スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色っぽい?

be4e432e.JPG最近は、よく店番をするようになったパンチ君。
殆ど吠えないし、椅子の上でじっとしているので
お客さんも気が付かない事が多いのだ。

本当は、介助犬以外の動物は理容店の中は、禁止なんだけどねぇ~
ペットブームのお陰で、
公然の秘密になってるのかもーー。

私の休憩用の椅子の上にいるパンチ君。
私が少しずつお尻を椅子の上に乗せると
器用に膝の上に乗ってきます。

が、この足。
なんとなく色っぽいと思いませんか?

理由は、頭を私の腕に乗せるため!
ここでも、頭を腕の乗せなくてはいけないパンチ君なのである。

横座り





よーーく、見ると
後ろ足も横座り。

正しいお座りをする時は、
寒い時だけのパンチ君。

そういえば、アンちゃんは
何時でも横座りしかできないなぁ~
あれって、女の子?だから

むかーーし、読んだ本には
横座りしているのは、
服従してない証拠。
なんてこと書いてあったけど・・・

本当かなぁ~~
スポンサーサイト

言葉

子供が小さい頃、
悪戯がひどいと、よく“山に捨てるぞ!”
          “そんな子は、いらないから出て行きなさい”と
脅迫しつつ、説教をした私。

同居しているアン・パンチにも、
その感覚で怒り出す私。

キキ・ララには、可哀想すぎて云えないんだけどなぁ~

しかし、山に捨てる・・・・これは、長距離ドライブと理解してしまった
アン・パンチ。

置いていくよ・・・・おいで~と理解しているアン・パンチ

何回、教えても駄目だね・・・遊ぼうかと勘違いしている。



どこに行くの?





寒いからとジャンパーを着ると
一緒にお出かけ気分満々のパンチ君。



人間の子供には、きつい言葉を言うと
フォローが必要なんだけど・・・・
その点、勘違いアン・パンチにきつい言葉の後のフォローがない分
かなり楽チン。

あっ、言葉を覚え始めの二歳前の坊ちゃんに
“みかん”の事を“メロン”と、覚えさせて。
金持ち気分を味わっていたなぁ~私。


坊ちゃん   “メロン、食べていい?”
私      “夕張メロン?”
坊ちゃん   “うん”
私      “お家に帰ってから、食べようね”

何処に居るの?

今日は、気温があがるとの予報
お布団を干したり、シーツを洗ったりと大忙しです。

うるさいにゃぁ~






早速、ベランダに来たものの
アンちゃんの声がうるさくて・・・
窓の端っこで様子を伺うララちゃん

お出かけしようよぉ~






ララちゃんが、
お散歩でもしようよぉ~
と誘ってくるので、
市報の配り物があるついでに、
久しぶりにララちゃんとお散歩。

おかあさーーn




にゃぁ~
何時ものように、追いかけてくるララちゃん



何処にいるか判らないでしょ




かくれんぼしているララちゃん。




敵はいないよな?




と、おもいきや・・・
ララちゃん、マーキング中でした






同化してる
小さなデジカメの画像には、
ララちゃんが何処に写っているのか
全く、判らなかったよ^^




よっ、おかえり



私の代わりに店番をしているパンチ君






見つめあう二人



弱虫パンチ君より
大きく成長してしまったララちゃんには、
吠えないで、見つめあうだけ。



朝一番

eaa295af.jpgパンチ君は、起きてくると、トイレか、ストーブの前に来ます















寝坊して起きるくせに・・・・

最近、気が付いたんだけど。
パンチ君は、部屋がぬくもるのを、布団の中で待っているのかもしれない
私が着替えてなかったら、
さっさと二階に上がって
お布団の中に入るんだよねぇ~

妙なこだわり

毎日、毎日。我家族達は、散らかすのが趣味
掃除は好きなほうなので、
散らかっているほど、闘志がわく私。
でも、途中中断されると・・・ストレスが溜まるので
時間のないときには
見て見ぬ振りをするのだ。

それでも、棚の上の汚さは許せるのだが、
床は何時もピカピカでないと、気がすまない!
よって、来客や家族達は
上を向いて話す事を禁止されているのだ。
何時も、下をむいて会話をするか
目線より上の物は視界に入らないようにしている家族達なのである。

汚すのが趣味の家族達も、
暴れる私を阻止できないので、諦めて生活をしているのだ。

何時もの朝を迎えると、
キキ君が張り切って大鳴きしている
声の調子も、完全に近い調子で嬉しいのかと思いきや・・・
倉庫のドアを開けると、
嘔吐している箇所発見

どうも、鳴き過ぎで吐いたらしい・・・
ゲッと思いつつも、寝ぼけている私は
見てない振りをすつつも(誰に、演技してんだ!)
朝ごはんをあげて、倉庫を開放する。
匂いを分散する為に・・・・

その後、坊ちゃんを送り出し、
勤務時間ギリギリに、寝ぼけてきた旦那とパンチ君。
朝の散歩前のまったり時間を過ごしていると・・・・

ギャッ
ギャァ~

キキ・ララにしては、短い鳴き声・・・・
慌てて倉庫を覗いて見ると

キキ君の嘔吐物の上に、
鳥の内臓物。
その周りには、鳥の羽。
少し離れた場所では、
食べ過ぎたララちゃんが、キャットフードを吐いている。

さっきの声は、鳥の断末魔だったのだぁ~

鳥はララにとって、滋養強壮剤らしい・・・・
声が枯れているキキ君の為に・・・・・
って、キキ君は出勤したので居ないんですけどぉ~

前髪チリチリ事件と、家の掃除がままならないのでストレスたまり放題の私は
ついに切れてしまい。

“今日は、年休

身分の低い旦那は、反論の余地もなく・・・・
主婦の仕事をさっさと済ませて
倉庫の大掃除となったのであった。
なんで、ここにあるの?




まずは、倉庫の床の物をすべて外に出す。
もっちろん、キキ・ララの家も
驚いたのは、ララちゃん。
冬の入り口に、
捨てようとした粗大ゴミの布団が
外に出ているので、
びっくりして匂いをかいでいる。
ララちゃんにとって、
この冬の別荘なのだ。


上からも入れるの?


次は、本宅の移動。
先ずは、屋根を外し
二階の床を外す。

普段のキキ・ララの寝場所。
予想通りの寝相。
二匹は、
お互いのお腹の中に顔をうずめて
窮屈な寝方をするのである。

これは、夏の暑い日でも同じ。
動物は、人間界の親子と違って
子離れ、親離れの時期がとても早いと思っていたけれど

そうではないのだなぁ~と
ララちゃんに教えてもらったので、
私は、堂々と子離れ出来ない自分を正当化する事を
伝授してもらっってしまったので、
人間の子供達は、
かなりの戸惑い?というより迷惑しているかも・・・・

屋根と二階が無い



寝床がバラバラになるのを
面白そうに確認するララちゃんは、
冬支度してから、一階の出入り口を忘れてしまったようで、
二階の窓から、出て行くのには笑ってしまった。


掃除をしている時の
ララちゃんと
アンちゃんの様子は面白い。

綺麗にしているのは嬉しいらいのだが、
物の移動が不思議でならないらしいのだ。

無事、倉庫の荷物を外に出すと、
本格的に、水を流しながら
箒で、床の汚れをこすり落とす。

猫は、水に濡れるのを極端に嫌がるんだけど・・・
水撒き、掃除になれているララちゃんは、
水の掛からない安全な場所で
私の行動を興味津々で見ている。
その様子は、可愛かった頃の子供達の目の動きと同じで、
この表情や、目の動きを見たくて
私は、掃除が好きになったのかもしれないなぁ~

どうしたんだ!




水撒きが終わると、後は乾燥。
2時間ほどで、乾くので
その間は、主婦のお仕事~

うーーん。充実気分
お客さんに来てもらわないと、商売あがったりなんだけどなぁ~
でも、途中でやめさせられるのは・・・・
複雑な気持ちのまま、無事終了。

完全乾燥まで後少しのところで、
キキ君がお昼ご飯を食べに帰宅。

でも、倉庫の周りの大荷物に、
かなりの不安ーーー。
って、ララちゃんを心配している様子。

ちょっと早めに、寝床とお昼ご飯の準備をしてあげても、
はいれないじゃん




入れないと、文句タラタラ・・・・







状況をララちゃんに説明されると・・・・・
お店にお礼に来てくれた。
ララちゃんは、退屈だったり
今日のように、寝床も別荘もなくなると
お店に遊びに来るのだけれど・・・・

キキ君は、絶対お店の中には入らない。
お店の外で、
にゃぁ~にゃぁ~と
お礼や、注文をしていくのである。

これは、キキ君なりのこだわりなのだと思う。

もう少し、慣れてくれると病院に連れて行けるんだけどなぁ~
これは、私の偏屈的なこだわりと同じなんだろうなぁ~


綺麗になったでしょ


新しい寝床は
クッションの下の発泡スチロールを
新しくして、
少し広めに寝床を確保したのだけど、
やっぱり、キキ・ララは小さく丸くなって眠るんだろうなぁ~
この二匹の寝方も
こだわりの一つなんだろうなぁ~





















夫婦喧嘩は犬も喰わない

b9787269.jpg前髪チリチリ事件のミーティングが、このテーブルの端で行われているというのに、まったりとしている二匹

諸悪の根源

チュルンチュルンと癖が出始めた前髪にストパーを自分でしました。
薬剤も、アイロンもプロ仕様(当たり前じゃん、散髪屋だもん)

本当は、トップ全体をストレートパーマにして毛先はゆるいパーマに
挑戦したいのだけれど・・・一人ですべてをするのは無理。
友達に頼みたいのだけれど・・・遠慮が先になって・・・・

とりあえずは前髪だけでも、ストパーにしておかないと
心は狭いが、額は広い私のおでこ丸出しなのだ

テレビを見ながら、薬剤を付けて主婦仕事をしていると
ヨッパで赤い顔をした我旦那が、

アイロンしてあげるよ~   自分じゃやりにくいでしょ

との、暖かいお言葉。
甘える事にしました。
私よりプロ暦が長いもんね。

翌日、目が覚めて鏡を見ると

前髪が焼け焦げてるーーー

そういえば、アイロン操作が・・・・
ストレート技術とアイパー技術は、
アイロンも違うけれど、操作もかなりの違いがあるのだ。
ヨッパの旦那は、アイパー技術でやってしまった。

これじゃぁ~  トム&ジェリーの世界じゃん
癖を矯正したはずなのに、チリチリ前髪になったやんかーー


平謝りの旦那。

謝って、前髪が元に戻るんかい


ここで威力を発揮するのが、
結婚生活15年で、少しずつマインドコントロールされた旦那。
新婚当初は、この口達者なワタクシに、
偉そうに反抗したり、
グチグチ文句をいったり、
最後は、偉そうに説教までしていた旦那だったが・・・

食中毒で倒れた私をほったらかして
友達との約束の競馬三昧したり、
別の日には、
絶対安静の時に、母業、主婦業、果てはお仕事をさせたりしている旦那に、
あまりの私の容態の凄さに、
お客さんに注意されても、
遊びほうけていた我旦那

貼られたレッテルは

“この世のすべての悪い事は、パパのせい!”

客商売というのは、家庭の事を持ち出してはいけない  との持論を持つ旦那も
さすがに、お客さんに忠告をされると・・・・


ある日、とうとう爆発してやりました。

傲慢な亭主関白を数年させた私も悪いのだが・・・・
それは、手の届かないタンスではなく
雲の上にでも放り投げた私・・・・

あれ以来、ビクビクと生活している旦那と
神をも恐れない私が存在するのであった。


謝って、前髪が元に戻るんかい


よって、この一言で
頬っぺたを引っ張られようが、
臨月間近の妊婦より、でかい腹をサンドバッグのようにボコボコにされても、
すね毛をあり地獄の刑にされても、
ヒタスラ耐える旦那の出来上がりなのだ。

う~ん。私ってSかもしれない・・・・

それでも、諸悪の根源は旦那なのである。







美味しそう

c6b3e87b.jpg晩御飯の後に、旦那が夜食のパンを食べてる様子を
見つめてるパンチ君!
お腹壊してるので、普段は甘い旦那もあげません

ぎゃぁ~

a36b1946.JPG最近は、朝キキ・ララの出勤をお天気で次第で、早めたり遅くしたりしています。
早目に出勤をさせたときには、
洗濯物を干すときに、キキ・ララが出勤から帰宅している頃。
ベランダに来ないように、
倉庫に閉じ込めてしまうためです。

ここ一週間ぐらいお天気が続き・・・
キキ君の声の調子は、かなり戻ってきたものの。
まだまだ、心配なので出勤させたくはないのですが・・・

今朝のキキ君は、張り切りすぎて
折角元に戻りかけの声が、枯れそうになるぐらい
“出せーーー”

と、かなりうるさい。
しょうがないので、出勤を認めてあげたのだけど・・・・
洗濯物を干そうとしても、
ララちゃんまでもが、外出中

仕方なく、ベランダで干し物をするべく準備をする私。
ここのところ、洗濯物干しの付き添いがないアンちゃん
・・・・・なのだが、
今日に限っては、ひなたぼっこと決め込んでいるらしい・・・

お嬢の部屋に、洗濯物を運びこむと、
ベランダにニャァ~の声が、聞こえない事を確認するアンちゃん。
居ないのを確認すると、
点いていないストーブの前に丸くなるアンちゃん。
(お日様は当たっている場所でもある)

物干しを拭いて、部屋に残した洗濯物をベランダに移そうとした私の
隙を、いつの間にか現れたララちゃんが
部屋に潜り込む。

ギャーーッ  の私の声が・・・辺りに響き渡り・・・

慌てて立ち上がって、私を見るアンちゃん。
アンちゃんの横をすり抜け、ベッドの下に潜り込むララちゃん。

敵機来襲だ と、嗅覚を研ぎ澄ますアンちゃん。
  おいおい、ララちゃんはアンタの横を通って、
  ベッドの下に潜ったぞ!

慌てて、吠えながら嗅覚を研ぎ澄ましているアンちゃんを
部屋の外に出す私。

一安心して、ベッドの下から出てくるララちゃんを待って
事なきことを得ました。
朝からお日様がにっこりと微笑んでいたけど、
夜中に降った雨で、
お嬢の部屋は、ララちゃんの足跡がテンテンと・・・・

ララちゃんといえば、部屋に入りたくてしょうがないんだけど。
思わぬ(うるさいのが、正解かもー)宿敵が居て、ビックリ状態。
部屋から出されたララちゃんは
すごすごと自分の寝床へ行きました~~

それにしても、アンちゃんと同じ部屋になるとわ
アンちゃんが高齢で、本当に良かった。
かなりのお惚けだったもんね。

若い頃のアンちゃんなら、絶対ララちゃんと大喧嘩になること必須

ララちゃんも、こんな問題ばかりの家に居つくのも凄いが、
アンちゃんの高齢も、改めて実感した朝の一幕でした。

パンチ君

cd6a92fe.jpg姑の家に、行く途中。
車の中で、不安げに待つパンチ君

未来が来ない

188858df.JPG今年の幕開けは、
お嬢の成人式で、華やかに始まる予定だったのだが、
年末の姑の怪我を引きずったまま突入した途端に、
旦那の足の怪我
坊ちゃんの風邪とインフルエンザ事件。
トリを勤めた私のつもりだったのに、
キキ君の声枯れ事件。

唯一元気な家族であるお嬢。
なんで、お嬢だけは何時も元気なのかを分析してみました。


“明日からダイエットするから、今夜は食べ溜めをする”
“明日からは、ダイエットの為にマラソンを始める”
“明日から、少しだけ家事を手伝う”

“後で、絶対返すから、お金貸してー”
“後で、○○するから、ちょっとだけお昼寝させてーー”

お嬢は、“明日から”と“後で”が
会話の初めに、もれなく付いてくるのだが・・・

一晩明けてしまうと、今日になってしまうお嬢。
後で・・・・の時間が来ると、今になってしまうお嬢。

当然、貸したお金は永遠に戻ってくる事もなく、
ダイエットに成功した自慢話も聞いた事もなく、
家の中から、食べ物が消えていく事件は進行形。

そのお嬢に、大人の抱負を聞いてみた。

“ズバリ、私に明日は来ない!”

あ~。この子は、これが良い所だと信じて・・・・
騙され続けるしかないのだろうか・・・・

心配したんだからぁ~

私までが、ぶっ倒れていた間。
キキ・ララにホッカイロを寝床に入れ忘れた旦那。








そんなに冷え込んではいなかったんだけど
どうしても気になって様子を見に行くと・・・・
キキ君の声が枯れている。
殆ど声が出ないのである。
それでも、元気なのだが・・・
風邪をひいたのかもしれないと、ヤキモキするんだけど
病院に行くまでの籠の中が、
どうしても嫌で、暴れての抵抗は相変わらず。

去年の春に、ララちゃんの脇が裂けた傷と一緒に避妊手術をしてもらって
一泊二日の入院をしたんだけど。
当時、キキ君はララちゃんより大きくなっていたにも関わらず
おっぱいを飲んでいた(推定9ヶ月)ほどの、甘えん坊。
ララちゃんの帰宅が心配で、心配で
無事にララちゃんが帰って来た時は、
喜んでおっぱいを貰おうとしたんだけど・・・・

ララちゃんがエリザベスカラーをしている様子を見て
ビックリして怖がって・・・・
以来、トラウマになったようで
私達に連れて行かれると
変な格好をされる恐怖から
未だに、私と旦那が一緒にキキ君の側にいくのを
とても、怖がるのである。
単品で側に行くと、甘えてくるのだが・・・・

去勢と予防接種、健康診断を兼ねての
強制病院行きの時は、
あまりの恐怖に、ものすごい抵抗の後、
脱走してしまい、二日間も家に帰ってこなかった前科持ちなのである。

本当は、こういうときの為にも
籠の中での車移動に慣れてほしかったのだが・・・・

そういう後悔と苛立ちの中。
この映像のあくる日は、殆ど声も出なくなり
それでも、毎日巡回は欠かさず・・・・
私は、外出禁止にしたかったのだが、
脳天気な旦那が、可哀想だからと自由にさせていた。
心配なのは、私と同じララちゃん。

キキ君が帰宅すると、
滅多に鳴かないララちゃんが
キキ君の代わりに私を呼ぶのだ。
すごい親子愛。
と、同時にぶっ倒れて動きのとれない私の体に苛立ちを覚え・・・・

絶対、私が回復したら
なにがなんでも、強制送還してやるーーーと
息巻いていたのだが、

なんと、私が回復すると
キキ君も回復の兆し・・・・
あれ~~
あれって、私の姿が見えないので
心配で鳴き過ぎ?
(おいおい、うぬぼれが過ぎるぞ!)

そうだった。キキ君はおしゃべりニャンコだった。

やっぱり、健康が一番だよねぇ~
ちなみに、ララちゃんの脇はまだ完治はしていない。
これって、ずっとこのまんまなのかなぁ~~

抗生剤は一時的には効き目があるけど
完治はしない
飼い主失格だわ私。

病み上がりは、後悔が続く・・・・

二代目フクちゃん

eedbd9f3.jpg久し振りにフクちゃんパパと会いました。フクちゃんが天国に行って、二度目の冬。ペットロスで立ち直れないのを心配した子供達が、フクちゃんが居なくなってひと月で、パパの為に、やってきたわんこ マルちゃん。口は、悪いが優しいパパの気持ちをちゃんと理解しつつも、
自分の役目をきちんとこなしているワンコなのだ。

新しい携帯から

d640f83d.jpg待ちに待った新しい携帯が来ました! 果たして手ぶれまで、新機種なのでしょうか?













やっぱり、画素数がかなりアップしたので
画像がでかい

パンチ君。夜の定番の場所。
テーブルの下だったから、手ぶれ具合がごまかされてるからいいものの・・・
これは、かなり練習しないとねぇ~

バトン返し~

毎年行事になりそうなぐらい、この時期になると
突然、熱が出て動けなくなる日が2,3日続きます。
今の今まで、元気よく話していたり、バタバタ動いていたりと普通なんですが、
タバコに火をつけて、
二服めを吸い込む時には、倒れてしまう。
だから、周りにいる人間は演技かと思うぐらい・・・・
旦那は、急激な倒れ方をする私に、最近なれてきたので、
理解をしめしてくれるのだが、
人間の子供達は、未だに病気なのか、演技なのか区別がつかないらしい。

それが、今年は旦那の足で毎日の病院通い。
坊ちゃんは、風邪に続いて、インフルエンザ。の後に出た、薬疹騒ぎの真っ最中。
姑の家への通いは、週に二回は進行形。
家中、病人だらけになってしまいました。

それも、ようやく坊ちゃんが完全復帰して、旦那も殆ど完治。
私も、お昼までうなっていましたが、
峠を越したようで、ようやくパソの前に座る事が出来るようになりました。
倒れるのも突然なのですが、
峠を越すのも、突然タイプの私は・・・
性格と同じで、大袈裟タイプなのでしょう。

そこで、倒れる直前にあいちゃんから
バトン返しをくらったので、
やっつけちゃいましょう
タイムマシンバトン


★タイムマシンがあったら未来と過去、どっちに行きたい??


   この歳になると、絶対過去でしょう。


★何歳まで生きてる??★結婚してたら子どもは何人??


   根性の悪い私は、253歳まで長生きして、他人に迷惑掛け捲りの
   さいてーなばあちゃんになりそう


★結婚してたら子どもは何人??


   生んだのは二人なのに、反抗期を四人みるんなら、
   最初から四人生んでたほうが、良かったと思う。


★20年後のあなたはどこで何をしている??


   よぼよぼのパンチ君と、キキ君と。
   よぼよぼになった旦那と、よれよれと生活してそーー。



★過去に戻るならいつ??



   あの時・・・この時・・・・・その時戻って消せるものなら、
   消し去りたい過去沢山。


★一つだけ過去を変えられるとしたら??



   最初の結婚をしなかったら・・・・
   そしたら、子供達にも会えなかったし・・・
   今の生活も無いってことだから・・・
   やっぱり、一つだけなんてこと言わずに・・・
   アラジンの魔法のランプだって、三つなのに・・・
   って、誰に喧嘩うってんだ。私。

★未来の自分に短い手紙を書いて?さい


   歳を考えて、
   そろそろ夢見る夢子ちゃんは卒業しなくっちゃね


★3人の人にタイムマシンを教えてあげて?さい。
そしてその3人の未来を勝手に(笑)想像して?さい!!

 Kaiの飼い主でございますのKaimama
  我が家のように、どれが人間の子供で、どの子がKai君の子供なんだか、
  きっと名前を間違えるくらい賑やかな家族になっていそう。

 愛しいサザビーのAさん
  素敵な新築の家の庭で、チョーかっこいい旦那様が、
  サザビーちゃんに遊ばれている様子が見えます。

 今日から俺は!のアステカさん
  ティアラちゃんに続き、キャスパー君も心配なんだけど、
  私の憧れ夫妻なので・・・
   

  

    

最近わかったこと。

私は、犬の習性や犬との暮らしを
アンちゃんにすべて教えてもらった駄目な飼い主の一人です。

この鳴き方の時は、緊急だよ。

この鳴き方は、お腹すいたよ。
この鳴き方は、一緒に遊ぼう。
この鳴き方は、散歩に行きたいよ~。

この眼は、甘えたいんだよ。
このしぐさは、反省してます。

他にも、世間話もそこまで!
    そろそろ、散歩続行しよーー。等等・・・

犬を家の中で飼う感覚が無かった私が、
倉庫に一人(一匹)でいるアンちゃんが可哀想になって、
家の中で、飼いましょうって決心してから
アンちゃんに、一緒に住むのだから、
この家のルールにも、従ってよね。と

この家のルールをアンちゃんに教えるのは、
赤ちゃんの目線で、物を片付けていくと
アンちゃんは、それなりにドンドン理解をしてくれたので、
アンちゃん対策にしたのは、
ゴミ箱に蓋を付けただけ。

ドアを開ける事は出来なかったので、
あけておくれ~ガリガリ攻撃は、どうしようも無かったのだけど。
ガリガリ攻撃で、ボロボロになってしまったドアは、
人間の高齢対策に、軽い引き戸に替えたら
ガリガリは少なくなってしまったが、
鼻が入る隙間で、ドアを開けることが出来るようになり
全開してしまうので、
エアコンの風も廊下に出て行くので、
夏は、暑い空気が・・・冬は寒い空気が・・・・それも、ちょっと困っているんだけど。

そんな中に、やってきたのがパンチ君。
パンチ君は、私達夫婦の子供としてやってきました。
かなりおくれた十週年記念というのでしょうか。
元々、記念日辺りに事件を持ち込んでくる我家族達。
アンちゃんは、若い頃は血気盛んのヤキモチヤキだったんだけど。

自分中心だけど。ボーッとしているパンチ君を
姉として、母として、先輩として
イロイロと、この家族としての決りごとを犬語で教えてくれたのです。

それが・・・・

ある日。
お嬢の部屋に転がっていた未開封のカップラーメンを
こじ開けて、宴会。
食器棚の一番下の引き戸をこじ開け(多分、少し開いていた)
坊ちゃんと旦那の非常食である魚肉ソーセージを
ビニールを開け、ソーセージのビニールごと宴会。
お嬢が、勉強机の上(机の前には、椅子。椅子の下には、雑多な者が一杯)
に隠していた実験用の砂糖菓子
完食事件。

アンちゃんが若い頃に、
一度、ゴミ袋をあさった事件がある前科者。
てっきり、家族全員がそう思って・・・・

“誰が、やったんかね
と、バラバラになったブツをアンちゃんの鼻先にむけると
途端に反省するから。
パンチ君は、隣で???の顔をしてるしーーー。

本当にアンちゃんなら、
なんで、アン・パンチの○ンチに悪戯のブツの残骸があるのか・・・
どうしても、理解出来ない。
アンちゃんは、パンチ君から横取りされても
(どうせ、ちょこっとだと思っているので)
怒ることも、追いかけることもしないのだが・・・
アンちゃんは、私が与えた味しか、悪戯をしない性格なのである。

子供達が食べ残したカップラーメンなら判る。
子供達がわざと残したソーセージのゴミなら判る。
アンちゃんが簡単に登れる机の上なら判る。

うーーん。ママホームズが一年がかりで達した結論
          (おいおい、遅すぎないか?)
アンちゃんにすべてを教えてもらったお返しに
おいしい悪戯を伝授したパンチ君。

そういえば・・・
お嬢の口紅を、ガリガリ・・・・ホジホジして
真っ赤かの口と前足二本で
得意そうに私の前に現れたパンチ君。7ヶ月の頃。

その真っ赤のパンチ君を見て、
何処を怪我したのか、大騒ぎしたのを
喜んでくれたと勘違いしたパンチ君がいたーー

パンチ君がアンちゃんに教えて・・・
それなら、すべてが理解出来るのある。

パンチ君の○ンチの中に、ビニールやら、調味料袋やら
よくぞ、この小さい器官を通って無事で出てきて
安心のが先に立っていたのだが・・・

これからは、目線を赤ちゃん目線でなく、
パンチ悪戯目線で、物事を処理しなくてはいけないなぁ~と
考える日々が続くのである。

携帯バトン

何時も遊びに来てくれているKAIママから
携帯バトンがきました。

今使っている携帯は、三年物の古さ。
一日、一人か二人の受信で充電が切れてしまうので、
新しい機種と交換予定。
入荷待ち状態なんだけど・・・

しかし、この携帯にはかなりの愛着があって、
スケジュールから、住所録。漢字辞書。
メモとしての写真。

さぁってと、新しい機種にそれらを取り込む事が自力で出来るのかが
かなりの不安な私。
今の携帯は、文句云いながらでも
お嬢がいろいろとアドバイスをしてくれたのだが・・・

反抗期坊ちゃんと、
冷たい大人になったお嬢・・・・
どうなることやら・・・・・
Q1,携帯の種類は?   
   SH505I
   三年ものです。
サブ画面


Q2,色は?

   見ての通りのネイビー




Q3,ストラップはつけていますか?
  


   ジャラジャラと・・・
   一つが基本なのですが、先っぽがいつの間にか無くなって、
   今では、紐が三本とレッドのトイプーのみです。

Q4,本日の着信回数は?   
   
   今時間は、無し。
    夕方、旦那から“まだ遊びたい”メールが来る予定。


Q5,本日の発信回数は?
   
   今時間は、無し。
    夕方に、“了解”送信メール予定。

Q6,電話派?メール派?
   
    どちらかといえば、メール派だと思う。
    会えない友達や、
    私の妹達や、父、母。
    遠くに離れた長女や、次女との、近況手段に使う事が多い。
    最近、この携帯の充電の切れが早くなり、一人受信して、送信すると
    充電が切れるようになった・・・
    友達とのメールが出来なくなって・・・早く、新機種おいで~


Q7、待ちうけは何?
待ちうけ画面

お嬢が作ってくれたパンチ君の変な顔。





















Q8,着信音は何ですか? 

  子供達に携帯の使い方を伝授してもらう時に、
  かなり馬鹿にされて教えられたので、
  若者のふりして、
  グループ事に分けているけれど・・・
  どの曲がどのグループだとかは、未だに理解できていない。



Q9,メールの着信音は何ですか?
 
  これも、グループ事に曲分けしているのだけれど・・・
  よく判っていない・・・
  鳴っているからと、慌てて携帯を手にするとメールだったって事が
  よくある。



Q10.携帯に入っている着メロ、着ウタは?
 
  着ウタ対応の機種でないので、ウタは入ってはいないけれど、
  新機種がくれば、またお嬢に怒られながら、
  理解もせずに、入ると思う・・・

  着メロは、お嬢が高校生だった二年前の頃に当時の流行歌を入れてもらった
  この前、お嬢に新曲を入れてくれーーと頼んだら、
  “自分で体験しないと、自分のものにならない”と却下された。
  挑戦した曲は、キムコ脱臭剤のCMの曲。
  (この部屋におうよー)これが、お嬢にピッタリだと一人受けた曲。
  電車男のテーマソング。



Q11.バトンを回す人は? 

  あいちゃん  コロスケさん

ご飯の支度

私が台所に立つと、途端に近寄ってくるヤツ
そいつの名前はアンちゃん。
野菜のくずを貰うために、私の側から離れないのだ。

一昨年までのアンちゃんは、
野菜(ちゃんと食べれる野菜を熟知している)の
皮むきをする時だけだったんだけど・・・
最近は、老化もあって
スグに行動できない現実を悟ったようで、
ガスコンロでバタバタしている私の側にピッタリと付いてくる。

スパの麺や、ウドンの麺を湯がく時も
ピッタリと寄り添って・・・・
アンちゃんにつっかかって、鍋をひっくり返しそうになる私。
これは、危険がかなり危ないと思うので

私がキッチンに立つ時は、
少し離れた場所でお座りさせて待つ。
この練習を始めた。

元々、飼い主に似て待つ事が嫌いなアンちゃん。
調理中に、何度も何度も
“アンちゃん、ここは駄目!”
“ここで、お座り、ずーーっと、待て”

誘導する私。
だが、菜箸に付いてるおかずが飛んだりして
これも、食べてはいけない食材が飛んだりするので
注意力散漫な私にとっての躾。

私共々、アンちゃんもこの躾をはじめて
一ヶ月。
今までが、今までで高齢にも関わらず頑張ってるアンちゃん。
調理終了までのこのコマンドの回数が減ってきた。

うーーん。私の辛抱も大した者じゃぁ~と
アンちゃんにご褒美の野菜の切りくずを
ちゃんと餌用茶碗に入れて、誉めてあげる。

ところが、今まで野菜嫌いが原因で興味なしのパンチ君が
誉められるアンちゃんにヤキモチをやいて
キッチンに座って待っているのである。

“あんたねぇ~。人参の皮も白菜の芯も、大根の皮も嫌いでしょ!”
“ここで、待つのはやけどの心配があるから駄目なんだよーー”

アンちゃんばっかり、美味しいもの食べてるジャン!

結局は、野菜くずをもらったパンチ君は、
ソファの前で、
“こんなもん。食えるかーー”と
野菜を粉々にしているのであった。

あーー。ゆっくりご飯の支度をしたいなぁ~

平和なヤツ

姑の圧迫骨折も、かなり安心の所まで来て、
旦那の足もかなりよくなってきて、完治のメドが見えてきたのだけれど
腰痛持ちの私の腰はかなりの悲鳴を上げている。
思うように、マッサージに行けないのと
ゆっくり眠る時間が無いせいだと思われるのだが・・・

世間で風邪やインフルエンザで猛威をふるっているけれど、
オバカ一家の我が家で、暴れる事はないのである。
が、
ヌクヌクと引きこもりを満喫していた坊ちゃんが
初体験のアルバイトで、
疲れから、風邪を引き(これは、4時間で完治した)
昨日の夕方に再発と思っていたが、今度はインフルエンザ
坊ちゃん自身は、末っ子なのにほったらかしで大きくなって
可哀想な境遇だと豪語しているのだが・・・・
坊ちゃんの一番の憧れは、病気で寝込んでいる時に、
みんなにチヤホヤされること。

(5年前に、なんでこんな丈夫な体に生んだんだ!と
 怒られた経験を持つ母である私)
結局は、未だに一番の甘えん坊さんなのでもある。
まるで、パンチ君と同じなのだ。

反抗期の子供は、扱いが難しい。
(大根演技丸出し)のにわか作り演技で、
心配する我家族達・・・

アンちゃんと間逆の扱いの坊ちゃんなのである。
パンチ君といえば・・・・

あられもない格好



エアコンが一番当たる場所で
股をおっぴろげ・・・
腹丸出しで爆睡。

“だって、
 兄ちゃんは何時も寝てるもん”

と、心配しないのである。


一応、病院に連れて行き・・・
インフルエンザには、一番効くとのタミフルを処方される坊ちゃん。
タミフルで凄く少ない割合ではあるが
事件が紹介された記事を読んだ私は、
折角の御休みに、どこへも出かけられず・・・

家の中でゴソゴソしていると

取って!

オモチャの前で、

ヴー ワン 

と一声

じっと待っている。



ヴーの使い方間違ってるんですけど・・・




聞こえないの?



聞こえない振りするなら

いじけてやるぞ!

どうぞ、ご勝手にーー



全く、年明けと共に
病人ばかりの我が家・・・

先が思いやられるーーー。

と、考える私・・・・・

が、一番平和なヤツなのかしら・・・


心配したんだぞ!

何時もの朝が来て、
寝ぼけた体で、階下に下りる時は、足元にアンちゃんがいます。
普通の朝の様子なんだけど・・・
その後、朝の主婦のお仕事が終わるのをジッと待つあんちゃん。
家族の送り出しが終了して
やっと、私が顔を洗う時間になると
アンちゃんは散歩モード全開で
私を追い立てますが、
その頃に、ようやく旦那とパンチ君が起きだして来ると

旦那=オヤツ  の図式が出来上がっているアン・パンチは

朝のオヤツを貰うまで、寝ぼけ足の旦那の回りをウロウロしながら
吠え立てて
私の支度が出来上がるのを待つのです。

そんな何時もの光景だったのに・・・
オヤツを堪能した後、
アンちゃんが静かになって、
玄関で支度完了した私の所に来ない・・・

三回呼んだ所で、
アンちゃんが前足をあげたままピョコピョコと歩いてきたのである。
もともと、後ろ左足の関節炎で少しビッコをひきつつ歩いているのに・・・

なんでーーーと
慌てて前足をさすってあげようとするのだけれど、
アンちゃんの気分は、散歩モード。
ジャンプしながら、私を追い立てる。
何時もの“はりきってるぞーー”ワンワンが無い。

前左足も軽い関節炎があるので、
とうとう勃発したのかしら・・・と思いつつ。
抱き上げて散歩続行しようとすると
本人(アンちゃん)は、歩きたがるのである。

パンチ君も、アンちゃんの異常な歩き方が心配なのだが、
アンちゃんを抱くなら、おらもーー抱いてくれーーと
せがむので、困った事になってしまった。

アンちゃんの足がおかしいから、パンチ君は辛抱だよーーと
アンちゃんだけを抱えて、公園まで
公園に着くと、リードを放してあげたのだが・・・

歩くのが大変そうに歩いている。


アンちゃんは、昔から時々、突然足をくじく事があったり、
ストレスが溜まると、三本足であるきづらそうに歩いて、
同情をひくタイプなのだが・・・

病院に連れて行くと、病院前で完治してしまうという
恐るべきワザを持っている。
しかし、関節炎が発覚してからは、
サプリメントと体重増加に気をつけるようにとの診断。
歩く事が出来なくなった場合は、
覚悟をしなさいとまで、云われてしまった。

半泣きになりながらも、アンちゃんの歩き方に気をつけて見ていると・・・

アンちゃんが、パンチ君を誘って
追いかけっこをし始めたではないか!
えーーー。フツーーに走ってるジャン!

アンちゃん。甘えたかったの?と聞くと
途端に、前足をあげて私の元にやってくる・・・・アンちゃん。

おいおい!びっくりさせないでよーー。

足をちょっとこねてしまったらしい。
その後も、歩く時は前足をあげたままだったのだが、
家に着く頃には、普通の歩き方になったアンちゃん。

もぉ~と怒りながら、
アンちゃんの前足のマッサージをしてあげると
気持ちよさそうに、横たわるアンちゃん。
ヤキモチヤキのパンチ君には、アンちゃんのお尻を匂って
アンちゃんの状態を確認した後。
私の顔をなめくるパンチ君なのであった。
(人が逃げられないと思って、やりたい放題のパンチ君だ)

洗濯物干し

この3日間は、久しぶりのお日様全開の日。
朝から、布団干しや、汚れ物探しに始まり、洗濯、干す
全部、ベランダで完了!
何時も、キキ・ララの部屋でもある倉庫干しの後、
寝る前に室内干しに移動・・・
キキ・ララも、あまりの天気の悪さと寒さで
出勤もままならず、おまけに洗濯物がブラブラと邪魔で・・・
その生活から一変。
フツーの生活を満喫している。

“やっぱり、フツーが一番だよねぇ~”

と思うけれど・・・
キキ君。ちょっとはしゃぎすぎで、帰宅が遅すぎる。
ララちゃんは、心配で寝床から離れないし・・・
(お店にも遊びに来ないんだもん
 こっちまで、心配になってしまう)

心配顔のララちゃんなんだけど、
一番大事な出勤場所であるベランダで
私が洗濯物を干す側で、くつろぐのだけは外せないみたい。

それを狙って、吠えまくるアンちゃん。
窓越しにララ&アンちゃんのワンニャン攻撃
(アンちゃんが、ララちゃんを追いかけて
 びっくりしたララちゃんがベランダから落ちないように、
 窓は閉めてある)
ララちゃんは、なれた様子で
(私が側にいると、アンちゃんが怖くないらしい・・・)
窓に手を当て、アンちゃんの顔めがけて
猫パンチまでしている! オイオイ

アンちゃんは、それが一番面白くないのだ。
すりガラスの窓だから、姿は見えないんだけど
お互いの顔や手だけは、はっきりと判る。

面白いから、ジッと見ていたい私だが・・・
無防備な姿で、ベランダに出ているので
心身ともに氷女に変身しているのだぁ~

パンチ君はといえば・・・
洗濯物を干す私の行動が怖い・・・

去年の三月に玄海沖地震の影響で、下関も短い時間だが
結構揺れて、
その時に、留守番をしていた私と、アン・パンチの
頭の上に、落ちてきたのは
部屋干し用の洗濯さお
幸い、誰も命中する事なかったのだけれど・・・
あれ以来、パンチ君は
地震の怖さよりも、
物干しが落ちてくる恐怖が植え付けられちゃったみたい。

部屋干しをするたびに、逃げ回っているのである。

洗濯は私の趣味なのだが・・・
毎日、いろんな注意が必要なのである。

そうなんだ!

今日は、お店が暇だったし、
旦那の足の腫れもかなり落ち着いて、通院時間も短くなったので
休憩していた帳簿整理を再開しました。

パソコンの部屋は、暖房とお日様の入り方でポカポカの陽気
なかよし










夢中になっている私の後ろでは
心地よさから仲良く爆睡しているアン・パンチ


う~~ん。
私が頭の中グルグルしてるのに、
この、のどかな空気はーーーいいなぁ~

この前、成人式を終わった娘を寝かしつけてから
裁縫や縫い物をしている気分
しかし、暇をもてあましての趣味だったから
出来上がりは・・・・
それでも、お昼寝から目覚めて作品が出来ていたりすると
大喜びのお嬢がいたんだけどなぁ~
いつの間にか、生意気盛りの娘に成長してしまった
反抗期真っ盛りの坊ちゃんなんか、
“お母さんと結婚するーー”と
言ってた時期もあったんだけど・・・
随分前に、“過去に無かった話をするのは年寄りの証拠”と
ブッタ切られてしまった・・・

そんな事を思い出しながら・・・

おーーっと、外からキキ君帰宅のニャァーー
この子は、私が二階にいるのが判っているのか
顔を上に向けて、声が聞こえるように鳴く・・・というより叫んでいるのだ

干していた布団と乾いた洗濯物を取り込み、
再度、帳簿整理に入ると・・・
窓から差し込むお日様と、私専用ストーブで
パソコンの足元がホカホカしているのを見たアンちゃん。
ハァハァ


椅子とストーブの間は、30センチの距離。
おまけに、シュレッダー行きの
書類散乱。

床より、書類の上のが暖かいらしい
(おいおい、それじゃぁ~
 人間界では、路上生活者と一緒じゃん)

どんなに、暑くても・・・
(ハァハァ云ってるアンちゃん)
椅子が突然動いて
毛をむしられても・・・
“もぉ~ビックリしたじゃん”と
手をずらすぐらい・・・

(痛いとか、キャッとか無いのかよーー)

そぉーーか
アンちゃんは、旦那と違ってフサフサだもんね。
毛の10本や20本どーーって事ないのだ

ストーブの火は消えてないんだけど
お日様が当たらなくなる頃には、
夕方の散歩に気が付いたアンちゃん。

そうっかぁ~
アンちゃんは、このお日様の位置で散歩時間を決めていたんだ

アンちゃんと生活を始めて11年目になるというのに・・・
今頃気が付いた私。
まだまだ、アンちゃんには教えてもらう事が
沢山残されているようだ

いろいろな成人式

久しぶりにピチピチの成人の輪の中で、
面白い映像を探していたら・・・
ちょこちょこありました。

私達の頃は
爪に無色のマニュキュア。
今は、ネイルアート時代。

プロの爪
これは、友達の爪。
前日にプロに駆け込んだそう。














友達の爪
これも、友達の爪。
みんなそうなんだよねぇ~










爪
問題のお嬢は、パティシエ。
二年目の冬で、
やっぱり、ボロボロの手。
プロに行く時間もなく
私のお手製。
といっても、シールを貼っただけ。
センスにかなり欠けている。
でも、しないよりマシと言い聞かせて・・・








シマチョゴリ
主流は赤













衣装も、チョゴリ参加もいるものの。
チョゴリ姿は、お姫様のようで素敵だった。

殆どが、着物。
それも、今年の主流も赤らしい・・・

男性人は、黒いスーツばっかり。
時々、はかま姿の男性がいるものの。
20年前よりも、カラフルになっているのが特徴。

やっぱり、こうでなくっちゃぁ~の
仮装大会気分の男性人。
平民のよろい姿。(鉄の鎧、兜ではないのがポイント)
ヒットラーを思わせる軍服姿。
松田勇作きどりの白いスーツにモジャモジャ頭。

さささぁーーーっと、
成人の様子を間近で見て満足した私は、
病院にほったらかしの坊ちゃんをお迎えに急ぐ。

駐車場近くで、
50年代のアメ車を発見。
色とりどりのはかま姿の怖面の男性に
群がる警官。

ニュースか?と思いきや・・・
簡単に解散したようで・・・なんとか安心。

それでも、他所の県では
相変わらず迷惑な新成人がいたようで・・・
どうせ、最後は親掛かりで謝るぐらいなら
親、地域に迷惑掛ける前に、するなーーって何時も思う。
自己責任・・・・
うーーん。坊ちゃんには欠けている単語かもしれない。
親としての責任を強く感じた日でもあった。





成人式

8619c36c.JPG今日は、成人式。
女の子の母親の特権のイベントを一番楽しみにしていたのは、
私かも知れない・・・・
 
貸衣装の段取り。
付属品の調達(身内から借りただけ)

なんたって、長女も次女も
生んだ子供が男の子三人の姑。
後妻である私の出る幕は無かったのである。
しいていえば、金銭調達のみ。
イベントといえば、
前準備が一番楽しいんだけどなぁ~~

まっ、私が生んだのは女の子一人なので、
段取りを勉強させてもらったと思えば・・・
の意気込みのツケが全部出てしまった日なのかもしれない。


ところが、ところがである。
旦那は、正月明けと同時に足の傷から菌が入って、靴が履けないほど
腫れあがっているし、
立ち仕事が、完治をはばんでいるのである。

おまけに、坊ちゃんが10年ぶりの風邪で熱を出したのだ。
全く、ついてないというか・・・
なんでーーー。こんな時に

朝5時45分に、何時もなら目覚ましが鳴って30分は
布団でゴロゴロしている私も、
この時は、パシッと起きて。
お嬢を起こして、
無事、美容院に送り届ける。
この美容院は、旦那の遊び友達。
でも、長女、次女の成人式を見て、
この美容院ですると宣言していた美容院。

8時半頃に完成すると、
前撮りは、無料のセミプロ父に頼んで
アン・パンチと写真を撮りに行く二人&二匹
私も行きたかったのだが、
なにせ、坊ちゃんを休日診療に連れて行くために、欠席。

案の定
いやだーー

いやだーー
とごねるアンちゃん。






だから・・・やだ
だから・・・
いやだーーーってば










イウコト聞いてーー

お願い








なんとか・・・

よしよし。。。
なんとか、カメラを見ているぞ!
ピィーース

って、お嬢の目線が
カメラ目線じゃないんですが・・・












よしよし

今日は、
このくらいで勘弁してやろう
お疲れ様・・・















にゃんだ。にゃんだ

私と合流したので、
お店の前で、




にゃんだ。にゃんだと
出てくるキキ・ララ






キキ君と

結局、ちゃんとポーズを取ってくれたのは
キキ君だけだった・・・

人見知りが一番ヒドイキキ君だけが・・
お嬢の珍しい姿に寄り添ったのであった。





受難は続く・・・

アン・パンチ&キキ・ララにとって
退屈で寂しいお正月が終了してホッとしているのだけれど・・・

お・思い出しましたーーー
確定申告の時期が・・・
グズグズして、駆け込み申告の私ですが。
今年は、姑の介護進行形
(かなり、ほったらかしに出来るほど元気にはなったが)
次女のお産が4月にあるので、
その前に、本格的な大掃除をしておかないと・・・

アン・パンチ&キキ・ララ
ごめんよ~~

って、四匹ともそれぞれの寝床で爆睡してるしぃ~

パンチ君。キキ・ララにとっては、
二度目の確定申告時期。
アンちゃんは、かなり手馴れた様子で
(歳を重ねるということは、ある意味こうかもしれない)
床に散らばった(月別に仕分けしてあるんだけど・・・)書類を
見ると・・・・
書類の端っこで爆睡している。

算数が大嫌いな私だけど・・
この帳簿付けは、パズルの組み合わせのようで
結構好きなお仕事なんだけれど。
なんたって、数字の羅列・・・これは、
睡魔を呼んでしまう。
パズルが上手くはまってくれないと。
寝ぼけ眼パニック症候群になってしまうのだ。

アンちゃんは、そのへんを心得ていて
私がパニック状態になると・・・
“散歩に行こう~”と

本人は、静かに誘っているつもりなんだが・・・
現実には、吠え立てて、追い立ててくるのだ。

文句言いながら、椅子に張り付いたお尻を持ち上げ
散歩の準備を始めると・・・

あ~ら。不思議。
外の冷たい空気を吸いながら、たばこの味でなく
近所の晩御飯のにおいだったり、
自然のにおいだったり、
時には、○ンチの拾う時の呼吸のタイミングを間違えて
鼻が捻じ曲がっちゃう匂いを吸い込んだりと
普通の時間を過ごすと・・・
“よっしゃぁ~”と
頭の中で、数字のパズルと主婦、お仕事のこんがらがった糸が
解けてくるような気がするのである。

おそるべしアンちゃんなのである。
“有難うネェ~”と
アンちゃんの体を撫で回してあげると・・・

“何時までも、成長しない人間だねぇ~
 まったく、何時まで世話をかけるつもり?”

と、かなり呆れ顔で私を見つめるのだ。
そんな私達の密かな蜜月時間は、
あっという間に、ヤキモチパンチ君に取られてしまう。

“おかあさーーん。おらも好き好きしてぇ~”ベロベロ・・・
倉庫の外では、
“めしぃ~”と
大騒ぎのキキ・ララ。

“はぁーーい”と、私がキキ・ララに返事をしようものなら。
アン・パンチの大騒ぎが勃発

数字と人間家族には、翻弄されている私が、
オオモテタイムになるこの時間。
とっても、うるさいし、忙しいんだけど・・
結構気に入っている時間が戻ってくる。

この子達しか出来ない技なのだ。

前祝い

今日は、坊ちゃんもアルバイトが御休みだし・・・
お嬢もお仕事が御休みだし・・・
なんといっても、長女一家が来訪する予定で
牛のたたきを予約していました。
私が作る安い牛のたたきと違って、ここのは格別美味しいのだ。
本当は、9日生まれのパンチ君のお誕生日も兼ねていたんだけど・・・

残念な事に、長女の子供が肺炎で緊急入院。
長女一家の来訪はなくなったものの・・・
予約していた牛のたたきをキャンセルせずに、
少し早めのお祝いをしました。

お嬢の成人式と、パンチ君の誕生祝い。
更に残念な事に、お嬢は数少ない連休で、遊び放題で家には居なかった。
まっ、青春真っ盛りだもんね。
残った家族でお祝いしましょう

ということで、
貧相ーー

野菜嫌いのパンチ君には
牛のたたきのみじん切りだっけ~
アンちゃんには、晩御飯の残りの
にんじんの皮付きの牛のたたきのみじん切り







お手!




坊ちゃんには、
正月も開けたのに、
サンタクロースはないでしょう!
の、助言よりも
あまりの寒さに一番暖かい洋服での参戦。

生後7ヶ月の時には、
焼肉で、お腹の調子を壊したパンチ君
だったけれど・・・

あれから、二年近くの歳月と共に、
お腹の調子が大人モードになりました。

パンチ君は、他所のワンコよりも
食事が二年遅れての成長らしい・・・

年末あたりには、
あれだけ嫌がっていた散歩も
殆どが最後まで出来るようになり、
(今日は、あまりの寒さに途中で固まってしまったが・・・)

成長の証だとイウコトにしましょう。

アンちゃんは、我が家に来たのは3月の戻り冬の頃。
パンチ君が来る前までは、
三月の私達の結婚記念日に一緒にしていたんだけど・・・・
この際、めでたい事はみんなで祝う主義。






パンチ君。お手の手がアンちゃんのお尻に・・・
アンちゃん、パンチ君のも狙ってる目。
そんな二匹をデジカメで撮りながら・・・
今年も、無事にこの日が迎えられた事が
一番嬉しい私達。


思えば、
犬の飼い方もろくに知らずに・・・
すべてをアンちゃんから教わり。
犬との生活の面白さを教えてくれたアンちゃんなのだが、
アンちゃんが、老いと戦いながら眠る日々を見て
あまりのショックにパンチ君を迎えたのだけれど・・・
私達家族以外は、誰も寄せ付けなかったアンちゃんが
かいがいしく母となり、姉となり、先輩として
パンチ君を指導する凛々しい姿をみると
アンちゃんには、
少々の悪さをしても、頭が上がらないのだ。

(でも、あーーと怒る素振りをすると、
 反省目と反省うなだれは爆笑してしまうので、
 繰り返してしまう意地悪な飼い主でもあるのだ)

そんなアン・パンチに感謝の気持ちを込めて......
って、画像をみると
どうみても、笑いをこらえていじめている旦那の声がぁ~

そんな喜びの気持ちのおすそ分け。
二度目のお正月を我が家で迎えるキキ・ララ
今度は、ニャンコの可愛がり方を
教えてもらうべく・・・
牛のたたきをプレゼント
キキ君も~

最近は、ホッカイロと
ララちゃんのぬくもりで
洗濯物を干していても出てこない
キキ・ララ

それでも、みじん切りの牛のタタキをみせると
イヤシンボのキキ君が
一番に飛び出して・・・バクッ




ララちゃんもーー
寒いから出たくないよ~と
なかなか出てこなかったララちゃんも
バクッと

すべて完食しました。





肝心の子供達は、
誰も親の気持ちを理解しようとは
しなかったけれど・・・

アン・パンチ&キキ・ララと
影も頭も薄くなった我旦那だけは
このお祝いに参加してくれました。

最後に、私の為に存在してくれる
我家族に( 。^_^)/□☆□\(∂。∂* )カンパ-イ!



さむーーい

お正月は好天気に恵まれたけれど・・・
お仕事が始まると、寒波が戻ってきてしまいました。
ニュースでは、東北地方の物凄い積雪と被害が流れている。
車よりも高く積もった雪壁の中を
ワンコの散歩をしている人や、
四日早く始まった始業式に制服の下に生足で長靴姿の女の子。
パソコン前
私は、これくらいの雪で
大騒ぎしているというのに・・・





パソコンの前から見えるこの山は、
季節を映し出すので、大好きなのだが・・・
雪(私的には、吹雪という)で
ぼやけてしまっている。
この中には、
いろんな種類のノラちゃんが、
震えているんだろうなぁ~

積雪



一応、積雪でっす。
雪で本当に困ってる人に
笑われてしまうような地方なんだけど

これでも、十分過ぎるほど寒い。




散歩の時が、これまた寒い。
散歩に出る前の気合を
20回ぐらい入れなくっちゃ
重たいお尻が持ち上がらないのだ。

雪が大好きなアンちゃんは
そんなことはお構いなし

急激な寒さに備えて、
私がトイレにはいろうものなら・・・

“自分ばっかりトイレしてから~

と、トイレのドアを全開にしてしまうのだ。
あ~。自分達の高齢準備の一環で
軽い引き戸にしたのが間違いであった。
アンちゃんでさえも、軽々と開ける事ができるようになってしまった。
うーーん。トイレにも暖房器具を
一つ用意しなくては・・・

動けない私に、ボールを投げつけるパンチ君。
“早く、しろーー”と、吠えまくるアンちゃん。

その後も、もたもたといろんなものを着込み。
パンチ君にも、散歩用の洋服を着せ
リードを付けてあげると
アン・パンチは、玄関のドアに鼻先をつけ吠える

玄関から出て、車が無いのを確認すると
私達三匹は、猛ダッシュで散歩コースを走る。

走らないと、ぬくもらないのだ。
黒い大きな雪だるまと
コンクリートの冷たさで三本足ダッシュのパンチ君。
アンちゃんは、冷たい風に気持ちよさそうにダッシュ。

公園に着くと、
パンチ君は、寒さで固まっているのだけれど、
アンちゃんは元気100倍。
一人で駆けずり回って
時々、パンチ君に走ろう~と
ちょっかいをかけるのだけれど、
固まったパンチ君は、動かない。
大宰府の犬


これじゃぁ~
大宰府の戌だ。

帰宅する頃には、
かなり温まった三人。

この季節。
散歩に出るまでが寒い。
出てしまえば、それなりに暖かくなるんだけど

やっぱり、家に帰れば
ストーブの前で、
三人は寄り添っているのだ~~

お正月終了

あいちゃんのご指摘により、
クーちゃんは、フクちゃんのが正式名だった。
何時もながら・・・名前を間違える失礼なリンダさんなのである。



f229976f.JPGお正月休みの今日は、
祐徳稲荷神社参拝。
これは、山口の商売の神様なので、
絶対外せない神社です。
一昨年までは、萩の太鼓稲荷神社まで
参拝していましたが、
雪の関係もあるし、片道一時間もかかるので
(片道一時間は、大宰府も同じなんだけど)
去年から、近場の稲荷神社にしました。
ここは、日本海を見下ろす小高い山にあります。
道路から45度はあるんじゃないかという参道で
本堂にお参りをして、
わき道の参道である小さなお稲荷さんのお参り。
寒いですぅ~











初体験の去年は、アン・パンチと一緒に参拝した場所
なのですが、傾斜が急で、道の悪さ
とどめの参拝は、がけっぷちのお稲荷さんなので
関節炎のアンちゃんはお留守番しました。
長くて寒い・・・
行きは、
50メートルほどの
足場が斜めで、くねくねの
下り道参道。
帰りは、逆のコースです。
(当たり前じゃん)




今まで、晴天だった下関も
今日は、雪混じりで、
かなりの寒さ。
アンちゃんを連れてこなくて良かったと
かなり思いました。

寒い参道参りとノーリード疲れで
暖かい車の中でのパンチ君。
眠たいでっすぅ~

相変わらず、首吊り状態で爆睡。
っていうか・・・
毛が伸びすぎて
目が小さくなってるw~
お参りを済ませると、次の目的は
姑とばあちゃん(パンチ君の高齢の彼女)と
我が家の墓参り。
下界に戻ると、雪が雨か霰に代わって
かなりの寒さなので、
残念な事に、パンチ君は車でお留守番。
待ってたワン










墓参りを済ませると、
姑の家を掃除する担当の私と
パンチ君でお留守番をしました。
可愛がってくれる姑とばあちゃんが居ない家で
勝手が違う家を散策するパンチ君。

それも無事終了すると、
義父の正月挨拶。
義父と姑は離婚したので、
別々の挨拶になってしまうのだ。

この義父は、かなりの動物好きで
飼うというステイタスが自己満足する人物でもある。
イロイロな動物を飼っていたけれど、
最大の動物は、
孔雀を室内飼いしていた事である。
最初は、外の籠で飼っていたけれど、
定年後に、大工見習いとなり
家に隣接する部屋を作り、
そこで、孔雀を飼っていた。
しかし、孔雀を慣らす事に失敗して
動物園に寄付したのだけど・・・
その孔雀は、今ではかなりの高齢になっては
いるものの義父の家で飼われているより、
ノビノビとしているらしい・・・
義父は、離婚後再婚したのだけど、
再婚した嫁は、一昨年の年末に天国に家出した人物でもある。
この再婚した嫁も、かなりの動物好きで
遺産として、
家の中に猫二匹。
クーちゃんでっす
と、マルチーズのオスだけれど、
庭には、
すずめの一団
しかし、嫁の生前は
負傷したノラタヌキ。
負傷したノラニャンコ。

すべて、治療して完治させた
動物界のナイチンゲールのような人だった。

私にとって、大事な人の一人でもあるのだ。

ニャンコは、近寄ることも許さない勝気なニャンコだけど
マルチーズとは思えないほど
マルマルとしているこのクーちゃん。
今では、義父の支えになっているのだが、
なにしろ、元来の弱虫。
旦那に抱かれて強気だけど、本当は弱虫のパンチ君に吠えられて
自分の家に入れないのである。






ちなみに、威嚇して吠えているのはパンチ君で
部屋に入れないのがクーちゃんなのである。


散々、クーちゃんをいじめて・・・
腰ぎんちゃくと呼ばれても、
抱っこされてると強いパンチ君なのである。

でも、毛が伸びすぎて目がわからなくなったので、
自宅に帰ると、
年始お掃除大会のついでに
散髪されたパンチ君だった・・・

さっぱりしすぎました

耳だけ散髪しなかったら・・・
別人ならぬ・・・
別犬に変身

お留守番していても、
私達が連休だった事を理解しているアンちゃん。
明日からは、アンちゃん。
今まで通りの生活が始まるからネェ~





博物館

今日は、三社参りをしました。
もっちろん。アン・パンチ同伴。
しかし、早朝すぎて氏神様のお参りは人がまばら・・・
で、車の中で人間が簡単な朝食をすませました。
車中での食事は、アンちゃんが大騒ぎします。
あまりに大騒ぎしすぎて、前足を運転席の椅子にかけていたのに、
自分で吠えた勢いで、座席から落ちてしまい・・・
落ちたショックで、大人しくなりました。
無事お参りを済ますと、
アン・パンチはドライブモードのスイッチが入ります。

今日は、晴天。
車の中は暖房がガンガンに効いているし、
お日様もガンガンと照らすので、
暑がりアンちゃんは、ハァハァと息が荒くなってます。
パンチ君といえば、いちごちゃんの綿入れを着こんでいるにも係わらず
丁度良い気温の中で、爆睡
私も爆睡

第二の目的、大宰府に到着してスグに、コンビニでお水を貰ったんだけど・・
どうも、水にこだわりを持つアンちゃんには、気に入らない様子。
結局、お水も飲まずに・・
大宰府散策となりました。

大宰府





大宰府は物凄い人ごみ。
でも、境内の中は梅が枝モチの匂い充満。
食いしん坊のアンちゃんは、
本来は人ごみが大の苦手なんだけど・・・
この大宰府は、慣れた様子で
落ちている食べ物散策に忙しいのである。

それでも、
人ごみが少ない場所を選んで
夫婦して交代しながらの参拝完了。

この大宰府は、ペット連れも結構多いんだけど・・・
殆どが、小型犬。
それも、踏まれないようにみんな抱っこでの参拝です。
今年も、一番よくみたのがミニチュアダックス
人気は不動のようだなぁ~
と、二人と二匹が話しながら・・・
人ごみの少ない場所を散策。

例年の大宰府参拝は、
夜10時過ぎなので、人間の渋滞が無く、
お店も閉まっている状態を選んでお参りをするのが例年なんだけど。

今回は、前回出来なかった隣接する博物館も堪能する為に、
やむなくこの車も人間も渋滞時間を選んだのだ。

博物館の周りでは、犬を散歩させる場所もあるけれど
盲導犬や介助犬以外の犬は立ち入り禁止の博物館。

外で待たせるには、寒いし・・・
この人ごみの中。悪戯されても困るので
アン・パンチの一番安心な場所である車に置いてくる。
そのためにも、境内から一番ちかい駐車場に止める為に
早起きしてきたんだもん。

寒そーー

しかーーし、
博物館横のテントの中に、
トイプー一匹。
寒さと、寂しさ、怖いが
一緒くたになったトイプー。

時折、犬好きな人間が近寄って
話しかけたり
なでていくのだけど・・・
恐怖心で一杯のトイプー

散歩途中のスーパーでの買い物で
アン・パンチを繋いで買い物を済ます事が
私にもあるけれど、
レジから見える位置とスーパーを選び。
買い物もダッシュで済ませる私。
その間。アンちゃんは吠え放題。
パンチ君は、アンちゃんの側で震えている。
そんな様子をレジを済ませながら、見ている私。

この人ごみの多い博物館で、
一人寒空の中でお留守番をしているこのトイプーが気になってしょうがない私達。

車の中に閉じ込めてしまう私達と
どっちもどっちかもしれないなぁ~と旦那と会話しながら・・・
どうしようもなく飼い主が戻って来るのを待つ私達夫婦。
(おいおい、その間はアン・パンチは車の中で待ってるんだぞ!)

20分ぐらいで飼い主が戻ってきたけれど・・・
飼い主を見て、かなり納得。
旦那曰く、
“若くて綺麗なオネーチャンかと思った”
飼い主は、
旦那と年も変わらないぐらいの強面のおじさん。
どうりで、旦那が写真を撮るのに、ポーズまで決めたはずだ
写真は、旦那を飼い主と間違った後
震えている写真なのである。

飼い主が帰って来た事を喜んでいるトイプー君。
しかし、本当の飼い主は違うらしい・・・
この強面のおじさんは、
家族が飼ったこのトイプーが心配で早目にお迎えに来たらしい・・・
その後、30分以上は博物館近辺を散策していた。
(おいおい、そこまで確認したのかよーー)


私達は、博物館の裏側散策コースが目的の時間待ちだったのだ。
散策コースは、30分ほど
車の中でお留守番をしているアン・パンチに
“ごめんねぇ~”と、心で謝りつつも
倉庫の模型

展示前の美術品を管理する部屋
の模型。
かなりの広さである。
小分けしてある部屋の温度、湿度は
美術品によって、部屋が決まるらしい。

すべて木で作られたこの部屋。
壁は、人間の手垢がつけないように、
壁に触る、寄りかかるは厳禁らしい。

どこかで、最新のスチールパイプの棚に
美術品を保管していて、
地震を起きた後、無残な美術品になった経験をいかし
やっぱり、日本古来の美術品の守り方を実践しているらしい。
木は、切り刻まれても生きているんだと
昔ながらの保存には、いろんな知恵も入っているんだと
ちょっとずれた感動をしてしまった。

国宝修正作業場

これは、虫食いでやられた書物などを
補修する作業場である。
お正月なので、
作業員は御休み。
ガランドウだったのだが、
本来は、作業もみせてくれるのだ。

これは、もう一度見に行かなくてはならないみたい




お年始

今日は、私の実家のお年始。
末っ子同士の結婚の父と母。
何時までも依存症なので、子供(私達娘三人)が、
殆どの主婦のお仕事をします。
年末の忙しい時間に、
“正月料理って何用意すればいいの?”
“他の子供にはチャント連絡してくれたの?”
“テンプラって、何用意すればいいの?”

おいおい、今まで主婦してた母とは思えないほどの依存症。
年々、ひどくなる母にあきれつつ・・・
指示を下す私。(長女のさがなのでしょう)

今朝早くから、楽しみにしている我両親。
せっつき電話が、何度も掛かります。
しかーーし、次女の子供は、ワンコが苦手

アンちゃんは、私の実家に慣れすぎて・・・
当たり前の状態で、我儘放題なので、これまたお留守番。

パンチ君のみの付き添いでっす。
長女である私達の子供は、それぞれのお仕事が忙しくて年始挨拶は欠席。
パンチ君は、子供代わりと云う事かなぁ~

ルンルンドライブ気分のパンチ君は、
車の中で、充電中
たっぷり充電した後は、
存在がわからないほどのおりこうさん。
(ただ、実家に慣れていないだけーー)

遅刻した宴会で、駆けつけ三杯の挨拶を受けた旦那共々
始まって一時間もすれば、
男性人は爆睡モード。

これからは、女の時間でっす。
甥っ子姪っ子
残りの食料共々、
後片付けを済ませた女性人。
久しぶりの花の中。

これまた、久しぶりの甥っ子、姪っ子。
それぞれのお年玉(現物支給)を
手に、舞台が始まりました。

考えてみれば、
私にとって、
お孫ちゃんと甥っ子、姪っ子は
同じ世代。
この関係って、
どんな関係なんだろうと思います。

しかし、私にとっては
お孫ちゃんも、甥っ子、姪っ子共に
大事で、可愛い存在。
お年玉に差は、ありません(かなりキッパリ)

ついでに、我子供達も大事だもんね。
大事な可愛い存在は、益々増えるばかり・・・
これが、本当のねずみ講かもしれない・・・

毎年、同じ事を考えつつ。
それぞれの成長を楽しんでいる私達。

いろんな気持ちを持ちつつ、
人間の子供よりも心配なアンちゃん&キキ・ララの為に
早目に帰宅。

ガァーーーー
アンちゃん、二日間のお留守番でやってくれました。
かなり高い場所に、残しておいた坊ちゃんのお昼ご飯。
落として、茶碗を割って完食

しょうがないよねぇ~
一人お留守番だもん
って、パンチ君が来るまでは、何時もそうだったんだけど・・・
パンチ君が来てからというものは、
高齢をいいことにやりたい放題。我儘放題のアンちゃん。

さすがに誰も怒ることをせずに、後片付け
(悪戯した事さえも、忘れてると思う。
 だってぇ~高齢アンちゃんだもん!)

パンチ君といえば・・・
やっと落ち着き場所見つけたジョー





パンチ君は、大人数に疲れたのか
はたまた、うろ覚えの家に疲れたのか

帰宅すると、
しばらくは大事なボールと遊んでいたものの
アンちゃんから横取りした
テーブルの下で、
ぬいぐるみのダックス君を枕にして
ウツラウツラモード。

旦那がテープルの下だと
散らかりが判らないと
私の目から隠したいろんな品物と
一緒に・・・・

そんな何時もの時間を楽しむかのように・・・
お留守番のご褒美のブリの刺身の残り(ブリの皮を焼いたもの)を
あげる私達。

アンちゃん。明日はパンチ君と一緒にお出かけできるからネェ~
許してネェ~
コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。