スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな時間

eceed3d1.jpg










大好きな彼女(おばあちゃん)には、会えなかったけど、お父さんのつまみを貰って大満足のパンチ君

懲りない奴ら

久しぶりにぶっ倒れてました。
パンチ。キキ・ララが来てから初めてです。

アンちゃんは慣れたもので、心配のあまりに甘えてきます。
アンちゃんなりに、私を慰めているのでしょう。
でもーーー。ゆっくりお休みさせてほしいんだけどなぁ~~
そうなると俄然張り切るアンちゃん。
守りの体制に入ります。

家の前を通るトラックに吠える。
にゃぁ~が、家の周りをうろつくと吠える。
私が、家の用事をしているとマウンティングする。
(爪がエプロンに引っかかってポケットが破れる)
パンチ君が甘えようものなら、
“お母さんは病気なんだから、静かにしろーー”
とでも、言うように・・・プロレスを始める。

        ちょっと、守り方が違うと思うのですが・・・

まっ、若い頃のアンちゃんは、
心配のあまりに一緒に病気になって、
病人が病人の面倒をみていたから、それよりはマシだと思いましょう。

パンチ君に至っては、
何時ものお昼寝だと思って、
私のお腹の上で、ヌクヌクと爆睡。
(病気になっても、お客さんが立て込んでくると
 寝ていられないので、仕事着のままソファで寝るから
 誤解されても仕方ないのだけど・・・)

ララちゃんは、さすがです。
私の異変に気が付いたようで・・・
気を引くために、倉庫の物を落としまくりだしました。
外から、私の様子をジッと見つめています。

と、キキ君もお仕事に出かけなくなり、
一日中にゃぁ~にゃぁ~と、大騒ぎ。
あげくのはてには、鳴き過ぎで声がだみ声になっている。

どういうわけか、突然。
ベランダから下りれなくなったキキ君。
二日も続けて、抱きかかえられて倉庫に戻るようになりました。
これって、ただの甘え?

とどめに、人間家族も何時もと変わらずマイペースな日常。
溜まる主婦の仕事。
あの~~。
私、一応病人なんですけど・・・・
それも、4,5年ぶりなんですけど・・・

旗からみれば、キツイ体を引きずりつつ、荒れ果てていく家の中で
毛布と犬に囲まれて、転がっているセイウチとは
私の事かもしれない・・・・

禁断症状

今朝の夢は、
パソコンが退院した夢だった。
リカバリーされたバージョンと、されてなかったバージョンが
交互に出てきて、
夢の中でも、私があわてふためいているのがヨクわかる夢だった。

私が子供たちに、一つだけ教えたいと思っているのは、
“当たり前”に頼ってはいけない。ということ・・・

言葉で伝えるには、簡単なんだけど・・・
これを態度で示そうとすると・・・
なかなか難しい。
なんたって、このパソ事件がいい見本にしなくてはいけないのに、
動揺しまくり、
あげくには、八つ当たり・・・
とどめには、夢にまで出てきての大騒ぎなのである。
なんとも、駄目人間の見本を子供たちに教えているようで、
本当に、私が教えたい事とかなりかけはなれているのである。

私の普段の行動の違いに一番驚いているのが、
アン・パンチ&キキ・ララ
やたらと、家の用事をし始めたかと思いきや、
坊ちゃんの部屋に閉じこもり・・・
何時もの夫婦部屋には、近寄りもしない私を不審がっている。

お陰で、夫婦部屋は寒々として、散らかり放題。
片付けをしたいのだが・・・
姑入院騒ぎなどで、プライベート充実。

当たり前に頼ってはいけないと、一番感じなくてはいけないのは
私なのである。


病気になりそう・・・

昨日は、お嬢が新車購入の引き取りの日。
お嬢にとっては、初体験の大きなお買い物。
借金生活に入ります。
それでも、妹の夫のコネでかなりお得なお値段で購入することができました。
が、問題は・・・・
福岡での購入。
配達してもらうよりも、
高速運転の練習がてら、妹夫に挨拶もかねて。福岡入りした私達親子。

行きは、電車で1時間半。
これは、ウキウキとのどか混じりの遠足気分。
車やさんに到着すると、お嬢の気持ちは最高潮。
最初の目的場所は。妹の家ではなく、車グッズを買いに行くということで、
なーーんのことはない、レジに無理やり連行された私は、
財布を出せと、恐喝までされてしまった。

その後、方向音痴の私とドンくさいお嬢の本格ドライブが
始まったのであった。
まずは、車やさんでもらった地図に、(赤い線を引いてもらった)
赤い線周りのお店と、現実のお店を確認しながら・・・

“あっ、お母さん。ガソリンを入れなくっちゃ”・・・娘
“これって、普通のガソリンなの?軽油なの?”・・・私
“普通のでいいやろ”            ・・・娘
“えーーー。本当にそれでいいの?”・・・・・・・・私

スタンドのおじちゃん曰く“軽にディーゼルはありません!”

こ、こんな親子で無事に妹の家に行って、下関に帰れるのか?
少し走ると、お嬢も運転になれてきたのか、
いつもの調子にのったハンドルの持ち方をしている。
“あーーた。ハンドルはちゃんと持ちなさい!”
“ハンドルは、タイヤを動かしてるんだよ
 命が乗ってるんだから”
“アン・パンチにキキ・ララがいるから死にたくないし、
 入院もしたくないからね”

お母さん!うるさい
助手席の人間は静かにしなくちゃ。運転の邪魔

なんとか、妹の家に着き、お礼を済ませると、
今度は、本格的に帰宅です。
妹の家に来るまでにも、大喧嘩し放題の車中だったのに・・・・

この道を左に曲がると、高速の入り口。
一般の所に入るんだよ。

どこに、一般って書いてあるの!

そこは、ETC車ーー 左の方だーーー

どこに止めるの?

あの機械から紙がペッって出てきたでしょ。紙を受け取って出発。
あーーー。右も左も車が来てるから、減速ーーー。

もう、高速道路?

違うーーー。この先ーーー。
右が熊本にいくから、左の道に入ってーーー。左右から車が来るぞーーー

左ってどこの左?

高速道路に入った?

この先・・・・右に車が見えるでしょ。
スピードを少しずつ上げながら、ウィンカー出して、
右後方の車を確認しながら、
スピード上げてーーーー
入れーーーー。

きゃぁーーーー怖い~~
車が凄い勢いで来るーーーー

高速に入らないと、前に道が無いぞーーーー

な・なんとか高速道路に入れたビニールがついてる白いザッツ。
シートにビニールがついてるのが、反射してるのか
危ない女二人組みに見えるのか、(助手席の私は、やたらとキョロキョロしてるし)
周りの車が避けてくれる通行してくれるのが、良かった。

その後も、延々と親子喧嘩は続き・・・
興奮したお嬢は、汗だらだら・・・・
血の気が引いてる私は、寒さでブルブル・・・・
なんとか無事家に着いたら、パソコンはやっぱり無いし・・・・

まったく、この時代に
部品が届くのに1週間から10日かかるって・・・・
月から配達でもしてもらうつもりなのかしら・・・・
坊ちゃんのパソコンじゃぁ~~
写真もアップできないし、部屋は寒いし・・・

うーーーん。本格的に病気になりそう!

それでも…

2578ecd0.jpg






アンちゃんは、冬でも暑がりだけど、残り香の座布団が好きなのか、
火無しストーブの前でくつろぐのが好きです。

落ち着いた~

95b1c75d.jpg








参加人数が増えて、アンちゃんは、お留守番。
私達の帰宅を大歓迎して、
やっとこ落ち着きました

お疲れ様

99280461.jpg長女の新築祝いに、パンチ君だけが参加しました。久しぶりの大人数に疲れたのか、自宅のストーブの前で……

パトロール終了

68e8dfe0.jpg朝10時頃、出勤。昼前に、昼ご飯。2時頃には、お勤め終了。身分は社長クラス

習慣2

1472a442.jpg







お客さんからは死角に入るこの場所は、
私達の休憩グッズがゴチャゴチャにおいてあります。
最近そこに目をつけて、遊ぶ・・・というより、出入り場所にしているララちゃん。

高い狭い場所が大好きなララちゃんは、
この場所から見える畑や、通りの人、車を眺めるのが好きです。
それと、畑で動いているイタチや、虫を発見するからだと思います。

今回のララちゃんの目線の先にあるのは、
お店のドアの上を利用して日曜大工でこしらえた、物置。
その物置には、
理容マネキンが置いてあり・・・
時々、ララちゃんが上って、マネキンを落とすのです。

待合で、この様子をみているお客さんは、
いきなり頭が落ちてくるので、びっくりするのです。

ララちゃーーん。
いくら高い所がすきでも、お店でいたずらはやめてよねぇ~~

抜けない習慣

b9c56c9a.jpg










アンちゃんは、捨て犬経験を持っているので、食べ物には異常な執着があります。
最初に我が家にやってきたときからの習慣で、
ご飯がテーブルに乗ると、部屋の外に出していたのです。
今では、“あげないよーー”っていうと、おとなしく部屋の隅に行くようになったんだけど・・・
それでも、テーブルに食べ物が乗ると、
自分から外に行ってしまう習慣が抜けないようです。
しかーーし、食い意地は、本来の習性なのか
躾の結果なのか・・・

去年の夏に、外からもよく見えるドアにしました。
廊下で待っているアンちゃんの様子を知りたかったからなんだけど・・・
結果としては、逆でした。

アンちゃんは、こうやって外から熱い視線を送るようになりました。
廊下に出たときは、静かに伏せしているんだけど、
誰かが、"ごちそうさま”の声を聞くと
この熱い視線を送り続けます。
アンちゃんは、自分の姿がリビングから見えているとは思っていません。
なぜなら、ドアが変わった事を理解していないみたいだから・・・

ただ、アンちゃんが理解していることは、
食事時には、どうしても廊下に行ってしまう足が、一番腹が立つようです。

ひなたぼっこ

74ca6706.jpgこんなところで?

太っ腹

0d7c33f2.jpg冬支度で、モリモリ食べてるキキ・ララ 真ん丸になりました。

神様からの贈り物

パソコンが急病になり、入院してしまいました。
おかげで、大パニックの私です。

台風で、停電になってもパニックになるんだけど。
当たり前に生活している今の状態が、
ひとつでも欠けると、パニックになります。
これが、誕生日翌日にパソ入院決定と、
義母が(圧迫骨折)で入院してしまい。
同居していた最高齢の彼女でもある。おばあちゃんの一時引越しと
重なって、
人間のトラブルには、素直に平静で対応できるのに・・・
私って、変な生き物だと思います。

それを発見したのが、いいことかもーーー。

パソが退院するまでは、携帯からしか出来ないでしょう。
と、あきらめかけていたころ。
坊ちゃんが、ちょっとの間なら、
パソを使ってもよい!との許可をもらい・・・

つかの間の、キーボードに触っています。
しかーーし、家中開けっ放しで、冷たい風吹きまくりの部屋で
指が少々かじかんできました。

今の状況をもう少し、楽しむ方法を見つけましょう。
これは、きっと神様からの誕生日のお祝いだと信じて・・・・・

今度は…

dec1442d.jpg突然の小雨に、悪戯を止め、私を見張れる絶好見学場所にいる二匹

最高齢の彼女

5eda98b0.jpgパンチ君の大のお気に入りの彼女! 婆ちゃんも、チューしてくれる唯一の彼氏。と、大喜び

パンチ君

マリオパンチ



朝の散歩から帰って、
お店のドアをガリガリと
しているパンチ君。

あまりにしつこいので、
様子を見ると、
震えてるーーー

おいおい。外はお天気だよーー。


後ろ姿パンチ




しかたなく、今日の
ファッションは、
スーパーマリオ風の衣装。







首つってます・・・




その後、パソコンにむかっていると
抱っこしてくれーー。

あんた。首苦しくないの?
ワタシャ。腕がきついんですけど・・・






なによーー






だってぇ~~

寒いもん!




おちるぞ





そういえば、
ドライブ中は、
いつもこんな風に、
私達の動きをチェックしています。

あわよくば、オヤツでもーー
と狙っているんだけど・・・

あんたーー。落ちますがな~




あくび





大丈夫さっ。

ドライブの後始末

日田の豆田町は、古い町並みを残していて、
建物は古いんだけど、その中は伝統を残しつつも近代的に改造してある場所でした。
時間切れと、諭吉さんが財布に入ってない状態なので、
散策時間も限られていたんだけど、
その中での一押しは、
お土産のお酒














晩酌大好き夫婦ならではなのだ・・・
こっそりヘソくった私の夏目君と交換しました。
町並みは、現役の生活道路でもあるようで、
細い道路には、車が一杯で
車大嫌いなパンチ君はスグ固まってしまうのを、引きずって安全確保。
最後は、城跡らしき公園を自由に散策しての終了。
そこで、発見したのは、
ピンクの葉っぱの小ぶりの木。
紅葉とアン
紅葉とパンチ











その木の真下がピンクの絨毯。
思わずシャッターを押してしまったけれど・・・
紅葉していたんだか、
その種類の葉っぱなのかは、未だに不明。
しかし、もう一度。この公園をタップリと堪能してみたいものだ。

帰宅行事は、何時もと同じ。
まずは、キキ・ララにただいまの挨拶。
お嬢が、ちゃんと面倒をみてくれていたようで
お腹も満腹だし、倉庫に閉じ込めてくれたのも満足だったらしい。
最近は、朝10時頃出勤。3時には、帰宅。の、生活なんだけど。
ちょっと遅めの帰宅だったらしい・・・
キット、探していたんだろうねぇ~~
襲われたゴミ袋










しかし、八つ当たりはしっかりしていたみたい。
出せなかったプラゴミが、こんな風に強姦されていた!
でも、放浪していた時のララちゃんは、
ゴミまで食べていたんだけど・・・・
八つ当たりだけで、良かった。


今回は、アンちゃんのあまりの疲れように帰ってきた散歩は却下したものの。
洗濯機を回しながら、
アン・パンチのお風呂で締めくくるのである。
アンちゃんの風呂
パンチ君の風呂後

























最近は、風呂上りにドライヤーで乾かしてくれる旦那なんだけど。
洋服を着せたままドライヤーだけをフリフリーーー。
こんなんじゃぁ~根元が乾かないぞ!と
私がブラッシングしながら、ドライヤーをかけると
パンチ君は、怒りながらも動かない。
ベビーの頃は、ドライヤーの風を食べていたのに・・・
ようやくドライヤーの音に慣れたのかしら。
アンちゃんは、ブラッシング大好きなので、嫌いな音であるドライヤーも我慢。

大人しく可愛がってもらうアンちゃんにヤキモチを焼いたパンチ君も
素直にドライヤーで乾かしてもらうのである。(もう、乾いてるってばー)

そうやって、無事ドライブ旅行がおわるのであった・・・・・

おーーーっと、忘れていました。
私は翌日、たとえ一泊でも、長期不在のような台所と
大量の洗濯物を干して、たたむという主婦のお仕事が残っていたーーー。
それは、翌日に回しましょう。
なんたって、程よく疲れて満足毛なアン・パンチと
無事に帰ってきたと安心した寝顔のキキ・ララを見ると
十分過ぎるほどの、晩酌のつまみになるのだから・・・・

大原茶屋

ブランチブランチ2












朝風呂と朝ごはんにありつけたのは、10時過ぎ。
食事もブランチって事でした。
が、その後
旦那が二科展のカメラマンが日田に住んでいるので、
是非会って、話をきいてみたい。
という予定もあったらしい。

カメラマンに会うという予定は、聞いていたものの
二科展のカメラマンだとか
日田に住んでいるとかの情報は、車の中で聞いたのがはじめて。

本職は、カメラマンではなく、
大原神社の真裏の大原茶屋のマスター。
こんな、わかりずらい場所で???


ところが、話を聞くと・・・
知らないのは、私だけーーー。
本にも紹介されているお勧めの秘境だったみたい。
閉店間際時間というのに、お客さんがドンドン入ってきている。

旦那と大原茶屋のマスターは、カメラ談義に花を咲かせているが
私は、写真集を見たり
生の写真を見せていただき気持ちが満腹状態。
旦那が、このカメラマンに引かれる気持ちが分かる作品ばかりである。

最後にどうしても、
紹介されてあった“花ぼて”を賞味。
花かご








う ☆ ま ☆ い





メインの料理も美味しかったが、
隣のお味噌汁も絶品だった。
レジに味噌が置いてあったので、
購入しようとしたら、料理はサービスとの事・・・
 (手土産を持参していて良かった。
  と、思う反面。味噌が買えない・・・)

次回は、一般客として食事に来る事を願って退散した。
私は、付録として訪問したあげくに
料理を食べたのは、私だけなのだ。
これでは、本当の食い逃げになってしまう・・・・・
しかし、芸術的なカメラマンは、
料理と空間の達人でもあった。

両子寺

両子寺のもみじ






次の目的場所は、両子寺。
日当たりの違いが紅葉にも反映していて、
緑と赤のコントラストが綺麗でした。
前回は、境内の中を散策しましたが、
境内の中は、動物禁止場所。
なので、私とアン・パンチは、
境内までの参道を散策。
両子寺の仁王






やっぱり、ここも長い狭い階段が続きます。
ここの石像のあ・うんの仁王様の足をさすって、
足・腰の悪い部分に、つけてあげると回復るすらしい。
水戸黄門のドラマの中でもあったらしいと
通りすがりの観光客が言っていた。
早速、最近寒くなって歩きづらそうにしているアンちゃんの
関節炎の足にすりこんでみる。
気持ちよさそうな顔をしてくれた。

ヤキモチヤキのパンチ君も、
先天的に関節の病気を持っているし、
二匹とも満足気に、足をマッサージ。


車に戻る途中で、
アンちゃんの歩き方を見て、
“足が悪いのか?”と、聞いてきた観光客。
“高齢だから・・・”と答えると。
“こんなに毛並みが綺麗なのに、高齢のはずないじゃん”と
言われてしまった。

本当の所、アンちゃんは高齢のシェルティーらしく下半身に
大きなハゲが出来ているのだが
肛門の周りだから、目立たないんだよね。
顔もよくみれば、真っ白だけど・・・
その前に、あっちこっちの散策で、沢山の植物の種が
付いているので余計に目立たないのかもしれない。

私をみて、“歳とってるとは、思えないぐらい綺麗だね”
言われてるんじゃないけれど。
私が誉められた気分になってしまう。
今日一日、スキップしたい気分で過ごせそう。

紅葉狩り

パソコン部屋から見える山の頂上がかなり赤く紅葉してきました。
こうなると、旦那のお尻が落ち着きません。
お休みの日のスケジュール調整が、売れっ子アイドルなみの忙しさ。
って、事で・・・
この前行った国東半島へ、紅葉狩りに













野宿用の荷物をバタバタと積み込みだすと、
キューン。キューンと泣くんだけど、
カメラを向けると・・・・・・“うざったいなぁ~”の表情。
この日は、珍しくアンちゃんが二階の踊り場でいじけていました。
“どうせ、お留守番でしょ!”

大丈夫だよーー。年寄りアンちゃんを一日中ほったらかしって、
私が心配なんだよーー。
と、すべての支度が終わってアンちゃんを迎えにいくと、何時もの笑顔が戻ってきました。
うーーん。この照れた笑顔が好きなんだよなぁ~

今回の目的地は、国東半島の紅葉狩り。
前回のドライブで、旦那が目をつけたスポットまでの
人間ナビ付き運転手は、ひたすら運転に没頭。
私は、アン・パンチと後ろのシートで爆睡体制。

朝一の目的場所は、
文殊仙寺。急に道路が広くなったり、狭い道になったりの
クネクネ道での運転は、大変そう。
と、突然。のんびり一人散歩らしき15キロぐらいのミックスワンコが、
道路の真ん中で、捜査をしている
ミックスワンコが道路を明け渡すまで、停車したんだけど
足が三本しかない。それでも、顔つきは穏やかで、優しいワンコらしい。
“事故にあったんだろうねぇ~
 田舎は、離し飼いが当たり前みたいだもんね。”と旦那の感想。


凄い階段





ここのお寺も新しくて綺麗で、大きい立派なお寺
だけど、隣に旧道らしき細い道。
朝の散歩は、この旧道に決定。
それにしても、
古いお寺や、神社というものは
長い狭い急な階段が多い。
これも、修行の一環なのだろうか・・・




観光散歩の時は、他所の縄張りだと思っているアンちゃんが
珍しく、私をせかすように吠えての出発となりました。
遠くで、地元のワンコの吠え声・・・





手洗い場?










やっとの思いで、頂上の昔のお寺に到着。
しかし、今年の9月の台風で、みるも無残な状態。
この湧き水を飲むと、賢くなるらしいが・・
側まで、行く事も出来ない状態。
台風の後

















へぇぇっぇ












いろんな表情をしたお地蔵さんの側に行く事も出来ず。
これを修理するのに、どれくらいの日数がかかるのかしら。
この苔むした歩きにくい階段や、
絶壁に設置してあったらしい、お地蔵さんが無残にも
あたり一面に散らばっていて、
アン・パンチをそのへんの木にくくりつけて、
大事なものを踏まないように、こけないようにと
近づいておまいりした私。

アンちゃんも、これだけ形の無い階段になると
勝手に下山してしまうしね。

なんとか、無事お散歩を終了しつつも、
ふもとの新しいお寺付近になると、
遠くでワンワンの声・・・ん・ん?近づいてきているような・・・・

旧道とお寺の境目の塀で、お互いが見えないけれど
塀越しに吠えているみたいだ・・・
慌てて二匹をこけないように、車に誘導・・・
アン・パンチも、地元犬に怒られていると感じたのか、静かについてくる。

お寺の境内から、あたりを見回して、不審者を探す真っ黒ワンコ。
ミニピンの血が入っているような細身のミックスらしい。
赤い首輪でおしゃれに決めていた。
お寺のワンコかもしれないなぁ~~と思いつつも、
無事車にアン・パンチを乗せることが出来ました。

その後、旦那も写真を撮り終え、アン・パンチも散歩後の
オヤツや、水を飲んで、いざ出発!
という時に、最初にみた三本足のワンコが近寄ってきた。
おまけに、バックしないと駐車場からでれなのに
車の後ろに回り込んでの捜査。

っていうか・・・・
あんた、その足でサッキの場所から3キロも歩いてきたの?

秋^^

a32df06a.JPG久しぶりに一番近い公園に行きました。
2,3年前までは、
アンちゃんお気に入りの公園だったんだけど
最近、放置○んちが多いので、
時間の無い時だけ御用達の公園になってしまったのだ。

桜の木が多いので、
春が待ち遠しいんだけど。
葉っぱが赤くなって、とても綺麗でした。

紅葉する木の種類は分からないけど。

パンチ君は、枯葉のカサカサ^^の音が大好きです。
夏場でも、枯葉を咥えて走るのが大好きなのだ。
しかし、枯葉を咥えると
アンちゃんの尻尾を捕まえる事が出来ないのが
かなり悔しいらしい・・・・

二度目の秋を満喫しているパンチ君。

枯葉






デジカメを向けると
俄然張り切ってポーズを取っています。
秋の気配を感じているポーズらしい・・・

その頃のアンちゃんといえば・・・
クンクン










枯葉にまぎれて、
食べ物が落ちてないか捜索が続きます。
時々、友達の匂いがするので
肉体の要求にも反応して・・・・

歩き○ウンチをするので、
私は、枯葉の中のブツを探すのに大変だっす。

はたからみると・・・・
ノーリードの犬に囲まれた怪しい人間となるのです。
もしくは、
怪しい人間の後ろで、リード付きの二匹のワンコが戦っているのを
いさめながら、中腰でブツをさがしている
やっぱり、怪しい人間になるのだ。

私って・・・・

最近布団の中に潜り込んでくるパンチ君。
寒がりなのは、わかっているんだけど・・・・
私達の間に、頭から潜り込んで、お尻を私の顔の前に置いてねるのは・・・・

鼻がムズムズするんですけどぉ~

しばらくすると、
お尻が冷えるのか、完全に布団の中に潜り込んで

おいおい、息できるのかーー?

呼吸する為に、私のお腹を踏みつけながら、布団からはいでるパンチ君。

ウッ。小さい足だから、痛いんですけど・・・

このコースを三回ほどくリ返すと、丁度朝になります。
朝の目覚ましがなると、
待ってました!と、私の枕に頭を乗せ、
大好きな旦那に添い寝をするパンチ君なのである。

私が階下に下りても、ついてくるのはアンちゃんだけ。
パンチ君は、旦那が起きるまで静かに添い寝するのである。

寝ぼけ眼の旦那が階段を落ちないように、一緒に下りてくるのだが

階段の足元にいるパンチ君を踏みそうで、おらぁ怖いんだけど・・・・

ぼーっとテーブルについた旦那の目を覚ます為に、
一生懸命吠えて、顔を舐めて起こすパンチ君。

お前のコンタンは、わかっておる。おやつがほしいのだろう。       
ワホォォォォーーン。

パンチ君は、私には歓迎のワホォォォォーーンは、ありません。
お昼休み休憩も、 おっ、おかえり

しかし、旦那が休憩に入ろうものなら
ワホォォォーーン  

全身で喜びを表すパンチ君。

犬は、喜びを尻尾振ってあらわすけど、パンチ君は、お尻振って表現してるじゃん。
だいたいねぇ。
お父さんは、何時でもオヤツをくれるから大好きなんだろうけど。
オヤツをあげる権利は、あんたたちの健康を考えて、お父さんがオヤツ担当って、
任命したのは、このアタシだよーー。

散歩に、主食のご飯に、ウンチや、おしっこで健康状態を確かめてるのも私なんだよ。
スキンシップの名の下に、
お風呂に入れたり、耳掃除したり、歯磨きしたり、ブラッシングしたり
一番、手を掛けてるのはアタシなんだよーー。

わかってるのかいパンチ君よ~~

お母さんがおいでーーって、言ったら。尻尾振ってきてよーー。
警戒心丸出しで、恐る恐るこないでよーーー

お母さんにも、ワッホォォォォーーンって、お尻振ってそばにきてよーーー。

まったくぅ~~

一人食べが出来るようになったと安心したのもつかの間。
寒いが理由で、
一人食べが出来なくなったパンチ君。
ボリボリ







しょうがなく手に取って、食べさせる私

時々休憩







夕方は忙しいっていうのに、
あざ笑うかのようにこの態度。
ったくぅ~そんなに離れて毛ずくろいするなーーどうしようかなぁ~









お代わりを要求するアンちゃんが
私の側に来ると・・・威嚇しながら
慌てて食べるパンチ君
ボリボリ2










隠れているつもり
旦那がお仕事が終わると、この調子で
テーブルの下に隠れて見張っているつもりのパンチ君。
しっかりと、大事なボールを側に置き。
(あんたーー。置くものがもう一つあるでしょ)
晩御飯は、はるかかなたの私の近く。
その距離じゃぁ~
アンちゃんのが、パンチ君の晩御飯に近いよ~~

しかーーし、この時は違う。
ヴー








まったく、晩御飯とオヤツの食べ方の違いに
唖然とする私なのである。

それに比べてアンちゃんは、食べることが大好きすぎて・・・
待て









ほぉ~ら。オヤツだよーーの一言で固まる
待てーーー










待て!の合図でも
ブツが視線から離れない。
本当は、飼い主の目を見るのがフツーでしょう。って
何度も、注意するんだけど・・・
やっぱり、目線がオヤツなのだ。
心なしか、目までオヤツの形になってしまう。

何でも食べてしまうアンちゃんと
気分やパンチ君を
足して、割ると丁度良いんだけどなぁ~

散歩後の晩御飯に時間のかかる飼い主なのだ

74f33561.JPGお仕事をしていると、
お店にガリガリガリ・・・・
お客さんがビックリしてしまいます。











パンチ君の手







これが、犯人だす。とお客さんに見せると、
途端にヴーって唸ってるんだよね。パンチ君は。
“あんたはねぇ。客商売の家に住んでいる自覚が足りないぞ!”
と、注意はするんだけどね。
パンチ君の好きなタイプは、子供と若い女性。
うちは、散髪屋なので男性しか来ないんだよね~~
しかし、近所に託児所があるので、
お店の前は、子供連れの若いお母さんが歩くのを観るのが大好きなので、
お店に出たがるのかもしれないなぁ~

しかし、パンチ君の爪は
猫のように伸びをする時に、ムギューって飛び出てくる不思議な爪。
キキ・ララの爪は、鋭い爪なんだけど。
パンチ君のは、猫の爪と比べて太め。
しかも、私が四角く切るので、
余計そう思うかもしれない。

アンちゃんの手







比べてアンちゃんの手は年輪を感じさせる。
パンチ君に比べて大きくは見えるけれど、
冬バージョンのフサフサの体に対しては、小さく見える不思議な足なのだ。
ボーッと散歩している私を、
“これを、匂いたい!”と、自己主張するために
爪が横に広がっているのである。
おまけに、若い頃はパンチ君のように真っ白だったのに、
10歳を過ぎてから真っ黒になってしまった。
どこまでが、余分な爪なのか分からないので爪きりが難しい。
やっかいな爪になってしまった。


アンちゃんの肉球








あんちゃんの肉球も、
コンクリートの散歩が多いので、
固くてガサガザしている。
クリームをつけるといいらしいんだが、
手をよく舐めるので、犬用のクリームでも心配でつけてはいない。

パンチ君の肉球








パンチ君のプニュプニュの肉球も
年とともに、固くなってしまうのかしら・・・・
アンちゃんに比べて、散歩をズル休みしているから。
大丈夫かしら・・・・

パンチ君の悲しい叫び













朝の散歩前には、アンちゃんにやりたい放題されているパンチ君の
唯一の叫びーー。
それは、アンちゃんが先に足を洗われる事。
アンちゃんは、上下関係なんか気にも止めていないので、
静かに待つ事は、出来る良い子なんだけど・・・
パンチ君は、唯一自分のが上だと表現する立場らしい・・・
お陰で、このカミカミ攻撃でリード三本やられました。

愛おしいもの

今年は、アンちゃんの夏バージョン散髪を一回減らしたお陰で、
部屋に抜け毛が多い。
毎日掃除機と格闘している私。

お陰で急激に冷え込んだ日々に、アンちゃんの冬バージョンが間に合ったようである。
冬バージョンになると、新たな問題が出てくるのである。
それは、アンちゃんの寝癖。
寝癖は、人間の髪だけかと思いきや。
我が家は、寝相が悪い一家でもあるので
当然、アンちゃんも寝癖が付くのでしょう。

寝癖









しかし、この寝癖。
直してあげるのは、簡単なんだけど・・・
寝癖という単語が辞書には無い犬族。
変な寝癖がついていても、
ディーゼル車の音に向かってやかましく吠えたり、
私達に普通に“可愛いポーズ”で甘えたり
悪戯をとがめられて、反省したりするアンちゃん。
笑っては躾にならないんだけど。
真剣な顔で、注意している私の心を見透かしているようなアンちゃん。
この時のアンちゃんは、
抱きしめたくなるほど、愛おしいのだ。


店番のつもり








パンチ君の最大の欠点は、
寂しい時にお店のドアをガリガリする事。
お店に入れてもらえても、
嫌いなブラッシングされたり

店番










スキンシップの名のもとに、
パンチ君の嫌いな事ばかりされるんだけどねぇ~
玄関では、来客に吠えまくるパンチ君なんだけど
お店では、殆ど吠えません。というより、ビックリのが先で固まってる。
たまに、お客さんがパンチ君に触ろうとすると
ヴーって唸ってるけど
これは、多分威嚇というより
犬語を履き違えているみたいで。動けないイライラをぶつけているみたいだ。

お店では、動けないパンチ君に
爪きり、ブラッシング。耳掃除と頭を空っぽにしている私は、
母猿が、小猿の蚤取りをしているみたいだと笑われるけど。
このマッタリ時間が、気に入っている私なのである。
コメントありがとうございます
プロフィール

リンダ

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。