スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グチャグチャな頭

月曜日に突然帰宅したキキ君
あまりの変貌ぶりに、その日のタップレッスン休みました
倉庫に入りたがってるけど
ララとオセロが居る倉庫には、皮膚病なのか、猫エイズなのかわからないから
でもね。
キキ君が私を呼びつける鳴き声の後、
慌てて駆けつけて、ご飯と塗り薬用意して
しこたま食べさせて
家の中に入るときに、何気にポストのぞいたら
引き落とし不能の督促状

“あんたねぇ。ララは自分の治療代稼いでたのに
 ララの実子のくせに、督促状かよ”

結局、月曜日の夜中。呼びつけられるままに何度もエサ運び
火曜日も早朝から、ご飯呼び・・・か、倉庫に入れろ鳴き
p4200006.jpg

ご飯要求で、ここまで間近には来れるものの
捕獲作戦失敗

p4200016.jpg

捕獲怖さに、お隣に不法侵入しつつ、メシくれっ鳴き

p4210023.jpg

日中は、お隣の給湯器の上
この場所は、キキにとって、キッチンに立ってる私の姿が一番見える場所

夜は、お隣のドア無しの物置で過ごしてます
この場所は、キキにとって、我が家のリビングの様子がよくわかる場所

でも。外にエサを置くのを察知した、野良のパンダ猫と喧嘩してるみたい
喧嘩といっても、見た目のキキの様子に逃げてるパンダ猫君みたいですけど

もうこうなったら、最後の挨拶をしにきたキキではなく
痒い、痛いのを治してくれっと、訴えに来たのではないかと、夫と話合い

動物レスキューのボランティアしてる友達に、捕獲の仕方と
エイズの場合と、皮膚感染症の場合の飼いかたを伝授
p4230036.jpg

役所に無料で借りた捕獲器
思いっきり、手作りっぽいwww
しかも、洗ってないwww
いろんな毛付いたまんまぁ~~
ほいでもってぇ。貸し出しするのに、最低5,6回も同じ場所に電話しなきゃいけないwww


ちなみに、この写真は捕獲成功した後に洗って、干してる状態ですからぁ

エイズにしても、皮膚病にしても、隔離は必須
二階建てのゲージ注文

水曜日。役所から借りた捕獲器設置後、30分とかからずに捕獲成功
捕獲成功したのが、お昼を過ぎた頃
かかりつけの病院に電話すると、午後休診
あっちゃぁ~~。翌朝までこんな状態のキキ君には出来ないぃぃ

病名だけでもと思って
お客さん評判の病院に電話。無事受診

“エイズ確定です”

病院までの車中、一言も鳴かずに捕獲器の中で揺られてたキキ君
そんなキキが、不憫で
泣きながら運転した私
言い訳多い私が、初めて会う先生に、ゴチャゴチャ支離滅裂な会話してしまって
それでも、

“症状は、ひどいですが、
 食欲があるので、末期とはいえません。
 多頭飼いなら、安楽死ススメマス”


キキを捕獲して、病院に連れて行くと宣言した私に、夫は
“病名わかったら、どうすの? ララと、オセロに感染するのはイヤだ”
“お前の疑ってる病名と対策をネットで、調べて俺に見せてくれ”
“エイズなら、安楽死させるんだな。お前の覚悟は出来てるんだな!”

そんな会話と、自分の考えと、調べた事。聞いた事。いろんな事が頭を交差
キキが、予防接種と去勢手術の時に、捕獲失敗して
通りすがりの子猫を守る為に、カラスに耳の後ろを穴ほげるまでつつかれて帰宅した時から
完全倉庫飼いに失敗して、ララが咬みつかれて、目が晴れ上がってしまって、室内飼いを諦めた時から
こうなることは、判ってたハズの私

生きたい。と願うからこそ、食欲旺盛なキキ

その命のスイッチを押す決断をしなきゃいけない現実が来たようです私

p4230038.jpg

頼んだゲージ到着まで、病院から借りた小さなゲージに隔離
ララが、キキの傷を舐めたりしないように
ダンボールで囲って
オセロが上から飛び降りて、悪戯しないように上には、ペット籠
この小さなゲージには、トイレとご飯と寝床クッションがギュウギュウ
もちっと、我慢してね
あんたの為に注文したゲージが届くまでだからね

そんな様子を見てた夫
“介護みたいなもんじゃ。おまえの気の済むまで面倒みて
 安楽死させないとな”

自称四足軍団大嫌いな夫の優しい言葉に感謝

再度挑戦したオセロ室内飼い失敗して、結局は倉庫に舞い戻ってしまったオセロ
p4200002.jpg

あたいたちは、大丈夫。ララママと一緒だから
おかんは、この気に食わない猫ダンボールの面倒みてやりなっ


猫族の協力?にも、感謝

多頭飼いって、大きい事も小さい事も、いろんな助けがあっての成立
もちょっと、私の我侭通します

あれだけ束縛嫌いだったキキが
ご飯要求の時のみ、鳴く程度で
あとは、ズッと大人しく寝てる・・・時折覗く私に、安心してる昔のキキの目
キキが我が家とお隣の境目で、切ない鳴きや
パンダ猫との威嚇鳴きに、起こされることない私の二日間は終了
そして、安楽死の前に病死しちゃうキキを望んでる、ずるがしこい私

スポンサーサイト

キキが帰ってきた

はじめて暮らしたのは、アンちゃん
当時の私は、犬への知識がまったくなくて
試行錯誤で10年。
次から次へと騒ぐ反抗期二本足の子供たちが、ようやく反抗期を脱皮するメドが立ち始めた頃
老犬との暮らしのほうが、断然楽しいと思い始めた頃
アンちゃんは、一日中寝て過ごすようになりました
老犬もいずれは、やってくる死期に耐えられずに、迎えたパンチ君
パンチ君のトイレトレーニングが、落ち着いた頃

ララは、五匹生んだ子供の一匹だけを連れ我が家の倉庫に居つくようになりました。
黒猫のキキ
人相・・・もとい猫相の悪いこと。悪いこと
しかも、人間に悪戯されたララママ教えを守り、警戒心が強く
私と夫しか、心を開くことは無かったキキ
居つくのならばと、去勢を試みるものの、あまりの大暴れに断念
その後も、ララの脇の治療と平行しての、オス猫本能むき出しに
喧嘩三昧の怪我が耐えないキキでした

それが、私が入院していた14日間、かなり探し回ってたようで
帰宅する前日に、家出してしまったキキ
去勢してないオス猫6歳、血気盛んのお年頃
ご近所のメス猫の家の裏の家に、これまた居候しちゃったキキ

時折、散歩の時に見かけては、帰宅するように説教してましたが
返事もしなかったキキ
まっ、ご近所の人からの情報で、私は安心してましたが

今年に入った一月下旬
“あんたんちの黒猫。皮膚病になって、別人みたいになったまんま。姿隠した”との情報
探しましたよ。
もとは、小心者のオス猫キキ。トンズラしても、遠くまでは出かけない主義ですから
三月中旬
“ボス(ご近所さんではボスとあだ名されてた)、戻ってきたけど、春まで持たないと思う”

そして昨日
p4190008.jpg

ララでもオセロでもない
聞いたことない鳴き声
でも、威張ってる鳴き方

続きは、かなりエグイ写真ですので、食事中、心臓の弱い方は読むのをお控えください



more...

マルのこと

ようやく目白押しだった行事が終了して
なんとか体調も戻ってきたのは、私だけでなく。 家族全員
あん


白目剥いて爆睡してたアンちゃんが

ちゃんと目を開けて、転がってます

意識もちゃんとあって・・・・



さくら失礼ネッ
  いつもシャンとしてるワン



どうやら、マル君が来てからの一年間
気を使ってたのは、アンちゃんのほうみたいで
マル君が居なくなった後に
自分も別の場所に“置き去り”にされたと勘違いしたのが
今回のお腹の調子最悪だった事件の発端らしいです

もぉ~~~。
“誰が、あんたみたいなお婆ちゃん捨てるっちゅうねん。
 もう誰も、拾ってくれるワケないじゃん”

今のマル君は、クマログ書いてる、愛ちゃんちで幸せに暮らしてるヨ

義父のためにも、マル君のためにも
一緒に居るほうが絶対に良いハズ

そんなこと義父とマルを取り囲む人間が皆同じこと思ってるのに
当の義父の気持ちが・・・・・・マルを手放したがってるような言動するから
問題がややこしくなってましたが

私としては、義父のような飼い主は、駄目ダメ飼い主なんだけど。
81歳の義父の寿命よりも、
現在8歳のマル君の寿命のが短いと思う。
原因は、義父の与えるオヤツが原因なんですけど。
いろんな症状が出ているのが、義父には分かってない。
でも、同じ余生を送るなら
大好きな飼い主と過ごすほうが、数倍も幸せだと思うのだ

幸せの基準ってのは、人間にもいろいろとあるように
犬にも、猫にもそれぞれあると思う
とくに、四足軍団のように“今、現在が大事”な生き物なのだから。

ぱんち



またはじまったよ。
おかんの愚痴愚痴


おかんの愚痴で、どんだけ夫婦喧嘩したら済むんだよ
おとんが、
マルとは合わないって決断は、もっともだよ
姉御が落ち着いて、オイラもホッとしてるよ。
オイラにとっては、姉御が居ない世界なんて想像もつかないからねっ


それよりも、オイラ気になることがあります。




おせろ


あいつ!何者?

夜中に、チリンチリンと煩いんですけどっ







あん


私も、同じ事思ってたワン
おとんとおかんの様子がおかしいってねっ


これ以上、増やさないでっ







ギクッ
新しい事件の予感が・・・・・・・
コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。