スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビリ一家

あら、珍しいキキ君が珍しく玄関横のブロック塀で、涼んでいた朝。(我が家は、朝日が当たらない玄関は、以外にも涼しいのだ) その横では、一年おきにしか咲かない花と一緒に・・・

ちなみに、その花は我が家の花ではありません。さて、黒猫が横ぎる(家の横になるもんね)と、不吉な事があるって、昔から言ってるけど・・・我が家の場合は、とりあえずは、一緒に暮らしてるから。。。  どうなる事かな?

無事一日が、何事もなく終わりそうな予感。ところが、夕方のお散歩が、仕事の都合で真っ暗な夜になってしまいました。ついでに町内の組長のお仕事も兼ねて、外灯チェックと市報配りをしました。

何時もと違うコースに、ドキドキのアン・パンチ。台風の影響かどうか、わからないけど。風が吹いていて気持ちのよいお散歩になりました。  

アン・パンチ君は、捜査に忙しく下ばっかりを見ながらクンクン・・・・と、突然。 アンちゃんより大きい真っ黒い物体がーーーザワザワ

慌てて、飛び上がって逃げたパンチ君。

大丈夫だよ。外灯に照らされて大きな影が出来た雑草と、雑草のゆれる音だよーー

次に、通りすがりの家のワンコに突然吠えられちゃった・・・明るい場所なら吠え返すアンちゃんなんだけど、びっくりしすぎて、聞こえないふりして、捜査をしているんだけど・・・尻尾が股の間にはいってるもんね。  パンチ君まで、恐る恐る引きづられて入る。

新しい散歩コースを御気に召さなかったアン・パンチと一緒に帰宅して、晩御飯

パンチ君は、お父さんに夜の散歩は怖いと一生懸命話をして、抱っこされると安心して

その時、倉庫でガッチャーーン  なにか落ちた音。

慌ててキキ・ララの様子を見に行くと、草刈かまや、ハサミの入った籠を、寝ぼけて落としてしまったララちゃんが・・・  びっくりして、でも、私が様子を見に来て安心して、とりあえずはトイレに入ってるんだけど・・・ララちゃん。おしっこが後ろに飛んでるよーーー

ニャンコは、♂も♀も砂の中にしゃがんで用事をするけど・・・あまりはみ出る事はしないんだよね。  私は、ニャンコのおしっこが、後ろに飛ぶのを始めてみたよーー。。。  ついでに、ララちゃんが、びっくりしたままの顔で、おしっこするのも始めて見たよーーー

唯一強いと思っていたララちゃんも結構ビビリだったんだって事がわかってしまった面白い一日。

不吉な前兆の黒猫が横切るのではなく、我が家では、新しい発見だったかもーー

スポンサーサイト

肉キュウ

高齢のアンちゃんの肉キュウは、真っ黒なんだけど

カサカサになっていて、キューティクル(こんな名前なのか?)が無くなった、おばあちゃんの手みたいになっています。

最初に暮らしたワンコがアンちゃんだったので、肉キュウは真っ黒だと思っていたんだけど。  いろんな肉キュウ写真をみると、毛色で、かなり違っているんですねぇ~

クリーム色(最初は)だったパンチ君の肉キュウは、

我が家に来た頃は、ピンクのマシュマロみたいに、柔かくて触ると壊れそうだったんだけど・・・散歩をするようになってから、段々真っ黒になってきました。肉キュウが真っ黒になるにつれ、毛色も真っ白に変化してきたもんねぇ。 それでも、プニュプニュ感は、そのまま。 毎日一生懸命、坊ちゃんとの戦いや、お散歩で歩いているので、時々マッサージをしてあげます。  というより、私の趣味かもーー

アンちゃんの肉キュウには、ワンコ用のマッサージクリームをつけてマッサージしてあげたいけど・・・よく舐めるので、イマイチ心配なのだ。アンちゃんは、肉キュウマッサージよりも、体全体をさすってあげるマッサージもどきが、大のお気に入りだもんね。

これも、ワンコの体をさすると、ナンタラカンタラという難しいカタカナが排出されて、ワンコの精神状態が穏やかになるし、さすっている人間も、穏やかな気持ちになるらしい・・・・と、聞いて。  これも、結局は、アンちゃんの為というより、私の為にしていることかもーー

真っ黒のキキ君の肉キュウも、真っ黒。触ってみたいんだけど・・・ツメが怖くて、それはまだまだ先の話。

ララちゃんは、毛色があまりにグチャグチャのチタナイ配色のせいか、肉キュウは、ピンクの足と黒の足と、ミックスの足と四本とも肉キュウの色が違う、面白い足裏。

見た目がピンクの肉キュウは、やっぱり柔かく思うのは、私の偏見なのかもしれない・・・ララちゃんは、足を触っても文句は云わないのだ。でも、ほんの一瞬しか触らせてくれないもんね。

今は、ララちゃんにマッサージしてあげるにゃぁ~と、話しかけながら触る機会をうかがっている私なのである。これも、やっぱり私中心のエゴなんだろうなぁ~

 


アン・パンチの足の裏は、足毛が生えていて、肉キュウを触るには、毛を散髪しなくてはいけないんだけど。この毛の散髪も、アン・パンチは嫌がるけど、私は結構好きな散髪の部類だ。

キキ・ララは、芝生に置石が並べられているような肉キュウの配置が、なんとも和を感じちゃうのは、私だけなのかしら・・・

人間は、足の裏を触られるとくすぐったいんだけど。

ワン・ニャンもそうなのかなぁ~  触るとすぐ足を引っ込めちゃうんだけど、表情をみてみたいんだけど、私の視線は肉キュウにのみ集中しているから、いつも顔の表情を逃してしまうんだよね~

いつか、旦那に肉キュウを触っている私の表情とワン・ニャンの表情をビデオで撮ってもらおうかしら・・・・・・変態ビデオになりそう!

それでも、期待したい・・・

“猫の恩返し”をようやく、観終わりました。

実に四日も掛かりました。なんたって、韓国ドラマにハマってるもんで・・・お陰で、最近の日本のゲーノー人には、かなり疎くなっています。

あらすじは、絵本のような簡単なあらすじだったものの・・・

バロンは、キキ君(毛色は真っ黒なんだけど・・・)の性格のようで、バロンみたいに、強くはないけれど(カラスにやられたし・・)でも、かなりドン臭いバロンとでもいうのかな? スタイルはキキ君だと・・・これも、親の欲目なのかもしれない。

ヌタのお腹は、ララちゃんそのもの・・・なんたって、伝説の強さだもんね。体は小ぶりなんだけど、のんびりしているものの強い所がそっくり。

ニャンコ王国の王様は、キキ・ララをイジメに来るシャム(本当は、チンチラなんだけど、私が勘違いをしてこの名前になってしまった)と性格も、態度もそっくりだったし、

王様の秘書も、近所の意地悪ニャンコ(これは、飼い主も意地悪なのだ)にそっくり!

ていうことは、ハルは私って事になるのかしら・・・これは、年齢的にも悩みもかなりギャップがあるのだ。  

ハルは、前に進む人生を教えてもらってたけど。。。私は、前に進む人生には、銭こが欲しい   (かなり俗物になる!絶対猫王国には招かれないタイプ)   

あーーあ。人間。歳を重ねるという事は、俗物になってしまうという事なのだーーー

キキ・ララ  助けてあげたんだから....しっかり、招き猫してよねーー  って、こんな気持ちだから、恩返しもないのか!

躾の失敗。

アンちゃんが来たばかりの頃は、私自身がワンコの躾なんてものを全く、理解してなくて、夕方のお散歩の時。

子供に動物と暮らす責任を果たしてもらいつつ、アンちゃんの散歩も兼ねて・・・・という一挙両得算段を試みて、(今思えば、それが失敗の原因)  坊ちゃんが学校から帰ってくると、喜んでいるアンちゃんを散歩に連れて行ってもらってました。

アンちゃんは、それで坊ちゃんが帰宅=散歩=ご飯。 という図式が出来上がってしまって・・・・

お陰で、夕方になると“ワンワン”攻撃で、自己主張します。アンちゃんは、嬉しい時は、吠えるもんだと思っていて・・・

坊ちゃんが成長するにしたがって、アンちゃんも老化が進み・・・坊ちゃんが夕方のお散歩に行く事は、無くなってきたんだけど。

アンちゃんも、めっきり無駄吠えが少なくなってきました。

しかし、未だに残っているのが、リードをみると喜びすぎて、吠えながら後ずさりする事。

玄関を出る時に、世間のワンコ達に、自慢げにいってきますワンをする事。

お留守番がちゃんと出来ていたら、ご褒美をもらう事。

この三つだけは、どうしても自己アピールをしなくては気がすまないようで・・・


昨日、久しぶりにいい気分の午前様で帰宅した私達夫婦。時は深夜1時

 “いったいこんな時間まで、何処に行ってたんだーーワンワン”

 “心配してたんだぞ! ワンワン・・・・ワンワン”

パンチ君は、アンちゃんのそんな行動に学習して、一緒に吠えてくる。  だから、人間の子供達まで、起き出して、近所の迷惑も考えなさい! 怒りまくっている・・・・その騒動に、キキ・ララも一緒に、倉庫から大合唱

普段は、めったに吠えないおりこうさんアンちゃんになったんだけど・・・若い時は、夜になるとどんなに嬉しい事があっても、吠えなかったアンちゃんなんだけど・・・どこで、どう間違って・・・・やっぱり、最初の躾を手抜きした私が犯人なんだろうなぁ~~

たまーーには、ほろ酔い気分のまま深夜帰宅して、ゆっくり眠りたいなぁ~~

散髪どき?

パンチ君の愛らしい真っ黒お目目が、だんだん三日月が落ちたみたいな 眼飛ばしの目になったら、散髪どきになります。

パンチ君は、普通にじゃれてくるんだけど・・・そんな目で走ってこられると、喧嘩を売りにきているみたいなのだ。

それにしても、ワンコも若いうちは、生え変わりは伸びるのが早いのかなぁ~?

アンちゃんをライオンカットし始めて、9年ぐらいになるけど。

9年前は、20日ごとに散髪しないと、元通りだったんだけど。ここ、ニ、三年ぐらい前から、散髪回数が減ってきているんだよねぇ

今年の夏の散髪回数は、なんと一回。 本当は、もう一回散髪したいところなんだけど・・・・去年は、9月に散髪して冬になっても、完全に戻ってなかったもんね。

それに比べて、若いパンチ君は、ほぼ毎月散髪。寒がりパンチ君なんだけど、冬は厚めの服を着るので、やっぱりいつでも、サマーカットなのだ。


ブラッシングする私は、人格が代わるけど・・・

散髪している私も、人格が変わります。 夢中になって散髪しているんだけど・・・  全部終わってみると、  結構取り残しのホワホワ毛があったり、体がヨガンデいたり・・・これは、片方だけを夢中で散髪したらこうなるのだ。

まっ、いつもどこかが変なカットのパンチ君も、我が家の子らしくていいじゃ~なーーい。って、思ってるんだけど・・・

近所では、使い古したぬいぐるみみたいだ!って云われてます。

パンチ君カット担当して、まだ二年。そのうち、上手くなるでしょう。

加齢臭

アンちゃんの耳がまたおかしい状態になりました。

今までトラブルが少なかっただけに・・・

多分、年齢によるものだと認識していますが・・・それにしても、クチャイ。7日置きにお風呂に入れないと。  おまけに、ここ2,3日 雨にチョコット打たれたもんね。

どっかで、読んだ子供が書いた川柳。

普段は、可愛い犬は、雨に当たると臭い。  という内容だったけど、確かにそうだ!  と、批評家も私も思います。

台風は、関東から北に直撃模様。  こっちは、台風の影響は全くなく、雨前線が停滞しているぐらい。

昨日、お風呂に入れたから、今日、明日あたりは雨に当たりたくないんだけどなぁ~

それにしても、外の雨に向って、珍しく吠えまくっている アンちゃん。


大体、昨日の夕方お散歩に行ったときに、ちゃんとしないからだよ

アン・パンチと一緒の時は、買い物は短時間で済ませるようにしています。昨日も、カレー粉だけが足りなくて、スーパーの中を、走りってのお買い物。  外に出ると、パラパラ・・・  うーーん。雨だ

迎えに来てもらおうかなぁ~って思ったんだけど・・・アンちゃんの腰つきが、○ンチ体制。  でも、人ごみの中ではしないので、 急いで、スーパーを離れる・・・段々激しくなる雨。

こうなったら、仕方ない濡れていきましょう。帰宅したら、晩御飯もそこそこに、お風呂じゃぁ~~

結局、雨の散歩も嫌いなアンちゃんは、○ンチをしなかったのだ。

今朝は、シャンプーのにおいをさせながら、怪しげな腰つきで雨に向って吠えているアンちゃんなのである。

雨が止まないと、無理やり連れて行っても何もしないし、おまけにクチャくなっちゃうし・・・

老犬というものは、人間と同じでミョーな所が頑固者になるのは一緒なのかもしれない。

 

男の証という悩み

パンチ君は、片足あげてのおしっこが、大人気分になって

かなり嬉しいみたい。

でも、悲しいかな。タンク量が体系に比例して小さいのだ。

半年ぐらい前までは

三回目のマーキングになると、

出ない

それが、悔しくて・・長い間搾り出してるもんだから

一時は、病気かもーーって、あらぬ疑いをかけたもんだわぁ

最近は、ちゃんと配分を考えているようで、

ちょこっとずつ出しているみたい。

配分を間違えると、

帰宅してからも、何回もおしっこに行ってる。

パンチ君は、それが大満足らしいが、

おしっこ飛ばしがイマイチへたくそなのだ。

家の中では、赤ちゃんの時みたいに、腰をかがんでするので

余計な所に飛び散らないんだけど・・・

外では、自分の前足。後ろ足。

果ては・・・前足立ちで用事をするもんだから、

胸あたりまで、黄色になっての帰宅になる。

クリーム色のトイプーが欲しいとは願ったけれど

黄色の染み付きの犬はねぇ~~

 

 


女の子は、ヒートする時期のみ、ラブラブモードになるらしいけど。パンチ君の場合は、使った事がないからなのか・・・24時間。365日。自由にラブラブモードになっている。(全く、誰に似たんだか・・・それも、♀ワンコに限らず、飼い主の若いお年頃の女の子にまで

興奮するのは、連れていてかなり恥ずかしいのである。

でも、アンちゃんとどんなに、じゃれて遊んで、興奮してもラブラブモードにならないのは、不思議といえば、不思議なんだけど。

アンちゃんは、我が家に来た時から、避妊していたもんね。

精神的成長の遅いパンチ君の去勢は、五歳になってからと。考えているけど(体力なんかを考慮して)、しかし、このまま嫁ゴを迎える事がなければ、早急に考えを実行すべきかどうかなやんでいるのである。

パンチ君の子供を育ててみたい。という気持ちと、相手の嫁ゴの体力を考えると・・・不安とが複雑に絡み合って・・・えーーい。それなら、同姓のトイプーを・・・うんにゃぁ~・・・パンチ君の性格が好きだから・・・あまり、活発なワンコだとーーーーと、

ラブラブモード全開で、いろんな人。ワンコに甘えているパンチ君を見るたびに、私の気持ちはグルグル廻っているのである。

久しぶりのお友達

cbdd323d.JPG

今日、昔一緒にタップレッスンを習っていたお友達が

主役をするミュージカルに、行ってきました。

ほぼ毎年この時期あるんだけど、日程が合わないのと、次々と生まれてくるお孫ちゃんの世話でてんてこ舞いだったのだ。

4年ぶりに会う友達は、役に入り込んでいて(うつ病の役)。おまけに、一緒にレッスンしている時は、スッピンでジャージ姿。改めて、舞台化粧をして、洋服を着ていると別人に見えました。

内容はうつ病を克服していく一つの方法をミュージカル仕立にしてあり、最後は克服した主役の友達の顔は、私の知っているお友達の表情になっていて、やっぱり役者やのう~~って、感動しました。

そんな立派な女優さんに、私は三回ほどタップを教えたのかと(それも、間違って教えてばかりいた・・・・)恥ずかしくて、

とても、名乗り上げることをはばかられました。

その感動のまま、馬関まつりに寄ってみたら・・・

なんと、アマチュアバンドにこれまた古いお友達が参加していて、

デジカメを忘れた事を後悔しつつ。写メールでパチッ

思えば、このお祭りは子供達が大きくなってから・・・・数年行ってないんだもんね。  久しぶりの娑婆の空気を思う存分吸ってきました

華やかな

45195f49.jpgアマチュアストリートパフォーマンスの受け付け付近

馬関まつり

8b1dc641.jpg友達が主演のミュージカルを観た帰りに、久しぶりの馬関まつりに、寄ってびっくり! 懐かしい友達が。 歌ってた

老いるということ

私は、身近な人の死を体験した事がありません。

遠く離れた私を可愛がってくれた親戚の死は、死というものを理解できない子供の頃でした。              そして、未だに親しかった人の死さえも、永遠の別れとしては、理解出来るものの。  お葬式もドラマか映画の一部としてしか体験できない寂しい人間かもしれません。

アンちゃんが我が家にやってきて11年。        すでに大人になっていたので、推定年齢 14歳。

もしくは、13歳。   10歳を迎える頃には、あれだけおりこうさんだったアンちゃんが、グターっとして、一日中眠り込んでいて・・・・・あれだけ、ディーゼル車、バイクの音、他所のワンコの夜中の声は、許せないアンちゃんが、反応しなくなって・・・

人間の老いというものは、最後は金銭欲か食べ物欲だけになると聞いていた私には、アンちゃんの老いというものが、理解できなくて

捨てられていた時期に生き物すべてを排除していたアンちゃんが私が悲しむと、顔を舐めて慰めたり、一緒に泣いてくれたり、私が落ち着くのを、側でジッと待っていてくれたアンちゃんが

反抗期でバラバラになりかけた家族さえも、アンちゃんがいてくれたからこそ、丸く収まるように、影で支えてくれたのは、

人間ではなく、四足のアンちゃんでした。 


そのアンちゃんが、何の興味もなく一日を過ぎていく事が

私には、凄くショックで、アンちゃんを失った自分が怖くて、パンチ君を迎え入れることに決心しました。                

条件は一つ、老犬のアンちゃんに危害を加えない。子分的なワンコ

パンチ君は、見事にアンちゃんを元気にしてくれて、            その後、キキ・ララは一緒の生活は認められないアンちゃんだけど私が面倒を見ているので、一応は吠えるものの、  二、三回吠えると満足して(というより、しょうがないとおもっているみたい)      すっかり元気な老犬アンちゃんに変身しました。

でも、何時かは訪れるアンちゃんの本当の老後。

あれだけ服従していたアンちゃんも、結構自己主張が強くなり、  でも、それを容認している私。

今までのアンちゃんの支えがないと今の私は存在しないと思うのである。

ここでの最後までの時を、良かった!と思えるように天寿をまっとうして欲しいもの。  それが、アンちゃんの我儘をチョットだけ許している私なのである。

そして、本当の老いと天寿をまっとうするという大役をアンちゃんが私に教える為に存在するのではないかとも思っている日々が続く

でも、はっきり云って少々の我儘は許してあげるので・・・何時までも元気な老犬でいてほしいものだとも思っている私は、

アンちゃんより我儘な老いを実体験しているのかもしれない。

ブラッシング

パンチ君は、基本的に私が苦手です。

あまり一緒に遊んでくれないわりに、ブラッシング。ツメきり。

 シャンプー。カット。耳掃除・・・エトセトラ・・・

  嫌いな事ばっかりするから。

 でも、大好きなささみを何時も用意してるし・・・

  お散歩も・・・・これは、アンちゃん中心かもーーー

苦手なんだけど、ついつい抱かれちゃうパンチ君。

パンチ君を抱くとーーーー右手にブラシを持った私。

ブラシを持つと私は人格が代わるみたい。

パンチ君の存在はどっかにいって、毛玉しか目に入らない。

これが、パンチ君に嫌われる原因だな!

アンちゃんは、ブラッシングが大好き。

皮膚の弱いアンちゃんは、ブラッシングしてあげないと、

毛玉の根元が赤く炎症してしまうからです。

火曜日にシャンプーしたら、襟巻き毛皮がダマダマしてるので

ブラッシングーーー  ゴソッ  ブラッシングーー  ゴソッ

気持ちよさそうなアンちゃんの耳。お尻を匂っているパンチ君。

そのうち、 なんでーーアンちゃんばっかり、ヨシヨシしてるんだ

ヤキモチに変身。

ならーーブラッシングしてあげる

だっこにヨシヨシは、大好きだけど・・・ブラッシングは嫌いじゃーーと、逃げ回るパンチ君なのであった。

しょうがない。パンチ君はシャンプーしながらのブラッシング攻撃じゃ

マタ一つ

今日の夕方、久しぶりの夕立でした。

雷ゴロゴロ なりだして・・・急いで家中の窓を閉めるときに

慌てて付いてきて、邪魔をするパンチ君。 

その後、ちょっと一服 している私の股の間から、私を覗き込んでいる。  どうも、雷が怖いらしい・・・

今までは、雷がなっていても、何の音か判らずに、怖がるアンちゃんの後ろをウロウロしていたパンチ君。    お店に私が呼び出された時は、普段はお店に入ってこないパンチ君が、嬉しそうに・・・・当たり前のように、着いて来た

だめだよーー  アンちゃんも若い頃は、お店の椅子の下にもぐって震えてたよねぇ~~   アンちゃんは、私の声が聞こえればOKなほど、成長したんだけど・・・

仕方ないので、玄関でしばらくパンチ君を抱っこして、アンちゃんをヨシヨシしてあげました。

夕立の後の散歩は、涼しいお散歩タイムになって、

張り切って散歩しているアン・パンチ

パンチ君は、ウンチのきれが悪い。  特に、夏場になると食欲が失せるのかな? 無理やり食べさせているけど・・・消化も夏ばて気味になるんだよね。

今までは、ウンチのきれが悪いと、私にお尻拭いてクレーーと

動かなかったんだけど・・・目で訴えてもいたんだけど・・・

今日は、アンちゃんの真似をして、お尻を地面につけて、

前足で歩いている。   げーー  砂利道でそれすると、

お尻やぶれちゃうじゃん!

パンチ君が我が家にやってきたのは、生後42日目。

当然、ウンチ、オシッコを綺麗にするのは、母親犬の役目。

だから、私が何時も綺麗にしてあげてたので、それを当然のように

してもらってたパンチ君。  二歳8ヶ月にして、ようやく大人になったのかな?

我が家は、飼い主人間親子も、精神的成長が遅いので、

ワンニャンの成長も遅いみたい。

キキ君も、一歳を過ぎて乳離れしたぐらいだもんね。

人間より寿命の短いワンニャン達。  1,2年の精神的遅れなら

許してもいいよねぇ~~

でも、こうやって一つずつ大人になっていく過程は、面白いんだけど

寂しさもついてくるんだよねぇ~

復活

bcde656c.JPG

我が家の三年目ものの植物は、無い。

でも、このハイビスカスは四年目に入っています。

去年の夏に、お風呂工事で少し元気がなくなってきて、

その後の冬の管理を失敗したので、

一メートルぐらい大きくなってたんだけど・・・

この春、枯れたところを思い切って切ってあげると、

無事新芽が吹き出してきました。

これは、ピンクの花が咲くビスちゃん。  今年の夏は、花をつけずに終わりそうです。でも、ここまで大きくなりました。

ハイちゃんこれが、赤い花のハイちゃん。

二つ並べていたけど、わずが10cm置く場所が違うだけで、これだけ成長が違うんですね。ここ2,3日で、つぼみを沢山つけてます。

でも、悲しいかな。本来の花の大きさより小さめ。

この冬は、ちゃんと管理して、来年の夏が本勝負だな。

 


植物を育てて思う事は、

どんな状況においても、文句を言わず。

自分の時期を見極めて、開花する。  なんだか、人生を教えてもらっているような気分です。  種の発芽にしても、環境が整うまで、土の中で、ジッと待っている。

なんだか、私に足りない辛抱や、我慢を伝授しているような気持ちになります。  って事は、我が家で一番偉いリーダーは、

この植物達なのかな?

またかーーー

昨日の夜は、割合涼しい夜でした。

私達の帰りも遅かったせいもあって、キキ君。家出

朝帰りしたキキ君は、これまた寝坊した私が挨拶に行くと、

 “にゃぁ~”と  のぶといかすれた声で

ララちゃんお気に入りの高い場所で、転がったままの返事。

いつもなら、すぐ側にきて、さすってくれーー攻撃なんだけど・・・

“この不良息子ーー、夜遊びも程ほどにしなくっちゃねぇ”と私。

お休みのお店で、うだうだしていたら、ララちゃんが遊びにきました

エアコン付けてないけど・・・・エアコンの一番当たる場所でゴロリンコ    昨日、一昨日とほったらかしだったもんねぇ

なでなで  気持ちよさそうに爆睡しちゃった。

30分ぐらいララちゃんと遊んで、目を覚ました私は、

改めてキキ君に朝のご挨拶  

目くそ?が付いてるじゃん。とティッシュでふき取ろうとしたら・・・嫌がるキキ君。   よーーーく 見てみたら、鼻の辺りまで皮がむけてる。   げーーーッ。

キキ君。喧嘩してきたんじゃん。  文句タラタラ説教を始めると

 “うるしゃいニャァ~  いてーーんだニャァ~”と

弱弱しい猫パンチ。  病院さえ一緒に行ってくれれば、

去勢も、治療も出来るのに・・・・   せめて、夜遊びはやめてよん。  歩いて一分の場所には、野良たぬきがうろうろしてるんだから・・・・

 

追加

24768b1a.JPG

写メールだと、ひまわりの美しさがわからないとのご指摘を貰い。

ひまわり群生写真を撮る怪しげな親父。

全員?が後ろ向きが面白いでしょ。

畳ケ淵

e82c4f81.JPG

ここは、岩が削られて出来た観光スポット。

名前は忘れたけど、入賞作品の中で、桜の花びらと写りこみの作品の場所でもあるのです。

残念ながら、普段は濡れている石畳も

連日の好天気で、カラカラに乾いているし、桜の季節でもない。

でも、誰もいなかったので、アン・パンチをノーリードにしてあげました。   張り切って旦那を追いかけていって・・・・

ふと、気が付くと・・・アンちゃんの大嫌いな水溜りのある石畳。

逃げるアンちゃん天然の切り立った階段を登れば、

涼しいゆるやかな山道に入るんだけど・・・

じーーっと、階段の高さを測って、

逃げ腰のアンちゃん。

立ち往生パンチ君は、どうやってこの岩の上にたどりついたのか、自分でも理解していないみたいで

岩周りに幅5センチぐらいの水溜りを、超えられず。 立ち往生!

“おかあさーーん、助けて・・・・駄目だ。笑ってる!”

“おとうさーーん。助けて・・・・こいつも駄目だ。写真に夢中だ”

その後、私に救助されたパンチ君と、逃げ腰のアンちゃんは、

私のそばから離れない。

しょうがないので、早目の帰宅をしました。

しかし、この石畳と細い川を渡らないと、車の場所まで行けないのだ。  

細い川に渡してあるのは、鉄板の手すりなしのこれまた、細い橋。

おまけに、橋に乗るのにも、天然の切り立った石階段が・・・結構高さがある。

パンチ君は、鉄板が苦手。

アンちゃんは、高い段差が大嫌い。

でも、帰りたいアンパンチ。パンチ君は、鉄板橋までなんとか登ってきたものの・・・・アンちゃんは、階段の前でウロウロアンちゃん帰らないの?

心配しているパンチ君なんだけど、

悲しいかな。自分も鉄板橋と高い階段に挟まれて動けない。

しょうがないので、アンちゃんを迎えにいって、

鉄板橋に乗せ、今度は、パンチ君を抱きかかえ橋を渡り・・・

その頃には、すたこらさっさと車までにげているアンちゃんなのであった。

ひまわり畑

今日は、むつみ村のひまわり畑が綺麗だとの情報で

旦那に強制連行されました。

大振りのひまわりはうなだれていて・・・時期が終わってたみたい

うなだれひまわりこんな風に、みるも無残なひまわりの残骸。

でも、道を挟んで、少し小ぶりのひまわりは

今が全盛期みたい。ひまわり畑 

隣のブロックがうなだれ軍団。

まるで、人間界の貧富の差のようでした。

パンチ君とひまわりパンチ君に合わせた小ぶりのひまわりの中でも、特に小ぶりのひまわり。

でも、いきなり暑い場所で抱っこされてもーー

って、警戒発令中のパンチ君。

アンちゃんとひまわりと空

アンちゃんは、長年の経験?から

動じてはいない。

・・・・タダ単に、抱っこされるのが大好きなだけなんだけどね。

隣の怪しげな黒子は、無視して、

この青空とアンちゃんとひまわり。  まるでとってつけたみたいな写真になりました。

新しい親戚

33216145.JPG

昨日の夜中に破水した姪っ子。

でも、本で読むと・・・陣痛間隔が長いので、朝まで辛抱してたらしい。  病院に行くと、  もっちろん即入院!

まったくぅ、母子共に無事にお産が完了したからいいものの

 “身軽になったからっていって、バタバタ動いては駄目よ!”って

きつーーーく、叱ってきました。

二週間早目のお産で、ベビーの体重は2450グラム

チッコイ!  でも、凄く可愛い・・・・しかし、抱けない。怖いもん

姪っ子親子に幸あれーーー

ヒマワリ畑

886425f1.jpgヒマワリと親父 大ぶりの向日葵は、時期を逃して、みんなうなだれてたけど、小ぶりの向日葵は、今満開

何処走ってるの?

今朝、6時過ぎに

カリカリカリカリ・・・・の音で目 が

覚めました。

アンちゃんが、転がったまま、薄目で

耳もたれてるまんま、一本足を動かしてる。

そのまま様子を見てると、

今度は、四本足ともカリカリカリカリーー

そばで、眠っているパンチ君が

アンちゃんを心配して、鼻をツンツンして

起こしてしまいました。

現実の世界を見渡してビックリしているアンちゃん。

でも、よっぽど楽しい夢だったのかしら。

この時間に目が覚めると、そのままジッと起きているんだけど

二度寝にはいってしまった。

きっと、元気で若かった頃の夢なんだろうねぇ

明日から、お盆休み。

久しぶりに遠出しましょう。

関節炎が出てから、思いっきり走り回らせてはないもんね。

ゆっくり、のんびり休憩しながらの長距離散歩でも

楽しもうね。アンちゃん。

パンチ君の寝相

寝取ったリビングに誰もいないのを確認すると、

パンチ君は、二階に上がってきます。

二階に上がってくると、一番にするのが

大好きなお父さんの横で添い寝する事。

私、お父さんの妻になります  もちろん、エアコンのスイッチも

オラのものだじょー

ベッタリその後、布団は暑い・・・・とばかりに、

一番エアコンの当たる場所で、転がっているアンちゃんのお尻にベッタリ

アンちゃんは、唯一動物の中で気を許しているパンチ君なので、そのまま転がっています。

アンちゃんは、プライドが高いので、他所のワンコにお尻を匂われるのも、触られるのも大嫌いです。しか^^し、自分が気に入ったワンコのお尻を自分が匂ったり、じゃれたりするのは、当たり前の自己中ワンコなのでもあるのです。

坊ちゃんにべったりそのご、憂さ晴らしにきた坊ちゃんが、アンちゃんのベッドを横取りしたので、アンちゃんのベッドを守りつつも、大好きなお兄ちゃんと一緒に・・・・やっぱりお尻はベッタリ

一応、暑いみたいで、頭が落ちてる・・・・

夏なのに、べったり

結局は、大好きなお兄ちゃんに遊んでもらってるつもりなんだけど、  はたから観てると

いじめられてるみたい。

イジメの最高潮に、捕まえられて・・・Tシャツの中へーーー  パンチ君は、まだ自分がいじめられてる事に気が付いてない。  でも、ヒッツキモックリ出来てるもんね。  さぁってと、何処にお出かけかなぁ~気分。

雨の日のお散歩はこんな感じだもんね。

でも、いつまでたっても坊ちゃんが歩かないし・・・・本当は暑いって事がわかったパンチ君は、すたこらさっさと逃げていきました。

私がパソでゴソゴソしている1,2時間の間に、後ろでは

いつもこんな風に、パンチ君だけは遊んでいるのだ。

花火

海峡花火大会を堪能してきました。

5,6年前ぐらいから、チャリティー席があって500円

席っていうぐらいだから、椅子が置いてあるのかと、おもっていたんだけど、柵があるだけ・・・・

海岸に近づいたほうが、見やすいと思ってズンズンと 歩いていくと、また柵がある。  係りの人に聞いたら、

ここから先は、スペシャルゲスト席で4500円だと。答えるんだもん。  この差は、いったいなんだろうねぇ

スペシャルゲストも柵でしきってあるだけだもんね。

スペシャルゲスト柵の近くで場所を勝手にゲット

花火ここまで、火の粉が飛んできそうなぐらいの近くに、一つ。

遠くの門司港に小さく一つ。

左の関門橋近くにも一つ。

はがいいーー右手の倉庫の裏にも、一つ。

そこは、時々なんだけど。月と花火が重なって、UFOやら、ハートやら、の仕掛け花火満載。  でも、時々なので、なかなかシャッターチャンスがとれない。

唯一、まともに取れたやつに、おばちゃんが素通りーーーー

知らないおばちゃんの頭の上にある白い点が月なんだけど・・・

まったく、どうしようもない写真ができてしまった。

悔しいので、そのまんま載せちゃうもんね。

出演料は払いません。  キッパリ

 

パンチ君の尻尾

トイプードルは、尻尾を切る犬種でもあるらしい・・・
って事を聞いたのは、
パンチ君が我が家に来たあとの事です。
パンチ君の尻尾があまりにも小さくて、わからなかったから。
ひょっとして、もっと小さい時に、切られたのかな?って
思えるぐらい、切り口が真っ直ぐなんだもん。
 
でも、体が大きくなると一応尻尾らしきものも成長してきました。
 

パンチ君の尻尾これが、ピョコピョコと動きが激しい。

あまりの動きように・・・

小さい子供は、尻尾だとは思わないようで、ついつい掴んでしまいます。

去年、香穂がつまんで悪戯していたので

どうも付け根から曲がってしまったみたい。

痛くなかったのかしら・・・と心配してるんだけど

あれからも、元気にピョコピョコ動かしています。

本当は、もっと短い尻尾なんだけど

尻尾の毛だけは、大目に残しているのだ。

パンチ君の尻尾は、絶対もう一匹の人格が(犬格か!)

あると思う。

誘惑のお尻時々、尻尾の振り方が気に食わないパンチ君は、

自分の尻尾をカミカミしながら

説教をたれてるもんね。

なんたって、いろんな尻尾の中でも、パンチ君の一番のお気に入りの尻尾は、アンちゃんの尻尾。

長くて、捕まりやすくて、フワフワしてるもんね。

私は、アンちゃんの尻尾もパンチ君の尻尾もどっちも大好きだけどなぁ~

あんちゃんの尻尾

6c9fb64a.JPG
犬の尻尾は、気持ちを表しているとは
よく聞く話なんだけど。
アンちゃんは、最高に喜んでいる時は、
上下に振り下ろす事が多い。
我が家の人間は、床にゴロゴロと転がっている事が多いので
ショッチュウ、アンちゃんの尻尾パンチを食らっている。
でもって、尻尾に毛の量も多いので、
はたきで叩かれている気分になる。
 
それは、パンチ君が来るまでの話。
パンチ君が来てからは、アンちゃんの尻尾は
羨望と嫉妬とおもちゃに変身したのである。
 
家の中でプロレスごっこをする時は
お互いを甘噛みしたり、匂いっこしたりしているんだけど
公園なんかで、ノーリードにすると、
途端に、二匹で大はしゃぎして、
パンチ君は、アンちゃんの尻尾を追い掛け回すのである。
アンちゃんも、心得ていて
尻尾をお尻の下に隠して、走っているのである。
はたからみると、小さいパンチ君が
アンちゃんに喧嘩を挑んでいるように見えるんだけど・・・
八割がたアンちゃんが、誘っているのは、私達しか判らない事実。
 
 

この春、骨肉種かも知れないと判断を受け、
結局、老人性の関節炎なので、走らせたり、長距離散歩は控えるようにと
指導されてはいるんだけど・・・
アンちゃんが、パンチ君を誘って走りたがっているんだもんね。
顔もかなり白いものが目立つようになって、
ビッコもひいているんだけど、
この追いかけっこの時は、元気よく楽しそうに走り回っていて
とても、老犬とは思えないぐらい元気なアンちゃんになるのである。

追いかけっこの時間としては、2,3分ぐらい。
アンちゃんは、物足りないようだけど・・・・仕方ない

アンちゃんにとって、自分の尻尾は、気持ちを表す尻尾ではなく
パンチ君と一緒に走り回れる
元気のバロメーターなのかもしれない。

オヤツ

キキ・ララは、普段は安いキャットフードをあげています。
2・5キロで398円。
最初に我が家に来た時に、ガリガリだったので
物凄い食欲だったからです。
 
でも、にゃんこってのはワンコに比べてオヤツの類が少ない。
キキ・ララも市販のにゃんこオヤツは食べません。
 
だから、ちょっと高級なフードをオヤツやふりかけとして
あげています。
今回は、懐石(姪っ子が懸賞で当てて、羨ましかったので)
やっぱり、味の違いは歴然としているみたい
残さないもんね。
 
後は、ワンコのお薬代わりにもなっているササミボイル
あれは、ララちゃんの大のお気に入り。
何時もは、キキ君に譲ってあげる優しいララちゃんが
キキ君から取り上げてでも、食べちゃう美味しさみたい。
 
滅多にないんだけど・・・・お客さんに魚を貰って
私がさばいた残りを、みじん切りにしてあげるんだけど
にゃぁ~達には、お刺身。
ワンコ達には、煮魚に変身。 
 
ワンコ達が今一番はまっているオヤツは、
砂肝。と歯磨きガム。
これが結構いい値段するんだよね。
 
アンちゃんの高齢犬専用フードも、
パンチ君のトイ・プードル専用フードも980円なんだけど
これは、キキ・ララに比べて高いみたいだけど。
一日の量に比べれば、同じ金額になるんだよね。
 
結局、我が家のワンコ。ニャンコ達は、
安いフードなんだけど、ちょこちょこオヤツで元気なのかな? 

至福の時

ゴロンと人間が転がると、
必ず寄ってくるのが、パンチ君。
冬の間は、お腹の上に乗って眠ります。
躾的には、犬の目線より人間が下になってはいけないらしい
んだけど・・・・
 
パンチ君3.6キロ。
これは、生後1,2ヶ月頃の、子供達が赤ちゃんだった時の体重。
育児に疲れた頃、うつぶせ寝をさせるのに
私のお腹の角度は丁度いい具合で、
ベビーも私もわずかなマッタリ時間を過ごしたものです。
 
その頃を思い出して、パンチ君の無礼を許してしまってる。
 
夏場は、お互い暑いので、
大の字に私がなると、腕枕でパンチ君が横にベッタリと
くっついてくる。
結局は、暑いんだけど・・・・恋人気分でマッタリタイム
腕を伸ばした先には、アンちゃんの背中。
 
本物の毛皮に囲まれて、ちっとも涼しくはないんだけど・・・
なんだかなぁ~~
このまま、時間よ止まれ~  英ちゃんの唄が頭の中へ

怖い・・・・・

今夜は、久しぶりの飲み屋での夫婦のミーティング
でも、お留守番のアン・パンチが気になって・・・・
早々の帰宅。
おりこうにお留守番をしたんだから・・・・とパンチ君。
早速、大事なボ^^ルを投げつけてきた
 

狙いのブツ意地悪な私としては、

純粋に遊んではあげません。

パンチ君の怖い存在の洗濯籠に

ポーーンと投げ入れてあげました。

早速、パンチ君は籠に向かって威嚇ワンワン

でも、恐るべし籠ちゃんは、動じません。

 おそる、おそるしょうがないので、恐る恐る近づいていくパンチ君。

その間も、チョットの音で逃げるパンチ君を虐待するかのように、

いじめて楽しんでいる私。。。。。ひょっとして、マゾ? 

無事、ゲットなんとか、私のイジメにも負けず、
ボールをゲットして、テーブルの下に潜り込んで
イジメ返しの挑戦を挑んでいるパンチ君。
 
こうやって、今日一日のお仕事は無事終了したのであった。
 
 
 
 
 
 
 

 

何も出来なかった。

ここ半年ぐらい、このあたりに出没しているノラ君。
近所でも有名な問題児の犬好きの家を拠点にしているらしい。
その家では、普段はお散歩はしないけど、
狩猟が趣味なので、
その時に、散歩をかねてるらしい。
 
リードを噛み千切るので、首輪もしてないし
朝、晩と一人散歩をしている。
秋田犬の血筋をひいているミックスらしいから、体も大きい。
 
 

それでも、最初のうちは、危害を加える事も全くなかったので
近所の人も、黙っていたんだけど・・・
最近になって、小型犬の足を、後ろから近づいて噛んだり。
恋人の所へ、足しげく通い。
発情期には、つながれている♀にかけたり、
いたるところへの、放置うんち問題。
何度か、捕まえたんだけど、そのたびに、リードを噛み千切ってしまい。
危険度が日に日に増してくるので、

飼い主の所へ、苦情も多くなるけど、それでも、改めようとしないので
とうとう、保健所が動き出してしまって

私が聞いた時は、保健所に連れて行かれて、一週間が過ぎていました。
私には、何も手助けする事が出来なかった。
飼う事も出来ないし、飼い主に注意する事だけしか出来なかったし
聞いてくれなかったし、

なんで、その家にノラ君が居ついてしまったのだけが・・・・
これも、言い訳でしかない。
虹の向こうで幸せになって欲しいと願うだけである。

エアコン

夏の間の倉庫は、夕方の西日だけがきついだけで、
割合涼しい場所にあります。
 
最近、ララちゃんがエアコンの味を覚えたようで・・・
アン・パンチのお散歩が終わって帰宅するのを
見計らって、お店に来るようになりました。
エアコンが一番よくあたる足マットの上が一番のお気に入り。
ドアをあけてくれるまで、
静かに待っています。
 
アン・パンチは、エアコンをいれてくれるまで廊下でゴロゴロ
 
人間のお昼ご飯の時に、エアコンを入れるので
急いでリビングに入ってきます。
普段は、食い意地がはっているので
人間が食事をしていると、アン・パンチが側に寄ってきて
ハァッハァッと暑い息を吹きかけながらーーー
私たちの体にべったりと38度の体温をおしつけてくるので
食べた気分には、ならないんだけど・・・
 
最近のアン・パンチは、食事の横取りよりも
エアコンが一番当たる場所で、息を整えるのが精一杯みたい
私は、ゆっくり食事が出来るんだけど・・・
エアコンが一番当たらない場所での食事なので
暑すぎて、やっぱり食べる気力が失せてしまう日々なのです。
コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。