スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




久々のシャバの空気ぢゃぁ~~・・・bYボンド


そう、お嬢の初子育ても
なんとか軌道に乗り始め
親子三人暮らしにも、なんとなく軌道に乗りかけ
すれ違い若者夫婦らしい、大げんかのツケに振り回されることも無く

本当に久しぶりに、ドライブに来た我親子
(子といっても、人間ばかりが子供役とは限らないのある)

img_3088.jpg

これぐらいでいいでっか?・・・bYボンド

張り切って一眼持参で
長門峡(ちょうもんきょう)の遊歩道に散策に来ました

紅葉までには、早すぎるとは思ってたけど
やっぱ。早かった
でもって、我夫は 

愛する妻と溺愛してるプーコンビと一緒に
ただただ歩くのは、好みではなく
嫌がる夫の手に、パンチのたずなを持たせ
遊歩道から30分程度、入った場所

img_3089.jpg

川のほとりのでっか岩場でのショットなのである

アン姉御から
“水の音のでっかい場所に近づいてはならぬ”
と、固く固く教えられてきたパンチ君

嫌がるプーコンビを抱き上げ
高所恐怖症の夫とのスリーショットを
撮りたかったのだが

なにせ、久しぶりの一眼を撮りだし
電池を確認したまでは良かった

っが、過去の写真たちを初期化するのを、忘れてて(汗)

img_3095_20111018134509.jpg

バカか!・・・bYボンド

子供に・・・・もとい・・・溺愛されてるハズのワンコにも
呆れられてしまってる母って。。。

来月の紅葉時期には
長門峡の奥まで、参戦したいぞっ
やっぱ。シャバの空気ってのは、山の中にあるぞぉぉぉぉ~~

っと、心の中でしかボヤけない母でした。


スポンサーサイト

基準

p7280213.jpg

今月頭には、こんなのどかな状況だったのに
中旬を過ぎた現在は、まったく様変わりしてしまってる我が家

p7280219.jpg

この時のボンド君は、ドキドキもの
ちょいと目がつりあがってて
わけわかんないけど、緊張してる頃なのである

なんたって、ボンド君が我が家んちの子になった頃は
私ら夫婦だけの静かな毎日だったもの
時おり訪ねてくるのが、お嬢程度
ワン天下しか知らないボンド君なのである

それが、アン姉御が突然、固まったまま帰らなくなって
(多分、ボンドの頭の中は、そう思ってるハズ)
代わりに、お嬢や婿殿が頻繁に出入りするようになり
時々は、坊っちゃん兄貴にヨシヨシされるし
ワン天下で無くなった事を理解する間もなく

産休に入ってからは、ほとんど入り浸りのお嬢と
新しい人間ベビーの話よりも
ベビーが来た時の、ボンドの行動を空想しては
笑いあってた
人間親子・・・・っとに、普通は逆だろっ

p8050256.jpg

“ねぇ。赤ちゃんをあやす時って、こんな感じかなぁ”・・・bYお嬢

だからぁ。ボンド体重になるには、
生まれて数カ月・・・一歳あたりじゃないのかなぁ

孫守を五人みてても、体重増減よりも
その子その子の成長具合しか、楽しんでこなかった私には
ベビーの体重の基準なんてものは、
すっかり忘れた世界なのである

p8100260.jpg

予定日の八月四日も、普通に目覚め
お嬢が生みたかった予定日の八月八日も、普通に過ぎ
産院の盆休みの関係で
八月十一日が、陣痛促進剤や、バルーン治療、それでも駄目なら帝王切開と
脅迫(先生しゅみませぇん)のような宣告

日曜日の7日から、ひたすら歩き続けました。お嬢と付き添いの僕たち
今の産院の機械っちゅうもんは、すごいっす
写真のように、陣痛の痛みが
私ら部外者にも、わかるんですもの

p8110277.jpg

生まれて、数十分の優杏(ゆず)
感染予防の目薬やら、
陣痛の長さで、頭伸びまくりの
まだ血流が、地球対応してる真っ最中のため
青白すぎて、赤い部分多いですが
陣痛の長さに比べれば
ベビー優杏も、お嬢も、苦しんだ様子なかったです

優杏の体重は、2782g
それを聞いたお嬢は、
“ボブより、ちょっと重たい”
“ボブ抱っこしたら、こんな感じ?”

ちなみに、ボブとは、ボンドと同じ歳のワン友のトイ・プー2・3キロのことである

産休に入ってからは、暑さとの戦いだったお嬢
“おっぱいあげると、おっぱいが痛いらしいから、やらない”だの
“眠い時に、鳴かれてもほったらかししそう”だの
“一歳まで、ちゃんとそだてられない”だの
ばぁばの私には、ドキッ発言連発だったお嬢ですが

生まれた瞬間から、ママの顔になり
かいがしく優杏の世話を、こまめにしてるし
なにより、あれだけ母乳あげない宣言してたのに
完全母乳の順調な滑り出しなのだ

一番笑えるのが
犬語通訳遊びを、そのまま我子(優杏)としてる事

あっ。ベビー同居初体験のボンド君の反応はねぇ
はじめて玄関から帰宅した直後は、
びっくりして逃げちゃったけど

優杏が、泣くたびに
心配してウロウロするボンド君
バタバタと泣き声で、準備してるお嬢・・・小ママ(チーママ)に改名だぁ
そんな様子を、私に小声のダミ声で教えに来ます
パンチ君は、もちろん喜びの遠吠えですがね
(パンチ君は、遠吠えの使い方を勘違いしてます)

ばぁばの私の最大の役目は
お兄ちゃんになったボンド君と
子守大好きなパンチ君を、たっぷりと兄貴面させつつ
小ママの産後を見るという名目で
ほぼ軟禁状態に監視するということ
小ママの扱いが、一番面倒・・・・・(笑)

それぞれに、いろんな状況を考えて、行動して
成長してる姿を、見れる今
体力的には、ちゅらいが、楽しい時間でもあるのだ

とかの内容をアップすると、元お嬢の小ママから
“おかあさんの基準は、ワンコロ基準ぢゃぁ”って、つっこみ入るんだろうなぁ



うふふっの時間

p7020223.jpg

婿殿のお店 エルブ も順調なすべりだしで
今月からは、予約制だった夜のディナータイムを
予約無しのディナータイムにしました

おかげで、お嬢の帰宅時間も少し早くなりましたよ
それでも、9時までオトコのボンド君にとっては深夜タイム
11時前になると、Zzzzz

カメラを向けると
p7020209.jpg

一応は、犬族らしく目なんかを開けたりもしますが

ほぼ意識は夢の中だと思います(笑)

寝る子は育つとはいうものの
リビングにある三人掛けのソファーは
ゆったりと人間がお昼寝できるようにぃ!の為に購入

それが

p7020215.jpg

あんたやっぱり、トイ・プーぢゃないっ!
ソファー半分以上使ってるじゃんっ

って怒ってみても、微動だにしない爆睡ボンド君
しかも、ボンドの開き状態だもんなぁ
でもって、我が家の稼ぎ頭の夫は、床に転がってzzz

大の字で転がってる夫のわきの下には、パンチ君が腕枕でzzz

zzzのオトコ組の共通は
エアコンの吹き出しの下だってこと
それぞれの寝相と気持ちよさげな顔
平和っていいよねぇぇ~~と、娘と二人で笑ってしまった。

性分

ちょいとでかくなったトイプーと
規格からはみ出て、中型犬になってしまったトイプーしか知らないけれど
プードルという犬種自体は、賢くて家庭犬としては最高の犬種らしい

っが、我が家のプーコンビは、賢いのか小心者なのか、
果ては、単なる怖がりなのかは不明である

最近、夜の遊び友達のお年頃にへと進化したために
夜遊びが減ったというより、無くなった我夫
っが、悲しいことにお年頃の前に隠れ形容詞が高齢化が付くお年頃ゆえ
仕事終了すると晩御飯もそこそこに
そのへんに転がって爆睡してしまう日常
っとなると、当然ですが
朝の目覚めが早すぎるぅ(笑)

何か、手助け・・・もとい
妻に褒めてもらえる材料を探すけれど
散々家庭をほおりだしての遊び三昧に、子育て終了してるしぃ
何をしていいものかわからない
悲しい夫族の性ですねぇ

そこで、思考錯誤・・・・時期的に、はまったのが
花壇のナメクジ退治&害虫駆除
こういっちゃぁ悪いが、ご近所のリタイヤ組の夫族のまんまじゃん(笑)

その点。男組若頭のボンド君は偉い!
おとんが、ゴソゴソして気にはなるものの
宵っ張り朝寝坊のパンチ兄貴と、おかんを起こすと
後々が面倒なのを、ちゃぁ~~んと会得したようで

じっと、目覚ましが鳴るのを
目覚ましの前で待つ!
これが、ボンド君の朝の行事になりました
さすが、9時までオトコ代表の異名を取るだけあります!キッパリ

img_2074.jpg

“夜9時になると、眠たくなりますぅ・・・Byボンド

アンちゃんが、そうであったように
晩御飯が終了すると、とっとと二階に上がる準備
それは、大嫌いなお風呂に強制連行されない為に、
日々、眠たい演技を続けるボンド君

っで。昼間は元気かというと・・・そうでもない
アンの元気な時を知らないボンド君は
ひたすらお昼寝
きっと、お留守番≒お昼寝

ボンちゃん。アンちゃんの若いころはねぇ
二階在住で、嫌いな物音に異常反応で、
家中を駆けずりまわり
窓枠には、アンの爪痕が・・・ジャンプして窓の外を確認してたから
ちゃぁ~~んと、外敵から家を守るべく・・・かなり煩い番犬だったのよぉ~~

img_2109.jpg

“オイラの知ってる姉御は
何時でも優しくって、ゴロゴロ寝てたじゃん
オイラが、チョッカイ出しても、
カチカチ歯が鳴る程度だったしぃ
そういえば、姉御はどこに居るの?
・・・Byボンド

姉御はねぇ。虹の向こうで
立派な番犬してるのよぉボンちゃん

ボンちゃんは、立派な番犬になれる?
オトンが、害虫駆除買い出しに行ってるけど
オカンは、主婦仕事したいから
玄関で、お客さんが来店されたら、教えてくれる?

img_2110.jpg

“兄貴のオイラなら、大丈V・・・Byパンチ

“店番って、おやつなのっ?・・・Byボンド

結局は、二階の洗濯物を取り込んでる間
ちゃんと店番できたのは、
アンに仕込まれたパンチ兄貴だけっ
怖がりボンド君は・・・

img_2120.jpg

わかるかなぁ~~この画像
お店から見える玄関から二階に通じる階段のトコ
鼻だけで、状況確認してるボンド君




人見知り、犬見知りの怖がりボンド君
鼻だけで、店番してるぅ~~

っが、飼い主としては笑ってはいけないんだけどぉ
本当は、ちゃんと目で見たい気満々のボンド君
三歳前の、一応は二歳のボンド君だもの
バカ哂いしながら、
予想通りだと写真撮ってる私に、
純粋におびえるボンド君だったのである
アンが居なくなったこれからの課題は
ボンド君を立派な番犬にしなきゃぁ~~~

んもぉ~~

アンちゃんが、ほぼ寝た切りになってから
はじまった、突然ボンドのガウッ攻撃

ガウッ攻撃といっても、標的はパンチ兄貴のみ
パンチ君にとっては、突然くるからビックリのが先の反撃

オス同士なので、トップ争いか?と
去勢手術を決行してみたものの
変わらないようなぁ~

というより、一か月に一度あるか、ないかの程度


きっと、運動不足によるストレスからきてるんだと思って
ボンドの大好きなボール投げ中心に、ボロボロ作戦と
ベタベタ甘えん坊作戦で
ほぼ落ち着き
やっと卒業したんだと思ってた
img_2042.jpg

っていうか
そんな問題あったことすら忘れてた我夫婦

数日前の夜
夫がお風呂からあがって、体を拭いてるのを見てたパンチ君
リビングで、洗濯ものをたたんでる私の側にいたボンド君
いきなり、ヴ~

っと、ウナッたと思った瞬間
パンチ君とガウっ攻撃

慌ててボンドを抱き上げる夫

ガタッ

ボンドにぶら下がって、落ちたパンチ君
の、様子がおかしい

手足が、ピンと伸びたまま固まった。

慌てて、パンチを抱き上げ、心臓らしき位置をさすりながら
人工呼吸する私
眼球は動くものの。筋肉すべてが固まったようなパンチ

呼吸してない

パンチの口開けたら、舌がチアノーゼ状態
背中さすりつつ、
胸軽く叩き
勢いつけて人工呼吸

横から夫の手が伸びてきて、パンチ取り上げ
人工呼吸・・・三度・・・・ぐらい

まぶたが動き、ピンクの舌が動き出し
固まってた手、足が動き出した

と、同時に意識が戻ったようで、キョトンとしてるパンチ

img_2059.jpg

“なんかさぁ。
鼻の周り酒臭いから、気持ち悪いんですけどぉ
・・・bYパンチ

img_2032_20110526110636.jpg

いつものように、顔掃除中のパンチ

その様子見ながら、へたり込む我夫婦
風呂上がりの夫は、素っ裸だった(笑)

“おれさぁ。パンチと でぇーぷきす しちゃったぜ”・・・bY夫

と、ぼやく夫の後ろで
サークルの中に隔離されたボンド君が、嘔吐しかかってる
だけど、出ない
苦しそうなボンド

↑のような事件から三日目
パンチ君は、当時の記憶が全くないようで、普通
ボール遊びもするし、
ご飯もモリモリ食べるし
トイレも完璧

ただ、事件の発端犬ボンド君
反省しすぎて、食欲減退気味の嘔吐が続いてる
でも食べないわけじゃない
嘔吐物は、ちゃんと消化してる
むしろ足りないんじゃないかの疑惑の嘔吐

夫は、しばらく二匹を別々に寝かせると宣言してたが
一晩、別々に寝ただけで
お互いの存在を感じないと、探しあってるし
喧嘩直後のいつものように、二匹で寄り添ってるし

アンちゃん。あとひと月で、一周忌来るけど
パンチ君連れて行かないで
ボンド。そんなに反省するなら、
兄貴をビックリさせるような事しないで

パンチもボンドも
後10年ぐらいは、一緒にいる家族なんだからね




コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。