スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ丸出しですけど。。。なにか?

img_2172.jpg


6月24日は、アンちゃんの命日でした
あれから本当に一年たってしまいました
私が、当たり前のように側に居るハズの命をはじめて失った日です

我が家に来て初めてお友達ワンコになってくれた豆芝の健太の訃報を聞いて一カ月の事
健太の容態の悪化とともに、
三年も家出してたキキが、猫エイズ末期になって戻ってから
ヨタヨタと足元もおぼつかないアンが
キキ介護。安楽死を見届けて、健太の訃報も聞いての大往生でした
未だに“ライオン丸はどうした”などの声を聞くと
長い話しになってしまうのは、私のおしゃべりの常は相変わらずですけど

アンの心配してた私自身、家族たちは
皆、元気です
やっとそれぞれの時間を過ごす事ができるようになりました

img_2170.jpg

ボンドは、相変わらずに
新しいものには警戒心を持ってますが
夜9時になると、二階と一階を行ったり来たり
アンちゃんはねぇ。と話しかけると、探したりもします
でもね。
ボンドの性格そのものが、アンちゃんそのものだったりもして
食いしん坊で、警戒心が強く
気が強いけど、小心者
一番若い自覚があるようで、嗅げながら家族を守ってる姿は
アンそのもの

アンが虹の向こうに行ってしまってから
ボンドを迎えた後悔に私は苦しんだものですが
ボンドの天真爛漫な行動に、どれだけ慰められて、助けられたことか。

それなのみ・・・
k7pifbrdlqmjmawscu03ks37sdzb012011_06_19.jpg

ハハは、例年通りんのオフ会に参加して
浅草なんぞを散策したり

pcjifbrdlqmjmawscu03ks37sdzb012011_06_19.jpg

日本初の遊園地であるはなやしきの前で
写真なんぞを・・・
かなり楽しみましたぜ

今年のオフ会は、アンの心配をせずにね

img_2177.jpg

姉御はねぇ
そんなバカ丸出しのおかんが、大好きだったのよ
っで、姉御はどこ行った?
・・・bYパンチ

そういや、パンチ兄貴も還暦迎えてジジィの仲間入りして
ついこの間、心臓止まったじゃん
あれも、夢の一こまみたいになってるほど、元気だよねぇ

まだまだ、パンチ兄貴の役目は、つづくよぉ~~

んなこと。わかってるワン
姉御に木偶の坊ボンドと、
苦手なニャン族を頼むって言われたんだもん
一番心配なのが、トンチンカンおかんだってね
。。。bYパンチ君

まっままぁ。確かにトンチンカンなおかんだけどぉ
そこまでボロクソおかんなのか?ワタイ
命あるもの。神の教えを後世に伝えるために存在するって話
本当だよね。アンとキキに関しては
でもさぁ。人間として私の任務って何?
今のまんまじゃぁ。命の真っ当を見届けるだけのバカ丸出しじゃん
まっ、いいっかぁ
私は、こうやって小さな命が生まれて
最後まで見届ける
こういう役目なんだろうねぇ

オカン。本物のバカ野郎だワン
まだまだ任務すら理解できてないじゃん
これは、任務の前のエピローグ。
任務を理解するには、一〇〇〇〇〇〇年早いワン
・・・bYパンチ君

パンチ君のその口調
アンそっくりなんですけど(汗)
まっ、いつまでたっても、日本語話せない癖に
(方言付き)の日本語を理解してたアン
ちゃぁ~~んと、血のつながりの無いわりにDNA伝わってますがな

スポンサーサイト

写真

久しぶりに会った健太ママから
少しは、元気になった?と、聞かれて
そうかぁ。アンが旅立ってから三週間も経ってしまったことに気が付きました

月日のたつのは、本当に早いです
気が付けば、7月も半ば。梅雨明け宣言を待つばかりになってましたよ。
でもって、政界ではすざましい変化があって
キキが帰宅してからというもの。新聞すら読んでなくて・・・汗汗

毎日24時間は、確実に過ぎているようです
私の白髪も増えましたが
二年近く死守していた500円玉のハゲから、産毛まで出てきて(笑)

今、お嬢は
フォトブックを作るのに、はまってまして
アンのフォトブックも作成したいので、写真やデーターを出せっ!との至上命令

でもって、アンちゃんが帰ってこなくなってから、
オヤツは食べても、ご飯は食べないパンチ君も
二週間目には、血便まででるようになり
点滴と、栄養注射で、強制的に元気にさせることにかかりきりになり

この一ヶ月で、やんちゃボンド君は、大人っぽい素振りをみせるようになりつつも
時折、“どうしても暴れたい”病で、家中を駆け回り
頭ぶつけたりしては、私らを心配させ

我夫といえば、ワンコたちを呼ぶときは、“アン・パンチ”と、今でも呼びつつ
私が落ち込むと、少年のような我侭ぶりで、プチ暴れは、毎度の事!
どうせ。私の雷で大人しくなるなら、地雷踏むな!
暴れるぐらいなら、泣かせてくれぇ~~~(By 懐かしいドラマのセリフもじりました)

健太ママに愚痴ってやりましたわ
“それぞれがやりたい放題家族もってると、
 なかなかゆっくりと悲しみにくれる時間とれない”ってネ

さて愚痴愚痴は、このへんで
アンの16年分の写真の一部の中から、お嬢が選んだ一部です

img119.jpg

アンが、倉庫在住の頃ですね
倉庫在住は、一年ほど
我が家に来ての、はじめての夏
この頃は、お腹だけバリカンしてましたから
コンクリートにお腹付けて、冷却してました

それにしても、黒々アンちゃんですぅ

img121.jpg

多分、我が家に来て二度目の冬
数年ぶりの大雪だったと記憶してるので
アンにとっても、初めての大雪体験だったと思います

アンは、秋口から2月の一番寒い時期まで
放浪してたワンコ
寒いのには、かなり強かったです
っが、一人で寒い場所に居るのは、大嫌いだったです
お留守番なら、平気だったようですが

img122.jpg

近くの公園に花見に行った時の写真ですが
喜んでる子供たちと
微妙に嫌がってるけど、我慢してるアンちゃんの顔
フサフサの夫に、大爆笑しちゃったぁ

img137.jpg

お嬢と坊ちゃんと一緒に
私の実家へとお泊り
当時の父、母は現役で働いていて
孫もお嬢と坊ちゃんしか居なかったので
“二匹も三匹も一緒ぢゃぁ”と、いつも一緒にお泊りしてました
どっちが子守してるんだかぁの
表情のアンちゃんですぅ(笑)



img127.jpg

うちの子になってから、三度目の夏からはじめたサマーカット
これは、夫がカットしてるから
多分、暑さが苦手なアンちゃんが
カットしてもらうと、涼しく身軽になることがわかってる表情だし
アンちゃん5,6歳あたりの頃だと思います

img135.jpg

パンチ君がうちの子になって、はじめての夏
さっぱりとライオンになった姉御の側で、添い寝するパンチ君
アンちゃん。推定年齢10歳前後
この頃から、アンちゃんはいつも寝てばかり

それまでは、業者さんの車が店の前に止まったり
郵便やさんのバイクが、店の前に止まったり
時折、走り抜けるディーゼル車の音がすると
二階の端から端まで、吠えながら駆け回っては
出窓の窓まで、ジャンプしてたのですがねぇ

img140.jpg

これって・・・・・・Byアン

ボンド君が来たばかりの頃
毎朝。ボンドの側に来ては
私に訴えてました
“増やした?”ってね

img132.jpg

子育て放棄宣言したわりには
いつも側で、見守ってくれてたアンちゃん

そんな姉御が、大好きだったボンド君
今でも、“アンちゃんが待ってるよ”と
散歩中に云うと、二頭引きの馬車に乗ったつもりで、走らされては
意地悪な一言を言うんではなかったと後悔しつつも
全速力で家まで、帰ります
玄関はいると、三匹(私、パンチ、ボンド)で、倒れこんでしまうのが常

一人一人、一匹一匹の自己主張が、多すぎるのが我が家
それに文句タラタラいいながら、振り回されつつ時間が過ぎていますが
こうやって写真の中のアンちゃんは、いろんな表情があって
気を抜くと襲い掛かってくる悲しみを、笑いに変えてくれる
そんな気がします
アンちゃんは、虹の向こうへと無事に着いてるころだよね
もうこっちの心配はしなくてもいいよ。
私たちも、アンちゃんに依存するのは卒業するからね



たしかなもの

アンへの暖かいお悔やみの言葉
読んでて、いろいろと思い出してしまって
でもでも、嬉しかったです。
アンちゃん。これだけ沢山の人に心配されてたんだなぁって思うと・・・

私は大丈夫です。
アンちゃんは、私に沢山の思い出と元気の取り戻し方を教えてくれましたから
ただ、私がバカすぎて、最後の状態を把握できなかったことが
悔しいです。
もちっと、もうすこし気の利いた人間なら、できることと
今してはいけない事の違いぐらいわかりそうなものの

そんな私の後悔に、お嬢と夫は、
“アンは、すべてわかってる。お前らしい”って、言ってはくれるものの
一番なりたくなかったバカ飼い主そのものの私ですわ

img_7481.jpg

お別れ会の時の写真ですけど
パンチ君。アンちゃんへの食べ残しのオヤツに興味津々
手当たり次第にアンに食べさせてたのに、
こんなにあまってしまって
今更、人間のベビーにはあげられないしぃ
近々、パンチ君とボンド君に少しずつ配布する予定ですが

img_7514.jpg


おいらさぁ。なんか腑に落ちないんだけどぉ・・・Byパンチ君

あにきぃ。みんなの様子がおかしいのに、気づかないんでっか?・・・Byボンド君

img_7511.jpg

おまい、わかってないなぁ
おかんは、おいらたちの晩御飯減らして
姉御にあげてるんだぞっ
姉御は、すんげぇ太食間なんだぞっ
・・・Byパンチ君

おいらの知ってる姉御は、
おいらにご飯とかオヤツを分けてくれるような姉御だったもん
・・・Byボンド君

アンちゃんはねぇ。パンチ君が来た時
小食の意味がわからなくて、パンチ君のオヤツとかご飯を盗み食いしては
パンチ君に怒られてたんだよ
だから、ボンド君が来た時には、ボンドが欲しそうにしてたら譲って、残してあげてたのよ
本当は、ちゃんと最後まで食べたかったのにね

プーコンビに隠れて、アンにこそっとオヤツあげてた二本足軍団
でも、全然追いつかなかった満腹には・・・きっと・・・

p6240044.jpg

アンとの最後の夜
どうしても、アンの側に近づけなかったプーコンビ
アンの思い出話で盛り上がってる時に
アンの最後の数週間の写真を見せてあげると、言葉に詰まりながら夫とお嬢が
“生前に、添い寝しながら会話してたんだね”

アンのオヤツやご飯を狙ってたプーコンビでしたが
思うことがあるようで
遊びもしなければ、じゃれあうこともなく
静かに一日が過ぎるのを待ってるような、
帰らないアンを待ってるような素振り
夫といえば、久しぶりに風邪ひいたようです
夫は自覚がないけれど、かなりのストレスがかかると風邪症状になります

アンちゃん。あなたが生きた証はちゃんと
だれかの心の中に生きてますよ
同時に教訓にもなってます。
これって、バカ二本足軍団にも少ないって事、理解してるっ?
140160時間。。。以上なのかな?
アンの誕生日も本当の年齢も推定だけど
私と暮らした時間は、140160時間
もちっと、思い出に浸って過ごしてもゆるしてくれるよねぇ







アン

キキとアンのことが気がかりで
ギリギリまで迷ってた年に一度の恒例行事、東京オフ会
切符購入した翌日に、健太の訃報を聞き
アンの落ち込みに、ドタキャンもあるかな。とか思ってましたが
オフ会二日前
img_7474.jpg

アンちゃん、少し元気になりまして
これも、プーコンビが代わる代わるこうやって
アンと一緒に添い寝してた効果かな?

夫も休日なのに用事を入れず
お嬢も振り替え休日とかで、
アンの介護をしてくれるから、安心して行っておいでと云われて
私十二分に楽しんできました

月曜日の夜、帰宅すると
いつものようにヨタヨタと出迎えてくれて

p6220001.jpg

部屋の中を歩き回って、倒れこんだところを
心配してるパンチ君

もうヨタヨタ歩きではなく、前足で後ろ足をひきづってるような歩き方になり
火曜日の昼過ぎには、
前足も思うように動かなくなり

必死で何かを訴えるような鳴き方になり
私もほとんど抱きかかえての生活になりました
抱きかかえてあげると、安心したよな顔をするけれど
歩きたそうに、手、足をばたつかせ
そのたびに、外の空気を吸わせたり
お尻を支えて歩かせたり

火曜日の夜中ごろから水すら飲めなくなり
水曜日の朝には、体に力が入らないようで
お人形を抱いてるような感じになりました
オフ会から帰宅したら、三匹まとめてお風呂攻撃ぢゃぁ~とか思ってたのに
体に力の入らないアンちゃんを抱きかかえながら
こんなにゆったりと抱っこさせてもらえる時間なんて久しぶりなことに気が付き

ブラッシング、耳掃除を念入りにしてあげると
耳掃除は嫌がるハズなのに、
きもちよさそうに目を細めてるアンちゃん

その後、久しぶりの便が出て
キレイに洗い流してあげると、安心したようなアンの顔
二度も便が出て
何も食べてないのに、どうしてか判らなかった私
それでも、洗い落とさないシャンプーでブラッシングしてあげると
呼吸がかなり楽になったのか
もう抱き上げても、バタバタすることもなく、鳴くこともなく
私の太ももを枕に静かな穏やかな表情になったのを見ると、安心した私は
ついウトウトと寝てしまいました

ここしばらくの間、まとまった睡眠時間が取れずにいた私は
わずか30分程度の睡眠でしたが、気持ちよく目覚めることが出来

私の太ももにあるアンの頭のぬくもりと静かすぎる空気。。。。

img_7517.jpg

アンは、うちの子になってから10数年
私が疲れ果てて昼寝するとき、
必ず添い寝して、私が眠りにつくまで側にいるようなコでした
私の心が、動揺とパニックに襲われると
いつもいつも側に来ては、寄り添って
私を寝かしつけるような、そんなコでした

“大丈夫。寝てる間に忘れてしまいな”

最後の最後まで、私の力になってくれて
自分のが年寄りで辛いハズなのに、私を寝かしつけながら虹の向こうへと旅立ちました
アンに、どれだけ支えてもらって
どれだけの幸せな時間をもらったのか、数え切れない
どれも大事な・・・・・・思い出になってしまった

私は、アンと暮らせた16年間過ごせた時間が幸せだった
アンにとっては、どうだったのかなぁ

今日、25日はキキの49日の法要の日
アンを火葬場に連れて行った日
夜、晩酌をしながら夫がポツリと

“家のどこかにアンが転がってるような気がする”

自称四足嫌いの夫の目は、真っ赤でした
アンちゃん。あんたは犬の形した天使
あんたは、形の無いものを残しすぎたね
今まで、ありがとう


アン 推定年齢18歳。2010年6月24日午後4時ごろ永眠

アンのぼやき

この家の住民っちゅうもんは、
無邪気というか、ばかやろうというべきか
ほとほと困っておりますですよ。

面倒が先にたつお年頃になった私に
何でもいいから、食え! って、そんな命令ある?

信じられないでしょ。

だって、食べたくないんだもの。今は・・・

食べたくなったら、ちゃんと食べてあげるわよっ・・・たぶん・・・きっとねっ

プーコンビが遊びはじめたから、参加しようとして輪の中に入れば
ボンドに突き飛ばされちゃうから
しょうがないからさっ
アタシャ。寝たのよ

p6140003.jpg

だからぁ。
レディの寝相を撮るなっちゅうんねん


しゅみませぇ~~ん。ボンちゃんが、鳴くんだもの
姉御の体にボールがあるって・・・By私

p6140004.jpg

ほらっ。証拠写真・・・By私

ったくぅ。この家は、おちおち寝ていられないわよね
年寄りを何だと思ってるのかしら

ネェネが、帰ってくるのはうれしいけど
やたらと抱きたがるのは、昔から嫌だって言ってるのにっ
ネェネには、学習能力っちゅうもんが無いのが、最大のコマリモノ



[広告 ] VPS


アタシの好みの抱かれ方とちゃうねん
ネェネは、自分が楽なように、アタシを抱っこするのよ

この微妙な乙女心が、ちぃ~~~っともわかっちょらんのよ!ネェネはねっ

まっ、悪気でなくて、善意だから許さなきゃねぇ
姉御のアタシとしては・・・・でも・・・ちょいとぐらいは、バタバタしなきゃ
こいつは、永遠にわからないwww

この間なんか、夜中に寝返りうとうとして、ちょっとだけバタバタしたのよ
そったらさっ
アタシの物音にボンドがびっくりして
爆睡してるおかんの耳元で、吠えちゃうから

おかんが、びっくりして飛び起きて
ぼぉ~~っとしたまんま、アタシ抱っこしたまんま
眠りに着いちゃったからさぁ
アタシの眠りたかった、床がおかんの寝相に支配されちゃって、困ったわよ

第一、寝てるおかんに、大きな物音たてると
びっくりして、とんでもない行動に出るから、要注意なのにねぇ
まだまだ、ボンドにゃぁ、アタシの躾が必要ねっ
アタシャ。いったい何時になったら、のんびりした老後っちゅうもんが過ごせるのかしらん
zzz・・・とりあえずは、寝てから、考えましょうzzz・・・zzz・・・zzz

以上、アンちゃんのぼやきでした

どうやら、アンちゃんは、年寄り扱いされるのが嫌なようです
というより、私を含めて、ここの住民は
年寄りとの暮らしっちゅうもんが、初体験
アンの受難は、いつまで続くのか・・・・


コメントありがとうございます
プロフィール

Author:リンダ
img145_convert_20100930153949.jpg

姉御アン
2010年6月24日天使になる
捨て子だったので、大問題児だったけど
16年かけて、私を躾けなおした立派なワンコ

p9070111_convert_20100930154111.jpg

2002年1月9日生まれ
クリームのトイ・プー パンチ
アンと二本足軍団に甘やかされすぎて
強気だけど、気の小さい、我まま王子

img_7601_convert_20100930153909.jpg

2008年10月30日生まれ
クリスマス特価だったけど
トイ・プーの粋を超しちゃったボンド
体はでかいが、気の優しい
みんなに愛されるキャラの持ち主

img146_convert_20100930154015.jpg

パンチ君が我が家のコになった同時期に
勝手に居候はじめた
キキ(黒猫右)とララ(まだらもち猫左)
1年間おっぱいを飲み続けたキキ
5年間親離れできなかったキキ
家出三年して、猫エイズ末期で帰宅
キキ。2002年4月生まれ(推定)
2010年5月7日。永眠
ララ。2001年生まれ(推定)

p9040008_convert_20100930154136.jpg

キキが家出して一ヶ月後に
ララが拾ってきたオセロ
お転婆すぎて、脱走4回、大けが3回
現在、完全倉庫猫
時々、ボンドとプロレスするのが楽しみ
推定2007年4月下旬生まれ

二本足軍団
お嬢、夫、おかん等など

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。