スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチ君のご飯

昨日は、凄く甘えん坊さんに変身したパンチ君。

どこにいくにも、私の膝に乗ろうとする・・・体調が悪くなる前かしら・・・と、私の不安を他所に、晩御飯フードをお代わりしているパンチ君。

最初は、ドッグフードをふやかしたヤツは、殆ど食べないし、歯も痒いらしく歯ごたえのあるフードそのままを一粒ずつ食べさせたりしたもんだから・・・・(パンチ君のお好みは、子供用フードでなく、アンちゃんの高齢用フードがお好みだった)

アンちゃんのおすそ分けフードも、せいぜい3粒が限界だし、缶詰フードも、二さじ食べれば、もういらないポーズ。

こんなんじゃぁ~成長しないじゃん!と、無理やり口の中に詰め込んだ事もあったっけーー。なんて、ひどい母親なんでしょう。

ついに見つけた秘策が、知育玩具のボールの中に、フードを沢山詰め込んで、人間のお昼ご飯の時に、ゴロゴロと転がして食べさせる事に成功。あれから、すこしづつワンコフードを食べるようになってきたんだけど・・・・それでも、主食は缶詰フード。おかげで、口の中は、虫歯だらけ・・・その割には、乳歯がまだ抜けてないのである。

時々、歯ブラシで掃除してやるものの。毎日はとても出来ない。なんとか、ドライフードのみの主食に切り替える事に、挑戦しつつ。缶詰フードにドライフードを混ぜれば、ドライフードだけを、皿から出して、柔かい缶詰フードのみを完食。

大好きなササミボイルにドライフードを突き刺せば、口の中できちんと分別してササミだけ、完食。(あんたは、自動分別機か

一人食事をやめて、スプーンで混ぜて一口づつあげるようになってから、吐き出すフードが段々減ってきた。それだけでなく、フードをいろいろ変えすぎたせいか、あれだけ弱かったお腹が強くなって、

なんでも、よく食べるようになっちゃったもんね。しかしながら、一人食事は、出来ず・・・パンチ君の食事に20分はかかるのんびりさ。

それが、やっと今月からドライフードのみの主食で、一人で食事ができるようになったパンチ君。

一人食事が出来るようになったからといって、側についていなくてはいけないのは、同じなんだけど・・・なんといっても、時間短縮が一番嬉しい。お腹を壊す事が殆ど無くなったのも嬉しい。おまけに、歯も綺麗になりつつあるのだ。

アンちゃんも我が家に来た頃は、歯が真っ黒だったんだけど・・・多分、ゴミあさりでの柔かいものばかり食べてたせいなんだろうねぇ~。軍手引っ張り遊びと、ドックフードで綺麗な歯になるのに、一年も掛からなかったもん・・・・しかしながら、歯槽膿漏はしょうがないみたい。

豚のひずめガム(これは、なくならない代わりに踏むと痛いのだ)とグリニーズで歯磨きしてもらいましょう。

パンチ君の食事が、ようやく一人立ちすると、まるで子供の自立の一歩をみているようで、寂しい部分とホッとする部分と複雑な母の気持ち・・・・やっぱり、私は、我儘な母でもあるみたい。

スポンサーサイト

散歩の後・・・

0e4c9e6d.JPG

ビスちゃんが、とうとう咲きました。復帰までの道のりは長かっただす。しかし、思い切って散髪したのが、よかったのかもしれない。ハイちゃんよりも大きい。本来のハイビスカスの花の大きさでっす。

花が咲いているそばでの、洗濯物干しは、気分が“マジメに主婦してるよねぇ~”って、気分は、洗剤のCMの女優気分。

しかし、その前の散歩帰宅直後は、ドタバタしている。

散歩に行く直前は、張り切っている二匹に、リードを付けるのは本当に大変なのだ。素直に頭を持ってきているんだけど、

吠えなくっちゃ~ 

じゃれなくっちゃぁ~

動きがとまらないんですぅ~  なんとか、リード持って、

エプロンのポケットには、糞袋、携帯、デジカメ・・・これが結構重たい。それと、今季節必需品の日傘。(お散歩バッグ持参すればいいのにーーーとよく言われるんだけど・・・ポケット使い分けのが、楽チンなのだ)

そういえば、昔(アンちゃんしか居なかった頃)中身の詰まった糞袋と日傘を持っての散歩中・・・ゴールデンに出会ってしまい。(アンちゃんは、ゴールデンに噛まれた事があって、それ以来、すべてのゴールデンは天敵なのだ)興奮しかけて、動きの早いアンちゃんを抱き上げようとしたら、

日傘の柄がゴチッ と、頭に当たり、  思わず、日傘を捨てアンちゃんを抱き上げた瞬間。  

中身入りの糞袋が私の顔面に飛んできたのだ 袋が破裂する事はなかったものの・・・時間が経っても、アンちゃんのブツが顔に張り付いた気分。鼻には、臭いがはりついたままーー

自宅に帰るまで、私は何事も無かったから良し。を、繰り返しブツブツ・・・・自分を慰めつつ歩いた事があったんだよなぁ~

と、散歩中にゴールデンに会う度に、思うのである。

散歩から帰宅すると、玄関からお風呂まで一直線の廊下。

まず、二本のリードを玄関に付け。アン・パンチの興奮が収まるまでの間。中身入りの糞袋に、にゃぁ~のブツを詰め、ゴミ袋に捨てに行く。その時に、ちょっとだけ、にゃぁ~と、遊ぶのだ。

その時間だけが、唯一静かにキキ・ララと遊べる時間。(にゃぁ~が許せないアンちゃんは、ドアの柵の前で吠えまくるのだ)

まず、パンチ君をお風呂に連れて行き、足を洗う。(パンチ君を先に洗わないと、ヤキモチからリードを噛み切るのだ)

足を洗いながら、下半身にダニ・汚れがついてないか確認しながら、ジックリと水洗い。綺麗に拭いてあげると、パンチ君は、急いでどこかへ走っていく。  パンチ君の目的は、ボール。最後に遊んだ場所を足を洗われながら、考えていると思われる。

目的のボールを見つけるのと、私がアンちゃんを玄関に迎えに行くのが同時。 滑り込みしながら(玄関マットが、下に落とすぐらいの勢い)ガゥガゥいいながら(ボールを咥えている為)私のお尻に向かって、投げつける

それを無視しながら、アンちゃんを抱きかかえて、お風呂に連れて行く間。ボールを咥えたままガゥガゥいいながら、私の右足、左足をチョロチョロと動き回るのである。  いつか、きっと大事件になる予感。  今までは、すり足で歩くので事故には、なっていないもののかなりの不安な廊下移動なのだ。

アンちゃんの足を洗っている間中。パンチ君は、私にボールを投げつける!  ボール遊びは出来ない!っちゅうねん。何度言ったらわかるの?

そのうち、洗い場にボールが入ってしまうと、ボールは洗濯籠の中に入れられ、洗濯されてしまうのにねぇ~  パンチ君も考えて投げているので(本当かなぁ~?)洗い場スレスレの、アンちゃんの手前。  (このアンちゃんの手前。というのが、パンチ君にとっては、重要ポイント・・・・なぜならば、アンちゃんに渡したくない大事なのオモチャなのだ。しかし、アンちゃんは、全然興味が無い事をパンチ君は、未だに理解できていない)

ボールが私とアンちゃんの間にあると、今度は、足拭き雑巾を咥えて、脱衣場から廊下へと持ちだし、振り回して遊んでいるーー。アンちゃんが足を洗って、上がって、体をブルブルと振る前に、雑巾で水分を取らなくては、私がビショビショになるというのに・・・・折角、用意した雑巾を私の手の届かない場所へ持っていくパンチ君なのである。

雑巾でふき取ってもらえなかったアンちゃんは、動きの鈍い私をあざ笑うかのように、ブルブルと体を振りながら、これまた滑りながらキッチンの方へ走り去っていくのである。

その後を、私は雑巾がけをしながら、アンちゃんを拭いてあげるのである。

キッチンの方へ行ったアンちゃんは、ご飯が出てくるまで、吠え続けるのである。その頃、パンチ君は、お勤めが終わって安心したのか、濡れた自分の体を綺麗になめている・・・・猫じゃぁないんだからぁ~~

アンちゃんが、ご飯をガツガツと食べているのに、パンチ君は不思議そうに、アンちゃんと私の様子を見ているのだ(まったく、毎日の事なんだから、散歩から帰ったらご飯ってのを、何時覚えるんでしょうねぇ~)

しょうがなく、一粒づつパンチ君をなだめすかして、ご飯を食べさせる私って・・・・・まるで、アン・パンチの婆やだわ  ふぅ~

 

キキ・ララ

この前動物病院に行った待合室で、二つのキャリーにそれぞれはいっていた猫の親子。

話を聞くと、ノラニャンコが自宅近くでお産をしたらしいが、初めてのお産だったようで、子猫の扱いが全くわかってない母猫。みかねて助けた頃には、子猫は一匹になっていたらしい。それを引き取って面倒を見ている最中らしいのだ。

まるで、キキ・ララのような話にびっくり。そして、母猫の若さにもビックリ。ララちゃんは推定2歳ぐらいかもと思い込んでいたが、猫好きなお客さんや、近所の人の話では、ララちゃんは高齢に近いのでは・・・・といわれるのが、納得したのであった。

キキ君も、我が家に来る頃に、こうやって病院につれてくれば、去勢も予防接種も受けられたんだけど、なにせ、未だに警戒心は抜けない。我が家の住人も単独でしかそばには、寄ってこないし。複数人数になると、遠くからこっちをみているんだもんね。

おまけに、我が家の倉庫に来たいんだけど、ブロック塀が怖くて、近寄れなかったのも一因かもしれない。

それが、キキ君7ヶ月頃になると、ブロック塀を軽々と乗り越えられるようになり、1歳ぐらいになって、ようやく、ベランダまで来れる様になりました。それまでは、ララちゃん単独でベランダに遊びに行って、寂しくてベランダ下で“にゃぁ~にゃぁ~”と、大騒ぎしていたもんねぇ~

こっちにおいでよ~今では、逆に自分から上がってきて、ララちゃんをこうやって、呼びつけている。

見ている私は、ドキドキ

こっちこっちキキ君が発見した近道は、ブロック塀に乗り、ボイラータンクに乗り、ボイラーに乗り(このボイラーは、冬になると暖かいらしくて、何時もゴロゴロしている)そこから、出窓の屋根に乗り、隣の一階の屋根にあがり(ララちゃんがいる場所が隣の一階屋根)、そこから我が家の一階屋根にあがり、こっちがドキドキするよ

こうやって、ベランダにやってくるのだ。

私にとってここが一番怖い場所。

時々、アン・パンチの寝床を干す場所なので、

屋根を水洗いするからなのだ。(最近は、雑巾で拭くだけにしているんだが・・・ここまで来ると安心

ここまで、来るともう安心。

ベランダに上がった二匹は、面白そうに下界を覗く為に、柵から頭を出して、キョロキョロとしているのである。

広くも無いベランダには、育ちかけの花と、万国旗のようにはためいている洗濯物。家族全員の布団と、ますます狭くはなっているんだけど・・・結構、猫じゃらしの鉢や、後から増築した為に、ベランダ内にある、日陰や日向でゴロゴロしているのである。

動物病院で助けてもらったノラ親子も、こうやって幸せな時間を持てるといいよなぁ~

異常なし

自営の私は、ニ、三年に一度健康診断を受けるようにしている。なんたって、パンチ君を迎えるにあたって、私の体が丈夫で長持ちが、第一の条件だったのだ。

今日一日は、私の病院が二軒。最後にアンちゃんの病院と三軒のはしご・・・まるで、年寄りみたい。だけど、老いかけの私と、老いたアンちゃんにとっては、大事な行事でもあるのだ。ドキドキ

私は、ちょこっとずづ悪い箇所があるものの、これは年齢によるものと診断。今までの不摂生な生活のツケがまわってきつつあるから、しょうがないのだ。 (反省の余地無し)

私の車は、病院への送迎車と思い込んでいる不安毛なアンちゃんと、お買い物に付いて行く気分満々のパンチ君。

一番の心配だったアンちゃんは、最近、気になるビッコが少なくなってきているものの、足首の腫れは大きくなっているような気がする。耳の炎症も、治ったり悪くなったりを繰り返し・・・どこにいくのかなぁ~

ビッコが少なくなったのは、体重が一キロも減っている。そのお陰らしい・・・・でも、これ以上の体重減少は避けたほうがいいとの診断

関門トンネルの中のライトと、昇りの渋滞の車を眺めている二匹。パンチ君は、横着犬なので、私の腕に顔を乗せて、眺めます。後ろのアンちゃんは、景色を見る余裕が全くないのだ。

なんで一キロも体重が減ったんだろう。フードの量は、変わらないし、散歩距離もさほど変化は無い。というより、老犬と新人犬なので極力、大幅な散歩コース変動をしないようにしているくらいだ。時々のドライブ旅行が、原因なのかしら・・・

オヤツをあげる人を、旦那だけにしぼったのが原因なのかしら。やっぱり、人間も動物も恐るべしオヤツなのかもしれないなぁ~

飼い主は、順調に丸くなってきているというのに、アンちゃんがドンドン痩せていったら、旗からみると虐待じゃん! かといって、太らす訳にもいかず・・・

病院じゃんかーー病院到着。不安丸出しのアンちゃん。パンチ君は、ここでは診察を受けた事がないので、なんで、犬が沢山いるのか理解できていない。

お留守番?アンちゃん、診察中!

その間は、一人でお留守番です。

写真なんか撮らないで、コッチにおいでよーーーBy パンチ君。

アンちゃんは、確実に老いてきているようだ。その速さは、私の何倍もの速さでやってきている。最後に、年寄りとの暮らしを私に伝授しているようにも、思える日々がこうやって、続いていくんだろうなぁ

リングル

f6051fd6.JPG

土曜日の夜は、久しぶりの生ライブに夫婦で 行きました。

リングル・・ボーカルのひとみちゃんは、私が習っているタップダンスの生徒さんでもあり、先生代行も兼ねている。物覚えの悪い私に、特別個人レッスンをしてくれる大事な人でもあるのだ。

ミニ先生と駄目生徒としての付き合いが7年も続いているのだが、なかなか日程が合わなくて、私にとっては初のライブなのだ。旦那は、殆ど話しをしたことがないんだけど、ひとみちゃんの大ファンなのだ。

会場は、古い家屋をリフォームした喫茶店。天井のみに、古い部分を残しただけなんだが、小さなステージの周りには、いろんな形のイスを半円に設置。座れる人間は30人ぐらい。後は、立ち見が20人ぐらいでぎっしり状態で、始まりました。フルート

最初は、ゲストが二組歌っていたんだけど、仕事の関係で遅刻した私達は、聞くことが出来なかった。

リングルが登場。

フルート、ピアノ、ギター、口笛・・・・なんでも、こなすひとみちゃんに感動!最後は、タップダンスまで、出てくるのかと心配したんだけど

それは、思案中らしい・・・・ (おいおい、思案中なのかよーー)

コラボレーション私のが年上って事で、気安くひとみちゃんなんて、呼んでいるのだが・・・・教えてもらっている身分だということを、改めて実感しつつも、次回も行ってみたいと思うのである。

サーカスしてるの?

この前、一歳になる♂のミニチュアダックスのママが、

“片足上げて用事をしないけど、いつまで赤ちゃんしてるつもりなんだろうねぇ~”って、心配?してました。

そういえば、パンチ君も片足あげてのオシッコが出来るようになったのが、一歳近くなってから。 新免が取れるはずの二歳9ヶ月の今でも、最初は片足をあげて用事を済まそうとしているんだけど・・・・ついつい、後ろ二本足が上がってしまって、胸に前足にかかってしまう。 全く、ふつーにオシッコが出来んのかい!いつになったら、片足あげて格好よく用事を済ます事が出来るようになるんじゃい

パンチ君は、自分では綺麗好きなつもりらしく、自分のオシッコを踏まないように、前足ジャンプしながら、黄色の水溜りから急いで(何で急ぐのかは、不明)来てるつもりだけど・・・アーータ。思いっきり踏んでまんがなーー

外のトイレは、諦めもつくけど・・・自宅のトイレシートの周りの床は、黄色い脚跡が、テン・テン・テン・・・・さすがに、自宅でのオシッコは腰をかがめてするから、壁に飛ぶ事がないから良しとしなくては、いけないんだろうねぇ。

ウンチの時は、踏ん張りすぎて今度は前足が上がって、うんちの上に尻餅つきそうなぐらいヨロヨロと前後に揺れているーーー

思わず、声を出しそうになるけど・・・パンチ君にとっては、真剣勝負の真っ最中なので、声をだそうものなら、お尻にウンチつけたまま突進されても、困るので、沈黙で・・・それも、こっそりと覗いている私なのである。

こっちが掃除係りなのに、なんでこっそりしなくちゃいけないのかと、時々腹が立つ。 こうなりゃ、仕返しに逆立ちでオシッコしている写真と、二本足ウンチを激写しようと・・・・日々、デジカメ持参の毎日を過ごしているのである。

毛色

アンちゃんの夏バージョンの毛もかなり伸びてきて、

今、全身が真茶色。 といよりレッドに近い色合いかしら。

シェルティー特有の白い襟巻きも半分ぐらい散髪しちゃうんだけど、生えて来る時は、茶色なんだよねぇ~

しかし、完全に冬バージョンに戻る頃には、襟巻きは真っ白。それも根元から。

背中の毛は、毛先が黒くなって・・・全体的にシェルティーの毛並みになります。名前は、長すぎて覚えられないんだけど・・・(可哀想なアンちゃんだす。正式な名前すら飼い主は知らないんだから)

パンチ君は、大きくなるにつれてクリーム色が無くなってきて真っ白になってきているんだけど・・・よーーく見ると、茶色い毛があっちこっちに一本ずつあるんだよねぇ (それでも、真っ白に見えるのが不思議)

キキ君は、カラスに穴ほがされた後ろ首は、完全に毛に覆われて、傷口は、どこなのかもわからないくらい完治しましたが、あれだけ綺麗な真っ黒(チンチンの所だけ白いんだが)だったのに、後ろ首に、チラホラと白い毛が・・・・あれは、黒になることはないのかしら

ララちゃんは、避妊手術の時、お腹と点滴の腕をそられたけど、最初から、まだら色に生えて来てました。

私にとっては、動物の毛色ってのは、七不思議の一つだなぁ~

とくに、アンちゃんだけは理解不能だ。それでも、アンちゃんは若い頃に比べて黒い毛が減ってきているのは確かなんだけど・・・

一日分の汗

1c23ecb5.JPG

昨日の夕方のお散歩の時。公園の片隅で見つけた彼岸花

15分早起きをお願いした旦那と共に、お散歩に行きました。

こっそり、ポケットに隠した オヤツ。アン・パンチの嗅覚を忘れていました。散歩に行く前から、大興奮のアン・パンチ。

早くーー。ワタシャ張り切ってるぞーー!”

“散歩。散歩。散歩ーーー。ご褒美頂戴!”

おしっこしたよーー。ご褒美頂戴。  ちゃんと、○ンチもしたぞ!

早く、ご褒美がほしーー。  足に二匹がまとわり付いて前に進まない。  全くぅ~ 食べ物しか目に入らんのかい 

躾けの為のご褒美なんだけど、この二匹はどうも、勘違いを躾けしたみたい・・・・・素直に失敗だと言ってしまえーー

アンちゃんそれでも、アンちゃんはなんとか写真に収める事が出来たけど・・・・オヤツ係りの旦那は全く必要なし。

旦那がおやつを持つと、カメラにお尻むけてるんだもん。それじゃぁ~ただの、外でオヤツを貰っているワンコの写真だ!

パンチ君結局、

パンチ君は、この写真しか撮れなかった

後は、落ち着きの無いワンコ二匹のブレた写真ばかり・・・・

お陰で、散歩帰宅後は私はお色直しをしなくっちゃいけないハメになったというのに・・・・

オヤツをやたらと貰って満足した二匹は、オヤツの夢でも見ながら、二番寝に入るのであった。

こんな写真じゃぁ~、彼岸花はあまり関係なかったような気もする。

よしよし

お彼岸のお参りを、今朝一番に行きました。

仕事だと起きない我亭主。昨晩暑かったようで、リビングで寝ていたようです。(それすら気づかない私も凄いが・・・

一緒にと、アン・パンチも連れて行ったんだけど、

座席の所に白い毛玉がゴソゴソしてるので、でかいゴミを月曜日に下ろすのを忘れていたのかと思ったら、パンチ君でした。どうも、パンチ君は、まだ眠たかったようです。(全く、低血圧なワンコ

お墓掃除をしている間は、側から離れず私達の姿をジーッと見ていたんだけど、あれは二匹とも目が覚めてなかったんだろうなぁ~

帰り道の公園では、おおはしゃぎで走り回っていた二匹。

せっかく、月曜日に洗ったばかりなのに・・・枯葉と湿った土だらけになったじゃん。

家に帰宅すると、二番寝を決め込む二匹。おーーい。本当に犬なのかーー?

キキ・ララを倉庫から出して、倉庫掃除と洗濯物を倉庫に干していたら・・・雨が降り出しました。

しかし、この前思いっきり前足を踏んでしまったのでキキ君は、倉庫に戻りたくても戻れない状態。(よしよし!洗濯物を干している時は近寄らずべし。

ララちゃんはといえば、フードボックスの蓋の上で小さく待機。(ララちゃんのが、やっぱり賢い)

 

ふぅ~

旅行明けは、かなりチュライだっす。

なんたって、昨日の夜からの筋肉痛がひどくなり・・・

今朝になると、腕の筋肉痛も・・・・

アン・パンチは、旅行疲れからか、一日中ゴロンゴロンと、

あんたたちは、羨ましいよねぇ~~ お母さんは、洗濯を四回まわしたけど、干し場がなくなったので、明日にまわした汚れ物が二回分あるんだぞーー。

まっ、アン・パンチも楽しんだドライブだったし、私の体も喜びの筋肉痛が残ったし。よしとしましょう。

あーーー。キキ君には、かなり怒られてしまいました。

砂場には、○ンチが沢山!拾うのに、尻尾で私の顔をなでながらサッサと、ヨシヨシするんだよーーー猫パンチ

台所には、坊ちゃんが作った(はちみつを入れすぎて気分が悪くなる)カレーが残っています。

これって、人間にも怒られたって事なのかしら・・・

しばらくは、私もマジメに主婦と母親しましょう。

最終

549ddb97.JPG

普段は、誰も早起きなんてしないのに、お休みの朝はみんな早起きだっす。私はもっと眠りたかったんだけど、旦那が、アン・パンチよりもウルサイのだ。 “あのねぇ~、アン・パンチが目が覚めてないのに、なんで人間のあんたが、散歩したがるのさぁ~”

仕方なく・・・・朝の散歩を満喫。朝ごはんを作る心配も、お弁当を作る心配も、坊ちゃんを起こす心配の無い朝は、気持ちが良かったりもするんだよねぇ~

朝ごはんを無事平らげ、今日の帰宅コースは、杵築城と国東半島を回るコースを選びました。

杵築城の駐車場に車を止めると、どこからともなくニコヤカなおじさん登場。 ここからお城は、長い階段できついから裏の駐車場のが、早くていいよーー。帰りに、レトロ館があるから、寄ってよーー

裏の駐車場まで、おじさんが引率してくれました。

親切な人だけど、役所の人かしら・・・

と、ヒソヒソ話ながら、お城を散策。このお城には、いろいろな時代の灯篭や、お地蔵さんがあって、時代の表情というか、彫った人の人柄なんかも、チラッと見えて面白いものでした。

さて、レトロ館。私の財布には、2000円しかない。入場料は500円。  でも、親切なおじさんの好意もさることながら、レトロ館を見るのは好きな私。  よって、旦那とアン・パンチは駐車場でお留守番。理容イス道具

 

 

 

 

 

最初に目に付いたのは、理容イス。なんとこれが明治時代の未使用って事。鏡の裏には、当時の新聞が張ってあったりもするそうで、道具も、昔の手バリカンから、電動バリカンまで揃っている。

テレビにいたっては、昭和の40年代もの。(うーーん。生まれがわかっちゃうかしら。) 我が家には、お下がりのテレビだったけど、チャンネルを回すタイプの懐かしいやつ。兄弟喧嘩の果てに、このテレビは、ペンチでチャンネルをまわしていました。

机懐かしい机。奥にあるのが小学校入学の時に、父が質屋から払い下げてもらったタイプと同じ机だ。  友達のは、上にライトが付いてたり、本棚があったりして近代的なのに、私のは、どうしてこんなに古ぼけてるんだと、親子喧嘩があったよなぁ~

車二人目の妹が生まれて、ようやく我が家にも車がきました。こんな感じだったと思う。

今までは、バイクだったから不安定で怖かったんだよね。今思えば、ギュギュウに乗っていたんだ我家族達は・・・

 

 


喧嘩途中、切り立った岩山に遭遇。

観光名所らしい看板があるけど、人の姿が無い。格好の散歩コースだ。

アン・パンチと散策しながら、パシャパシャと、撮るものの大きさがわからないので、

岩の所に小さくカップルがいたので、これをものさし代わりにパチリ

満足して、車に戻ると先ほどのカップルの男性が“自分の心をよく考えろ!”と女性に怒鳴っている。

なぁ~んだ。感動の声にしては大きくて、長いセリフだと思っていたんだけど、喧嘩の真っ最中。  水の音で本人達は聞こえないと思っていたようだけど、丸聞こえですからぁ~

鬼が作った階段まがぶつの看板を発見。

なんでも、人を食べる赤鬼を騙して、一晩で百段の階段を作れと要求して出来た階段らしい。

私は、毎晩赤鬼に変身しているので、昔の赤鬼にかなり同情。

これは、是非見に行かないと・・・・ということで、歩く事10分。それまでの道は、鬼が作ったにしては、綺麗な石畳が10段ぐらい。その後は、工事中のぬかるみが延々と続いている。

やっぱり、鬼もたいしたことないよねぇ~と、登山と勘違いして嫌がるアンちゃんをなだめつつ(無理やりリードを引っ張っているだけ)

道を進んでいくと、でたぁ~。  これが、本物の鬼が作った階段。

階段というより、石を並べただけ。おまけに雨上がりで滑りやすい。傾斜も急すぎる。   ここまで来てまがぶつを拝めないなんて、

悔しいので、パンチまでが嫌がるのを無理やり、引きずってヒタスラ登りました。

魔磨仏うーーん。ぼけてる。写真には写ってないが、左の仏像のが、古くて溶けかけているものの

現代のオッチャンって感じの、にこやかな笑い。右の方は、怖い仏像。

写真は、その間の小さな仏像。(この仏像の腐食が一番ひどかった)

さぁってと、満足した私は、無理やりアン・パンチを連れてきたので、

首からバックを提げ、右腕にパンチ君。左腕にアンちゃんを抱えて一人下山しました。

下山後に、車の中で爆睡したのは言うまでもありません。

お陰で、帰宅直後から足の筋肉痛に悩まされています。これは、無理やりあんな階段を登らせたアン・パンチの怒りでしょう。

すえよ志

ミニではなくなったシュナウザー途中、道を間違えて狭いクネクネ山道を走っていたらしい・・・(私達はまたもや爆睡状態なのだ) お陰で、旦那は、内海の棚田を発見する事が出来て、満足だったらしい。

今回の旦那の目的は彼岸花とコスモス。昔の田んぼの周りには、彼岸花が沢山咲いていたらしいが、近年少なくなって、風情が無くなったと(つい最近、カメラにはまったくせに、文句の多い旦那である) 棚田の写真は、夕日か朝日の時間。しかし、今回は通り雨のお陰で、山から白い煙が上がっていてそれだけで、十分気持ちのよい空間なんだけど、その気持ちよさを写真に収めるのが、難しい・・・・らしい。 結果はどうなることやら。

目が覚めると、ホテルすえよ志。大分駅近郊の大型ホテル街の中の一軒です。昔は、海岸べりにあったんだろうけど、お隣のホテルが増築したので、我ホテルの窓から見えるのは、お隣のホテルの廊下。 かなりの老舗のホテルらしい・・・周りが増改築に、リホォームしているので、そうみえるかもしれない。

ホテルの中は、11月リニューアルに向けて、所々工事中の様子もある。従業員も老舗らしい高齢の人ばかり。

気づかないふりーーしかし、この高齢の人達は、派手な化粧のわりに素の一言が優しいのである。始めは、部屋にも、従業員にも警戒していたアン・パンチ。 アンちゃんは、景色の見えない場所で、並べられている晩御飯に気が付かないフリをしている・・・・おいしそうな匂いだワン

私の実家に行きなれているアンちゃんは、ご飯がテーブルに並べられると、自分から部屋の外に出て行かないと、誘惑に負けるからだ。でも、お父さんの“駄目”が聞こえないのをいいことに・・・少しずつ前に出てくるアンちゃん。

料理部屋食とは、知らなかったので。ホテルに到着してすぐ、人間はお風呂へ~

そのご、アン・パンチを散歩に連れ出し、そのまま部屋に連れて行くと、料理がドーーンと並んでいた。これでは、アンちゃんでなくても、少しずつ前に出て、見たくなるっちゅうもんだ。

アンちゃんの定位置結局、アンちゃんは何処に行ってもそうであるように、部屋の隅(部屋が一望できる場所)に腰を据える。

折角、アン・パンチ用にとキルティングマットを用意したのに、その場所だと死角があるらしい。二匹とも、匂いをかいだだけで、落ち着く事は無かった。

何時もの定位置パンチ君といえば、何時もの定位置。お父さんの右横。用意をしてくれている従業員さんに、警戒のワンワンをしたわりに・・・食べれもしない食べ物に興味津々なのである。

 


特別食何時もは、味付きの人間おかずは、あげないけれど・・・ヨダレダラダラしながらでも、ちゃんと部屋の隅で待っていたアンちゃんに、ご褒美の食事。和え物の中に入っていた味のついてないササミと、茶碗蒸しの卵。かまぼこ。エビフライのえびの尻尾。甘エビの尻尾と頭を湯通ししたやつ。  ちょっと、塩分が気になるけど、一回ぐらいならーーーと、ヨッパの飼い主夫婦なのである。

爆睡お腹も満たされ、今日一日散歩に疲れ果てたアンちゃんは、この時間ならお嬢や、坊ちゃんと遊ぶ時間なんだけど・・・爆睡

よっぽど疲れたんだネェ~ しょうがないね。(我が家の老舗のワンコなのでもあるのだ)

お母さんはアッチだよパンチ君はといえば、この部屋にようやく慣れてきたのか、お父さんがテレビを見ていると

当たり前のように、布団で眠る体制になっている。その目は、お母さんは、キルティングマットの上で、眠りなさいね。とでも言うように・・

アンちゃんは、お布団に入る事はしないおりこうさんなんだけど。結局、パンチ君は、あっちの布団、こっちの布団とゴロゴロしている。パンチ君だけでも、洋服を持ってきてよかった。

お父さん、早く帰ってきてただ、旦那が温泉に入りに行った時は、何時ものように出て行った(本人は、玄関と思っている)場所に向かって、ジッと待っている間は、お布団から降りていたけどね。

 

 

ドライブ

159c3750.JPG

待ちに待ったドライブ時間です。この支度の時が一番大変なのだ。とりあえずは、車にワンコシートをひきつめて、アン・パンチを乗せます。それから、荷物を積み込みーーー

今回は、初体験のワンコと一緒に泊まれるホテルなので、余分な寝床が人間一人分の大荷物になりました。

針ねずみ途中、ネット友達の家 へ寄りました。

噂でしか知らなかったパンクロックの針ねずみのメンバーでもある坊ちゃん。

うーーん。担当を聞いてくるのを忘れてしまった。ステージでの写真を見せてもらったけど、生の坊ちゃんが、あまりに男前だったのだ 普段は本屋さんで働いているらしいが、その本屋さんは、パンクファッションの従業員ばかりらしい。一度、本を買いに行きたいものだ。

寝ぼけ眼友達の家を深夜12時頃出発。

その頃には、アン・パンチも何時ものドライブ気分になったのか、後ろの席で静か・・・・・なのは、アンちゃんだけ。パンチ君は、寝床を整えるべく、ホリホリが忙しい。

今夜の野宿先は、小国のコスモス畑。2時ごろ到着したらしい

なんたって、私もアン・パンチも夢の中なのである。お疲れの旦那様は、朝日とコスモスの写真を撮るべく、場所探しに忙しいみたい。全く、本物の遊び人の旦那は、お休みの日は、二晩ぐらい眠らなくても平気なのだ。私と同じ人間かしらと、思う事がしばしばある。

朝日と共に、バタバタと車の後ろドアを開け閉めするものだから、否応なしに、起こされるアン・パンチと私。ボーーーッとしながら、コスモス園の駐車場をお散歩。

このコスモス園は、入場料500円。開店前。山の斜面に出来た自然群生地なのである。しかし、悲しい事にまだまだ、咲き始めたばかりで、禿山にチラホロのピンクやオレンジ。入場料も限定金額の200円。ポニー

駐車場をウロウロ散歩していたら、熱い視線を感じる方向をみてみると、ポニーが二頭。

こっちの様子を伺っている。しかし、カメラを向けると、そっぽを向くのだ。

アンちゃんは、寝ぼけているので気が付かない。パンチ君は、リードをお父さんが持っているのを確認しつつも、遠くで吠えてみる。

“アンちゃん。大きいワンコがいるぞーー。気をつけろーー”

ポニー達は、こんな光景なれっこみたい。


どこにいくの?朝の短いお散歩を済ませると、今度は人間の朝風呂と朝ごはん。

“次、何処行くの?”

パンチ君は、寝床と枕を積み上げた一番上に乗って、体殆どが車から落ちそうなぐらい。張り切っている。アンちゃんは、沈着冷静なので、オヤツがもらえる時しか、後ろには来ないのである。

私の朝ごはん焼きカレー前から目をつけていたログハウスの喫茶店。ここで朝食。私は、左のたかなめしに、団子汁のセット。旦那は焼きカレー。右の白いのは、お勧めのジャージャー牛乳。濃くて美味しかった。大分の団子汁は、太いウドン麺をつぶしたようなヤセウマと呼ばれる団子なんだけど、ここのは、手で握ったそのままの形の団子。お野菜タップリで美味しかった。朝からカレーの旦那の量は、少なそうに見えたけど、これが結構なボリュームがあったらしい・・・二人でフゥフゥいいながら、ナントカ完食。

その間、ドンドン集まってくるのが、ツーリング族。バイクの大きい音に、ビックリしているのは、パンチ君だけなのである。

車の中から、時々こっちの様子をみながら、バイクの音に吠え。私達を確認すると、寝床を掘っている。(何処に行っても、忙しいヤツだ)

ハゲの湯溢れすぎ朝風呂は、はげの湯。ここらへんは、温泉ばかりなんだけど、ネーミングが断トツに面白い。一度体験したかったのだ。家族風呂一部屋800円。24時間営業なのだ。一家族ごとに、お湯を入れ替えるのが特徴。

山の傾斜に立てられているので、景色も抜群。ドアの外に800円を投入すると、お風呂にお湯が溜まりだす。その勢いの凄い事。3,4人風呂なんだろうけど、100センチ×160センチの浴槽が服を脱いでいる間。ニ、三分ぐらいで満タンになっても、お湯の出方が凄いので、洗い場が川のように溢れている。これじゃぁ~、どっちが浴槽がわからないぐらいのお湯の量だ。

お湯が止まるのが、だんだん不安になってくる勢いだ。二人で、体と頭を洗い終わる頃、ようやくお湯も止まり・・・・改めて満喫。

白いにごり湯で、ツルツルしている。水温は54度。でも、体感水温は、ぬるめ好みの旦那にも、暑め好みの私にも、丁度良い水温。

暑め好みの私でも、朝から熱いお風呂は、刺激が強すぎるから丁度いいのだ。それでも、温泉特有の臭みは殆どないものの、汗がなかなか引かない。

さっぱり気分で、お風呂から上がると受付の人に、“もう、上がられたの?”って、笑われてしまったけれど、朝日がガンガン照っている車の中で待機しているアン・パンチが心配で、

車の側で、湯上りのまったり気分を味わいました。

一日目

b7c32c32.JPG

体もさっぱり、おなかも満腹。アン・パンチも散歩気分満々の一行は、由布院までドライブ  しかし、世間は連休なので、渋滞を予想して・・・・私とアン・パンチは、二度寝 に入るのであった。

案の定。大渋滞の由布院。しかし、ここでの目的は、猫屋敷

猫屋敷。

猫グッズが一杯で、見ているだけで楽しいのだ。毎回猫柄のお皿を買うつもりで、のぞくのだが・・・値札と懐との折り合いが付かない

探していた三角のお皿と、四角のコップがあったけど・・・大きさがねぇ~と、イチャモンをつけつつ(悲しい自己弁護だ)断念。

代わりに、キキ・ララと一緒にお留守番をしている人間の子供達に、恋の招き猫と、幸せを呼ぶ招き猫のブローチをお土産に買う。

犬屋敷犬屋敷。

ここの目的は、アンちゃんの胴輪。8年も使いこなしすぎて、接続面が危険が一杯なのだ。それと、“たまご”という名のパンチ君のおもちゃ。たまごは、予想どおり無かったものの。

胴輪は、アンちゃん・パンチ君と色違いのヤツを購入。今度は、体にソフトな肌さわりのにしました。この胴輪の軍資金は、旦那がコツコツ貯めた麻雀やゴルフで稼いだお金。 あぶく銭は、思い切って使いましょう! って事で、お金に糸目をつけないお買い物をして私の気分は、ルンルン

スワンにスワンが。。。私がお買い物を楽しんでいる時間は、旦那とアン・パンチのお昼寝の時間。

あっ、アン・パンチは暑い昼間は、車中爆睡時間が多いのは、致し方ない事なのだ。

なんとか、由布の観光渋滞をぬけ、志高湖。ここは、キャンプ場としても、有名な所だけあって、小さな子供を連れた家族連れや、いろんな種類のワンコが沢山いた。初めてみる犬種もいたし、(ミックスだったのかしら・・・)残念な事に、フレンドリーパンチ君と交流を楽しんでくれたワンコとの写真を撮ろうと試みるものの・・・全滅に終わった。ムシャムシャ湖をゆっくりと散策。この平坦な道は、アンちゃんも気に入ったようだし、なんといっても周りの木が木陰と心地よい風を運んでくるので、セレブ気分でのお散歩を楽しむ事が出来・・・・・・と、

顔に何滴かの冷たいものが・・・・・ム・ウ・ウ・ウーーン 駐車場まで後わずかの距離で、大雨に打たれてしまった。

これから初体験のホテルのお泊りだというのに、クチャイ。貧相犬になってしまったのだ。


もったいつけないでぇ~ホテルに行くまでには、なんとか貧相だけでもクリアしましょう。ということで、途中、吊橋の看板を見つけました。

さぁってと、木の橋を怖がるパンチ君は歩けるかしら・・・と、意地の悪い母は、由布院の犬屋敷で買った。馬肉の燻製で、気分を盛り上げての決行する念の入れようなのだ。

こわいよーー案の定。吊橋は怖くてビクビクと歩いている。

前後には、子供連れの親子が、大袈裟に橋を走って通るので、かなりの揺れ~~

今までは、壁の無い橋は怖がっていたアンちゃんはというと、渓谷の景色を堪能している・・・・遠くに、渋柿がいい色だったので、それを狙っているのかしら・・・

それでも、車に帰ると・・・

何事もないような顔をして、次の目的地を待っているパンチ君なのであーーる。

この嫌な事は、すぐ忘れる性格は飼い主似?

張り切ってます。

今夜から、久しぶりの写真ドライブに行きます。

今年は、お金がなくて日帰りばっかりだったけど、今回はお泊り。

それも、初体験のワンコと泊まれるホテル。今までは、アン・パンチは車中泊だったもんね。アンちゃんは、車の中だと、置いていかれる心配がないのが安心らしい。(なんたって低血圧ですから・・・)しかし、パンチ君の初めての車中泊は、4ヶ月の時。心配で一晩中起きていたらしい。翌日のドライブでは、私の膝の上で爆睡の一日だったもんね。

そのうち、パンチ君も大人しく車中泊出来るようになったものの・・・部屋から車が見えない駐車場は、私が心配。でも、ペットと泊まれるホテルのイメージが、いまいち悪いんだよねぇ~

食わず嫌いかもしれないと、今回の初挑戦になりました。

普段は、ドライブに行こう!って言った途端。大騒ぎするアン・パンチの為に、車の支度をするまでは内緒なんだけど。旦那もウキウキしているのか、昨日の夜に宣言してしまった

そりゃぁ~夜中だというのに、大騒ぎのアン・パンチ。行く気満々。   ギャワァワァワァ~ン。

 ウリャォォォォ~

 ワンワン。

 ヒーヒヒーーィン

今朝のアン・パンチの目覚めは、ひどかった。私が下に降りてもアンちゃんすら降りてこない。

散歩に誘っても、当然パンチ君は降りてこない。旦那から離れると置いていかれると思っているみたい。

パンチ君、朝のお散歩却下。 

アンちゃんは、一人なの~?  おもしろくなーーい。 ドライブは

と言いたけに、ショボショボと私の後を付いてくる始末。

今は、完全にいじけた状態のアン・パンチなのである。

あの話は、嘘だったんだーー。 だましたんだ と、私の頭に直接テレパシーを送ってくる。

はいはい。全くぅ~  今から少しずつ準備しましょうかねぇ~

なにしてんだよ~

0b1d0b71.JPG

お母さんが、まじめに主婦してるかどうか監視してるのにーー

なんだよ~~

新しい子分達かい?

おしおきに、一杯遊んでもらうからね

宵っ張り

パンチ君は、朝がめっぽう弱い犬らしくない犬です。

しかし、夜は強い。旦那が夜遊びをして午前様での帰宅するまで玄関で待ち続けるのだ。

昨晩もそう。いったい何時に帰って来たのか・・・・気が付くと朝になって横に旦那。足元にパンチ君が転がっている。

そうなると、パンチ君の目覚めは極端に悪いのである。なんたって、散歩ーーって叫んでも、アンちゃんが行く気分満々で、張り切って吠えてるのに、(近所中マル聞こえ状態)

何度、パンチ君を呼んだか判らないぐらい(私も寝ぼけているから)寝ぼけた目のまま、二階の踊り場からこっちの様子を伺っている。リードを見せても、無反応。

おーーい。あんたは犬なんだよーー。散歩嫌いなのかぁ~

おいていくよーー。

アンちゃんとルンルンで玄関のドアに手を掛けようと・・・なんで、朝からワンコ相手に演技までせにゃぁならんのか・・・と心の中でブツブツ文句いいながら。

ようやく、一つずつゆっくりと階段を下りてくる。

あんたは、貴公子かーー  と、文句いいながら、リードをつけてようやくお散歩出発。

悲しいかな。アンちゃんも宵っ張りだったのだ。アンちゃんは、散歩の言葉に反応はするけど、実際外に出ると、ボーッとして、用事を完全に忘れている。

まったく、あんた達は、犬の自覚があるんかい!

朝の気持ちの良い時間に散歩を満喫させてあげようというこの親心をちっとも理解出来ないアン・パンチなのである。

これって、飼い主に似るって事なのかしら・・・

今日出合ったお友達

夕方少し早めのお散歩に

アトム君久しぶりに出合ったアトム君。パンチ君と同じくらいの月齢なんだけど・・・内弁慶の性格みたいで、アン・パンチの姿を見ると、近くまで来るんんだけどねぇ~  一メートル近距離になると、バリアを張るのだ。

パンチ君は、 “ちこうよれーー。オヌシと友達になりたいやんけ”

と、のっけからワンワン攻撃したもんだから・・・トラウマになってしまったようで、怖がってる。

お互い吠えあう事は、しなくなったけど。 バリアが抜けない恐れ君なのである。

ケンタ次に出会ったのが、ケンタ君。この子が散歩デビューした時と、アンちゃんがデビューした時期が一緒。(ケンタ君は、生後半年。アンちゃんは、人も動物も信用出来なくなった推定年齢3歳の頃)

そんなアンちゃんの心の氷を溶かした、心の恩人でもあるのだ。

あれから10年。ケンタ君は、タマタマが生まれつき一個しかないせいか、おじいちゃんになっても、元気一杯。アンちゃんといえば、側によっても怒らないかわりに、相手もしないおばあちゃんになりました。しかし、パンチ君には、きちんと挨拶をさせようとします。(自分は、しないくせにね)

しかし、パンチ君は、やんちゃなケンタ君が大嫌い。でも、気になる存在みたい。自分から側に行くくせに、近寄るとヴーヴーと、唸ります。全く、我儘なパンチ君です。

レオちゃん最近、お散歩デビューしたレオ君。

8ヶ月ぐらいの元気一杯の大きなベビーです。散歩嫌いなんだけど、パンチ君が大好きみたいで・・・アン・パンチを見ると、遠くからこの小さい体で、飼い主を引きずって近寄ってきます。今日も、興奮しすぎたパンチ君とレオ君。

この停止写真を撮るのに、どれだけ大変だったか

レオ君が、大人になってもパンチ君とこうやって元気よく遊んでくれるといいけどなぁ~~  一番の心配は、この二匹は、交配と支配と興奮の違いを理解してない事なんだよねぇ~  仲良くオチンチン舐めっこして喜んでたもんね。  

秋晴れ

8fe242ae.JPG

久しぶりにお天気なんだけど、丁度良い気温。

それにも、かかわらず今日のお仕事はお休みしたらしいキキ君。

早目の晩御飯です。ニャンコフードのCMで、ニャンコが目をつぶって食べているんだけど・・・キキ・ララは、確か目を開けたまま食べていたような~~  これって、野生丸出しって事かしら・・・と、確認してみたら。な~んだ。目つぶって食べてるジャン。

ササミボイルを手からあげるときは、目を開けて、私の指を噛まない様にそっと、受け取るキキ・ララ。

アン・パンチは、指からはみ出た部分を咥えて受け取るんだけど。

これって、種類の違いなのかしら。それとも、性格の違いなのかしら。疑問だ!

食べ物といえば、ララちゃんの背中は、白おはぎに黒ゴマがまぶしてあるみたいだと思う。この細い路地を歩いて倉庫に行く時は、白おはぎ足を私に踏まれないように、私の横をこのブロック塀の上を歩く用心深い(学習能力があるともいう)ララちゃんなんだけど・・・

ララちゃんの背中を見ると、私も甘いものが食べたくなるのである。

私の背中は、ララちゃんみたいにドテッとは、なりたくはないのだが・・・・

ララとふくろう同系色のララちゃんとふくろうポストの足。

ララちゃんに、カメラをむけると、スグ側まで来るので、(待てが通用しない)なかなか撮れないのだ。

まっ、アン・パンチもおやつが無いと、お座りも待ても出来ないから・・・・と、自分の写真の腕の言い訳にしているのかもーー

 

なんだよ~アンちゃんは、かなり毛が伸びてきて、今では立派な雑種カットになっている。ここまで、毛が伸びてくると、コロコロした体系にみえるから、いなり寿司に顔と尻尾がついてるみたいに見える。  んーーん。なんでも食べ物に見える私って、お腹がすいてるのか、タダ単にいやしいだけなのか・・・・後者だろうなぁ~

アンちゃん “写真や、パソコンより散歩の時間じゃないの~?”

         “ワタシャ、待ってるんだぞーーー。決して、寝ぼけているわけじゃないぞ!”

 

ホヮーとした気分

朝から小雨が降ったり止んだりで、巡回パトロールをお休みしたララちゃん。

ようやく夕方近くになって、濡れた道路が乾いた頃にお店に遊びに来ました。ららちゃんがくつろぐ間も無く、お客さんがきたので、二人で散歩がてら、市報を配りました。

一生懸命、車や人から身を隠しながら、付いてくる姿に、近所の人が “この猫。お宅の猫やったんやねぇ~  昔は、野良だったでし   ょ。その頃は庭に、うんこ、しっこされて、かなわんやったけど。最近、しなくなったよ。って思ってたんよ。”

 “飼い主がちゃんとしてると、躾けもよくなるね。”  って、誉められちゃった。

なんだか、心に暖かいものがタラーと流れてきたような~

無事、帰宅した直後のニュースで、保健所に運ばれた犬の様子を写していました。みんな、怖がっていて一箇所に固まって、おびえてこっちの様子を伺っている目が印象的なニュースでした。

中には、病気になったので捨てられた犬。若くて賢そうなのに、捨てられた犬。

写真展が福岡であるみたい。私も、同じ写真展を3年前に見に行った事があります。涙が止まらなかった。心に疑問符ばかりが・・・・・私には、どうしようも出来なくて。それも、悔しかった。

その後に、兵庫県のペットショップが、赤ちゃんワンコを売る商売をやめて、保健所から引き取った成犬ワンコを、ある程度躾けをして売るんだか、紹介するんだかの商売に切り替えた話でした。

引き取られたワンコのその後は、ドクターボランティアに大活躍していたり、暖かい家族の一員になって、穏やかな目つきになったワンコ達を紹介してました。

どの動物も、最初から悪い性格は無いと思う。でも、私には、それを矯正するノウハウも、術も知らないからねぇ~

とりあえずは、我が家に居ついた四匹だけは、死ぬまで穏やかな目つきにしてあげたいと思うのである。

 

 

 

吹き返し

昨日は、一日お留守番してたアン・パンチにキキ・ララ

夕方、お嬢が散歩に行ってくれたけど・・・糞袋が空のままリードに結んであったし・・・・やっぱり、アン・パンチは、私がお散歩に連れて行かないと、自己主張しないのだ。う~ん。親ばか丸出し。

お陰で、朝早くから、パンチ君は大きい○ンチにオーストラリア地図まで添付してあったよ。アンちゃんは、何時もの場所まで辛抱できずに、助走なしで用事を済ませてたし・・・・

キキ君は、夜中に脱走したので、小窓を開放してたんだけど。

私がリビングに下りてくると、“ただいニャァ”と、大騒ぎ。

まるで、台風の吹き返しのような朝の慌しさでした。

昼間は、お仕事やブログカキコミに忙しくて、ほったらかしだったんだけど、おりこうさんに四匹とも待っていました。朝のうちに吹き返しは収まったようです。

アン・パンチを夕方のお散歩行った帰りに、我が家のお向かいで待っている黒猫。  思わず倉庫に入ったはずにキキ君と勘違いしました。キキ君の父親だろうボスでした。

最近のボスは、横腹が禿て、毛並みも荒い・・・かなり病状が進行しているみたいです。心配なんだけど。もう、これ以上ニャンコを増やすわけにも行かず。

しかし、ララちゃんは恋人の認識があるのか、時々キャットフードをあげてるみたい。キキ君は、乗っ取りを嫌がって、喧嘩を売るので二匹の♂は絶対的にむりっです。おまけん、病気が移ったら困るもんね。可哀想だけど、“うちの子には出来ないんだよ~”って、言うんだけど・・・・ミョーに私には心を許しているみたい。側で、お座りして話を聞いている。

心を鬼にして、ボスを拒否してるんだけどねぇ~

招き猫

満腹で、動かない体と、お土産を車に詰込んで、次の目的場所は

高島の宝当神社。ここにおまいりすると宝くじが当たると評判の神社なのだ。この長い人生の中で二度しか、宝くじは買った事がないし、感動するような運気がめぐってきた経験もない私。

宝当神社ちゃぁーーんと、お参りしてきました。

唐津城の駐車場から船に乗って、高島に行きます。所要時間20分ほど。一時間半に一本の定期便です。

船の中には、福運を捕まえるには、船着場を左回りで神社に参拝するのが、一番正しい道順らしい。 それを、話していると隣に座っていたアタッシュケース抱えたサラリーマンの若者(30代ぐらい)が、右のほうが、本当の穴場の道順なんですよ。 って、暖かい助言をもらいました。

助言どおりに、右回りで歩く事100歩。キラキラのお土産やの中には、大小さまざまな大きさの宝袋(購入した宝くじをこの中に入れて、神棚に置くと。当たるらしい)それも、この店が元祖なので、この店の宝袋を買い、神社で宝袋に福を詰込むのが流儀らしい。

こんな派手な袋が結構いい値段で売っているんだけど・・・私の目には、表のこの人ごみの中でも大人しく・・・でもなかったか。ゴロゴロと寝転んでたもんね。招き猫

キキ君よりちょっと大きめのニャンコ。おーーい。って呼ぶと、知らん顔するんだけど。頭をヨシヨシってさすってあげると、キキ君みたいに背筋がピシャって伸びて喜んでた。メンバーの一人が食べ残しのアイスをあげると、美味しそうになめてたよーー。そういえば、今日はガンガンに日は照っているし、湿度も高い。 

殆ど、車の中だから、湿度は気にならなかったもんね。私達は。

船着場から神社まで、徒歩一分の距離。参道といっても、民家がひしめき合っていて、二人横に並んで歩く事は出来ない細いクネクネ道。

神社の中をゆっくりお参りして、ふと横をみると→ 矢印がある。

神社の床下には、神様に一番近い場所で拝めます。とのキャッチフレーズで、小さなコンクリートで出来たお社。

おいおい、お社の上に御社を建ててもいいのかーーと思いながら、とりあえずは参拝。

船着き場近くの恵比寿さんに参拝。

船着き場には、すでにメンバーが集まっていて。そこで、初めてサッキさわったニャンコの話を聞きました。

あのニャンコが招き猫で、さわったりするとご利益があると週刊誌で騒がれていたらしい。それなら、私もアイスをあげればよかったよ。と。かなり後悔。

おまけに、あのニャンコのプロマイドまで売っている。値段600円でも、私が撮ったニャンコのが可愛いぞ! プロマイドは、妖怪の目つきだったよ。って、ご利益ニャンコは、妖気をもっているからかしら。

夕日でも、週刊誌に載った招き猫は兄弟があっちこっちに散らばっているし、多分今では、子供に孫までいるでしょう。

と、何時もながらの自己満足の言訳をつぶやきながら・・・夕日。 夕日が、綺麗だ~

ん?これって、私の人生も夕日って事?

美味しい話

今日は、散髪屋の日帰りお食事会に連行されちゃいました。

佐賀の呼子まで2時間。でも、呼子のイカの刺身に伊勢海老のフルコースと 聞くと・・・少々の無理はしても、ぜひとも体験しなくてはーー。

値賀崎旅館(ちがさきりょかん)  なんでも旅紹介番組で放送されたところらしい。が、呼子のイカ刺しを食べさせる所から、チョット離れているし、観光名所からも少し外れている、かなり奥まったわかりずらい場所にありました。

前宣伝のみでの二時間のドライブで、お腹なり放題

楽しみに部屋に入ると、最初お子ちゃまメニューのような付だしにちょっとがっかり・・・

しかし、待つこと20分ぐらいで、船盛り1メートルはあると思われる船にお魚が一杯。12人分がてんこ盛りに盛り付けてあるから、大迫力。おまけに、私の席のまん前!いい席を確保したもんだ。と喜んだのもつかの間。散髪屋業界は、早食いだったのだ。写真撮影が終わると、みんなが箸と皿をもって、“ちょっとごめんよーー”っていいながら、私を押しのけ、気が付くと・・・何も無い!

あわびが怒ってるーーその中でも、船の周りに貝殻の上であわびが動いてるーー。小ぶりなだけに、切ってなく。そのままを食す。 箸でつまむと、引っ付いてくるぐらい怒っているし、一口でどうぞーーって言われてもねぇ~~  ほどよいコリコリ感と

柔かい、生臭くなく。あっという間に、胃の中へーー。美味しかった。 魚の種類が沢山ありすぎて、名前もわからないけど。アジの刺身。なんとかのあらい。とりあえずは、好みの刺身をお皿にかき集めて、食べていると。伊勢えびーー

イカー

 

きました。伊勢海老の刺身。柔かくプリプリして、今回は、負けじと一番乗りで、バクバクとお腹の中。鯛の塩焼きイカの刺身にいたっては、体だけで40センチはある。

こんなに大きなイカの刺身には、初めてお会いしました。半透明で、コリコリして甘い。大きいからといって、大味ではないのがグー。

次に出てきたのは、50センチはあるだろう。鯛の塩焼き。前日から塩をまぶしての下準備の完成度は、美味しかった。中まで程よく味がついてるし、なにより皮がパリパリで。鯛の頭部分の白身が大好きな私は、ご飯と一緒に綺麗に、そしてゆっくりと味わう事が出来ました。この頃になると、他のメンバーは、酔いもまわり、早食いなんだけど。ダラダラと味わうのが苦手なのが、この業界の特徴でもあるのだ。

その後は、イカゲソのテンプラ。刺身の残りのテンプラ。新鮮なイカだと、こうも味が違うのかしら。と感心するぐらい美味しいのだ。

伊勢海老の味噌汁。これは白味噌だったけど。もうちょっと、濃い目の赤味噌のほうが・・・・と文句をいいながら、細い足の肉まで完食。  呼子名物イカシュウマイは、イカを完全に摩り下ろしているので、なめらかで食べやすい。しかし、2,3年前にいった呼子のイカ刺し屋の、イカシュウマイは、荒いみじん切りをしてあるイカのツブツブ感が好みなんだなぁ~

しかし、室内のお風呂のはずなのに、道路から丸見えの露天風呂に近いお風呂に、お土産のイカシュウマイ。ワカメ・・・

これで、一人5000円。満足な2時間だった。

 

好きなもの

旦那の寝相は、凄い。

牛蛙が解剖されているように、大きなお腹(寝ても横に広がらない)を丸出しにして、足はいつも違う方向に転がってる。しかーーし、手のひらをお願いポーズにして、顔の横に置いて(顔はすっかり親父顔なんだが)天使の夢でもみているんだか・・・・全く、寝姿だけで、刑務所に入れたくなるほどなんだけど。  その無意識の手がなんとも、憎めないのである。

憎めないといえば、パンチ君のウンチスタイル。

踏ん張りすぎて、前足が上がってしまうのを、必死で下ろしながらの一生懸命さ。それを正面から見つめてやると、照れる表情が、たまらなく愛しい。

もう一つ、食べれもしない(好き嫌いが激しいだけ)人間の食べ物を狙っている目がウルウルとしているところも、可愛いんだけど。お出かけする時に、連れてって~と、懇願している仕草も、邪魔なんだけど。可愛いんだなぁ~

アンちゃんは、一昨日書いたように、小走りのガニマタ助走の後姿が断トツに可愛い。甘えて、顔を私の膝にうずめてくる仕草も愛しいんだけど。 安心しきって凄い寝相で(半目で口も少し開いているのである)眠っているのを見ると、放浪時期があったアンちゃんが、ここまで安心しているのかと考えるだけで、 こっちが逆に安心しちゃうのだ。

キキ君は、甘えるのが上手なんだけど、私の股をくぐりながら歩くので、いつも踏みそうになるし、頭をさすってあげると、背筋がシャント伸びながら、満足気な顔をするところが大好きだなぁ~   

しかし、キキ君の尻尾は、感情表現が上手いと思う。猫ってみんなそうなのかしら・・・嬉しい時、怒っている時。楽しい事を見つけた時。尻尾で、大体の事がわかっちゃう。

あの、楽しい事(トカゲを見つけた時)のクネクネ具合が、なんともたまらなく。私の方がキキ君の尻尾を捕まえたくなるのだ。

ララちゃんは、キキ君に比べてかなりの小顔。アン・パンチよりも私達に忠実なニャンコだ。でも、配色がチタナイので、人気は無い。

しかし、キキ君のアンテナ尻尾に比べて、ララちゃんのアンテナは耳。パラボラアンテナか、カメレオンの目のように、クルクルとよく動く。そして、その耳で、人間語をちゃんと理解しているのだ。我が家の人間の子供達よりも優れた耳だと、いつも感心しているのである

チタナイ配色のララも、老犬アンちゃんも、私にとっては、頼れる参謀といった感じかなぁ~

キキ君。パンチ君は、やっぱりお子ちゃま的存在なのかな?

人間の子供は、反抗期には憎たらしいけど、可愛いという。まるで旦那の寝相のような感じだから・・・

やっぱり無条件に、好きなものは、アン・パンチとキキ・ララって事になってしまうのだ。  あ~あ。可哀想な我人間家族。

 

 

雷ーー

予報的中です。

昼から雨 雷付き お仕事で、お店に軟禁状態の私。

一応、パソの電源は落としましたが・・・アンちゃんはヒーヒーいいながら、家中をウロウロ・・・パンチ君は、坊ちゃんの部屋に非難。

この雨は、明日の朝まで続くらしい。 一応、今朝早くにお散歩には連れて行ったから、アンちゃんは大丈夫だとは思うけど・・・

その前に、雷なってる雨の中に散歩なんて行くかよーーー攻撃だろうなぁ~

しかし、この二匹。怖いのと暇持て余して、私が家の中に入ってくると、何処までも追いかけてくる。

二階に上がると、追いかけて・・・追い越し、最後の一段は飛び抜かして思いっきりジャンプして踊り場へーー

まるで競争に勝ったつもりのパンチ君。

仁王立ち(それも人間の倍の数の足)で、えらそーに私を見下しておるではないか。

見下しているわりに、私の膝の上で震えてるーーー雷が怖かったんだねぇ~

甘えるのが苦手なアンちゃんも、私の膝に顔をうずめて尻尾を元気なくふっている。  凄いもててる気分。

たまには、雷がなるのもいいかもーー

明日は雨らしい・・・

暴れたら疲れました明日一日だけ、雨の予報

すべてのものをお日様で消毒ーーっと、バタバタ布団干しを始めた途端。パンチ君は慌てて自分の寝床に~(寝床を取られると思っている)しかーーし、パンチ君。あんたねぇ~自分の寝床をグチャグチャにしてるから、眠らないでアンちゃんの寝床や、私らのベッドで眠ってるでしょうがーー 寝床にクッションもザブトンもダックス君もグチャグチャだよーーくつろぎすぎでしょう

布団をなおそうと思えば、キキ・ララがベランダへーー 汗だくで、布団や洗濯物を取り込んでいるというのに、このくつろぎよう。

まったく、邪魔になるっちゅうねん。

覗き最後は、いつもこんな目で、私の行く末を覗いています。

このダンボ耳で、すべての状況を判断しようとしています。

と、その時・・・・・お互い

パンチ君が無言で(パンチ君一人だと、吠える事ができません。)ララちゃんを見つめています。ララちゃんも弱虫ーーーっと、見つめあっていますが・・・そのうち、お互いがお互いを怖がって、そっぽを向きーー立ち去っていきました。アンちゃんが相手なら、ララちゃんは威嚇の体制。網戸はカーテンに変身します。

散歩お散歩は、すっかり日が暮れてからになりました。でもーーーアンちゃんが○ンチ体制にはなっているものの。なかなか邪魔が入って出来ません。

アンちゃんの○ンチ体制は、助走がかなりあって、それもちょっとガニマタで早歩きします。突然、立ち止まると準備okサインなんだけど・・・今回は、okサインが出るたびに強敵車のエンジン音が聞こえてきて。待てが出来ないアンちゃんは吠えてしまって、○ンチ気分がどっかにいってしまうのです。

それを三回も繰り返して、未だタイミングつかめず自分でも、遊びたいんだか、○ンチ気分なんだか分からないのです。

イライラしてるんだーーパンチ君は、おりこうさんにアンちゃんの用事が終わるのを待って、遊びに誘うんだけど。

今回は、散々迷ってイライラしているアンちゃんが、パンチ君を追かっけこに、誘う瞬間

あんたねぇ~  遊ぶ前に用事すませないと、明日は雨だよーー

このまま、辛抱したら便秘になるよーー 歳考えないと便秘は致命傷になる可能性もあるんだからね

結局、散々二匹で追かっけっこして遊ぶと、アンちゃんの記憶は綺麗になってしまいました。

ガジガジパンチ君に、ガジガジされても、穴掘りに遊びに忙しいアンちゃん。

雨降ったら、散歩に連れて行ってあげないからね。  本当に、知らないからね 何度注意しても、知らん振りーーーー

そして、帰宅すると何事も無かったように、満足気に晩ご飯と夜の睡眠をむさぼるアンちゃんなのであった。

パンチ君は、ほしいなぁ~本当は食べないくせに、人間の食事に興味津々。

あんたら二匹は、この前魚肉ソーセージ宴会して、やっとソーセージ包んだビニールが下から出てきて、完治したのに・・・

ドックフードしか、当分はあげないからね。

見るだけは、見せてあげましょう。

お散歩

キキ君。今日はお仕事がお休みみたい。

朝から家の周りをウロウロしています。なぁに?

お店横の室外機の陰が普段の定位置のキキ君。通りすがりの人間を避ける為なのだ。

でも、お店に来る子供達には、ばれているんだけどね。

キキ・ララも暇そうなので、お散歩がてら市報を配る事にしました。

こっちこっちキキ・ララも、私の行動をかなり把握しているようで、 こっち、こっちだよ~

と、まるで誘導してくれてるみたいです。

単に、暇つぶしだけなんだろうけどねぇ~

ここがお気に入りの場所だよ途中で、我が家の真裏の他所のお宅の駐車場。ここが、キキ君の第一出勤場所。

まったく、♂猫は行動範囲が広いらしいけど、キキ君は、狭いです。これって、怖がりの証拠かなぁ~

この草むら大好き上のお宅の隣は、売り地になっている草むら。夏場は、ここで腹を出して、爆睡してるんだけど、この売り地は、人間もいろんな動物も、通り道として使っている、本物の獣道でもあるんだよね~~

でも、雑草の背が高いので、かくれんぼにはもってこいの場所でもあるのだ。

駐車場は、車のしたお店の駐車場としても使っている駐車場。

私が車で、出かけた時はこんな風に車の下で待っています。

でも、今回は、お母さん。車の下に隠れなくっちゃ。あぶないよーーって教えてくれてるみたいだけど・・・

お母さんは、車の下にはもぐれない体なんだよ~~到着

無事、我が家に到着しました。

このふくろうのポストの横は、車にも人にも気ずかれずに、お店の中の様子が見えるので、キキ・ララは大のお気に入りの場所です。

ララちゃんは、お客さんが出入りするのを、見計らっている重要な場所でもあるのだ。

災難

一昨日のお休みの日に、一通り主婦のお仕事を済ませ、

さぁってと、パソに向かいましょうと思って、右手にお茶タップリのガラスコップと、お菓子。

左手には、デジカメと携帯。   バタバタとリビングから出ようとした時 

右足、左足・・右足を出そうとした時。

 お菓子の音に気が付き、慌てて寄り添うアンちゃん。おーーーっと、アンちゃんを踏む前に、右足の着地点を変更しようと、角度をかえようとした時、パンチ君が後ろからタタタッと駆け寄って、右足着地点の真下で、私を見つめている・・・・・

左斜め前方には、お仏壇の角とドアの柱・・・・が、近寄ってきているーーーー私は、バランスを崩して、倒れ掛かっているのを自覚した時と、柱にしこたま額をぶつけたのが同時でした

額をぶつけた瞬間。ガラスコップから溢れるお茶ーーー心配そうに覗き込むパンチ君のその顔にかかるお茶。

お菓子を落とす隙を狙っているアンちゃん。  頭の中のバッグミュージックは、中森明菜のスローモーション

目から火を出しながら、雑巾がけしたのは言うまでもありません。

とりあえずは、アンちゃんのお菓子も取られずに済んだし、デジカメも携帯も落とさなかったし、パンチ君を踏む事は無かったので、良しとしましょう。

しかーーし、今朝まで残っていた台風の雨。久しぶりに倉庫で洗濯物を干しました。

二日間軟禁状態のキキ・ララ。倉庫全開していても雨 降ってるし甘えて足元で、にゃぁにゃぁ~いいながら、ウロウロ・・・

上と下を確認しながら大量の洗濯物を干している時。

ギャ どうも、キキ君の足を踏んだようです。

“ごめんねぇ~ 痛かったでしょう”

踏まれた前足を上げて、隅っこでお座りして痛みをこらえているキキ君。

一昨日の額しこたまぶつけた事件の後始末はキキ君が責任を取ってくれたみたい・・・・しかし、可哀想

台風何処に行ったの?

夕方5時ごろまでは、凄い強風と大雨だったんだけど、景色を見るのも飽きたので、しばしお昼寝(夕方寝ともいう)を、満喫しました。

目が覚めた時(8時ごろ)鈴虫の声が聞こえる!

台風ニュースを、確認せずにアンちゃんのお散歩に行きました。もうこうなったら合羽なんかそっちのけーーー

パンチ君までもが、お散歩気分満々。

抱き袋仕方なく、傘をさして懐中電灯持って、お散歩決行

小雨には、なっていたものの。時折強風で傘が飛ばされそうになるものの、パンチ君の満足気なこの表情。

あんたはいいよねぇ。私は、うんち拾うのに前が見えないんだよーー

アンちゃんは、一番近い公園で用事をサッサと済ませると、帰宅モード。

しかし、公園の人間用のトイレの前で、みょーな音。  酔っ払ったおじさんが、自転車止めて、ゲロ吐きながらビールを飲んでいる。

“あんたねぇ~ そんな脳天気な事してるから

台風の時に救急車が出動するハメになるんだよ!”と突っ込みたくなるけど・・・私らも、人の事はいえない苦しい立場。

雨に打たれて・・・無事帰宅したアンちゃん一家は、そのままお風呂に直行

なんたって、昨日、今日と雨に打たれてクチャイ犬に変身してしまったもんね。

耳の炎症も、あと少しで治りそうだし、今日お風呂で耳掃除して、薬を差せば、完治するかもーーね。アンちゃん。

ついでに、パンチ君もお風呂へーー

お風呂上りのアン・パンチには、晩御飯なんだけど、こういう状況だと、お風呂上りのご褒美なんだか晩御飯なんだか、区別が付かないアン・パンチなのであった。

それにしても、今回の台風の通り道になった地域は、被害も凄い。台風被害に遭われた皆様には、申し訳ないほど脳天気な一日を送ってしまった。  我地域の神様に感謝。

暴風圏内

95709531.JPG

暴風圏内突入

ハイちゃんがーーー飛ばされて、転がっています。時々、葉っぱも飛んでいます.....  ララちゃんの大好きなベランダが ビスちゃんは、反対のベランダに転がっています。

ベランダ下の倉庫では、キキ・ララが雨音にビクビクしながら・・・

気になるそれでも、外の様子を知りたいみたい

ララちゃんは、雨漏りが気になっています。

トタンの壁は、凄い音だもんねぇ~

何も、助けてあげることは出来ないけど・・・せめて腹ごしらえでも如何が~~

なんだよーー昨日買ったばかりの、キキ・ララにとっては超高級ニャンコフード

怖さをしのぐには、これが一番。

雨漏りのせいで・・・でも、悲しいかなララちゃん、雨漏りの場所で食べてるから・・・お尻が上がってる これは、私のあげ方が不味かった。ごめんネェ~

その頃、それ、なぁに?暇を持て余した坊ちゃんが、顔のお手入れをしている最中。  その泡を不思議そうに見つめているパンチ君。

何、騒いでんの?あまりの騒ぎにアンちゃんまで、出てきちゃって・・・でも、アンちゃんは、坊ちゃんのイジメには慣れっこだもん。なぁ~んだって感じで、部屋でゴロリンコーーー

あんた達は幸せだよーー。キキ・ララは、一応屋根付きだけど・・・怖いんだから~~  って、これは、私の責任か

足、痒いもんそんな事いっても、姉ちゃんも暇持て余してビデオ見ながら転がってるしーーー

オラも、転がっちゃおう  その前に、昨日の散髪の後をカミカミ・・・・

お気に入りの枕しっかし、この枕気持ちいいんだよねぇ~

なんたってビーズクッション。この音。肌ざわり最高  大好きなお父さんのプレゼントだしねぇ~~

って、遊びすぎて穴開けたくせにーー その後、カバーを付け替えたんだけど・・・やっぱり、音が大のお気に入りなのだ。

アン・パンチもそうだけど、キキ・ララもクッションって大好きだよねぇ

キキ・ララには、新しいクッションをプレゼントしたけど・・・気に入ってもらえたのかしら。

 

コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。