのだが、
爪の真ん中が
本来の爪の色になっているのである。

真っ黒だったので、
爪きりも出来なかったのに。

ヤスリで削っていたのが
よほど怖かったのかもしれない。


おまけに、
全体の毛の色が黒っぽくもなっている。
黒っぽいアン


我が家にやってきた頃は、
毛先が黒
全体には、
濃いブラウンに、
黒い毛がフワッとかぶさっている状態の
高貴っぽい感じ
(うっ、親バカ丸出し)

いつの間にか、
黒い毛がなくなり
ブラウンの色合いも薄くなり・・・・

最初の印象は、黒茶。
この間までは、レッド系。

そして、この春に再び黒茶のシェルティーに戻ったのである。

うーーん。恐るべし若返り。
アンちゃんの爪のアカでも煎じて旦那に飲ませようかと
密かにもくろんでいる私。

・・・・・もし、




もしもであるが・・・・・







旦那の若返りが成功した暁には・・・・・








       私も飲んでみようかしら・・・・








白髪と癖毛が多くなり困っているもんね。
       (オイオイ)

春だネェ

関東の春一番と一緒に、上京して
水曜日の秋葉原の時は、気温18度。
持参していたババシャツも、Tシャツも脱ぎ、タンクトップにジャケットで散策した秋葉原
宇部空港に降り立つと、寒さが・・・・
確かに、夜8時だから寒いんだけど・・・
しかし、その後の全国予報をみると、
今日の関東は、雨で気温は10度。
コッチは、晴天でババシャツにブラウスでも、寒くない。
うーーん。やっぱり日本は広い。


なんてことを考えながら、現実のお仕事をしている私に、
容赦なく、甘えてくる四足四匹+二本足三匹
ボサボサパンチ


ペンキ作業終了とともに、
シャンプー行きが決定していた二匹は
水曜日の帰宅直後に
喜びの踊りのまま
強制的に連れて行かれたお風呂。

ちょっと伸び気味が
一番可愛いパンチ君なんだけど。
あまりの寒さに、
散髪時期を逃してしまい

洗うと、ボサボサ状態。
三日月の怒りの目で、
私にじゃれ付いてくるんだけど・・・

ボール投げて


リビングのドアは、
自分で開けれないくせに、
トイレのドアに隙間があれば
全開にして・・・・・

ボールを投げつけてくるパンチ君。

あの~~
お母さん、一番忙しい時間なんですけど・・・

取れないよ


へたくそ
とれないじゃん。

・・・・・怒られても・・・
・・お母さん、う・・・動けないんですが。


ララ


寒い冬の間は、
寝床から出てこなかったんだけど。
寝床の上の毛布の上で・・・

ららちゃん。
その毛布、
春になったら捨てるつもりなんですけど・・・

アタシは、
ここが気に入ってるのよ。

本当は、
冬に入る前に捨てたかったんですけど・・・

屋根の上に置いてると
温かいんだもん。

本当に、
ボロボロになるまで、取っておきましょうか

さっきから、
捨てるニャァって言ってるでしょ。

くつろぐララ


玄関前の霜で枯れた葉を
切り落としていると・・・

そばで、くつろぐララ

ララちゃんの脇の傷は、
冬になるとパックリと開いてしまう。
抗生剤を長期間飲ますと、完治すると思うんだけど。
今までは、美味しいものはすべてキキ君に
食べさせていたから、
ララちゃんの完治の道が遠かったんだよね。

この冬に、完全にキキ君を大人扱いしているララ。
今年こそは、ララの脇の傷の完治目指して
抗生剤を飲ませる事に成功すると思う。
本当は、完治するまでエリザベスカラーも付けたいんだが
それは、さすがのララも許してくれないと思う・・・

そんな事を考えた一日だった。

お留守番の様子・・・・・・

私がお泊りから帰ってきて、一番に確認するのがアンちゃんの様子。
これで、私が居なかった時の様子が
殆ど判るのだ。


私達が帰宅する殆どの時間は
お日様が完全に沈んだ夜。

この前の水曜日も夜8時。
何時もなら、どんなに遅く帰宅しても、
お帰り散歩をする私だが、
今回は、散歩を催促するよりも、
安心の吠え。ドツキ。回り込みキックのみ。

お嬢に聞くと、散歩直後の時間らしい。
一通り、アン・パンチに帰宅の挨拶を済ませると
(人間の子供達は、バイトや夜遊びで家には、居なかった)

安心した二匹は、
お土産の匂いを嗅ぎまわり、
いかにしてこの長時間留守番を過ごしていたのかと
プロレスを始めたアン・パンチ

・・・・朝のプロレスとチョット違う。

パンチ君が、アンちゃんに飛び掛り。
例の大口あんぐりアンちゃんの口に、
パンチ君の前足やら、
パンチ君の顔やらが、入り込むのである。

げ^^。
あんたたち。そんな遊びしてたん?

うんうん

とでもいうように、アンちゃんは私に擦り寄り・・・
頭をこすり付けてくる。

その頃、パンチ君は、
旦那にドツキ、
旦那の大事なマタを(後ろ足二本で立ち上がり)ガリガリと掘るのだ。

旦那は、大事な部分を押さえつつお菓子を
取り出すと。

あれだけ興奮していた二匹は
静かに、お座りをして
旦那のオヤツ付きの右手に集中するのだ。


この映像は、この前のお留守番でなく、
チョット前の長時間お留守番が出来た夜の映像なんだけど・・・・
多分、この夜もきっとそうだったんだと思う。
(今回は、私達も疲れきっていたから)






お眠りモードの電気で暗いのだが、
足がピコピコと走っている。
アップには、してみたが
暗すぎて見えないけれど、
目もピクピクと動いていて

どんな夢を見ているのやら・・・・

翌朝、
朝の散歩に出かけると・・・・

玄関前からいきなり走り出すアン・パンチ。

公園に着き、リードを外してあげると・・・

それぞれの一番場所に走り出し。


なんと、アンちゃんは・・・・・・・









大と小を同時にしているーーーーーー








犬って、そんな器用な事できるんっすかぁ~~?







おまけに、てんこ盛りの大



が・・・・・我慢してたのねぇ~~

きっと、寂しさと喜びがごっちゃになって・・・
やっぱり、帰宅散歩をするべきだったなぁ~

お味は?

9af76f44.jpg冷えても美味しい弁当
ホカ弁やコンビニ弁当の、二倍、三倍の値段だけあって、お上品でどれも美味しかったです

空弁

735125b2.jpg羽田空港限定の空弁を、お土産と、晩御飯兼用で

羽田空港

61b259a1.jpg二泊三日の、都会滞在も、終了です。
今朝は秋葉原をウロウロして、ヨレヨレになった旦那は、隣で口開けたまま、親父丸出しで爆睡。月曜日の朝、付いていくと大騒ぎしていたパンチ君。忘れずに歓迎のダンスで、お迎えしてくれるといいな。

急に・・・・・

三月三日は、お雛様を出そうか、どうしようかと迷っているうちに来てしまった日。
そんなのんびりとした気分の中。
突然入ってきた、危篤の知らせ。

次女の婿殿のお父様が、腸ねん転で危篤、病院に運ばれた時には、手遅れで
三日の日になくなりました。
火葬場の関係で、お通やと、告別式が月曜日、火曜日になり
私達は、連休ということもあって、夫婦で参ってきました。

飛行機のチケットを確保し、
ここでも土地勘の無い私が、交通手段の手配をして、
ホテルまで予約・・・・
バタバタと出発。しました。
もっちろん、筋肉強化と食欲増進計画中のパンチ君。
家出を繰り返すキキ君も、
アンちゃん。ララちゃんと一緒にお留守番。

婿殿のお父様との面識は、遠いということもあったし
次女は出来ちゃった婚で、
式も挙げていないので
実際にあったのは、四回。
今年の6月に、遊びがてらお邪魔しましょうと旦那と話していたのですが。

このお父様が存在がなければ、
次女は結婚することも、出来なかったし。
甘えん坊の次女が、当たり前の妻、嫁、母親を普通にこなしているのは、
このお父様の存在がかなり大きい。
私達にとっても大事な人でした。

会話も楽しい、お酒好きな面白い人でもあり、
婿殿のお父様としてでなく、普通のお友達夫婦としても良い人でした。

来月になれば、次女に三番目のベビーがこの世に出てくるというのに。
かなり早くに旅にでてしまいました。


お父様が亡くなってしまったのは、
本当に残念な事なのですが、

なんたって、田舎モンの私達夫婦。
そして、旦那は次女の二番目のベビーは、生まれた時しか見ていない。
後は、写真だけしかしらない存在。
あれから二年半の月日が流れてるから当然の事ながら・・・

お孫ちゃん
歩く、喋る
動きが早い・・・

当然の事なんだけど。
かなりの新鮮な気持ち。

旦那も、お孫ちゃんの存在に
目がゆるみがちになりつつ、
悲しい気持ちが交差して
心の中が、グチャグチャ。

いやしん坊の私は・・・・
羽田空港で、
天ラーメン

関東の麺類の出汁は、
醤油ベースで、
今まで、あまり良い印象がない。

しかし、ここは美味しかった。
これは、葱辛ラーメン

婿殿に聞くと、
随分前に、下関に来る時なんだが・・・
格安チケットを下関で購入した安心から
搭乗手続きをせずに、
ここのラーメンを食べて、
飛行機に乗り遅れてしまったという
苦い過去を話してくれた・・・・
(あの事件の時は、
 夫婦喧嘩で、我が家の電話代がうなぎのぼりになった)

お通や、告別式では、
婿殿一家は、来客の手前涙をこらえてはいたのだが、
無事、一つ一つの行事が終了するたびに、
陰に隠れて、号泣する姿に、私も貰い泣きしてしまい。
心中を察すると、やりきれない思いにもなってしまうのだが。

なんたって、ドケチの田舎モンだもんで・・・
“折角、都会に行くのだから。往復だけじゃぁ~”
と、余分に一日お店をお休みして

三日目に秋葉原にいってきました。
電化製品の規制が変わって、
認証マークがないものを、格安値段で放出していると聞いたもので・・・
悲しいかな、私達が超がつくほどの
貧乏だったし、
何より、ほしいものは、でっかいものばっかり。
金額は、安いのだが。
買えない。
秋葉原


せめて、
ワイドショーで見た。
ナンタラカフェなるものを体験しよう。
という話になったのだが。
土地勘もなく
電化製品の値段をみるのみの散策。



都会だーー


ワイドショーで唯一みた規制だ。
田舎に住み、
なおかつ、出勤時間もない私達夫婦には、
こんな標識も珍しいのだ。

旦那は、路上で吸いたがっていてブツブツ言っていたのだが。

お昼は、会社関係のランチ時と
合致して、どこも大入り満員。
こっちのほうでは、
お昼時の時の、
こういう食べ物やは、
店内禁煙なのだが、
路上禁煙が24時間施行されている都会では、
こっちと、逆になるんだと。
妙に、納得してしまった私。

突然の都会行きに、慌しくもあったけれど。
それなりに、満喫できた観光一日。

改めまして、
婿殿のお父様のご冥福をお祈りします。

羽田空港のバス停

1ce1f298.jpg到着時間が一時間も、遅れて。雨ザーザー降る中レーダーの故障で、ドキドキしちゃったよー
地上が見えるようになったら、待機三十分で、房総半島旋回、心の中で知り合いの名前叫びながら、手振っちゃいました

春の兆し・・・

ベランダ以外は、倉庫で一冬中過ごしていたララちゃん。
最近、お店の前でお座りするようになりました。

お客さんが、お店に出る瞬間に入ってきては、
お店を探検します。
人間の子供もそうだけど。
犬。猫も、お店の中の道具にかなり興味津々。
ララちゃんは、跡継ぎになってくれるの?


外に出たいの?



落ち着く場所は、
私達の休憩場の窓。
灰皿、たばこ。オヤツ。
ごちゃごちゃの隙間に
どーーんと。お尻を乗せると

窓の外みてるんなら
外で遊んできなよーーと窓を開けてあげると

その目線は駄目



向きを変えた
その視線の先・・・

それは、やめてくれーーー
と叫ぶ私。







怖いじゃん



きゃーーー怖いよ。ララちゃん











次女が最初のお産の前に
レッスンしている途中のウィッグ。

今となっては、何処まで進んだのやら・・・
どのカットの練習をしていたのやら・・・

今の次女のお腹の中には、
三人目がはいってるというのに・・・




おりないにゃぁ~



私  下りておいでーー

ララ  やだぁ~~
    お母さんのへそくりお菓子の
    匂いがするもん!

  でも、棚が変形してるんですけど・・・
       また、太ったの?ララちゃん

ララ  うるさいーー



ララとアン



長時間狭い場所を探検したので
満足して下りてきたララ。

ねっ、満足気でしょ。


ララ  怒ってるんじゃい!

家庭内浮浪者

今度の月曜日・火曜日の連休で、リビングの模様替えをします
と、止める旦那の忠告も聞かず、
購入したペンキ。

リビングのクロスの上からペンキを塗ります。
このペンキ塗り。
結構。昔懐かしいぬり絵気分。
映画で、家族総出でペンキ塗りをしているのに、
影響された・・・・とも、言われているのだが。

前回は、旦那が泊まりゴルフに出かけた二日間で一人で完成した作品。
壁の色は、薄いピンク。
窓枠は、薄い紫。
窓枠の色は、業者さんに配合してもらったので、あまり気に入ってはないし、
薄いピンクの壁には、料理の油やら
たばこのヤニなんかで、薄汚いピンクなんだか
茶色なんだか・・・・イライラする壁になってしまったのだ。

本当は、腰板を付けて
柄入りのクロスを張ってもらいたかったのだが、
当分、お預け状態。
“待てが出来ない”私に、何年待たすつもりなのか と
殆ど、恐喝しつつ前準備を始めました。


今回の色は、
壁が、薄い黄色
窓枠が、カントリーオレンジ

前


窓枠だけ完成した写真。
壁は、今から。
昔あった時計の跡や、
生活の汚れがくっきり

家具を部屋の真ん中によせると
隠してあったお酒が・・・・

というより、飲み忘れのお酒か。


ソファとパンチ



小心者のパンチ君は、
歩くたびに、新聞の音がするので
部屋移動のたびに、
ビクビク・・・・

ソファの上でくつろぐというより、
逃げている状態。

うろうろ


時折、ソファからおりて
探検をするから・・・




足跡





ザブトンの上に、足跡




そーいえば、このペンキ塗り。
アンちゃんは、三度目の体験。
一度目は、業者さんだったので、二階に逃げていたのだが。
二度目の時は、
興味津々で匂いを嗅ぎまくり
挙句の果てには、床に綺麗な足跡をテン・・・テン・・・
と残したので、
歩くたびに、大騒ぎした私。

今回は、玄関でのアン


玄関に逃げています。







しかし、私がお仕事をしている間に、探検をしたのを発見。





アンのお尻



ペンキ塗りの前の、下塗り剤が・・・・


アンちゃんの尻尾は、
でっかい筆みたいだもんね。
床には、アンちゃんの尻尾から落ちた乾いたペンキくず・・・・

今回は、足跡が付かないように、
部屋中に新聞をしきつめてあるから、大丈夫。




パンチ怒る


あれだけ、嫌がっていた旦那も、
私がバタバタと動き出すと
一杯飲みながら、
文句タレタレなんだけど。
るんるんと、ペンキ塗りを始めちゃって・・・

退屈なパンチ君は、
旦那が休憩するたびに、
遊んでよ


怒ったり、
どついたり、
甘えてみたり・・・・

と、大忙し。


でも・・・・・

お水飲みたいなぁ~


何時もの場所の水飲み場は、
狭い廊下みたいになって
怖くて飲みにもいけないパンチ君。



アン・パンチがリビングで落ち着けないのは
可哀想だと。
旦那が、突貫工事を始めちゃったもんで・・・
水曜日にはじめて、
土曜日には、終了しちゃいました。

完成

人間性バトン

何時も、面白いねたを提供してくれるKaiママから
新しいバトンのご指名です。

1.バトンをまわしてくれた人の印象は?

Kaimamaは、
前世は、きっと有名なコメディアンだと思うほど、会話の楽しい人(会った事ないから推測)
でも、中身は几帳面なマジメな人だと思う(これも推測)
今は、プログの中だけのネットの付き合いなんだけど。
一度会って、生のKai君に翻弄されつつ
Kaiママと話をしてみたい(きっと、お腹がよじれちゃうぐらい笑わせてくれると思う)



2.まわりから見た自分はどんな人?

頭悪いと思われてるけど、いきなり正論を言ったりして(受け売りなんだけど)
へんくう(偏屈)な、かなり変わった人物と
ある意味、恐れられているかもーーー



3.自分の好きな人間性を5つあげよ


  1。 自分の器量を理解できてないくせに、チィレンジャー
  2。 失敗にへこたれず、言訳の引き出しが沢山あること
  3。 笑い上戸
  4。 犬、猫、家族にもいい加減な所
  5。 改めて自分を振り返ると取得の無い事。


4.嫌いなタイプを5つあげよ

  1  天邪鬼
  2  自己中心
  3  最後まで、やり遂げる事が出来ない
  4  妙な所で、頑固
  5  頭悪いだけでなく、運動神経も無い事

ありゃりゃ。自分の嫌いな部分だと、勘違いして回答しちゃったです。
 本当の回答

  1  周りの空気が読めない人
  2  相手を見下す人 
  3  自分至上主義の人

 うーーん。自分がかなり欠けた人間なので、
 他の人には、あまり注文がないなぁ~


5.自分がこうありたい、と思う理想像は?

  凄いチャレンジャーなわりには、芽が出る前に挫折した自分に満足しているので
  主婦、母親、妻、仕事人すべてにパーフェクトになりたかった。
  確かに、若い頃の私の夢はそうだった。
  女として、気が利いて、働き者で、愚痴など言わず、なおかつ女としても魅力に
  溢れていて・・・・そういう30代を過ごしたかった・・・・
  すでに、40代に突入して○年。
  理想と現実の違いに、今頃ショックを受けているのだ



6.自分が慕っている人に叫んでください!

  “かっちょいい~~私に変身させてーーー ”
   
   もう一つ、恐怖に陥ると“おかあさぁ~ん”と
   無意識に叫びます。
   しかし、現実の母は、やっぱり私の母親だけあって
   頼りの無い母なんですが・・・


7.そんな大好きな人5人にバトンをまわして下さい

   こよなくトイプーのパピ君を愛するまあ君。
   
   ちょっと、暗闇に足を突っ込んでしまったけれど、回復傾向のまめのすけさん。
 
   母親業、主婦業と本格的に忙しくなったあいちゃん

   ワンコ共々体調不良なAさん

   更新できないのは・・・・心配なアステカさん
   
   おヒマなときにでもやってみて下さいね~!!!



あの心配は何処にいったのでしょう。




ベランダで洗濯物を干しながら、
ララちゃんとマッタリ時間をすごしていると
早朝出勤から帰宅したキキ君が、


“メシーー”

と、ベランダまで怒り爆発状態でやってきた。



・・・・・・確か、この冬の入り口に、
ベランダから下りれない騒ぎを起こしたキキ。




おまけに、新春明けには、家出騒ぎを起こし
心配かけまくりの、迷惑掛けっぱなしだった事を忘れていませんか?

キキ君?


態度がでかいと思うんですけど・・・・・・



ままぁ~



キキ “ままぁ~ゴロゴロ”

ララ “甘えんじゃニャイ”

    猫パンチ



怒られちゃった


キキ  ”怒られちゃった”

叩かれた記憶を失くそうと
毛づくろいを始めちゃった。




冬の間は、寝床から離れなかったんだけど。
こうやって、お店の前でコントを始めるって事は

本格的に春も近いって事?

ちなみに、今日は、ムチャクチャ寒い。
雪、あられ、雨、晴れ間と天気までもがムチャクチャ。

聞いてない!

最近のパンチ君は、後ろ足ケンケンで殆どの散歩を済ませてしまう。

こりゃぁ~ 老年期になったら、大変じゃ。

膝の関節の具合が生まれつき悪いらしい・・・
らしいというのは、レントゲンでちゃんと撮った事がないからで。
しかし、両足共簡単に関節が外れるのだけれど
上げているのは、右足だけ。

確か、おばあちゃんも腰の骨が一本欠けていると話ているんだけど。
(多分、圧迫骨折で軟骨がつぶれたのだと思う。
 何分、4,50年も前の話らしいのから、おばあちゃんも
 肝心な事を忘れているらしいのだ)

そのおばあちゃんも、腰骨が弱いのは、筋肉で補助してやるといい
と、お医者さんに言われているのを聞いたから。
そんな中“愛しのサザビー”
Aさんのブログや、その中にコメントを残している人のを
盗み読みすると、
↑のお医者さんと同じ事を言っているではないか!

なぁ~んだ。人間も動物も同じ考えなんだぁ~~と思ってしまった。
(ちょっと、違うんだけど・・・・まっ、それは、それ♪)


先ずは、散歩を楽しむ事を覚えてもらうべき、ただ散歩を楽しむだけを一年。

(これは、盲導犬の話からヒントを得てなんだけど。
 猟犬などは、二歳になるとわざと、飼い主を引っ張らせるように
 散歩をすると、前足が丈夫になるとも聞いた)

まっ、多少の勘違い・・・・かなりの勘違いかもーー
それでも、二歳の誕生日を迎えたパンチ君に足を鍛えてもらおうと
少しずつ散歩の距離を伸ばしていた矢先。

アンちゃんの関節炎事件が勃発したのである。
30分以上の散歩や、走らせる事を禁止されたアンちゃん。
二匹を別々に散歩に行くほど、私も時間が取れないので。
パンチ君の筋肉を鍛えるのを断念。

しかし、アンちゃんの様子をみていると。
長距離散歩は、確かに足に負担がかかっているものの。
満足している目を見ると・・・・

ヨシッと、すっかり重たくなった私の肉体が持ち上がった

一日一回は、30分をみっちりと、
ヒタスラ歩く。

Aさんのブログ仲間の人は、ゆるやかな傾斜の地面を上り下りするのが
いいらしい・・・

しかし、ここら辺の地面は、小さな公園しかなく。
殆どがコンクリートで舗装された道。
唯一の小さな公園では、傾斜など無い。

が、一箇所歩道橋が散歩コースにあるので、ここを行きと帰りに通れば
と考えた私。


ちゃんと歩いています




川沿いの砂利道を避け、舗装道を歩く二匹。
だって、砂利を裸足だと痛そうだもんね。




何かあるの?





途中、川の様子を覗き込む二匹。
落っこちないように
必死で引っ張ってる私。

それを、十分知っている二匹は
安心して、身を乗り出したりするんだよね。


ちょっと、ずれている私の計画も
ズサンな事が判明!

パンチ君は、行きも帰りも後ろ足ケンケンのまま
小走りまでするぐらい上手なのだ。

これって・・・・左足だけ、鍛えてる?って事?
枕つきかよ



まっ、散歩が充実しているから
食欲モリモリになったので、
ヨシとしなくては・・・・・・・


しかーーし、
しかしなのである。

一緒に、運動している私の食欲が増強してしまった。

あれだけ、運動をしているのに・・・・・・
二キロも太ってしまった・・・・

こんな副作用
聞いてなーーーーい

あのねぇ~

最近、ブログの更新がままならない。
チョットイライラ気味の私。
どうした。ライブドアー。  って、私の回線の調子が悪いのかな?

洗濯物をたたみ始めるとやってくるパンチ君。

邪魔をしないように。洗濯物の上で寝転がります。

“十分、邪魔なんじゃ
邪魔しないで

タオルから転がるように落とされたパンチ君。

私に助けを求めているパンチ君。

“助けてやんない!”








遊んで~


フカフカに乾いて綺麗にたたんだ洗濯物に、
パンチ君のヨダレベロベロのぬいぐるみを持ってきた。

パンチ
うりゃぁ~  
遊んでーーーー




絶対に遊んであげない!
コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。